グーグルペイ メリット。 「Google Pay」と「おサイフケータイ」の違いを解説!

GooglePay(グーグルペイ)とは?使い方やメリット、デメリット!

グーグルペイ メリット

目 次• Google Payとは Google Pay(グーグルペイ)は、「Android Pay(アンドロイドペイ)」と「Googleウォレット」が統合して新しくなったスマホ決済サービスです。 電子マネーなどのサービスではなくて、各社の電子マネーをまとめて1つのアプリで利用する事が出来るようにしたサービスです。 最大の特徴は各社の電子マネーを一元管理して利用する事が出来る点です。 各社の電子マネーをまとめて使えるのがメリットですね。 Google Payが利用出来るのはおサイフケータイ対応(フェリカ対応)のAndroid端末(スマートフォン)です。 おサイフケータイとは、「かざすだけで料金支払いが可能なサービス」の事です。 ApplePayとの違い 似たようなサービスではApplePayが有名ですが、ApplePayもフェリカ機能を搭載するようになりましたが、おサイフケータイ機能の利用は出来ません。 一方でAndroidはおサイフケータイに対応しています。 この違いによりApplePayとは使える電子マネーなどの機能に違いがあります。 ApplePayは基本的にポストペイ(後払い式)の電子マネー(iD、QUICPay)が使える場所で利用が可能となっています。 (Suicaも利用可能) 一方でGoogle Payの特徴は、ポストペイ(後払い式)のQUICPayも利用可能なのに加えて、プリペイド式(事前チャージ式)の電子マネーも利用する事が出来ます。 Google Payの利用自体でポイント付与などは無く、各電子マネーでそれぞれのポイントが貯まります。 あくまでも各電子マネーを一つのアプリで利用出来る便利な機能と言う感じです。 Google Payで利用出来る電子マネー Google Payで利用出来る電子マネーは何があるのか解説していきます。 最近、利用出来る電子マネーが新しく増えました。 現在は5社の電子マネーがGoogle Payで利用可能となっています。 Google Payで利用可能な電子マネー• 楽天Edy• nanaco• Suica• WAON• QUICPay 主要な電子マネーは全て使えます。 QUICPay以外は事前チャージ式の電子マネーとなりますので、クレジットカードを持っていなくても利用する事が可能です。 もちろんクレジットカードでのチャージも可能なので、それならポイントの2重取りも可能です。 楽天Edy 楽天Edyは全国50万箇所以上で利用が可能です。 コンビニ、スーパー、飲食店など様々なジャンルのメジャーなお店で利用が可能となっています。 利用時の還元率 0. 楽天Edyのチャージにおすすめなクレジットカードはこちらの記事をご覧ください。 「楽天Edyチャージはクレジットカードがお得なの?」 「チャージポイントが貯まるクレジットカードが知... nanaco セブン&アイホールディングスが発行している電子マネーで、セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズなどのグループ企業で利用するとかなりお得になります。 nanacoは利用出来る店舗があまり多くないイメージを持たれる方が多いですが、実は様々なお店で利用する事が出来るので何かと使える電子マネーです。 また、nanacoと言えば税金や保険料の支払いが出来るという特徴があり、クレジットチャージでポイントを貯めてから支払えば実質的に税金や保険料を割引価格にする事が出来ます。 Google Payでnanacoを利用するには、nanacoモバイルアプリのインストールが必要です。 またチャージは主にセブンイレブンなどの店舗かセブン銀行ATMからになりますが、nanacoモバイルアプリがあればGoogle Pay内でクレジットチャージをする事も可能となります。 nanacoチャージにおすすめなクレジットカードはこちらの記事をご覧ください。 「nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードが知りたい」 「nanacoで税金を割引出来... Suica JR東日本が発行している交通系電子マネーで、相互利用により全国の鉄道を利用出来る他、コンビニ、スーパー、飲食店など様々なジャンルのメジャーなお店で利用が可能となっています。 