防災 アプリ。 ‎「NHK ニュース・防災」をApp Storeで

地震防災訓練アプリ

防災 アプリ

防災アプリとは 災害が起こったときに起動して防災情報を受け取ったりコミュニケーションしたりする専用のアプリのことです。 特に、他のアプリと一番違う機能は「 災害通知」です。 地震や津波などが発生した時に、アラート通知を受け取ることができます。 防災アプリを使うシーン3つ 主に3つあります。 (1)災害が起こる前の「勉強」 防災アプリには災害のことについて勉強する機能が備わっていることが多いです。 防災グッズについて、災害情報の読み方について、避難所についてなどです。 事前にサバイバル術について勉強しておくと生き延びる可能性が上がります。 (2)災害時の「安否確認」 災害が発生した直後は混雑して携帯電話が通じなくなります。 しかしネット会社が災害時Wi-fi等を起動するため、 Webネットワークは繋がることが多いのです。 実際に熊本地震の時はLINEが役立ちました。 そういったときに 家族や会社の人との安否確認連絡をする手段が防災アプリになります。 自分が生きていても、家族に何かあるかもしれないと思うと安心できませんよね? 昔は安否確認と言えば電話でしたが、今ではアプリを使う時代になってきています。 (3)災害時の「情報収集」 避難する時の情報収集能力は生死を分けます。 津波は来るのか?どの道路であれば混雑していないのか?どの自治体はどこを避難所にしているのか?食料や水の配給はいつあるのか?などです。 災害アラート含めて、防災アプリで一番重要な機能です。 避難した後にも、今の状況がどうなっていくのか定期的に知ることが大切です。 自分と家族がうまく生き抜くためには情報が重要です。 防災アプリの選び方のポイント 防災アプリを選ぶ時は、3つポイントがあります。 (1)情報の信頼性が高いこと• (2)画面が使いやすいこと• (3)動作速度が速いこと まず、情報の信頼性が高いことです。 これは必須です。 地震のアラートが来たけど地震が起こってない、洪水が来ているのにアラートが全く鳴ってない・・・そんなアプリは使い物になりません。 しっかりとアラートを出してくれる信頼度の高いアプリを使いましょう。 もう一つ、安定して使いやすいことが挙げられます。 一度インストールして使ってみれば一発で分かります。 悪いアプリはすぐ画面がシャットダウンしてしまったり、見たいページに遷移できなかったりします。 アプリの動作が安定的なものにしましょう。 最後が、動作速度が速いことです。 動作速度は2つあります。 アプリを起動する時、画面を動かす時の読み込み速度と、インターネットと繋げたときのデータダウンロード速度です。 両方とも早くないと話になりません。 情報を得るスピード感は生死に直結します。 アプリの速度が速いものにしましょう。 これだけは確実に入れて下さい。 必須アプリです。 【1位】Yahoo! 防災速報 Twitterは普段はつぶやくためのアプリですが、災害時には 情報収集のためのアプリとして大活躍します。 災害時には、安全な場所にいる人、危険な状態にある人、各会社や自治体の公式アカウントが沢山の情報をつぶやきます。 拡散力が高いため、自分のアンテナが低くても本当に知るべき情報が自動的に入ってくるところがポイントです。 このアプリの一番良いところは 「ネット接続が不安定でも閲覧しやすい」ことです。 一瞬だけでもネットに繋がれば、その一瞬でデータダウンロードして、オフラインでつぶやきを読むことができます。 災害時のアプリとして優秀です。 必須ではありませんが、 気に入ったアプリがあれば、お好みで選んで入れてみて下さい。 もしもの時に必ず役立ちます。 【4位】MAPS. ME オフラインで使える地図アプリです。 ほとんどのアプリは、ネットが繋がっていないと使い物なりません。 でもこれは、事前に地図をダウンロードしておくことで、ネットに繋がっていなくても地図を使うことができます。 本来は「海外旅行時に使うアプリ」ですが、機能がかなり充実しています。 場所検索機能が高精度• 周辺検索機能がある• ナビゲーション機能がある 他のアプリは「東京駅」などと場所を検索しようとしても、毎回ネットにつないでしまい、遅いと検索できませんが、このアプリはオフラインで可能です。 また、周辺検索機能があり、現在地を設定すれば、その周辺にあるホテルや病院が分かります。 災害時にこの機能はかなり重要です。 ナビゲーション機能もあります。 現在地と行きたい避難場所を指定すれば、行き方をルーティングしてくれます。 方向音痴の人にはかなりありがたい機能です。 外国人ともコミュニケーションできるアプリがSafety Tipsです。 災害時にはケガをしたり、病気になったりしやすくなります。 特に外国人が困っているというケースも多くなります。 基本的には「Yahoo! 防災の英語版」と考えておけば間違いありません。 もちろん日本語表示もOKです。 中国語や韓国語でも表示できるので便利です。 特に職場近くで困っている外国人にさっとヘルプできると自分もほかのことをしやすくなるため助かります。 インストールしておくと万が一の時に役立ちます。 Yahoo! 防災が嫌だという人はセーフティティップスをインストールしておきましょう。 詳細解説はこちら。 【9位】トイレ情報共有マップくん 普通の地図アプリは津波や台風・水害が来たときどこに逃げればいいのか書いていません。 津波や土砂災害が来たときにどこに逃げればいいのかを検索できるのがこのアプリです。 このアプリには「住所標高表示機能」があります。 地図中心点の座標と標高を画面上部に表示する機能です。 これによって、海面の標高と、避難場所の標高、あとラジオなどでどの程度の津波が来るかということが分かっていれば、安全な高度の場所に避難することができます。 マニアックですが、かなり使えるアプリです。 まとめ 防災アプリは、沢山インストールしすぎても意味がありません。 防災用アプリは多くても5つ程度にしておきましょう。 あとは災害発生後でも何とかなります。 普段使わないものを災害時にいきなり使いこなせと言われてもできませんよね?地震や津波がきても素早く対応できるように、 普段から使っているものを災害時にも使うというのが理想の姿です。 この機会に、あなたのスマートフォンの使っているアプリと使っていないアプリを見直してみてはいかがでしょうか。 また、アプリを使うにはスマートフォンの充電を切らさないことが重要です! 災害時のスマートフォン充電について知りたい人は下記を読んで下さい!.

