煮え て なんぼ の おでん。 【ワンピース】972話「煮えてなんぼのおでんに候」最新話ネタバレ考察!おでん死す!【ONE PIECE】

ワンピース972話ネタバレ考察!オロチの策略執行?おでんの熱い思いがワノ国を動かす!

煮え て なんぼ の おでん

972話の感想です。 今回は見開きのカラー表紙。 CMのHUNGRYDAYSの一味 窪之内栄策先生 と本家のコラボです。 見比べるとやっぱり顔がかなり違います。 表紙も今回はルフィがを食べています。 相変わらず美味そうに食べるなぁ。 ついに始まったおでんと赤鞘九人男の。 しかしまだ死ぬわけにはいかないおでんはたった一人で家臣を支えつつ煮えたぎった油の中に身を投じて一時間我慢するというのです。 これを耐えればカイドウ達は解放すると言いますが…。 一方でしのぶはおでんがオロチと交わしていた密約について話します。 後に語り継がれる伝説の一時間の結末は…。 容赦はしません しのぶのいきなりの告白に民衆は混乱。 いくら事実だとしてもこんなことを唐突に聞かされては戸惑うのも当然です。 ここでしのぶを止めたのは御庭番のリーダー福ロクジュ。 しのぶの未来への希望と光月家への忠誠に対しても、夢だと一笑を付します。 そんな中、オロチに処刑を取りやめるように頭を下げる民衆もいますがその一人の胸に矢が!どうやらオロチの指示で放たれたようです。 この時、民衆たちはオロチの恐ろしさの本質を知ると同時にさっきまで長いだけの処刑の意味を理解しました。 今ではすっかりオロチの部下が釜を囲み、民衆たちの間は次から次へと真の情報が出回ります。 ここでどの道一族を思い出したのは私だけでないはずだ!民衆の声援にも素直に応えるおでんはあっという間にワノ国全域を味方につけたと言っていいでしょう。 おでんの望みとは 「もしこの釜茹でをしのいだらおれはこの国を「開国」したいんだ…!!」 そんな中、おでんは家臣たちに聞こえる声だけで自分の望みを話します。 ここで彼が明かすのはワノ国の衝撃事実。 この国特有のという制度は光月家だったのです。 狙いは国外に存在した強大な力から国を守るためだったようです。 さらにこの国どころか世界がひとりの人間を待っているというのです。 その人物がいずれ現れた時にワノ国は力を貸せるような国でないとおでんは考えます。 「———はっきり言うぞ あいつらは今日…必ずおれを殺す」 もはや彼にはわかっていたのでしょう。 ここまで来た以上オロチやカイドウが止まるはずがないことを。 なればこそ自分の命がないことがわかればそれを託すのは自分が最も信じる仲間たち。 漢じゃないか、忍者よ! 受け継がれる意志 さあ半分の30分経ったところで釜の温度はなお下がること無し!もはやを想起させるほどの猛烈な炎と熱気が立ち込めます。 そしてついにきっかり一時間!おでんは釜茹でを耐えることが出来たのです。 これに湧く赤鞘と民衆たち。 誤解は解け民衆も味方につけた今、カイドウにも臆さない逆転のチャンスが出来たと考えられますが…。 しかしここでオロチの部下たちがをおでん達に向けます。 おでんの約束を不意にしてワノ国への復讐を望むようなオロチがこんなことを良しとするはずはありません。 一分前に銃殺刑に変えたと宣告しさらに一家皆殺しの罪状まで追加です。 …がこれを見越していなかったおでんではありません。 渾身の力を振り絞り家臣たちの乗っていた橋板を投げます。 「頼んだぞ!!お前ら…!!「ワノ国」を開国せよ!!!」 放り出された赤鞘はリーダー錦えもん指揮の下で全力!全員で九里に向かいます。 思い出すのはあの男との出会い。 どうしようもない小悪党な自分を、腹を空かせていた自分を、残虐であった自分を、迫害されていた自分を、なんだかんだいって受け入れてくれた器のでかいおでんとの思い出が甦るのです。 そしておでんにはカイドウが対面。 その死にざまを賛美し、さらに自分との戦いに水を差したババアを始末したことを言い渡します。 変にまじめなカイドウにおでんはたださらに強くなること、そして自分の侍たちへの信頼を言い渡します。 所詮自分など笑い話にでもなれば良しのもの。 そこには若き頃の傍若で傲慢な彼ではなく、信頼する部下と愛する家族、そして伝説の海賊と冒険して本当の意味で成長した男が立っていました。 …いや終わりません。 彼の最後の魂は受け継ぐものがいました。 彼女はおでんから預かっていた手紙を読みます。 そこにはカイドウを倒せなかったときのこと。 20年以上先に世界で大海を別つとされるほどの大きな戦いがあるというのです。 つまり20年もすればその戦いの主役たちが新世界へと現れるとのこと。 