ホエイプロテイン ダイエット。 ホエイ、カゼイン、ソイってなに?プロテインの種類について

マイプロテインの種類の違いを分かりやすく解説【インパクトホエイ・アイソレート・Theホエイ他】

ホエイプロテイン ダイエット

スポンサードリンク ホエイプロテインの女性へのうれしさ 筋トレとセットで筋肉量を増やす 筋トレをして一緒にプロテインを飲むと、 より筋肉量の増加に役立ちます。 その時には吸収が早いホエイプロテインがいいのですが、この時に飲むプロテインとして女性の方もホエイプロテインを飲むことをおすすめします。 筋力や筋肉をつけようとしたら、やっぱりホエイプロテインなんですよ。 女性がプロテインを飲んでもムキムキにはならない? 女性も一緒で、ホエイプロテインを飲んだからといって、 女性の場合は、ムキムキになるわけでもないです。 逆に筋肉が引き締まって、体のラインも引き締まってきます。 筋肉が付いても男性の様に筋肉が大きくなるには相当なトレーニングと食事管理をしなくてはなりません。 ですので、女性の場合、 筋トレして筋肉が付くと引き締まった体になるので体のラインもきれいになりますし、いいことづくめなのでそういった意味で筋肉をつけるにはプロテインを飲む方がいいです。 逆にソイプロテインとか女性に人気のプロテインがありますよね。 ソイプロテインでもいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、筋肉を早くつけるという意味では、ホエイプロテインには劣ります。 ですので、私は女性であっても声プロテインを飲むべきなんではないかなって思います スポンサードリンク ダイエット時の女性に嬉しいホエイプロテインの効果 脂肪を落とし筋肉量を維持してくれる パデュー大学の2018年4月の研究では、 ホエイプロテインを飲むと脂肪が落ちて筋肉量が維持できるという研究結果が出ています。 女性が筋トレをされる場合ってダイエットの一環だったりが多いと思うので、そういった意味では筋肉量が落ちないというのはとても大事なことですね。 脂肪と一緒に 筋肉まで落ちてしまうと、基礎代謝が下がってしまうので、痩せた後に太りやすい体に変わってしまいます。 その結果、リバウンドしてしまうことにも繋がるので筋肉量は落としたくはありません。 もちろん筋肉を落とさないために筋トレをされると思うんですが、筋トレと一緒にホエイプロテインを飲むことで、更に脂肪を落として筋肉量を維持することを狙っていけますね。 こういった結果があるので、 男性でも、減量やダイエットする時はホエイプロテインを飲むのがいいと思います。 この研究結果を見た時に、私もホエイプロテインをこれからも飲んでいこうと思いました。 だって、脂肪が落ちて筋肉量が維持できるんでしたら、飲まないって選択肢はないですよね。 カロリーだけは気をつけなければいけませんが、それでも飲んだ方がいいと私は思うので、私はこれからも飲んでいきます。 満腹感が出る ホエイプロテインを飲むと満腹感がかなり出ます。 ですので、食事の量を減らしてるときや、例えば断食中の軽い食事として置いプロテインを飲むというのは全然ありだと思います。 食事の量を減らして、食後にホエイプロテインを飲むとお腹がいっぱいになるので満腹感はかなり出ますから、食べ過ぎ防止にもつなげられますよ。 私も食事を減らす時にはよくやります。 昼食をサラダとホエイプロテインに変えたり、朝食をホエイプロテインのみにしたりとお得プロテインを1種の食事代わりとして使ったりもできます。 もちろん、栄養バランスなどは大事ですが、そういったことを気をつけながら、活用されるといいと思いますよ。 ホエイプロテインを女性に勧める理由• 筋トレとセットで筋肉量が増える• 筋肉が増えてもそう簡単にはムキムキにはならない• ダイエットにも役立つ• 飲むなら男性が飲むホエイプロテインで全然OK 女性に限らず、男性もに言えることなんですが、お伝えしてきたことというのは 男性女性どちらにとってもメリットのあることですので、女性がこういうプロテインを飲まないということはあまりメリットはないですね。 ですが女性の場合、筋肉がつきすぎてムキムキになるというようなイメージがどうしても持たれてしまっているので、「そんなことはないんだよ」ということをお伝えさせていただきたかったというのが今回の内容です。 ホエイプロテインは普通のジュースとか比べると味としてはそんなに美味しくないかもしれません。 しかし最近のホエイプロテインはとても味が美味しくなってきているので、最初はしんどいかもしれないですが、飲み慣れていくととても飲みやすく感じますよ。 ですので、まずはトライをしてもらうといいかなぁと思います。 関連記事 プロテインを飲むなら、やっぱり筋トレなんですが、腹筋ローラーをして、女性がこれだけ変わるんであっというビフォーアフターをこちらの記事でご紹介しています。 なかなかもすごいビフォーアフターなので、是非1度ご覧いただければと思います。