5~1%です。 ただし提携店はかなり少ないです。 Suicaは利用ポイントが付くのは限られたお店だけです。 基本的には利用でのポイントは付きませんので、Suicaの利用でポイントを獲得するにはクレジットチャージでポイントを獲得する事が重要となります。 しかし、Suicaチャージでポイントを獲得出来るのはビューカードシリーズのみとなります。 出来ればSuicaへのクレジットチャージでポイントを稼ぐならビューカードがおすすめです。 チャージはGoogle Payに登録可能なクレジットカードからチャージが可能で、登録可能なクレジットカードはVISA、Master、JCB、アメックスのクレジットカードです。 ライバルのApplePayではVISAからのチャージは出来なかったので、その点では便利になったと言えます。 ビューカード保有者以外はモバイルSuicaの利用は年会費がかかっていたが、無料でチャージ出来るようになった点も利便性があがりましたね。 Suicaチャージにおすすめなクレジットカードはこちらの記事をご覧ください。 「Suicaチャージはクレジットカードがお得なの?」 「チャージポイントが良く貯まるクレジットカード... WAON イオングループが発行している電子マネーで様々なジャンルの40万箇所以上のメジャーなお店で利用する事が出来ます。 特にイオングループでは定期的にポイントアップキャンペーンを開催しているのでお得に利用が出来ます。 唯一ポイントを稼ぐ方法は、イオンカードセレクトでWAONにオートチャージをした時だけとなります。 WAONを利用しただけでは還元率は0. WAONチャージにおすすめなクレジットカードの詳細はこちらの記事をご覧ください。 「WAONチャージでポイントが貯まるクレジットカードが知りたい!」 「WAONチャージはクレジットカ... QUICPay(クイックペイ) QUICPayはポストペイ(後払い式)の電子マネーとなりますので、要はクレジットカードで決済するのと同じです。 カード会社の承認が必要になりますので、与信が必要になります。 (与信とは信用して金銭を貸与すること) ですのでQUICPayを利用するにはクレジットカードかプリペイドカードの登録が必要になります。 そして、QUICPayを利用した分については引き落としで使ったクレジットカードの利用分となり、そのクレジットカードのポイントが付与されます。 QUICPayはJCBが運営していr電子マネーになりますので、基本はJCBカードで、他にもいくつかのカードが登録可能となっています。 「ジャックスのクレジットカードってどんな魅力があるの?」 「ポイントが貯まりやすいって本当?」 「海... QUICPayが利用出来るお店は主要コンビニ、イオン、イトーヨーカドー、ドン・キホーテ、マクドナルド、ガスト、マツモトキヨシ、ビックカメラなど、各ジャンルのメジャーなお店で利用出来ます。 こちらはポストペイ式(後払い式)の電子マネーとなりますので、事前にチャージする必要もなくて残高不足などの心配をする必要もありません。 ただし、利用し過ぎると登録しているクレジットカードの限度額が減ってきますので、限度額が足りなくなるとQUICPayの決済が出来なくなりますので注意が必要です。 Google Payの使い方 ではGoogle Payの使い方を解説します。 「使い方」と言っても別に特別難しい事はありません。 誰にでも簡単に使う事が出来ます。 Google Playでアプリをダウンロード まずはGoogle PlayからGoogle Payアプリをダウンロードします。 利用したい電子マネーの設定をする 楽天Edy、nanaco、Suica、WAON、QUICPayの設定をします。 QUICPay以外の電子マネーならチャージが必要 チャージはポイントを稼げるクレジットチャージがおすすめです。 Google Pay内でクレジットチャージができる物もありますので、そうすれば更に便利です。 QUICPayならクレジットカードの登録が必要 JCBカード、ジャックスカード、LINE Payカード、プリペイドカード、デビットカードの登録が必要です。 ここまで済んだら利用可能です。 Google Payのお店での利用方法 Google Payをお店で利用する際は、いちいちアプリを開く必要が無いので便利です。 