情愛 中毒 映画。 韓国映画『情愛中毒』

情愛中毒(韓国映画)

情愛 中毒 映画

日韓で絶大な人気を誇るソン・スンホンが初のベットシーンに挑戦し、話題を呼んでいる映画が、いよいよ今週末11月22日(土)より劇場公開となる。 このほど、本作からソン・スンホン演じる将官が部下の妻との禁断の愛に溺れ堕ちる瞬間をとらえた衝撃の映像が、いち早くシネマカフェに到着した。 ベトナム戦争の終盤、1969年。 軍の教育隊長キム・ジンピョン大佐(ソン・スンホン)は、夫を将軍にさせようという野望を持った妻イ・スクチン(チョ・ヨジョン)と軍の官舎で暮らしていた。 ある日、彼の部下としてキョン・ウジン大尉(オン・ジュワン)と彼の妻チョン・ガフン(イム・ジヨン)が引っ越してくる。 やがて、ウジンの妻ガフンに激しく惹かれていくジンピョン。 その危なく妖しいスキャンダルは、映像に収められたこのキスシーンから幕を開ける。 部下の妻と夫の上司、その許されない想いを抑え込むことに苦しんでいたソン・スンホン演じるキム・ジョンピョンと、部下の妻イム・ジヨン演じるチョン・ガフン。 許されないと頭では分かってはいるからこそ、お互いに強く惹かれ合っていくふたり。 雨降る森の中、ついに抑えていた気持ちが解き放たれ、理性を失って激しく求め合うこのキスシーンは、美しく、しかも情熱的だ。 「ただ、この作品は脱ぐだけの安っぽい映画ではないんです。 観客がふたりの感情に共感して胸の痛みを感じてもらえたらいいですね」とコメントし、俳優としての覚悟を決めて演じたことを明かした。 求めてはならない相手にただ純粋に夢中になる、ソン・スンホン演じるジンピョン。 スキャンダラスなエロスだけではなく、ひとりの女性を狂おしいほど愛し、そのためにすべてを捧げる男の純真さとエロスの融合は、すべての女性ファンを虜にするはず。 あなたが初めて見るソン・スンホンの姿を、こちらの映像から確かめてみて。 『情愛中毒』は11月22日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて公開。 《text:cinemacafe. net》.

次の

映画『情愛中毒』作品情報(あらすじ・キャスト)

