白 日 意味。 King Gnu『白日』歌詞の意味を考察・解釈

五色とは?5色は何色?意味・読み方・日本文化との関係 [暮らしの歳時記] All About

白 日 意味

もくじ• 日光をより遮るのは白?黒? 紫外線も「色」も電磁波のひとつ 日傘は紫外線のカットに注目されがちですが、実は紫外線や赤外線をふくむ「太陽光」をカットしています。 太陽光は「ガンマ線~電波線」の電磁波を含みます。 その中で地上まで届くものは 可視光線と 紫外線と 赤外線。 紫外線は日焼けや皮膚がんの原因に、赤外線は暑さの原因になります。 可視光線(380~750nm) 人の目で知覚できる範囲の電磁波。 この範囲の電磁波が目に入ることにより色だと感じる。 紫外線(380nm以下) 可視光線の紫よりも波長の短い電磁波。 日焼けや皮膚がんの原因となったり、カーテンや衣類の色素を破壊するなど、化学的な影響が強い。 紫外線を表すUVは「ultra violet」の略。 赤外線(750nm以上) 可視光線の赤よりも波長の長い電磁波。 熱効果が高い。 太陽光には熱効果が高い「赤外線」が含まれているから熱いのです。 なので、日差しの強い夏でも、紫外線を防ぐことができれば日焼けを抑えることができますし、赤外線を防ぐことができれば涼しく過ごすことができます。 そのために知っておきたいのが、日傘の色の性質と、日傘の素材による 遮光率(しゃこうりつ)です! 「反射」の白と「吸収」の黒 白は光を「反射」するから白く見えます。 黒は光を「吸収」するから黒く見えます。 光とは電磁波なので、「白=反射、黒=吸収」という性質の違いは紫外線にもあてはまります。 つまり同じ日傘でも、白の日傘と黒の日傘では紫外線のカットの仕組みがまったく違います。 白は紫外線をはね返す 白の日傘は光を反射することにより、紫外線をカットしています。 しかしすべての紫外線を完全に反射できるわけではありません。 日傘の繊維のすきまから入ってくる紫外線もあります。 黒は紫外線を吸収する 黒の日傘は光を吸収することにより、紫外線をカットしています。 こちらもすべての紫外線を吸収できるわけではありませんが、白の日傘と比べるとカットしている割合は高いようです。 黒は赤外線も吸収する=暑くなる 黒の日傘や衣服は紫外線だけでなく、赤外線も吸収しています。 夏に黒い服を着ていると暑く感じませんか?これは黒い布が赤外線を吸収して熱をもつからなのです。 日光の照り返し対策には、白の日傘よりも黒の日傘の方が適しています。 黒の日傘なら照り返しされた紫外線も傘の内側で吸収できます。 白の日傘だと、照り返された紫外線が傘の内側で反射し、パラボラアンテナのように自分の顔の方に向かってきます。 しかし、黒い日傘は暑苦しいので使いたくない…という意見が多いのも事実。 最近では紫外線遮蔽率の高い素材も普及し、UVカット率99%以上の日傘もお求めやすい価格で買えるようになりました。 特に遮光率100%の 完全遮光日傘は、紫外線だけでなく赤外線もカットするため、日傘の影にいるとととても涼しく感じます。 昔は完全遮光というと銀色のアルミのような使いにくい日傘のイメージでしたが、最近は素材も進化していて、いろいろな色のおしゃれな完全遮光日傘が人気です。 遮光率1%のちがいにこだわった楽天の人気商品がこちら。 遮光率100%と99%・UVカット加工の比較検写真がわかりやすいので一度見てみてください! 【比較】白の日傘と黒の日傘の特徴 白の日傘 ・色の性質:光を反射して紫外線カット ・カット率:まあまあ ・照り返し:防げない ・イメージ:見た目が涼しい 黒の日傘 ・色の性質:光を吸収して紫外線カット ・カット率:白よりいい ・照り返し:日傘の内側で紫外線を吸収することによりカット ・イメージ:赤外線吸収により傘自体が熱くなる上に、見た目も暑苦しい 【まとめ】外側は遮光性重視。 内側は黒がおすすめ 日傘の外側は遮光性の高い素材でしっかりと日差し(紫外線&赤外線)を遮りましょう! 日傘の内側は光を吸収する黒を選ぶと、地面からの照り返しを吸収して、お顔や体に太陽光があたるのを防いでくれます。 日傘があると体感温度が全然ちがいます! 性能のいい日傘を使うと、まるで頭の上に屋根があって木陰とともに歩いているように涼しくなります。 日傘もどんどん進化していて、遮光性の高い素材を使ったおしゃれな色の日傘もでています。 今は日傘の色も自由に選べる時代。 自分らしい日傘を持って夏を快適に過ごしてくださいね!.

