なおざり おざなり 違い。 「おざなり」「なおざり」は意味がまったく違う!例文で意味を解説

「なおざり」と「おざなり」の意味の違いは?それぞれの正しい使い方を解説

なおざり おざなり 違い

なおざり:いい加減にしたまま、何もしない• 例文:「あのお店はクレームもまともに聞かない、対応はなおざりだった」• おざなり:いい加減に済ませてしまう• 例文:「あのお店はクレームを受けてもほとんど変わらない、おざなりな対応だった」 どちらも物事のいい加減な様子を表す言葉ですが、 「なおざり」は物事に 取り組みさえもしないのに対し、 「おざなり」は 一応は取り組むという違いがあります。 いい加減さの度合いで言えば、 『なおざり>おざなり』ですね。 そしてこれらを区別する際に見分ける一番簡単なポイントは、 名詞の前につけることができるのが「おざなり」だけということです。 「なおざりな〇〇」「なおざりに〇〇をする」という言葉は、 文法上は正しいのですが、意味としてはおかしくなるのです。 このことは例文を見てもらえば分かるかと思います。 例文 1. 「彼は挨拶を〇〇にする」 〇〇の中には「なおざり」も「おざなり」も入れることができますが、 以下のように意味が違ってきます。 なおざり:挨拶自体しない• おざなり:挨拶はするが「ちーっす」のようにいい加減な挨拶 ただし、「おざなりな挨拶をする」の方が意味が通じやすいですね。 「彼はいつも〇〇な掃除の仕方しかしない」 〇〇の中には「おざなり」しか入れることはできません。 なおざり:掃除自体をしないのであれば、「なおざりな掃除」というのはおかしく、正しくは「掃除をなおざりにする」• おざなり:「いい加減な掃除」という意味 3. 「彼女は〇〇にご飯を作った」 〇〇の中には「おざなり」しか入れることはできません。 なおざり:ご飯を作らないのであれば「なおざりなご飯」というのはおかしいく、正しくは「ご飯をなおざりにした」• おざなり:「いい加減にご飯を作った」という意味 名詞の前に来るのは「おざなり」だけ 「なおざり」や「おざなり」は形容動詞なので、 『〇〇な(名詞)』や『〇〇に(名詞)をする』という使い方は文法上間違いではありません。 しかし、「なおざりな挨拶」や「なおざりにご飯を作る」といったように、 文章にすると明らかに意味がおかしくなります。 なので、基本的に名詞の前に来る場合は「おざなり」しかありません。 ただ、「なおざりにした問題」や「なおざりにできない議論」というような文章もあるので、 注意をしましょう。 語源 続いて、それぞれの語源を知って理解を深めていきましょう。 「なおざり」と「おざなり」は語感や意味が似ているので、 語源に共通のものがあると考える人は多いのですが、 じつはこれらは全く関連性のない言葉だったのです。 なおざり なおざりは10世紀には使われていたと見られており、 いくつか語源がありますがそのなかの一つをご紹介します。 なおさりは 『猶去り』と感じに変換できます。 「去り」は距離を遠ざけること。 つまり、「状態を変えずに距離を置く」=「何もせずに放っておく」=「 いい加減にしたまま、何もしない 」と言った感じです。 おざなり おざなりはなおざりよりも新しい言葉で、19世紀には使われていたとされています。 おざなりを漢字にすると 「御座形」となります。 「形(なり)」は、『形(なり)の良い宝石』『裕福な形(なり)をしている』など、 現在でも使いますね。 そして「御座形」とは、『御座(敷)の形』という意味で、 宴会の御座敷で形だけは取り繕った様を指します。 『御座敷の形』のように表面上だけのいい加減な言動、 これを「おざなり」と言うようになったのです。 これも「御座形」という漢字に変換できれば、 なおざりとは別のニュアンスが読み取れるので、区別しやすいのではないでしょうか。

