とき え だ 小児科。 小児科医になるには? 仕事内容や給料は?

【小児科医リレーエッセイ 11】 小児科は医師もスタッフも身近な相談役。なんでも相談をしてみて。| たまひよ

とき え だ 小児科

小児科の選び方!かかりつけ医を決めるときの5つのポイント 2019年4月11日 こそだてハック たくさんある小児科の中からどの病院を選ぶかは、とても難しいですよね。 でも、何かあったときに、「すぐに先生に診てもらおう」と思える小児科があることは、ママやパパにとっても安心感があります。 今回は、そんな頼れるかかりつけの小児科を選ぶポイントをご紹介します。 小児科選びはなぜ大切? 大人になれば病院に行く機会も少なくなりますが、体が未熟で免疫力が低い乳幼児は、様々な病気にかかりやすく、小児科のお世話になることが多くなります。 また、赤ちゃんによって、下痢や便秘になりやすい、肌が弱い、熱が出やすいなどの特徴があります。 頼りになる小児科を見つけておくと、何か体調の異変が起きたときに、安心して行動することができますよ。 小児科の選び方とは?5つのポイント! 1. 小児科への通いやすさ 遠くの有名な病院より、自宅の近くで探しましょう。 病気の赤ちゃんを連れての通院は、思っている以上に大変です。 体調が急変しても対応しやすいというメリットもあります。 車であれば駐車場があるか、電車やバスなら乗り換えがなく最寄りの駅やバス停から近いかを考え、通いやすいところをいくつか選びます。 いざというときを考えると、タクシーですぐに行ける距離がベストですね。 わかりやすい説明をしてくれる ママの不安を理解して、わかりやすく丁寧な説明をしてくれる先生がいいですね。 専門用語を並べて一方的に話す、こちらの話をよく聞いてくれない、質問しづらいといった先生だと、不安になってしまいます。 一人一人にしっかり時間をかけてくれる小児科は人気があるので、その分待ち時間は長くなりますが、それも丁寧さの表れかもしれません。 ママ・パパや子供と相性がよい 先生も人間ですから、ママやパパ、子供と合う・合わないがあるのは仕方のないことです。 ママが質問しにくい、話しにくいと感じたり、丁寧に診察してもらっても何だか安心できないと感じたりすることも。 治療においても、たとえば高熱が出たとき、なるべく薬を使わず自分の力で治すことを優先する先生もいれば、解熱剤を使って熱を下げることをすすめる先生もいます。 小児科によって方針は異なり、使う薬も全く同じではありません。 どちらが正しいということではないので、パパやママの方針や考えと合うことが大切です。 また、ママと先生の相性がいいからといって、子供と相性がいいとも限りません。 赤ちゃんのときはどんな先生に診てもらっても泣いてしまうことが多いので、相性を見極めるのは難しいかもしれませんが、少し大きくなったら子供が嫌がらずに安心して診てもらえる先生がいいですね。 予約の仕組みがしっかりしている 赤ちゃんは急に体調を崩すこともあるため、突然病院に行くことがあります。 また、病室で体調の悪い赤ちゃんを待たせるのも避けたいところ。 人気のある小児科であっても予約がきちんと取れて、できるだけ待ち時間が短いところを選びたいですね。 また、赤ちゃんの予防接種が始まると、次々と接種時期が訪れて、その度に小児科の予約が必要になります。 「予防接種の予約は10時から先着順」など、公平性のある病院がいいですね。 関連記事 5. 赤ちゃんや子供が退屈しない用意がされている 体調が悪いとはいえ、赤ちゃんや子供は待ち時間が長くなると退屈になってしまうもの。 病院によってはおもちゃや絵本が用意されているところもありますよ。 実際、どうやって小児科を選べばいいの? 小児科の選び方のポイントを確かめるには、病院のホームページを見ることも一つの方法ですが、やはり子育てを体験しているママの口コミを参考にしたいところ。 同じ地域の先輩ママに小児科を紹介してもらったり、保育園の保育士さんに地域の頼りになる小児科を聞いてみたりしてみましょう。 赤ちゃんを出産した産婦人科や助産院の先生に聞くのもおすすめですよ。 最後は、実際に受診して小児科の雰囲気もつかんでから、長くお世話になるかかりつけ医を決めてくださいね。