次の

日本が誇る「白い城」と「黒い城」。その違い、ご存じですか?(www.worldfranchising.comサプリ 2019年06月29日)

白 日 意味

理容室でくるくると回っている青赤白のサインポール。 そのサインポールがなぜ赤青白の三色になったのか。 三色になった由来は?なにか意味があるの?赤は動脈、青は静脈、白は包帯って聞いたことがあるけど本当?理髪店の歴史を探り、床屋さんの象徴であるサインポールの謎に迫ってみました。 サインポールとは サインポール(signpole)は理容所(一般的には床屋、理容室、散髪屋、理髪店とも呼ばれている。 )を示す細長い円柱形の看板。 赤、白、青の三色の縞模様(レジメンタル・ストライプ)がクルクルと回転する。 スポンサードリンク サインポールの他の呼び方 散髪屋さんの象徴であるサインポールには色々な呼び方があったようです。 その時代や場所によってサインポールを違う呼び方にした時があったのですね。 有平棒(あるへいぼう) 安土桃山時代にポルトガルから伝来した砂糖菓子有平糖(茶道の菓子として用いられることが多いハードキャンディ)のひねりを加えた形がよく似ていたことから、有平棒(あるへいぼう)と呼ばれた。 有平糖(アルヘイとう、ありへいとう)とは、砂糖を煮て作られた飴の一種であり、南蛮菓子の一つである。 金平糖と共に、日本に初めて輸入されたハードキャンディとされている。 阿留平糖、金花糖、氷糸糖、窩糸糖とも呼ばれる。 三色ねじり棒(看板) 見たままを言葉にした廃れつつある和風な呼び方。 近年ではあまり聞かない言葉ですね。 英語のバーバーは「ひげ」を意味するラテン語のバルバ(barba)から来ているもので、「ひげを剃る」という意味です。 理容師は現在のように髪を切って整える仕事というよりも、ひげを剃ったり、カツラを調製したりする仕事でした。 スポンサードリンク サインポールの三色の意味、「赤」「青」「白」の由来は? さて、床屋さんのサインポールがなぜ青色・赤色・白色の三色になったのか。 サインポールの三色に何か意味はあるのか。 いよいよサインポールの由来に迫っていこうと思います。 床屋外科医(Barber-surgeon)の誕生。 中世ヨーロッパでは修道院は病院も兼ねていました。 医療は僧侶の仕事でした。 1092年、ローマ法王によって「なんか見苦しいから僧侶はひげを綺麗に剃りなさいね」との法令が出されたことから僧侶はお互いの理髪を行うようになりました。 また修道院は髭を剃らせるために外部から床屋を雇いました。 これによって教会と理髪師の密接な関係が始まります。 日常的に髭を剃る床屋は刃物の扱いに慣れていました。 そこで僧侶が修道院で行っていた外科手術の助手を理髪師に依頼するようになります。 瀉血(しゃけつ)やケガ、骨折、やけどの治療、デキモノの切開、手脚の切断、抜歯などを手伝う理髪師は理容技術と外科技術を兼ねた理髪外科医、床屋外科医(Barber-surgeon)と呼ばれるようになっていきます。 神聖なる教会は血を忌む。 ところが1163年、またもやローマ法王によって「教会の中で血を見せちゃ駄目だよ」という趣旨の法令が出されました。 当然のことながら外科手術は流血します。 修道院内での外科手術は禁止。 僧侶は教会で外科手術を行うことができなくなりました。 そのため僧侶は内科の治療に専念し、外科手術はそれまで助手だった理容師にまかされるようになり、修道僧達は床屋に外科技術を託しました。 サインポールの原型は瀉血 しゃけつ に深く関わる説 教会から独立して外科手術を行うことになった理髪外科医が当時さかんに行なっていた治療法のひとつに「瀉血」がありました。 瀉血(しゃけつ)とは人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つです。 この当時は「体の悪い部分には悪い血が集まる」と考えられていました。 そこで血を意図的に出血させ、悪いとされる血を抜いて治療を行っていました。 また、ヒルを使って血を吸わせる方法をとることもありました。 今では考えられない治療法ですね。 瀉血 しゃけつ の具体的な方法は、患部を切開して血を抜き取る際に、患者に棒を握らせ、腕を固定し、そこを伝って血が受皿に落ちていくようにしていましたが、握らせた棒にも血が伝わるため、それを目立たなくするために、その棒は赤く塗って使用するようになりました。 瀉血治療が終わると患者の出血を止めるために包帯を使用しましたが、当時の包帯は非常に貴重なものだったので、何度も洗濯して再利用されていました。 患者に握らせていた赤い棒を洗浄し、傷口に巻いた白い包帯を洗濯し、一緒に店先に干します。 