次の

「なおざり」と「おざなり」の意味の違いは?それぞれの正しい使い方を解説

なおざり おざなり 違い

国語辞典や語源辞典のある棚をブラウジングした結果、次の資料が見つかった。 『新明解語源辞典』 小松寿雄/編 三省堂 2011 (自館請求記号:R812) p165に「おざなり」の項目があり、記述には、「誠意がなくいい加減なこと。 (中略)その雰囲気の流れのままというのが「お座なり」のもとの意味だろう。 そのままで努力しないというところから、現在の意味になったものと考えられる。 」とある。 p682に「なおざり[等閑]」の項目があり、記述には「いい加減。 (中略)「なお」が「なほ(直)」であることについては諸説一致するが、広範については意見が分かれる。 (中略)漢字表記「等閑」は「なおざり」の意味の漢語である。 」とある。 『似た言葉使い分け辞典』 類語研究会/編 創拓社 1991 (自館請求記号:R813. 5) p368-369に「なおざり」の項目があり、「なおざりは、そのことが大切なことと知っていて、当然払わねばならない注意を払わず、打ち捨てていい加減にしておくことを言う。 」とある。 『勘違いことばの辞典』 西谷裕子/編 東京堂出版 2006 (自館請求記号:R810) p9に「おざなり」の項目があり、「「おざなり(御座なり)」は、その場限り、一時しのぎ、間に合わせ、といった意味。 「なおざり」と混同して、おろそかにするの意味に用いるのは間違い。 ちなみに、「なおざり」は当て字で「等閑」と書く。 」とある。 『研究社日本語口語表現辞典』 研究社 2013 (自館請求記号:R817) p160に「おざなり【御座なり】」の項目がある。 ここから、意識的に努力などはせず、誠意がなく、いい加減に物事を済ませる場合に使用されるようになった。 「なおざり(等閑)」と混同されやすいが、こちらは、無意識に物事に注意を払わない様子で、通常、放っておくことを指す。 おもに中高年層が使用する。 」とある。 [注]「すべきことをせず、おろそかにする」意味の「なおざり」との違いに注意。 」とある。 p358に「なおざり(等閑)」の項目があり、「なおざり、規則をなおざりにする、なおざりな態度[注]「その場しのぎでやる」意味の「おざなり」との違いに注意。 」とある。 また、「「なおざり」はまともに取り組もうとせず、処理すべきことを放っておくこと。 「なおざり」は、その場だけの間に合わせでいいかげんに済ませること。 例文の場合は、中身はともかく一応改革案を作り上げたのだから、「なおざり」ではなく「おざなり」になる。 4) p212に「「おざなり」と「なおざり」ふたつの語の違いを説明する記述があり、「おざなりな治療」と「治療をおざなりにする」を例にとり解説しており、「(中略)「おざなり」は不十分ながら行為が伴っているが、「なおざり」では行為そのものがなされていないというわけだ。 」とある。 『研究社日本語表現活用辞典』 研究社 2004 (請求記号:R816) 該当する言葉に関する記述はなかった。 『日本語 語感の辞典』 中村明/著 岩波書店 2010 (自館請求記号:R813. 1) ここまでの調査で確認した資料以上には、詳しく記述されていなかった。 一方「なおざり」は、注意深くないことであり、自分では意識せずにおろそかな結果になってしまう言動にも用いる。 だから「忙しくて仕事をなおざりにしてしまっていた」なら許される可能性があるが、「仕事をおざなりにした」では、わざとその場逃れの仕事ぶりを発揮していたことになる。 なお、以上の情報の出典は次の資料である旨の記述があった。 『なおざり』はいい加減で"何もしない"。 この点が違うのです。 ~(以下略)」とある。 事前調査事項 Preliminary research.