情愛 中毒 映画

眠れないし、息もできない」-キム・ジンピョン 7日午後、ソウル城東 ソンドン 区CGV往十里 ワンシムニ 店ではラブストーリー映画「情愛中毒」 監督:キム・デウ、制作:アイアンパッケージ のマスコミ試写会が開催された。 同作品は制作の段階から公開を控えた現在まで韓国版「ラスト、コーション」 2007、監督:アン・リー と呼ばれ、大きな話題となっている作品だ。 真っ直ぐで正直な、時には愚かに思えるような純情男の代名詞であったソン・スンホンは「情愛中毒」を通じてデビュー18年目で初めて変身を試みた。 「まさか」から「どうせ」まで、誰一人としてソン・スンホンとキム・ジンピョン 劇中の役名 の接点を見つけることはできなかった。 しかし、ソン・スンホンは「情愛中毒」で大胆な露出シーンはもちろん、相手役との濃密なベッドシーンまで完璧に演じきり、想像以上の予想外な魅力を誇った。 違和感もほとんどなく、重く感じない。 18年間も隠されていたセクシーな魅力は遅れて開花し、濃い香りを漂わせた。 ソン・スンホンはとても、いや、非常に溺れるに値する俳優だった。 さらに、スマートな制服姿のキム・ジンピョン ソン・スンホン は普通ではない魅力を放つ。 茶色い肌や、拳を握ると浮かび上がる血管など、まさに女性のファンタジーを満たして夢中にさせる。 フェロモンを出して、女性客を誘惑するのだ。 常にソン・スンホンにとって問題となった演技力も安定している。 ソン・スンホンは震える手や空虚な眼差しで禁断症状を繊細に表現したが、このようなキム・ジンピョンの心理状態の流れは「情愛中毒」で逃してはならない醍醐味である。 キム・ジンピョンと危険な恋に落ちるチョン・ガフン イム・ジヨン も強烈な存在感で視線を引き付ける。 忠武路 チュンムロ:韓国の映画業界の代名詞 の新星に急浮上した彼女は、期待を上回るオーラで初登場から最後のエンディングまで見た人の脳裏に鮮烈なイメージを残した。 オリエンタルな雰囲気の中にあるエキゾチックな違和感、何よりも何かを物語っているような幻想的な瞳までチョン・ガフンを表現するにはイム・ジヨンほどの女優はいない。 デビュー作であるだけに、台詞を伝えることには物足りなさがあったが、これも華僑という設定を考えると大きな欠点とは言えない。 最初からすべてが完璧な人はいない。 断言するが、映画が公開されるとイム・ジヨンに魅了される観客も相当多いはずだ。 それだけではない。 キム・ジンピョンを締め付ける妻イ・スクジン役を演じたチョ・ヨジョンや軍官舎で最も恵まれたチョン・ガフンの夫キョン・ウジン役のオン・ジュワンも200%の相乗効果を生み出した。 映画の序盤に登場するキム・ジンピョンとイ・スクジンのキュートな ? ベッドシーンや図々しいキョン・ウジンのキャラクターは重い映画に風を吹き込む。 特に、チェ中領 パク・ヒョクグォン の妻として登場するチョン・ヘジンは「Two Thumbs Up 親指を立てて褒め称えること 」という言葉が惜しくない。 「情事」 1998、監督:イ・デウ 、「スキャンダル」 2003、監督:イ・ジェヨン の脚本、「恋の罠-淫乱書生-」 2006 、「春香秘伝 The Servant 房子伝」 2010 の演出を手がけたキム・デウ監督は「19禁ラブストーリーのマスター」という名声に相応しくどろどろした痴情劇の代わりに洗練されたラブストーリーを作り上げた。 1960~70年代の軍官舎を完璧に再現し、俳優たちの能力を最大限に引き出した。 キム・ジンピョンとチョン・ガフンの恋に集中し、時々親切でない部分があった。 震えるほどの残酷な悪役も存在せず、イ・スクジンは映画の中盤で何も説明されないまま姿を消して後半に突然戻ってきて急いで対立を誘発する。 最も残念なのは、結末の後にもう一つの結末があったということだ。 インパクトがあった衝撃的な最初の結末で幕を閉じていたら、もう少し余韻が長く残ったのではないかと思う。 2時間12分という短くない上映時間を長く感じさせたのは、終わったと思ったのに終わっていなかった結末のせいである。 このような短所もあったが、「情愛中毒」は十分に魅力的な作品だ。 ソン・スンホンの大胆な変身、新人イム・ジヨンの登場、19禁マスターの復活などの修飾語を付けて良いほど素晴らしい作品であることは確かだ。 果たして「情愛中毒」は19禁ラブストーリーの新しい境地を切り開くことができるのか、今後を見守りたい。 「情愛中毒」はベトナム戦争が終盤に差し掛かっていた1969年、厳しい位階秩序と上下関係で結ばれた軍官舎の中で繰り広げられる男女の秘密に包まれた破格的なラブストーリーを描いた映画だ。 ソン・スンホン、イム・ジヨン、チョ・ヨジョン、オン・ジュワン、ユ・ヘジン、チョン・ヘジンらが出演し、「春香秘伝 The Servant 房子伝」「恋の罠-淫乱書生-」の演出を手がけたキム・デウ監督がメガホンをとった。 当初予定されていた15日から1日前倒しされた14日に韓国で公開される。 元記事配信日時 : 2014年05月09日08時27分 記者 : チョ・ジヨン.