もしカイドウを討つ可能性があるならば彼らしかいません。 とはいえそれまでの20年間、ワノ国の暗黒期をどうするか。 つまりおでんが望むのはトキの能力で…。 ここで彼女はおでんの手紙をびりびりに破ります。 思い出すのは彼に預けられた二振りの刀。 おでんの愛刀を預かった最後の夫婦の会話です。 負けるわけにはいきません。 彼女もロジャーや白ひげの船に乗っており、おでんと苦楽を共にした女なのですから。 「見てておでんさん20年後の未来!!!」 強い女性の決意で今回は終わりです! これは賛否分かれそう ついにおでんが処刑された今回の話。 全体的に反応に困る話と言わざるを得ません。 自分は面白い点とツッコミたい点が入り混じった感じです。 まずおでんですが死にざまは見事というしかないでしょう。 自分の死期を理解した彼は最後の最後までできることをやり遂げ、その意志を家臣たちへ託す…そういう意味ではロジャーや白ひげの死に近いものがある気がします。 それにあの気迫!あれだけでもオロチが後の20年もの間、怯えていたのも納得の迫力でしょう。 個人的には民衆に応援されて素直に対応するところも好きですね。 あそこを邪険にしないのは彼の魅力です。 民衆の手のひら返しについては、わりとすんなり受け入れました。 手のひら返しというよりは真実を知ったことでの反応と言った方がしっくりきますかね。 これでおでんを応援するのは当然と言いますか。 同時にオロチのゴミクズ共発言も理解できるところです。 オロチから見ればこの流される態度の変わり様も自分を迫害してきた民衆を思い出すのでしょう。 あいつは前回でキャラとしての魅力を大いに引き上げたした。 またおでんに対しての赤鞘九人男やトキ、しのぶの反応も良かったです。 彼らがおでんの意思を受け継ぐのに納得いくセリフや回想が胸打たれます。 ここまでやって赤鞘九人男かしのぶに裏切り者の疑いがあるのがなぁ…。 もう別のモブキャラとかでもいいよ 暴論 ここまで書いて何が不満かと言われれば、まずカイドウの件でしょう。 なんか急に武人キャラのような態度を示していますが、それでババアを殺すのはお門違いもいいところです。 これ前回あそこまでカイドウが意気揚々としていなければまだよかったんですがねぇ。 しかも銃殺ということで本当に銃を使って殺すのはカイドウさんとしてどうなのよ。 これでは完全に命じたオロチの腰ぎんちゃくよ。 いやまあ、ある意味こいつのキャラ自体は一貫しているんですよ。 情緒不安定なメンヘラで海軍の評価通り他の者を強さだけで尊敬されるという点においては。 しかしそんな奴がボスになると…なんか小物感が凄いのです。 あとこれは個人的なのですがババアの0コマ退場はいかがなものかと思いました。 おそらくワノ国の過去編で一番引っ掻き回した現況を0コマ死って…。 別に酷いことをされて死んでほしいとかではなくてもないなと思いました。 まあババアはロックス関連者でもありそうだからカイドウが警戒するのはわかるし、オロチも迫害された現況を考えればババアにも非があるから気にしなくてもわかりますが。 それとおでんの死に様であった「おでんに候」のくだり。 歌舞伎らしさを魅せた演出だと思うのですが、やはり漫画だと無理がある気がします。 歌舞伎見たことない人だと想像しづらいでしょうし、あそこは民衆が言うよりもおでんが最後まで言って現代での戦いが終わった後とかの方で言った方が締りが良い気がします。 いや現代におでんいないのにやるのかと言われればそれまでですが。 ただ民衆が言う前のあの息を吸う場面とか…無くても良くない?個人的にはあのセリフだけはおでんが最後まで言ってほしかったですね。 ここら辺はアニメで見れば印象が変わりそう。 さてついにおでんが死にましたが地味に私が気になるのはここで過去編が終わるのかということ。 やろうと思えばトキや康イエの描写で1話は使えると思うのですが、個人的にはそろそろ現代に戻って戦いにも触れてほしいですね。 終わりの文章を見れば次回からは現代かな? ところで今回、あのモーグのすぐ後に「恋するワンピース」が出張で本誌掲載されていたんですよね。 なんか走り始めた現代があの世界のように見えて笑ってしまいました。 あっちの方は相変わらずキレッキレのギャグを見せつけてくれます。 メンバーに疑問を覚えましたが、CMの内容を考えると妥当でしょう。 個人的に一番目を引いたのは山本君に抱えられるチョッパーですね。 あれちょっと絵がキモすぎます 笑 おでんの見事な死にざまとカイドウの性格にやきもき…すらも吹っ飛ばす恋ピに開いた口が塞がらずにまた次回! katakunad.