赤い棒にらせん状に白い包帯を巻きつけて干していたのか、吊るして一緒に干していたら、たまたま風が吹いて、らせん状に巻きついたのか、赤と白のらせん模様の姿が現在のサインポールのデザインになったと言われています。 サインポールの赤と白はわかったけど、残る「青」はどうなったの? これは理髪師と外科医の組合が分離したのがきっかけとなります。 外科、歯科などが進歩してくると、未熟な理髪外科医が問題視されるようになりました。 正式な医学教育を受けた医師は理髪外科医は他の医師より劣った存在として軽蔑していたようです。 理髪外科医の「重症患者取扱禁止令」が出されたり、次第に理髪外科医の外科手術に制限が加えられ、理容外科医と医師の間で長期にわたり取権闘争が繰り広げられます。 そしてついに外科医団体の突き上げもあり、1745年、ジョージ2世は「理容と外科を分離させる法令」を出しました。 その時に理髪師は赤・青・白の看板、外科は赤白の看板を掲げるように決められたため、理容店の看板は今日の赤、白、青の三色となったのです。 スポンサードリンク その他のサインポール三色の意味として有力な説 サインポールの赤色は動脈、青色は静脈、白色は包帯という意味だとテレビ番組で見たことがあって、私はずっとそうだと思っていました。 しかし調べていくうちにその説は信憑性に乏しいのではないかと思うようになりました。 サインポールの「赤は動脈、青は静脈、白は包帯」説。 赤は動脈、青は静脈、白は包帯って聞いたことがあるけど、違うの? 動脈と静脈が発見されたのは、イギリスの解剖学者、医師であるウイリアム・ハーベーが「血液は心臓から出て、動脈経由で身体の各部を経て、静脈経由で再び心臓へ戻る」という血液循環説を発表したのは1628年です。 そのことから考えるとサインポールが最初に作られたとされる12世紀に血管を赤と青で分けた表現を使うことは歴史上考えられないという指摘があります。 よってサインポールの青色は静脈、赤色は動脈、色々は包帯という説は信憑性に乏しいと考えられるかもしれません。 サインポールの色はフランスの国旗から来た説。 1815年のワーテルローの戦いで、フランス国旗を巻き付けた棒が野戦病院に立てられたのが起源とする説。 確かにフランス国旗とサインポールは同じ色の三色ですね。 サインポールの三色はアメリカの国旗が関係している説。 サインポールは元々中世のイギリスで、当時の理髪師が外科医も兼ねていたことから血液を表す赤と包帯を表す白の2色で生まれた。 理髪師と外科医を区別するため理髪店は赤白に青を加える動きもあったが定着せず。 その後アメリカで同国の国旗(星条旗)のカントンの色である青が加えられたものである。 という説。 サインポールを創案したメヤーナキール 三色のサインポールは、1540年頃、パリの外科医メヤーナキールが創案し、彼の医院の看板に用いたのが始まりです。 理容師が外科医を兼ねていた歴史の中で、彼は医師から理容師になった人物です。 日本では東京の常磐橋の側に在った、「西洋風髪剪所(かみはさみしょ)」で、明治4年にサインポールを用いたのが最初となります。 サインポールは世界共通のマーク メヤーナキールが創案したサインポールは、彼の門下生が真似をし、理髪外科医の間で広まっていきました。 現在では、イギリスなど一部の国ではサインポールは2色ですが、赤白青の3色のサインポールは、散髪屋を示す看板として世界共通のマークとなっています。 国際基準化しているわけでもないのに、メヤーナキールが創案したデザインは世界中に広り、世界共通のマークとなって行ったというのは驚きの一言ですね。 理容師は外科医として活躍後、ファッション業界へ 理容の歴史をたどると床屋の象徴であるサインポールになぜ医療の意味が込められた説があったりしたのか理解できましたね。 昔々、理容師は外科医として活躍しました。 その後、カットやパーマ、カラーリング、シェービング(顔そり)などの理容技術をもって人を美しくするという美的感覚を働かせたファッション業界へと推移していき、現在の理容室となっています。 サインポールの由来については、色々な説がありがますが、個人的には瀉血 しゃけつ 説が信憑性が高いのではないかと思います。 余談ですが、理容所のことを床屋、理容室、散髪屋、理髪店、色々な呼び方がありますが、「床屋」は放送禁止用語なのだそうです。 なぜなのでしょうか?「床」という言葉が性的な意味合いも持つのかもと想像しますが、歴史を辿れば、そういったことは無関係だということがわかります。 *サインポールの由来には諸説あり、かつ明文化された記録が存在しません。 よって由来の調査はとても困難です。 内容が異なる説があったとしても、一概に違うとは言いきれません。 スポンサードリンク.