Google Payのお店での利用手順• レジで利用したい電子マネーを伝える• コードリーダーにスマホをかざす• 決済完了 あくまでも利用したい電子マネーを伝えるようにしましょう。 楽天Edyであるなら「楽天Edy払いで」と言う感じです。 もし「Google Pay払いで」と言ってしまうと、店員さんに通じません! 楽天Edyなら、普通に楽天Edyで支払う時と同じようにすれば良いという事です。 その他の電子マネーで支払う場合でも同じです。 nanacoなら「nanacoで!」と店員さんに伝えましょう。 Google Payが選ばれる理由・メリット Google Payが選ばれる理由やメリットをまとめます。 各社の電子マネーを1つのアプリで利用出来る やはり、何と言ってもこれが1番のメリットではないでしょうか。 5つの電子マネーを1つのアプリで管理して利用する事が出来ます。 通常なら各電子マネーのそれぞれのアプリを利用することになりますので、管理が大変となります。 利用可能な電子マネーを全て登録しておいて、状況に応じて1番メリットのある電子マネーを使い分ける事が出来ます。 アプリを立ち上げる必要が無い Google Payを利用する際は、いちいちアプリを立ち上げる必要はありません。 利用する電子マネーが楽天Edyなら「楽天Edy払いで」と店員さんに伝えて、スマホをそのままかざすだけで完了します。 例えば最近多くなってきているQRコード支払いは、予めアプリを開いてQRコードやバーコードを準備しなければなりません。 慣れれば問題はないでしょうが、メンドクサイと言えばメンドクサイです。 なにも操作する事無く、スマホをかざすだけで良ければそれに越した事はありませんよね。 共通ポイントカードも登録出来る Google Payは電子マネーの利用以外にもポイントカード機能をまとめる事も可能です。 対応しているポイントプログラム• 楽天ポイント• Tポイント• dポイント• マツモトキヨシポイント 「ポイントプログラムを追加」からポイント名を検索すると表示されます。 カメラが起動するのでポイントカードのバーコードを読みとるか、会員IDを入力すれば追加登録が出来ます。 実際にお店で利用する際は、Google Payアプリを起動して利用したいポイントカードのバーコードを表示して読み取ってもらう事が必要です。 電子マネーの利用とは違い、ポイントカード機能を利用するにはアプリの起動が必要となのは少しメンドクサイですが、それでも何枚もポイントカードを持ち歩く必要が無くなるのは便利だと思います。 Suicaが年会費無料で利用出来る モバイルSuicaの利用をするにはビューカードの利用が無ければ年会費1030円(税込)がかかりますが、Google Payならビューカードを持っていなくても無料で作る事が出来ます。 またSuicaチャージの単位ですが、ライバルのApplePayだと1000円単位でしかチャージが出来ませんでしたが、Google Payは1円単位からチャージが可能となっています。 Google Payのデメリット Google Payは基本的に認証などをしずに、そのままスマホをかざすだけで決済をする事が出来ます。 これはアプリを開いたりする手間が無いので非常に便利で利用がしやすいですが、裏を返せば誰でも簡単に決済に使える事になります。 例えばスマホを落としてしまった場合、拾った人が簡単に決済に使えてしまうという事になります。 ですので、利用上限が30000円と少なくなっている点がデメリットと言えます。 ただ、認証無しでクレジットカードが使えるようになっていますので、もし上限が無ければ高額な買い物を勝手にされてしまう可能性がありますので仕方がないですね。 便利さゆえのデメリットと言う形です。 まとめ Google Payはスマホのおサイフサービスで、各社の電子マネーやポイントカード機能を1つのアプリにまとめる事が出来ます。 主要電子マネーや主要な共通ポイントカードを1「つのアプリにまとめる事が出来る点が大きな特徴となっています。 おサイフケータイの機能とよく似ていますが、現状ではおサイフケータイから乗り換える程の機能を持ち合わせていませんので、これからに期待するサービスです。 まだ、浸透しているサービスではありませんが、売り出し中なので、利用でポイントが貰えるキャンペーンなども開催しています。 この機会に利用を始めてみてはどうでしょうか! カテゴリー• 304•