次の

プロテインダイエットは女性に効果なしで太る?おすすめは?【ソイ&ホエイ】|石本美ボディブログ

ホエイプロテイン ダイエット

プロテインダイエットとは プロテインダイエットとは、一般的に食事の一部をプロテインサプリメントに置き換えるダイエット法のことをいいます。 置き換えをすることで、摂取カロリーをおさえることが可能ですが、他の必要な栄養素の摂取も減ることから、体調不良やリバウンド等の原因となる場合があります。 ダイエットの基本は、バランスのよい食事からです。 まずは、現状の食事内容を見直し、余分に摂ってしまっているカロリーをカット。 また、不足している栄養素の補足としてプロテインを摂ることがのぞましいでしょう。 例外として、代謝が落ちて体重が減りにくくなった減量末期に、さらに脂肪を落としたい場合などで実施されることもありますが、その他栄養素摂取にも緻密なフォローが必要なため専門家の指導のもとで行うことが基本となります。 メリット プロテインダイエットのメリットとしては、食事量を減らすことで不足しがちなタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を補給できることです。 これらの栄養素はエネルギー代謝にも関わっているため、不足すると代謝低下につながる可能性があります。 また、プロテインダイエットは、食事にプラスすると必要な栄養素が補給できるので、手軽に食事のバランスを整えることが期待できます。 さらに満腹感を得やすいので、少し食事量を減らしてもストレスを感じにくく、継続しやすいというのもメリットとしてあげられます。 デメリット 自己流で食事をプロテインのみに置き換えたり、極端に食事量を減らすと、一時的に体重は減りますが、その分、通常食にもどした際にリバウンドをしやすく、なにより体調を崩す可能性があります。 また、過剰にタンパク質を摂りすぎると、腎臓にも負担がかかる場合があるので、摂りすぎには注意をしましょう。 プロテインダイエットの方法 どのようにプロテインダイエットを進めていけばよいのでしょう。 ここでは、食事との適切な組み合わせ方、プロテインの摂取のタイミングなど、具体的な方法について紹介します。 プロテインと食事の組み合わせ方 基本的には、バランスのよい食事を心がけながら、食事を無理のない程度に減らし、その分をプロテインで補うように摂取しましょう。 例えば、朝食は「食パンとコーヒー」という方は、そこに「プロテイン+低脂肪乳」をプラスしてみましょう。 バタバタしがちな朝は、それだけでもビタミン、ミネラル、タンパク質が補給できます。 また、外食をするとどうしても脂質、炭水化物を必要以上に多く摂ってしまい、カロリーオーバーになってしまいがちです。 余分なカロリーをカットでき、外食時に不足しがちなビタミン、ミネラルもしっかり摂取できます。 さらに、自宅で食事する場合には、食事をする前にプロテインドリンクを飲むことで、食事量を無理なく抑えることが可能になります。 基本は、主食、主菜、副菜、汁物などの、バランスを意識した食事をとりながら、目標体重を目指すのですが、やはり忙しい毎日のなかで、毎食バランスの良い食事を摂ることが大変なこともあるでしょう。 そんなときは、プロテインを食事にプラスしてみてください。 運動を意識するとさらなる効果が 痩せやすいカラダ作りをするには、筋肉を増やして、基礎代謝を上げることも大切です。 基礎代謝が上がることでリバウンドもしにくくなります。 「運動をしたくても時間がない」「運動が苦手」という方は一駅分歩いてみたり、積極的に階段を使ったり、歩行量を増やしてみることからはじめましょう。 そのときに大股を心がけることもポイントです。 そして、可能であれば一日30分程度、ウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。 気を付けるべきポイント 極端な置き換えを取り入れた無理な減量は控えましょう。 基本はバランスの良い食事を心がけ、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの足りない栄養素をプロテインで補給することです。 また、プロテインは水に溶かして時間が経つと変質しやすいため、飲む直前に飲料と割りましょう。 割り物は水や、エネルギー代謝をスムーズにしてくれるビタミンB1が豊富に含まれている豆乳がおすすめです。 まとめ プロテインダイエットは、手軽で、日常の生活に取り入れやすいことが特徴です。 また、ダイエット中に不足しがちな栄養素を補給できることや、満腹感を得やすいのでストレスを感じにくく、継続しやすいというメリットもあります。 ただし、極端な置き換えは、リバウンドや、体調不良に繋がるため、バランスのよい食事を心がけた上でプロテインを利用し、健康的なダイエットを目指しましょう。 おすすめ商品.

