名古屋 コロナ 保育園。 保育所等における新型コロナウイルス対応関連情報を掲載しております。

【名古屋市保育園】新型コロナに伴う登園自粛と育児休業の取扱いまとめ

名古屋 コロナ 保育園

名古屋市のひとつの市立保育園で、新型コロナウイルスの陽性判明が続いている。 この園での感染拡大を受け、市は市内すべての保育園児に登園自粛を求め、保育が必要な場合は届け出を前提に受け入れるかたちに転換した。 仕事を休みづらい保護者からは戸惑いの声もあがっている。 市によると、園児約90人、職員約30人が在籍する市立保育園で、10日に40代女性保育士の感染を確認。 以降、感染の判明が相次ぎ、17日夜までに男児3人、女児1人、保育士4人、園児の母親1人の計9人にのぼっている。 市は、この園を11日から休園させ、通っていたすべての園児に自宅待機を要請。 健康観察対象者としてフォローしており、風邪などの症状を訴えた園児15人にはPCR検査を実施した。 すでに11人は陰性という結果が出ているという。 市内の保育園に通う園児は、私立もあわせて5万人にのぼる。 小中高校などが3月2日に一斉休校してからも、市は「働くおかあちゃんに休めというのはあまりに残酷」(河村たかし市長)と保育事業は継続してきた。 しかし、相次いだ感染確認で保護者や保育士らに不安が広がり、河村氏は4月14日、市内すべての園児の保護者に「家庭で保育が可能な場合は、登園を控えて」と呼びかけた。 「どうしても必要な人には、こ….

次の

[B!] 名古屋市の保育園でも園児がコロナ感染..場所はどこだろう..?小中学生も感染で休校仕方ない…学力心配

名古屋 コロナ 保育園

Sponsored Link 愛知県名古屋市は、感染者数が日本全国でも10位以内に入っていたにもかかわらず「緊急事態宣言」の対象県を外され「名古屋飛ばし」などとSNSで炎上していましたね。 4月10日には県内で独自の「緊急事態宣言」を出しています。 しかし、現状では愛知県もコロナウイルスの感染者数が増加し続けています。 4月10日には、名古屋市立の保育園に勤める40代女性の感染が確認されています。 その保育園は今月20日まで休園との事ですが、どこだか?保育士の旦那さんの勤務地も気になりますね。 そこで《名古屋のコロナ感染者保育園勤務40代女性は誰でどこの保育園?子供の学校は?旦那の勤務地は》を調べてみました。 名古屋のコロナ感染者保育園勤務40代女性は誰でどこの保育園? 愛知県新型コロナウイルス情報 愛知県、岐阜県の人数がでました。 このうち名古屋市の40代の女性は、市立保育園に勤務する保育士で、市は在籍する園児89人と職員27人の健康状態を慎重に観察しています。 — T 名古屋市コロナウイルス情報 758covid19 名古屋で新たに確認されたコロナウイルス陽性の40代女性は、名古屋市立の保育園に勤務しているとの事です。 名古屋市立の園児が89人、職員27人の規模ですが・・様々なニュース記事を知らべてみましたが保育園の名前は書かれていませんでした。 愛知の県内独自の「緊急事態宣言」では、保育園や学童保育などは継続することを要請と書かれていました。 また、女性の息子である10代の中学生も感染が判明した。 女性が働く保育園は20日までの休園の対応を取り、濃厚接触者には検査を行うとしています。 保育園の環境って、基本的に小さな部屋だしおもちゃ遊具を触った手でガンガン顔も口も触ってますよね。 乳幼児は比較的に軽症の場合が多いって言いますが、実際に0〜1歳時でも死亡例が出ているだけに油断はできない状況だと思います。 この40代女性の保育士さんは、旦那の症状が出た7日からは勤務に行っていないとの事ですが、保育園児に感染していない事を願っています。 名古屋市の40代女性保育士の子供の学校はどこ? 名古屋市:新型コロナウイルス感染症予防にかかる市立学校・幼稚園の臨時休業について(暮らしの情報) — ライブハウスK A Tー T U N オーナー キタノ KATTUN61126797 40代保育士女性の子供は10代という事ですが、愛知県も4月8日から学校が休校になっていますね。 名古屋市内の学校に通うお子さんとの事ですが、全校が休校の要請になっているので少し安心です。 子供の感染も心配ですから、自宅待機で頑張りましょう。 学校、幼稚園は休校の要請ですが、保育園や学童は継続が可能なので引き続き注意が必要だと思います。 出来るだけ自宅待機できるように頑張りましょう。 スポンサーリンク.

次の

名古屋市:保育所等における新型コロナウイルス感染症対策について(暮らしの情報)

名古屋 コロナ 保育園

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月7日に政府は7都府県に対して緊急事態宣言を発令した。 さらに16日には対象地域が全国に拡大された。 これまで外出の自粛や公立の小中高では休校措置が取られてきたが、保育園は原則として開園を続けてきた。 しかし緊急事態宣言の発令によって、一部の自治体では認可保育園の原則休園を打ち出す動きが見られたほか、自主的に臨時休園に踏み切る認可外保育園事業者も出始めている。 感染リスクを感じながら開園を続けてきた事業者に対策や臨時休園を決めた理由について聞いた。 運営の4園のうち3園を4月8日から緊急事態宣言が終わる5月6日まで、約1ヶ月にわたり臨時休園する。 3月初旬から公立の小中高では休校となったが、保育園は「原則として開園」とされた。 しかし多くの人が集まり、園児と保育士が近距離で接することから、保育園はあらゆる感染症対策を取りながら園児を受け入れていた。 「繭の糸グループ」が運営する4園で実施してきた予防対策について辻村理事長は、次のように話す。 「お子さんをお預かりする際、玄関での検温と手指消毒を徹底しました。 保育士がお子さんの体温を計り、37. 5度以下であることと目に見えて体調が悪くないかをチェックします。 さらに手指の消毒と洋服に除菌スプレーを吹きかけてから保育スペースへ入室してもらいました」 そのほか全ての保護者と約70人いるスタッフ全員に除菌スプレーを配布し、日常的な手指消毒に努めてもらった。 しかし、どんな対策を講じても「新型コロナウイルスの感染をどこまで防げるかはわからない」と辻村理事長は不安な気持ちを抱いてきたという。 「保育園では、保育関係者とお子さんの濃厚接触が繰り返されています。 手を取って一緒に遊びますし、オムツ交換時には便や便で汚れた洋服に触れてしまうリスクはあります。 細心の注意を払っても、保育園はいつ感染拡大の場になってもおかしくないわけです」.

次の