いち か の じゃんけん。 四人でじゃんけんをするとき、一人が勝つ確率二人が勝つ確率...

じゃんけん

いち か の じゃんけん

いろいろな種類のじゃんけんの遊び方やルールをまとめました。 じゃんけん遊びの一覧 じゃんけんとは?グー、チョキ、パーの3種類の手の形で勝敗を決める遊びです。 順番を決める時や、鬼ごっこの鬼を決める時にも使います。 グーとパーだけを使ったジャンケンです。 集団遊びでチーム分けをする際に使います。 手を使わずに、顔の表情や口の形でじゃんけをする遊びです。 手を使わずに足の動きでじゃんけんをする遊びです。 指を向けた方に顔を向けたら負けになるジャンケン遊びです。 歌とジャンケンを合わせた遊びです。 勝ち負けを争うのではなく、テンポ良く続けるのを楽しみます。 右手と左手で違う手を出して、負けそうな手を引き、勝ちそうな手を残す遊びです。 ジャンケンに負けた子が足を開いていく遊びです。 発言者に釣られて、同じ指を出すと負けになるジャンケンじゃんけんです。 掛け声に合わせて数字を言うのと同時に親指を上げます。 言った数と上がった親指の数が同じだったら手を引ける遊びです。 帰り道にジャンケンをして、負けた子がランドセルを運ぶ遊びです。 「さ・ん・ま」のかけ声で、先に3勝した人が勝ちになるじゃんけんです。 じゃんけんで出した指の数を全部足します。 足した数の合計を早く言った人が勝ちになるじゃんけんです。 ジャンケンに勝ったら素早く相手の手を叩く遊びです。 じゃんけんに勝って歌いながら相手のホッペタをつねる遊びです。 2本の指を振り下ろして、相手の腕をひっぱたく遊びです。 罰ゲームにも使われます。 親指にかけた中指を弾いて、おデコに指を当てて遊びます。 じゃんけんに勝った時に、出した指の数だけ進む遊びです。 ジャンケンに勝つために「次に出す手」を占います。 じゃんけんをする前の儀式のようなものです。 普通のじゃんけんとは逆で、じゃんけんに負けた方が勝つというルールのじゃんけん遊びです。 ジャンケンに勝ったら相手をくすぐる遊びです。 水に潜って息を止めたままじゃんけんをして遊びます。 じゃんけんに負けた子は、相手の肩につかまり、マントのように引っ張られるプール遊びです。 じゃんけんに負けた子は列になって後を付いていくプール遊びです。 お風呂に浸かりながらジャンケンをして遊びます。 親が出した指の数と、自分の出した指の数が、足して5になるように指を出す遊びです。 フルーツバスケットに、じゃんけんを組み合わせたゲームです。 ジャンケンをして、負けた人は勝った人の後ろにつながっていくゲームです。 手押し車の体勢で、片手を上げてジャンケンをして遊びます。 おんぶジャンケンとは、ジャンケンに負けた子が、勝った子をおんぶして運ぶゲームです。 リーダー1人対全員でじゃんけんをします。 イベントで景品をプレゼントするときに遊んでもいいです。 じゃんけんを繰り返して、最後まで勝った人がアメ玉を全部貰えるゲームです。 あいさつをした後にじゃんけんをします。 じゃんけんが終わったら他の人を探してまたじゃんけんをします。 より多くじゃんけんに勝った人が優勝です。 じゃんけんのグーチョキパーを体で表現する遊びです。 それぞれが指の役割をして、じゃんけんの手を体を使って表現します。 リーダーが「勝ってください」と言った時にはリーダーに勝つ手を出す。 「負けてください」と言った時には、負ける手を出すジャンケンです。 左手が出したジャンケンの手に、右手で勝つ手を出すゲームです。 一人で遊ぶので、じゃんけんだけど勝ち負けがありません。 じゃんけんに負けた子が、勝った子の周りをぐるりと回るゲームです。 じゃんけんに負ければ負けるほど背が10cmずつ縮む遊びです。 ジャンケンと手押し相撲が合わさった遊びです。 ジャンケンしながら進み、相手のチームの大将を負かしたら勝ちです。 渦巻の中を進み、相手とジャンケンをします。 勝った子はそのまま進み、負けた子はスタートに戻る遊びです。 花いちもんめの歌を歌って、相手チームの子をじゃんけんで取り合う遊びです。 「お嬢さんお入んなさい」の歌詞に合わせて長縄(大縄)を跳びます。 跳びながら2人でじゃんけんをして、勝つと続けて跳べます。 関連ページ.