次の

土砂災害防止広報センター | スマホ向け防災アプリ開発

防災 アプリ

更新日 令和2年5月22日 「東京都防災アプリ」 ~あなたの手元にも防災対策を~ 「東京都防災アプリ」とは いつも・いざというときにも役に立つ、東京都公式の防災アプリです。 「あそぶ」「まなぶ」「つかう」をコンセプトに、楽しみながら防災の基礎知識を得られるなど、災害時に役立つコンテンツが搭載されています。 「東京防災」「東京くらし防災」「災害時モード」の3つのモードで構成されていて、これらのモードを使い分けることで、防災対策を楽しく学びながら、いざというときにも役に立つ、とっておきの防災アプリです。 また、このアプリには、3つのモードのフル版と、災害情報など重要機能をピックアップしたライト版があります。 ダウンロード環境 以下のストアよりダウンロードが可能です。 対応言語 日本語、英語、中国語(繁・簡)、韓国語に対応 主要機能の紹介• 東京防災モード:防災の基礎知識や発災時に取るべき行動などを学べるモード 防災ブック「東京防災」の閲覧・検索、防災クイズやシミュレーション、地域危険度マップ(選択した場所の危険度を可視化)、水害リスクマップ(都内の水害リスクを可視化)• 東京くらし防災モード:くらしの中でできる防災対策を学べるモード 防災ブック「東京くらし防災」の閲覧・検索、くらしチェックリスト• 災害時モード:災害時に役立つ機能を搭載。 いざという時の安心モード 避難情報・災害情報の配信、防災マップ(都内の防災施設などが確認可能)•