次の

ONEPIECE 972「煮えてなんぼのおでんに候」

煮え て なんぼ の おでん

今週の『』、読みましたか? 月曜日が祝日ということで土曜日の今日発売されています。 以前から激アツな「光月おでん 回想編」が繰り広げられているワンピースですが、今回はマジで神回でした……。 【ネタバレ内容を含むのでご注意ください】 長らく続いてきた回想編もいよいよ終盤。 わかっていた展開ではありますが、今回は 「おでん様が処刑される回」でした。 石川五右衛門をモチーフにしていると言われているので、処刑方法は息子 仲間 を担いだ状態での『釜茹の刑』。 おそらく【伝説の1時間】と呼ばれいるように高温の釜で1時間耐え抜くのでしょう。 そして、死に際の言葉は 煮えてなんぼのおでんに候 だろうというのは、以前の展開から予想はされていました。 それが、まさか、こんな形で、使われることになろうとは、、、 まさに【神回】です。 僕の中では、メリー号とのお別れに匹敵するレベルの感動回になってしまいました。 だってさ、、まさか「おでんに候!!!! 」って国民が叫ぶとは思わなくない?? しかも!! そんな『おでん様処刑を描いた神回』が収録されたジャンプの発売日の今日「2月22日」は おでんの日 というじゃないですか。 そんな偶然ありますか?? もし小田先生が狙っていたならスゴいことだし、狙ってないとしてもスゴいこと。 あまりの出来過ぎ展開に、僕は今日ずっと興奮しっぱなしです。