次の

【おざなり】と【なおざり】の意味の違いと使い方の例文

なおざり おざなり 違い

Contents• 【おざなり】と【なおざり】の違い 今回は、 【おざなり】と【なおざり】の違いについてです。 ですが、当然ながら全く一緒の言葉ではないのも、文字を見てすぐに分かることです。 そんな二つの言葉の違いやそれぞれの使い方について解説していきます。 おざなりの意味と漢字 まずは 【おざなり】の意味からです。 私の印象では、こちらの方が多く使われているように思います。 まずは意味についてですが、辞書などによると• その場限りの間に合わせをする• いい加減に物事を済ませること と書かれてありました。 そのつづりは 御座形 です。 ・・・なんだか急にお堅い文字になりましたね(笑) 語源としては、 【お座席の席で形ばかりを取り繕っていたこと】 が始まりとされています。 辞書などでその意味を調べてみたところ、このような意味が浮かび上がってきました。 あまり注意を向けず、いい加減にしておくさま• 物事をおろそかにしておくさま• なんと、歴史をさかのぼっていくと平安時代の書物にまで載っていた、 とっても古い言葉なんです! どうやら、どちらも大きなくくりでは 【いい加減・適当】 という意味合いの言葉になるようです。 では、全く同じなのかというと・・・実は、 そうではないのです! 次はこの二つの言葉の、小さいけれど、でも 大事な意味の違いについて見ていきます。 二つの違い 【おざなり】と 【なおざり】・・・二つの言葉の違いはいったいどこにあるのでしょうか? その違いは 【する】 か 【しないか】 にありました! もう一度、二つの意味を簡単に書きますと• おざなり=いい加減に物事を済ませる• なおざり=いい加減にしておく様 このようになります。 おざなりの方は、いい加減ではありますが、一応ある出来事に対して何らかのアクションを行っているのです。 一方、なおざりの方はどうでしょうか? こちらは、いい加減に しておく様となっています。 つまり、何かをしたわけではないのです! いい加減な状態のまま放置しておくことが、 なおざりという言葉の真の意味だったのです。 二つの言葉とも、いい加減であることは変わりません(笑) しかし、 行動をするかしないかという一点で、おざなりとなおざりには大きな違いがあったのです! 使い方と例文 おざなりの使い方 それでは、例文を交えつつ使い方の解説を行っていきます。 まずは、おざなりの方から。 「あいつはいつも練習をおざなりにしている」• 「彼女、仕事をいつもおざなりにするのよね~」• 「育児をおざなりにして、遊びに行く旦那なのよ…」 これらが、おざなりの例文となります。 ここで紹介した例文を見て分かるとおり、ここで使用しているおざなりは、全て 何かの動作にかかってきています。 育児 といった動作をおざなり= 適当にしている事を指す文章なのです。 おざなりは何かをした行動の結果に対してかかる言葉ですので、相手がいい加減・適当な行動をしたときに用いるのが 正しい使い方となります。 なおざりの使い方 なおざりの使い方についても見ていきます。 まずが、例文から。 「練習をなおざりにして遊びに行って良いの?」• 「仕事をなおざりにして飲み会に行く」• 「育児をなおざりにするなんて信じられない!!」 これらが、なおざりを用いた文章となります。 おざなりと比較するために、あえて同じような内容の言葉で例文を作っています。 さて、一見すると目立った違いが見られないこの2つ、実は大きな違いが・・・ 【なおざり】の方は、 そもそも行動を起こしてすらいないのです! つまり上の例文で言うと、• 練習をなおざり= 練習をせず遊びに• 仕事をなおざり= 仕事をさぼって飲み会へ• 育児をなおざり= 育児に協力していない となるのです。 これが、 なおざりとの最大の違いですね。 なおざりは、適当やいい加減ではあるけれど、一応行動を行っています。 こうした態度や人を指すときに、【なおざり】という言葉を用いるのです。 ・・・なおざり、かなりいい加減な人を刺す言葉のようですね(笑) 覚え方 さて、 二つの言葉の意味や違いの覚え方についても少し語っていきます。 おざなり• このように私は覚えています。 そもそも、なおざりの 【ざり】は分解すると 【せざり(~しない)】を指す言葉です。 言葉の中に覚えるためのヒントや特徴を見つけて、そこから記憶につなげてもらえたらなと思います。 一見似ている二つの言葉ですが、意味を見比べてみるとその違いは一目瞭然です。 適当にやっている そもそもしていない するとしないとでは大違いですよね。 ・・・まあ、本来は適当にやっている時点であまり褒められたものではないのですが(笑) 最近では、 この二つの言葉を混同して用いているケースをよく見かけます。 ですが、本来の言葉の意味を考えると、【おざなり】【なおざり】を同じ意味で用いるのは、明らかにおかしな話しです。 それこそ、 使い方をおざなりにして適当に文章を書いている証拠です! 折角言葉を用いるのなら、正しい意味で使いたいものですよね。 もしかしたら、間違えて覚えている方もいるかもしれません。 というか、 私も最初おざなりをなおざりの意味で覚えていた人間です(笑) 私自身覚え直しの際感じましたが、自分が一度間違って覚えた知識を記憶し直すのはかなり苦労してしまうものです ーー; ですが、言葉の間違いを直すことは、毎日言葉を口にし、文字にしている私たちにとって重要な勉強の一つです。

次の