次の

【小児科医に聞く】“ウィズコロナ”マスク着用で熱中症にならないためにしたいこと| たまひよ

とき え だ 小児科

目次 c Monet - Fotolia. 小児科医がきちんと診断をするためには、付き添いの保護者の話がとても重要です。 受診時には、子どものふだんの様子をよく知っているママやパパが付き添うようにしましょう。 仕事の都合などでやむを得ずおじいちゃんやおばあちゃんに頼む場合は、症状や睡眠、食欲、機嫌など、子どもの様子がわかるようなメモを用意しましょう。 症状を説明するときは「いつからあらわれて、どのように変化しているか」という時間的な経過もあわせて伝えるようにしましょう。 また、あらかじめ熱や身長、体重をはかっておくと受診がスムーズです。 子どもの身長や体重は薬の処方時にも必要な情報なので、日頃からこまめに把握しておきたいですね。 そんな経験があるママも多いのでないでしょうか。 診察時や待ち時間には、体調不良の子どもがグズったり泣いたりすることも。 付き添いのママもバタバタして、つい質問を忘れてしまいがちです。 聞き漏れを防ぐためには、病院に行く前に、聞きたいことをリストにしてメモで準備しておきましょう。 メモを見ながら診察を受ければ、後で「あれも聞けばよかった」ということもありません。

次の

【医師監修】生後3ヶ月の便秘! うんちが出なくて受診したほうがいいのはどんなとき?(2020年6月25日)|ウーマンエキサイト(1/2)