次の

黄色の水引を使う状況とその際のマナー

白 日 意味

白のイベント 白の日のイベントではありませんが、「白」のフェスティバル「SENSATION センセーション 」が千葉県・幕張メッセで開催されましす。 会場内の装飾は全て白、参加者のドレスコードも白で統一という異彩で世界一美しいと称されるこのフェスティバル。 音楽はEDM エレクトリックダンス・ミュージック が中心でDJやダンスパフォーマンス、アクロバティックなエンターテイメントショーをオールナイトで楽しむことができます。 【Sensationjapan 】 sensation Final - センセーション 規模:3万人 会場名:幕張メッセ国際展示場 千葉県千葉市美浜区中瀬二丁目1幕張メッセ国際展示場 URL: 注意事項:ドレスコード有り 未成年の入場不可 オールナイ公演の為 幻想的で大規模なこちらのイベントは、海外からの参加者や芸能人の出演も多く、参加者の声からはかなりの盛り上がりが伝わってきます。 白のイメージ 光を反射する最も明るい白色は灰色や黒色と同じ無彩の色で、暗い色を引き立てます。 クリーンなイメージで信頼感や清潔感といった好感度があり、真っさらな状態は始まりや出発等のスタートを印象させます。 また、光を透過するので健康には一番良い色とも言われています。 実際よりものを軽く感じさせる、汚してはいけないと思わせる、気分を一新する、広く感じさせるといった心理効果もあります。 ・黒との組み合わせ 白はあらゆる光を乱反射させた時に生み出される色で、それに対し、あらゆる光を吸収した時に生み出される色が黒です。 この2色は様々な場所で引き合いに出される組み合わせです。 ・紅 赤 との関係 日本では、スポーツ等の紅白戦で集団を2つに分ける時に、白と紅に分けることが多々あります。 これはおよそ千年前の源平合戦において、源氏が白、平氏が紅の旗印で争ったことが由来となっています。 また、紅白の組み合わせは縁起がよいものとされ、お祝い事等で用いられています。 白であるが故に様々な意味や印象をもつことが分かります。 この日に少し、白いものに注目してみるのも面白いかもしれませんね。 以上、白の日についてでした。 他にもおもしろい記念日がたくさんあります!.

次の