次の

ONE PIECE 巻96 (ジャンプコミックス)の通販/尾田栄一郎 ジャンプコミックス

煮え て なんぼ の おでん

942話のかゆいところ 10代後半のおでん様は単独というのも興味深い。 この頃は錦えもんとかは従者ではなかったのでしょうか。 アシュラ童子は九里の悪党だったのを倒し部下になった。 イヌアラシとネコマムシと河松は大名後に部下になった。 この4人以外は「花の都」時代からの部下ってわけでもないのかな? おでん様の心変わり 光月家を背負って立つとか興味ねぇ 勘当はスキヤキ様の愛のムチだから応えてみせろ。 お前が光月家を背負って立つんだと言った説教する康イエですが、当のおでんは まるで興味無さそうです。 「そんな事」呼ばわりです。 興味あるのは海へ出ることのみ。 10代後輩の頃は、ひたすら海へ出たいと思う少年だったおでん。 とはいえ、20歳の若さで無法地帯だった九里を平定して大名になったそうですからね。 この気持ちの変化は康イエが関係してるのでしょうか。 ・黙れ!身勝手を言うのはいっぱしの武士になってからだ! ・まだ何者でもねぇチンピラだ。 てめェなんか!! この言葉がおでんを変えるきっかけになって、九里に城&町&農園を作るに至ってる? いっぱしの武士になって、何者どころか大名になってから海へ出たと。 おでんの人生に多大な影響を与えた予感。 「丑三つ小僧」ではない 「丑三つ小僧」はウソ 康イエは「丑三つ小僧」ではなかったそうな。 確かにほぼ5日間もゾロと行動を共にしてたはずなのにどうやって「花の都」に現れるんだって感じでしたが、あるいは狂死郎&日和(小紫)と協力すれば犯行可能説もあったがきっぱりと否定してます。 こうなってくると「丑三つ小僧」は誰だってのもより一層謎ですね。 狂死郎と日和だと 936話で現れたという小僧が犯行不可能になってしまいます。 この時に狂死郎と日和はオロチ城にいた 「丑三つ小僧」は行動原理は日和に近いけどまるで関係ない可能性すら出てきた。 ほぼ影も形もないに近い「赤鞘九人男」の傳ジローって線すらありますな。 てか、前回ラストの「皆に詫びたい事二つ」の1つはこれかよ!自分は丑三つ小僧ではなかったことが詫びたいことかよ!てっきりオロチの支配体制に関係あるかと思いきや…。 詫びたい事二つ!オロチに言いたい事一つ! 霜月康イエ会心の一撃 「皆に詫びたい事が二つ」「オロチのバカに言いたき事が一つ」。 オロチのバカに言いたかった事は一つでは済んでおらず、やれ「害虫」「小心者」「器が小さい」とボロクソです。 で、ワノ国の人たちに詫びたいことの1つは自分が丑三つ小僧でない事、もう一つは 「逆三日月」は康イエがイタズラでやったという主張でした。 月の印もただの流行り。 紙はイタズラ。 まさに命をかけた演説です。 でも、康イエ一世一代の演説で「逆三日月」の計画は白紙になりました。 当日の集合場所を変えたようです。 これ誰かが錦えもんに伝えたんだよね?集合場所変わったことを討入実行のリーダーに伝えてないってことはあるまい。 これなら「討入」作戦大丈夫…かな?まだ臭いけどね。 決起を知らせる紙はまだしも、足首に月の印を入れてるものが実行者って誰かがバラさなきゃ分からないと思うけど、 いまだにユダは不明なのはちょっと怖いな。 以前のワノ国の体制 934話 ワノ国はオロチが簒奪しおでんの死後、「残る我々4人の〝大名〟」に黒炭に仕えるか戦うか問うたそうです。 「九里」「希美」「兎丼」「鈴後」「白舞」に大名がいて、「花の都」に将軍がいたということか。 以前のワノ国の体制が分かりましたね。 ・花の都…光月スキヤキ将軍 ・九里…無法地帯から光月おでん大名 ・希美…???大名 ・兎丼…???大名 ・鈴後…???大名 ・白舞…霜月康イエ大名 将軍1人と5人の大名がいたのか。 そして、黒炭オロチはどこぞの大名から将軍になったわけでもない。 さらに興味深いことが述べられていました。 おでんに大恩ある貴様が! 姑息な計略で奪い取っただけの将軍の座、誰が認めるか! 黒炭オロチは おでんに大恩があったそうな。 なんだろう。 おでんのオロチへの恩が気になります。 オロチはおでんから「大恩」あったのに裏切ったのか。 以前におでんの話を聞いた麦わら一味は「何その話…ひどい」「冗談じゃねぇ!汚ねぇぞオロチ」ってリアクションに繋がるのかにゃ? 康イエがオロチの心の呪縛を詠む オロチの心の呪縛を詠んだ 〝器の小さき男には〟 〝一生食えぬ「おでん」に候!!〟 オロチの「心の呪縛」を詠んだ康イエ。 器の小さいオロチにはおでんは一生食べられないそうな。 どういう意味合いなんだろ。 ここで言う「おでん」は食べ物を指してるのか九里大名だったおでん様を指してるのか。 818話「くじらの中で」で重臣錦えもんと息子モモの助がおでんの言葉を思い出して号泣してた言葉と酷似しています。 818話 煮えてなんぼのォ!! おでんに候!!! おでん様が処刑されたのはグツグツ熱湯で煮られたのかなっと当時は漠然と思ってましたけど、錦えもんは君主おでんの処刑をリアタイで見たそうだけど、 息子のモモの助は九里城で妹・日和と母・トキと一緒だった。 父 親が処刑される瞬間は見ていません。 てことは、「煮えてなんぼのォ!おでんに候!」はおでん様が処刑される際の言葉ってわけではないのかな。 この「煮えてなんぼ」は食べ物のおでん?それともやっぱり人間おでんがグツグツ煮られた? ・煮えてなんぼのおでんに候 ・器の小さい男は一生食えないおでんに候 ちょっとだけ描かれた10代後半と思われるおでんはおでん食ってました。 「おそ松くん」のチビ太が食ってる串おでんやね まあ、今回の康イエ処刑のように光画で実況中継してたかもしれんが。 いや、でもワノ国がカタツムリでなくタニシを使ってるとはいえ、錦えもんの「これでよいのか?」と電伝虫を始めて触ったあのリアクションを踏まえると、20年前にはそういう文化がワノ国になかったとみるべきか…。 なんにしてもオロチの「心の呪縛」を詠んだのと、818話で煮えてなんぼが似てるのは引っかかる。 「おでん」は煮えてなんぼで、小心者には一生食えない?あとスマイルが関わりそうでとても気になります。 人造故のリスクはパンクハザード編でも示唆されてたけど、動物から戻れないではないのか。 私気になります。 もちろん漁業なんかで使われてるんでしょうけど、外国から良い客も悪い客も来てるそうな。 え?鎖国してるんだよね?まあ、問答無用で追い出してるでいいのかな。 唯一の窓口というか玄関先として出島みたいなのがあったのかな。 カイドウが「こいつをこう加工するとこう使えるんだぞ」って加工技術を持ち込んでお披露目して、その後の20年でワノ国に広まったってことかな?.

次の