次の

進化する防災アプリ、ヤフー・goo・トヨタ・昭文社も高評価|NEWSポストセブン

防災 アプリ

関連記事• 防災アプリ一覧 あらゆる災害対策をこのアプリで! Yahoo! JAPANがリリースしている、iOS、android用防災アプリです。 他の多くの災害対策アプリが1種類の災害情報のみの対応ですが、このアプリは避難情報や地震、津波、土砂災害はもちろんのこと国民保護情報までもサポートしています。 これ1つであらゆる災害対策を行うことができちゃいます! スマホで防災対策したい方にはまずオススメできるアプリです。 対応 価格 無料 おすすめ度 みんなが使う大定番! 累計500万DLを突破した、緊急地震速報通知アプリの大定番のiOS、android用アプリです。 スマホの防災アプリの中では最も知名度が高いのではないでしょうか。 機能はシンプルで、主に緊急地震速報のプッシュ通知と地震の詳細確認のみに留まりますが、多くの方がインストールしている実績のあるアプリですので、信頼できると言えるでしょう。 対応 価格 無料 おすすめ度 絶対に迷わないナビアプリ! この「Waaaaay! (うぇーい!)」はシンプルすぎるナビアプリ。 機能は目的地の方向を示す、ただそれだけです。 道に迷うという概念がなくなり、確実に目的地に近づくことができます。 目的地の方向が分かれば、何があってもいつかはたどりつけます。 さぁ、歩きましょう。 対応 価格 無料 おすすめ度 避難所検索だけじゃない、安否情報や防災情報も! 名前の通り、現在地付近の避難所を確認するアプリです。 ただ、それだけではなく安否情報の登録や確認、現在地付近の防災情報や気象情報も確認できます。 安否情報の登録や確認は非常に大切な機能ですので、家族や大切な人にもインストールをおすすめしたいアプリですね。 対応 価格 無料 おすすめ度• 関連記事• 災害に備えて備蓄すべきもの モバイルバッテリーを備蓄しよう スマホがあれば、外部との連絡や情報収集が出来ます。 もし通信が出来なくなっても、テレビやラジオを視聴したり、懐中電灯として利用することも出来ます。 真っ暗な中、スマホの画面の明かりに希望を見出したという被災者の話もあります。 ですが、電池が無ければ何もできません。 大規模な震災が発生すると3日程度は停電することが多いですから、その期間を乗り切るためにも「モバイルバッテリー」を常備しておくことをおすすめします。 3000mAhでだいたい1回フル充電出来るので、 1台あたり10000mAh程度を目安にしてください。 また、バッテリーは使わなくても少しずつ残量が減ります。 月1回くらいは他の防災グッズの点検とあわせて、充電するように心がけてください。 私は13400mAhのモバイルバッテリーを備蓄用に購入し、自宅の引き出しで保管しています。 毎月1日に継ぎ足し充電しています。 飲料水・非常食 災害発生時の備蓄として、 最低限3日間生き延びられるだけの飲料水や非常食を確保しておくことをおすすめします。 その上で、東日本大震災規模の巨大な災害まで見据えると「 1週間分」あると安心です。 例えば飲料水の場合 1人1日「3L」必要とされているので、3日分なら2Lペットボトル5本は確保しておくべきです。 1週間分なら11本となります。 ネットで水を買うなら、よりもが安いのでこちらがおすすめです(スーパーで1本ずつ買うのと同等) 車をお持ちの場合は、ホームセンターなどで箱買いするともっと安いです。 災害時に無料解放されるフリーWiFi ドコモ、KDDI、ソフトバンク、NTT東日本などが街中(お店など)でWiFiサービスを提供しています。 これらは普段は有料会員でなければ利用できませんが、災害発生時には「 00000JAPAN」というSSID(WiFiのID名)で無料解放されます。 オープンなフリーWiFiとして提供されるので会員登録やパスワード入力は必要無く、また利用時間の制限もありません。 モバイル回線の混雑を避けるためにも、ぜひ活用してください。 ただし、セキュリティが掛かっていない(暗号化されていない)ので通信内容を盗み見られるリスクがあります。 平時も含めて、外出先でフリーWiFiを使う場合は「VPN」の使用をおすすめします。 関連記事• 関連記事• 防災関連の記事•

次の