次の

【2020年7月最新版】「Visa LINE Payクレジットカード」のメリット・デメリット・Apple Pay・グーグルペイ等まとめ

グーグルペイ メリット

QUICPayとは何か知っていますか。 QUICPayとは、JCBが推進している後払い方式の電子マネーサービスのことです。 QUICPayの場合、あらかじめチャージしなくて良いポストペイ型の電子マネーサービス。 お店もしくはレストランの決済端末に電子マネーカードやスマホをかざすだけで、スピーディーに支払いができます。 QUICPayはクレジットカードの付加サービスとして展開されているため、利用するにはQUICPayと提携しているクレジットカードが必要です。 なお、利用した分のお金はクレジットカード利用代金の一部として請求されるので問題ないでしょう。 以下の動画を参考にして、QUICPayを試してみてください。 上記のとおり、QUICPayとは、カードやスマートフォンをかざすだけで使える決済システムです。 JCBが主に中心になり、運営している「モバイル決済推進協議会」という組織で導入が促されていました。 それから、この協議会が解散することになって、現在はJCBが単独で運営している形になっています。 また、QUICPayは2パターンあります。 カードタイプの「QUICPayカード」と、おサイフケータイとして利用できる「QUICPayモバイル」の2種類です。 QUICPayカードには専用カードとクレジットカード一体型カードの2パターン展開になります。 また、 QUICPayのセキュリティは安心であると言われています。 要するに、QUICPayのように電子マネーの場合であってもクレジットカードの補償制度がそのまま適用されるため、安心であるということです。 というのも、QUICPayカードを紛失したり、または盗難にあった場合に不正使用などの甚大な被害を受けた際は、被害届け出から60日前までさかのぼり、クレジットカード会社が補償してくれるからです。 QUICPayはサービス開始した後からあまり利用者が増加してきませんでしたが、モバイル決済推進協議会解散した後にJCBが主に中心になって力を入れることになり、利用できる加盟店も増加してきました。 2016年秋からは、Apple Payでの支払いもできます。 1つ目のQUICPayにおけるメリットとは、「 スマートフォンだけで使える」というメリットです。 みなさんが普段利用しているスマートフォンが財布代わりになるということ。 いつも使用しているスマートフォンが財布になるのは非常にお得ですよね。 買い物するたびに財布を持ち歩くという手間を感じる人は多いのではないでしょうか。 長財布の場合は、財布の形状によって持ち運びにくいです。 そこで、モバイルタイプに変えるだけで近隣に買い物するたびに財布を持っていかなくても問題ないでしょう。 詳しく説明すると、QUICPayとは決済機にかざすだけでクレジットカード払いを可能にするシステムのことを指します。 具体例を出すと、JCB一般カード(QUICPay搭載型)と呼ばれるクレジットカードを持っていればすぐお得に使えるのです。 そしてQUICPayの対応店舗の店員さんに「QUICPayで支払いお願いします」と伝えることによって、QUICPay専用の決済機での支払いを有効にしてくれます。 それから、その決済機の上にクレジットカードをかざすだけでお得に支払い可能です。 そうすると、「ピピッ」という音とともに決済が完了します。 現金払いより手軽かつ簡単であるとは言わずもがなですよね。 スマホをかざすだけでも決済できるので、自分にあったお得な利用方法を試してみてください。 また、通常のJCBクレジットカード払いと比較したとしても、レジでカードを切ってもらう、あるいは暗証番号を入力するという手間が無いため、さらにスムーズかつお得に支払いできますよね。 カード会社によって 形態が異なるので、それぞれ分けて表にまとめました。 QUICPayの種類 概要 発行手数料 対応クレジットカード発行会社 QUICPayカード QUICPay専用カード 無料 ・JCB ・オリエントコーポレーション ・アプラス ・セディナ ・住信SBIネット銀行 ・セブン・カードサービス ・トヨタファイナンス ・日専連 ・UCSカード QUICPayモバイル スマホ・携帯電話で利用するQUICPay 無料 ・JCB ・オリエントコーポレーション ・アメリカン・エキスプレス ・クレディセゾン ・セディナ ・セブン・カードサービス ・楽天カード QUICPayコイン コイン型のQUICPay 無料 JCBのみ おこづかいQUICPay 10歳から利用可能な月間利用上限3万円のQUICPay 無料 JCBのみ QUICPay一体型クレジットカード QUICPay機能を搭載しているクレジットカード 基本的に無料 ・オリエントコーポレーション ・JCB ・住信SBIネット銀行 ・セブン・カードサービス ・トヨタファイナンス QUICPay(nanaco) nanacoカードにQUICPay機能を搭載した電子マネー 300円 ・JCB ・セブン・カードサービス ・セディナ スピードパスプラス エクスプレス発行のキーホルダー型QUICPay 300円 ・JCB ・トヨタファイナンス(シナジーカード、TS CUBIC CARD) ・セブン・カードサービス ・セディナ ANA QUICPay+nanaco ANAのスキップサービス・QUICPay・nanacoを搭載しているキーホルダー型の電子マネー 300円 JCB(ANAカード) 以下の表とは、 QUICPayが使えるお店を表にまとめたものです。 ぜひ参考にしてみてください。 お店の種類 使えるお店 コンビニ ・セブンイレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・ミニストップ ガソリンスタンド ・ENEOS ・エッソ、モービル、ゼネラル ・昭和シェル石油 スーパーマーケット ・アピタ ・イオングループ ・マックスバリュ ・イトーヨーカドー ・フィール ドラッグストア ・マツモトキヨシ ・スギ薬局 ・ツルハドラッグ ・ココカラファイン 飲食店 ・ガスト ・マクドナルド ・すき家 ・木曽路 ・タリーズコーヒー タクシー ・明和グループ ・宝交通 ・東京無線タクシー ・家電量販店 ・書店 ・服 ・ビックカメラ ・TSUTAYA ・ユニクロ ・百貨店 ・ショッピングモール ・阪急阪神百貨店 ・ジェイアール名古屋タカシマヤ ・LOFT ・ANNEX ・レジャー ・アミューズメント ・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ・東京ドーム ・快活クラブ ・ジャンカラ 空港 ・関西国際空港 ・中部国際空港セントレア ・ANA FESTA 「QUICPay」と「QUICPay+」の違いは2点あります。 1つ目の違いとは、通常のQUICPayには1回の支払いで2万円という利用上限が設定されている一方で、QUICPay+の場合には上限がなく2万円を超える高額利用が可能であるという違いです。 2つ目の「QUICPay」と「QUICPay+」における違いとは、QUICPay+の場合、クレジットカード以外にも、特定のプリペイドカードもしくはデビットカードとの連携ができる違いです。 以下で、QUICPayとQUICPay+の違いとは何か、表でまとめてましたのでぜひ参考にしてみてください。 QUICPayのメリットでは、まずスマートフォンだけで使えるという点やポイントが二重に貯まってお得であることを紹介しています。 スマートフォンだけではなく、クレジットカードだけでも使用できます。 クレジットカード分のポイントも貯まるので非常にお得ですね。 一方で、デメリットではネットショッピングで使えない点を挙げました。 正しい機能の内容を理解して、お得にスマートフォンを利用し、QUICPayを使いこなしていきましょう。