次の

ダイエットではプロテインを飲むタイミングも大事!効果的な飲み方教えます!

ホエイプロテイン ダイエット

私たち人間の体の大部分は、このたんぱく質と水分によってできているといっても過言ではなく、筋肉はもちろん、骨や内臓、血液、髪の毛、皮膚、爪など、体を構成する多くの部位がたんぱく質からできています。 しかし、スポーツや筋トレなど運動習慣のある方は、体を動かさない方よりもたんぱく質の損失量が多くなるため、より多くのたんぱく質が必要となるのです。 そこで活躍するのがプロテイン。 そもそもプロテインとは、英語で「たんぱく質」を意味する言葉ですが、現在は「プロテインパウダー」として広く認識されています。 プロテインパウダーは、水や牛乳などで溶いて飲むのが一般的です。 人間の体にとって重要な栄養素であるたんぱく質を、効率的に摂取できる物として広く用いられています。 1日に必要なたんぱく質の量ですが、体を動かす習慣がそこまでない方と、アスリートや筋肉をつけたい方とでは、大きく変わってきます。 まず、一般的な日本人が1日に必要なたんぱく質は、「摂取エネルギーの13~20%」が理想的といわれています。 推奨量としては、成人男性で1日60g、成人女性は1日50gほど。 また、「体重1kgに対してたんぱく質1g」という見方もあります。 一方、日常的に運動する方や筋肉をつけたい方、ボディメイクをしたい方の場合は、こうした一般的な量よりも多めにたんぱく質をとることが推奨されています。 目安としては、男女ともに「体重1kgに対してたんぱく質2g」程度。 例えば、体重50kgの方が筋肉をつけたい場合は、1日100gほどのたんぱく質が必要となります。 筋肉をつけたいからといって、「体重1kgに対して2g」のたんぱく質を食事だけでとるのは、意外とたいへんなもの。 たんぱく質の量を優先して食事メニューを決めると、余計な脂質やカロリーを摂取してしまうことにもなりがちです。 そこで活用したいのがプロテインです。 脂質やカロリーをできるだけ抑え、食事だけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテインで補うことが、筋肉量を増やしたりボディメイクしたりする際の基本となっています。 また、筋肉をつけるだけでなく、体をしぼりたいという場合にも、プロテインは活用されています。 減量のための食事メニューでは、どうしてもたんぱく質が不足しがちとなるため、必要な筋肉も失ってしまうリスクがあります。 脂肪を落としつつ、できるだけ筋肉量や代謝をキープするためにも、プロテインによるたんぱく質の摂取は有効なのです。 まず、プロテインを飲むベストなタイミングは、筋トレと合わせて飲む方が多いことからもわかるように、「運動後30分以内」とされています。 これは、筋肉を構成するたんぱく質の合成が、運動を終えてから数時間のうちに最も活発に行われるため。 運動終了後は、できるだけ早めにたんぱく質を摂取することが効果的です。 運動後に摂取するたんぱく質の量は、「20~30g(体重1kgに対して0. 25~0. 4g)」が推奨されています。 1日分のたんぱく質の必要量を、一度にこのタイミングで摂取してしまわないようにしましょう。

次の