ラパステーマパーク 最終回。 ラパス・テーマパーク 6(最終巻)

ラパス・テーマパーク(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

ラパステーマパーク 最終回

5月19日に発売されるウルトラジャンプ6月号(集英社)にて、LINK原作による宵野コタロー「終末のハーレム」の新シリーズ「終末のハーレム ファンタジア」の連載がスタートする。 これに合わせ、本日4月19日発売のウルトラジャンプ5月号に、同作のプロローグが掲載された。 「終末のハーレム ファンタジア」は、LINKと成年誌などで活躍しているSAVANのタッグで連載。 」「これはスピンオフではない。 全く新しい『終末のハーレム』始まる。 」と銘打たれており、「終末のハーレム」とは異なる舞台で描かれることなどが示唆されている。 このほか今号では「春の読切漫祭り!」と銘打ち、みやびあきの、三浦みう、胡原おみの3人が読み切りを発表。 成家慎一郎「ラパス・テーマパーク」は最終回を迎えた。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

ウルトラジャンプとは (ウルトラジャンプとは) [単語記事]

ラパステーマパーク 最終回

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 」 不慮の事故で命を落とした赤星十和は、気がつくと見たこともない街にいた。 そこは生前の記憶を具現化できるという謎の異空間「ラパス・テーマパーク」。 毎日決まった時間にのみ現れるキリン頭の男・ラパスを倒せば、生き返ることができるというが…? アクションも迫力ある ・情けない主人公 かなりヘタレなのでアウトな人も多そうなほど。 弟との関係もありどうにも憎めなかったが が劇中ヒーロー戦隊で視聴者的には格好良くなるのが後半のため受けなかった失敗作になぞられて等身大の成長 【悪い点】 ・ヒロインが主人公に最初からでも割と好意的だったが、他の男 主人公と重ねて彼女の弟かと思ってた に夢中状態。 彼女の可愛さ、途中で明かされる重大トラウマを活かす意味でも勿体無い ・テーマパークでのデスゲーム設定なのに、テーマパーク感は皆無、ルールはガバガバ、身内同士で暗い過去を暴露して罵り合ってるトラウマ大会かのよう。 対峙するラパスも見た目が気持ち悪い以外は目立つものがない 【総合評価】 本作を読んでる最中にトラウマ持ちのデスゲームという意味で同系統の「BTOOM! 」、「今際の国のアリス」は面白かったなと思い浮かべてしまった。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

ラパス・テーマパーク2巻を無料で読んでみた!

ラパステーマパーク 最終回

この特典を使うことでラパス・テーマパーク2巻を無料で読むことが出来ます! というのも 特典1でもらえる600ポイントはなんと漫画の購入に使えるんです!! そしてU-NEXTには当然ラパス・テーマパーク2巻が配信されています 「こんなオイシイ話ってあるの?」と不思議に思いますよね? 私も最初疑ったんですがU-NEXTは本来月額料金を払うことで利用できるサイトなんです。 でもとりあえず使って貰って顧客を増やしたいというサイト側の戦略でその月額料金が31日間は無料なんです!! ついでに600円分のポイントまで至急しますという太っ腹な戦略。 ここからはネタバレを書いていきますので漫画版を読もうか悩んでいる人は参考にしてみてください。 ラパス・テーマパーク|2巻ネタバレあらすじ この世界に来て二日目・・・ 赤星十和はその膨大なメモリを狙われケースケに襲われるが間一髪のところでサカキダに助けられ事なきを得る。 落ち着いた面々たちは今の状況を再確認した。 今まで誰もラパスに傷一つ付けられなかったこと。 赤星のメモリはそのラパス以上に大きいこと。 ラパスを倒した一人が時間を遡り現実世界へ戻れること。 自分のメモリ30%ほどであれば自由に使えるということ。 そんなことを話しているとまたチャイムが鳴る。 「逢魔ヶ刻を知らせるチャイムだ・・・」 目の前にはキリン顔の黒服、ラパスが居た。 ラパスの狙いは赤星だ!もちろんメモリが狙いで他のメンバーは彼を殺させまいとサポートする。 メモリとは使い勝手が違い、いつでも発動できるというモノではない。 次第に追いつめられていく面々 そしてついにアンナがラパスに捕えられてしまう・・・ この状況を打破するには赤星のトラックを呼び出すしかないがそれには彼自身がトラウマを呼び出す必要があった。 あれを鮮明に思いだし感情を爆発させることで攻撃する!! サカキダは自身のメモリを使い無理やり赤星のトラウマを呼び起こした!! しかし最後の最後で赤星はそれを拒否! 自分の意志でトラックを呼び出しアンナを救い出したのだった。 満身創痍の赤星は続けざまにとんでもない物を作り出してしまう。 それはあの脱線事故だった・・・ あの時の事故はアンナ、ケースケ、スズキのトラウマとかかわっているらしく。 中でもケースケは情緒不安定に陥り赤星を殺そうとする。 しかしそんな強力な攻撃手段を失うわけには行かないとサカキダは赤星をかくまった。 目を覚ました赤星はサカキダにこの世界の力を詳しく聞いた。 メモリを使うには想像力が大切だという事 想像が創造になるが創造するにはその物の構造を詳しく知っている必要がある事 トラウマはそれらと全く別物で記憶をフラッシュバックさせることによって創造され攻撃力も想像とは段違いだと言う事 サカキダの目的は赤星の手足を切り落としその分のメモリを使う為だという事を知る。 その状況を打破しようと友達になろうと言う赤星だったがサカキダの友達論は少しずれており 「心配停止ギリギリまで痛ぶりメモリを奪い、必要ならセツナの幻影を呼び出しトラックを出させ続けるが死なせはしない」 「それが友達ということでいいか?」 と真顔で言われるのだった。 そんなこんなで一命を取り止めた赤星は最もまともな人間だと思われるアンナに助けを求めるべく探す。 すぐに見つけることが出来た彼女から聞いたのはあの脱線事故でのトラウマだった。 ケースケとアンナは恋人関係にある。 漫画家を夢見るケースケを手伝うアンナ そんな日々を送りやっと完成させた漫画をもって東京へ向かう途中にあの事故が起きてしまった。 命は助かったものの仕上げた原稿と右腕を無くしてしまったケースケは今のように乱暴になっていったらしい・・・ 彼女が戻れる日は脱線事故が起こる前日!! だらかなんとしてでもラパスを倒し生き返らなければいけない。 彼女の覚悟を聞いた赤星 しかし自分にももう一度セツナと会いたいという強い思いがある。 生き返れるのは一人・・・いずれ敵同士になるだろう二人、だがお互いの信念を見せあいアンナは赤星に戦い方を教えることを決めた・・・.

次の