次の

スマホ決済「Google Pay(グーグルペイ)」の特徴やメリット、使い方を徹底解説!

グーグルペイ メリット

こんな感じ 最近の一番のお気に入り ちょっと前から使っているグーグルペイ(クイックペイ)のアプリが最強に使い勝手が良いです。 元々は普通のクイックペイを使っていたんですけど、このグーグルペイ(クイックペイ)のアプリは最高ですね。 グーグルペイ(google pay)とクイックペイ(quicpay)って、違うものなのか?同じものなのか?って調べてみたんですけど、結局分からなかったけど・・・。 多分、今はグーグルペイとクイックペイって同じなのかな?って思います。 多分ですけど・・・。 クイックペイは登録できるクレジットカードが少なかったんですけど、グーグルペイは色んなクレジットカードを登録出来ます。 あとグーグルペイ(クイックペイ)のアプリを入れておけば、アプリを開かずに買い物できるので楽なんですよね。 ラインペイとかペイペイ、楽天ペイなどはアプリを開かないと使えないですよね。 そんな面倒な事が無いので、最近の一番のお気に入りは「グーグルペイ(クイックペイ)」です! グーグルペイ(クイックペイ)のメリット たくさんあるよ 私の思う、グーグルペイ(クイックペイ)のメリットは下記ですね。 色んなお店で使える• アプリを開かずに買い物できる• 登録できるクレジットカードが多い• チャージの必要無し• 交通系ICカードのチャージも出来る などなどですね。 色んなお店で使えるって事ですけど、コンビニもセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのおおt含めたほとんど使えるんじゃあないかなって感じですね。 ちょっと前までは、セブンはこれ、ローソンはこれ、ファミマはこれとかって使い分けていたけど、今は全部グーグルペイ(クイックペイ)です! 携帯電話(アイフォンでもアンドロイドでも)をかざすだけで使えるのも、使い易いし便利ですよね。 スイカのチャージも出来るので、福岡市営地下鉄、西鉄電車、西鉄バスにも乗れます。 これらの理由に寄って、グーグルペイ(クイックペイ)は最強ですね!! グーグルペイ(クイックペイ)の使い方 グーグルペイ(クイックペイ)の使い方ですけど、すごい簡単です! グーグルペイのアプリをインストールしておけばOKって感じですね。 クレジットカードを登録しておけば、後は使った分だけ勝手に引き落としされているので、ポイントの一元管理も出来てポイントも貯まり易いって感じです。 交通系ICカードの場合は、SUICA(スイカ)の所でチャージをクリックすれば良いです。 後は好きな金額を入力すればOK。 それだけで充分なので、私はそれ以上使っていないんですけど、楽天エディのチャージとかワオンとかナナコの設定も出来るみたいです。 TポイントとかDポイント、楽天ポイント、デパートとかお店の各種ポイントカードを纏めたりも出来るみたいですね。 グーグルペイのアプリのインストールは、GooglePlayストアとかApp Storeで出来ますよ。 スマホで検索したら直ぐ出てきます。

次の