次の

韓国映画『情愛中毒』あらすじ/キャスト

情愛 中毒 映画

映画『情愛中毒』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 情愛中毒の登場人物(キャスト) キム・ジンピョン(ソン・スンホン) ベトナム戦争では英雄と讃えられた大佐で、現在は軍の高級官舎に妻と二人で暮らしている。 物静かでクールだが、熱血な男。 人に好かれる性格。 チョン・ガフン(イム・ジヨン) ジンピョンに憧れている部下・キョンの華僑の妻。 控えめで美しい女性。 情愛中毒のネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『情愛中毒』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 情愛中毒のあらすじ【起】 キム大佐はベトナムでは英雄と讃えられた男、その噂は軍で知らないものは無く常に憧れの存在としてとらえられていた。 しかも彼は上官の娘と結婚し、立場も未来も保証されている。 ある日そんな彼の元に、一人の部下が配属されてきた。 名はキョンと言い、キムに憧れている一人である。 配属の自己紹介で自分の妻であるガフンとキムが同じ誕生日であることを伝えたキョンだったが、その時は勿論何も興味が無いキムは笑って流していた。 その夜自宅に戻ったキムは、妻から近くに官舎に越してきたキョン夫妻の話を聞く。 昼間キョンの妻に挨拶をした際、キョンの家の玄関に鳥かごがいっぱいあって不思議だと感じたというのだった。 キムはキョンから妻が華僑の出身であることを聞いていた為、そのせいではないかと言った。 寝付けない夜、キムは何気なく家の外に出て散歩をする。 ふと鳥のさえずりが聞こえ、寄ってみると鳥かごがいっぱいかかっている一軒の官舎。 そこがキョンの自宅である。 遊び心からキムは吸っている煙草の煙を鳥に吹きかけたその時、キョンの妻・ガフンが「鳥が嫌がっている」と怒った様子で注意した。 キムは素直に謝り、その日は終わった。 情愛中毒のあらすじ【承】 官舎に暮らす軍人の妻達は、夫のため、評価のためとナイチンゲールに扮した白衣の格好で軍病院に慰問に行くことに決める。 同行したキムは、病室での様子を見守っていた。 そこにキムの妻が世話をしていた入院患者が急にメスをとり、彼女を傷つけようとした。 それにいち早く気がついたガフンは、すぐにキムの妻を押しのけたが代わりに自分が捕まってしまう。 キムは説得を繰り返し何とか事は収まったが、キムと患者でもみ合ったはずみで発砲した銃の弾がガフンに当たってしまった。 責任を感じ入院先に花を持って見舞いに来たキムは、その日少しだけガフンと話し彼女の魅力に引き込まれていく。 その後家族ぐるみでピクニックに出かけたキムとガフンは、ひょんなことで二人きりになる時間が出来た。 そこでガフンのことが頭から離れないと素直に話すキムに、心が動いていくガフンだったが夫の上司である彼とは一線を越えてはいけないという思いもあり、こわばった表情でキムを見つめる。 帰り道の車内、バックミラー越しに目が合う二人だった。 情愛中毒のあらすじ【転】 そんな二人の関係が一気に近づく。 ある雨の日、約束をした二人。 迎えに来たキムの車に黙って乗り込んだガフンを乗せて走り出すと、人気の無い林の中に車を停めた。 その中で静かに見つめ合う二人はお互いの感情を抑えることが出来ず、関係を持ってしまう。 それ以降、デートを繰り返し二人は本気でお互いを愛していくようになった。 その中でガフンとキョンの関係を彼女の口から聞いたキム。 二人は女中と主人のような関係で暮らしており、13歳の時に無理矢理犯されたという。 その後は結婚しても身体の関係は無いのだと言った。 そんなある日のこと。 キム大佐が精神安定剤を飲んでいるという事実が、軍の上層部に明らかになりよからぬ噂で彼の立場は危ぶまれるようになる。 他の部下が出世し、キムはもう退役せざるおえないと思われていた。 私物を軍の部屋から持ち帰ったキムは、自宅で自分の出世パーティーを開催する妻のサプライズに遭遇。 以前接待した大統領に気に入られたキムは、将軍に昇進しソウルに来ないかと言う話しが出たのだった。 情愛中毒の結末・ラスト(ネタバレ) そのパーティーでキムの昇進が祝われたのは勿論、それ以外にも報告があった。 それは彼の妻が妊娠したことである。 ガフンも出席していたそのパーティー。 盛り上がる中、ガフンだけは笑顔は無く外で皆の肉をひたすら焼いていた。 酒を相当飲んだキムは庭で肉を焼くガフンの元に行き、キョンを将軍補佐に推薦しソウルにつれて行くと話した。 そうすれば自動的にガフンもソウルに来ることになるからというのと、キョンにせめてもの罪滅ぼしをしたいという思いからだった。 しかしガフンは行かないと拒否し、別れを切り出す。 もう逢わないと何度も思ったが、気持ちが切り替えられなかったガフン。 しかし今回の彼女の気持ちは強そうだった。 何事も無いように焼いた肉を部屋に届けに行ったガフンを追い、泥酔していたキムは妻も同僚もいる席でガフンに二人の関係についての不満をぶちまけてしまう。 妻は愕然とし、その後義父である上官に1年間ベトナムに行って来いと冷たく言われた。 しかしキムはもう軍には残れないと覚悟を決めている。 ガフンの自宅を訪れたキムは、彼女に「自分のことを本当に愛していたか?」「今も愛しているか?」と聞いた。 泣きながら頷くガフンに満足したキムは、拳銃で左胸を撃ち倒れる。 2年後、キム少佐の妻として官舎に暮らすガフン。 そこに来客が来る。 彼らはガフンに「キムという人物がベトナムの国境でガイドをしている最中、流れ弾にあたり死んだ」と伝えに来たのだった。 彼は2年前何とか一命をとりとめ、軍を辞めていた。 泣き出すガフンに男は、彼が死ぬ前にポケットから取り出しそれを見ながら微笑んで死んでいったという写真を渡す。 それはガフンとキム、二人で撮った幸せな時代の写真だった。

次の