とき え だ 小児科

素直に考えれば、眼科でしょう。 NICUや、NICUまでなくても出産を扱う産科と小児科があるような総合病院の医師なら、乳児もたくさん診察しているでしょう。 しかし、総合病院にいきなり受診するとものすごく待たされる上に紹介状なし受診料を徴収されますので、あまりお勧めしません。 小児科医は、小児内科ですから、眼は守備範囲外です。 もしあなたが、自分の目脂で内科を受診しようと思うなら、小児科でもいいでしょう。 と言うわけで実は難しい問題です。 小児に詳しい開業眼科が近所にあれば迷う必要はないですが、まずないでしょう。 専門外ですが小児科を受診して、症状が改善しないなら紹介してもらう、がいいかもしれません。 鼻涙管閉塞は2歳まで経過観察が最近の流行りみたいです。 うちのチビも鼻涙管閉塞ですが、人工涙液で目脂拭いてます。 ユーザーID: 6972121535• 小児科がいいのでは。 2ヶ月ですか。 かわいいですね。 初めての育児ということで、いろいろと心配になりますよね。 赤ちゃんの目やにですが、小児科でいいと思いますよ。 小児科は、オールマイティーに見てくれます。 先生や看護師さんも赤ちゃんの対応が上手です。 私も、子どもが小さいうちは、目でも耳でも、気になったら小児科に連れて行っていました。 そこで対応できないときには、先生に眼科や耳鼻科を勧められると思います。 眼科や耳鼻科でも子どもの対応に慣れていない先生は、泣いたり動いたりする赤ちゃんは苦手かもしれませんね。 とりあえずは、小児科で見てもらったらどうでしょうか。 ユーザーID: 3451548193• 子供ランキング• 眼科! ウチの娘も初病院は目やにでした 懐かしい〜 意を決して小児科/内科 併用の病院に行きましたが、老人がたむろす談話室化してる病院で、2時間待たされた上、おじいちゃん先生に軟膏を目に! 塗られて、それがちっとも効果無し… その後眼科受診 大して待たされず、点眼薬を処方してもらったら、翌日にはほぼ治ってる… 初めから眼科受診すれば良かったです 近隣に小児科ありますか? 今後お世話になるだろうから、病院チェックもしたいけど、なにせこの季節… インフルエンザや、ノロウィルス、感染する病気の患者がウロウロしてます… 今の時期ならば、花粉症でちょっと混んでるかもしれませんが、オススメは眼科受診ですね ユーザーID: 8198344861• 小児眼科へ うちの子も同じでした。 (生後二週間で小児眼科へ行ったので、私の体がきつかったのを覚えてます。。 ) 目薬をもらってマッサージをして一日何かいと買われましたが、その頃産後間もなく体もボロボロで寝不足で、、何を言われたのかあまり覚えておらず、後日マッサージの仕方を再度問い合わせました。。 産後は色々なれなくて不安ですよね、私も治らなければ ブジー?とかいうのをやるとか言われて震え上がり、体も気持ちもきつかったのを覚えています。。 言われた通りの回数も授乳やらで全然できず、、、ああどうしようーー今日一回しかしてない、、前回は何時だっけ・・・?とか意識朦朧で泣いたりしてましたが、、いつの間にか治ってました。。 頑張ってください。 ユーザーID: 6195920746• わからない場合は 同じく2ヶ月の赤ちゃんが片目だけ涙目で、目やにも少しずつ多くなってきたので、眼科に連れて行きました。 一応、赤ちゃんでも見てもらえるか電話で問い合わせしてから行きました。 先生には新生児は涙腺が細くて詰まりやすく、3ヶ月以降も開通し辛い場合は涙腺を通す手術をすると言われました。 その後、目薬だけで目やには治り、涙腺も通っているようだと言われたのでただの炎症だったみたいです。 小児科でも目薬はくれますよ。 目薬だけで治らなかったり、繰り返すようなら眼科がよいかと思います。 というか、小児科から紹介状をもらって転院になると思います。 心配なら小児科に電話して、そちらで目やにでも見てもらえますか?と問い合わせてみるといいと思いますよ。 感染とかが考えられる場合、時間を指定されるかもしれませんし…。 ユーザーID: 9785622381• 眼科です こんにちは。 同じく2ヶ月の娘(第一子)がいます。 ウチも新生児の頃から黄色っぽい目やにが出ていて、最初に小児科に行き「結膜炎(疑い)」と診断され目薬を処方されたものの変化がなく、眼科を受診したところ「涙嚢炎」と診断されました。 週一回、眼科でブジーという処置(涙腺に水を通すので娘も号泣しましたが、痛みを伴う処置ではないそうです)と、自宅での点眼を2週間続けて、目やにが出なくなりました!現在も点眼を続けて経過観察中です。 小児科でも、症状が続く場合は眼科へ行って下さいと案内されましたが、最初から眼科に行っておけば、もっと早く治っていただろうな〜。 と思っています。 トーストさんの娘さんが上記に当てはまるかわかりませんが、やはり「餅は餅屋」です。 専門医がお勧めです。 一応、受診前に電話で事情を話し、乳児の診察をしていただけるか確認してから行くとスムーズだと思いますよ。 初めての育児は大変ですが、少しずつ表情豊かになってくる我が子に癒されますよね。 良いお医者様に巡り会えますように。 早く目やにが治まると良いですね。 ユーザーID: 7635863755• 目以外の症状がなければ かかりつけの小児科医の状態にもよりますが… 私の経験では、まずは小児科がいいと思います。 確かに目=眼科、となりがちですが、あくまで眼科は目周辺が専門。 目だけが原因であれば構わないのですが、他の部分 例えば、肺炎や中耳炎からくる目やにもあります が原因であれば、眼科では見落とされるおそれが… 我が家の一歳娘も両手に湿疹ができ、皮膚科で薬もらったものの中々治らず小児科にいったところ別の病気が原因と判明しました。 小児科医は子供の全体状態をみて、その時点で流行している子供の病気のデータなど総合的に判断するので、小児科に見せてから専門医を紹介してもらったほうがよいかと。 ただ、しっかりと情報収集している小児科に行ってくださいね ユーザーID: 4273424593• うちもひどかった 今、7ヶ月のうちの子も生まれた時からずーと目やにがひどかったです。 ブジーとかいう鼻細管を通す施術もあると聞き、できれば避けたいと思っていました。 出産後、退院するときに小児科の先生から経過を見て眼科を受診するよう言われました。 本人がかきむしって少し赤く爛れてきたので眼科を受診。 先生よりマッサージをするよう指示がありました。 目頭から鼻にかけて上から下に指で押す感じです。 それを続けて6ヶ月目、目ヤニが無くなりました。 どれくらいの力加減か分からず結構強めに押した次の日から目やにが無くなり本当に安心しました。 個人差があると思いますが、早く治るといいですね!! ユーザーID: 2862084952•

次の