次の

花いちもんめのルール!遊び方と歌詞の意味も紹介

いち か の じゃんけん

(ネタ) じゃんけん、それは地球上において最もポピュラーな勝負方法。 老若男女にかかわらず誰もが公平な力関係で勝負ができることから、あらゆる場面においてじゃんけんは行われてきた。 一般的にじゃんけんというものは完全に運の勝負と言われており、必勝法なるものは存在しないとされている。 しかし、じゃんけんというものの歴史やその背景を紐解いていくにつれ、決して運だめしの勝負ではないということがわかった。 ここにそのすべてを記そうと思う。 必勝を定義づける際のルール• 二人でじゃんけんをする場合に限る• じゃんけんでの互いの癖を知らない• 基本的に同じ相手に1回勝負• 相手との身体能力は同等 とする そもそもじゃんけんとは 諸説あるが、じゃんけん発祥の地は古代朝鮮半島の百済にあると言われており、百済に伝わるとされる古武術 「麌舞」 - 조선어 (チョムスル)の初代師範である 志賽(シ・サイ)が自身の三人の弟子にそのすべてを継承する際、人体の急所のみを狙う麌舞のあまりに危険すぎる力を抑えるため、三つある型のうち一人には珂(ガ)、一人には珥(ジ)、一人には瑪(ヴァ)をそれぞれ伝授し、その力を分散させた。 珂(ガ)は己の握り拳を使い、相手の体に触れる際に発生する極めて微弱な振動の力を以って臓器を破壊し、珥(ジ)は人差し指と中指の擦れる際に発生する摩擦や音を利用し、相手の五感を破壊し、瑪(ヴァ)は自身の握力を以って相手の睾丸を破壊したとされる。 この三つの型には強弱関係があるとされ、珂(ガ)の使い手は瑪(ヴァ)の使い手には勝てず、瑪(ヴァ)の使い手は珥(ジ)の使い手に勝てず、珥(ジ)の使い手は珂(ガ)の使い手には勝てない。 麌舞は朝鮮半島において絶大な力を誇り、一つの型の使い手の力が千の騎馬兵に相当するとされた。 しかし、1830年代にフランス人宣教師による朝鮮宣教が始まったと同時に、その力を恐れた宣教師たちは 麌舞の使い手を迫害した。 朝鮮宣教の際、宣教師が綴ったある書物がイエズス会員たちの間に広まった。 そこに記されていた 麌舞の三つの型の強弱関係と型の拳の握り方を真似て、会員たちが物事を決める際に「ガ・ジ・ヴァ」の掛け声とともにそれぞれの拳を出しあうゲームとして使われていった。 そしていつしか他国にも伝わり 、日本にも形が変わって今のじゃんけんという形として伝わったとされる。 ご存知の通り日本ではグーは「石」を表す握り拳、チョキは「ハサミ」を表す人差し指と親指を開いた状態、パーは「紙」を表す指を全て開いた状態とされるが、例えばインドネシアではそれぞれ「ゾウ」「アリ」「ヒト」、ミャンマーでは「トラ」「鉄砲」「上官」とされるなどその意味は各国で異なる。 こうやって歴史を紐解いていくと、 麌舞では等しかった三つの力関係が現代のルールにおいては必ずしも同じであるとは限らないということがわかった。 例えばグーとチョキの関係性で言えば、グーを仮にダイヤモンドであったとしたところでチョキがダイヤモンドカッターとした場合、簡単に切断されてしまう。 アリに例えて言えば、アリがパラポネラやブルドックアリだった場合、いかにゾウであろうともただでは済まない。 勝負事というのは精神力=メンタリティが勝敗に大きな影響を及ぼす。 (そのことについては後述)硬さや大きさなど、そういった単純な力関係で物事は成り立っていないということを知っているだけでも、じゃんけんで有利になることは説明するまでもない。 確率論から見るじゃんけん 一般的にじゃんけんは偶然性が高いとされ、「グー」「チョキ」「パー」を出す確率は三分の一、つまり 勝率は33. ただこれは、前項で記したようなメンタリティを完全に無視した場合であり、三つの手を等しい確率で出し続けるというのは機械でもない限り不可能だ。 芳沢光雄教授「ジャンケンに関する研究結果」よりこのようなデータがある。 初手で、最も相手が出す確率が高いのはグー(35. 0%)、次はパーで(33. 3%)、最も少ないのはチョキ(31. 7%)。 2回続けて同じ手を出す確率は22. つまりこのデータによれば 最も勝率の高い初手は「パー」ということになる。 仮にあいこになった場合、同じ手を出す確率は二割弱ということから「グー」を出すのが最善の手ということとなる。 したがって、ここで書かれていることを頭に入れる必要はないと言える。 心理学から見るじゃんけん じゃんけんは「運の勝負」という人間と同じくらい「じゃんけんは心理戦だ」という人間がいる。 確かに様々な文献や他サイトなどを拝見すると、いろいろなテクニックが紹介されている。 NAVERまとめサイトに「じゃんけんで勝つ確率を飛躍的にあげるコツ」というものがある。 出典 また、じゃんけんをする前に相手の脳裏に無意識に出させたい手を刷り込むという手もある。 自然に相手の目の前に出させたい手の形を作ったり、会話の中で出させたい手をさりげなく入れたりといったことだ。 これは「コールド・リーディング」という話術の応用らしいが、どこかのメンタリストがやるようなまどろっこしいことも今回の必勝法では一切不要だ。 じゃんけんをする前の心構え これはやってもやらなくてもどっちでもいいのだが、じゃんけんに臨む前の心構えというものを紹介したい思う。 ある説によれば、「じゃんけん」をするときの心の状態はアスリートの試合前の状態と非常に似ているという。 トップアスリートの選手は最高のコンディションの状態をいつでも引き出すため、 成功した時の状況を出来る限り再現させるという。 その時の考え、言葉、姿勢、表情、もっと細かく言えば、試合前に食べていたもの、聴いていた音楽、着ていた服・・・。 その状態のことをいわゆる「ゾーン」といい、勝率はアップするだろう。 しかし、そんなに気負いすぎてもしょうがないので参考程度に留めておいてほしい。 じゃんけんと政治の関わり 実は日本の政治とじゃんけんの関わりというのは切っても切れない関係にある。 というのも2012年に維新の会(現:維新の党)の橋下徹代表がみんなの党の渡辺喜美代表に対し「選挙区調整はじゃんけんで決めてもいい」と発言したこともあり当時は物議を醸し出したが、じゃんけんを「運が決める平等な方法」と言った意味で使ったのならば、苦言を呈したい。 ここまで記したとおり、じゃんけんとは様々な要素が絡むいわば「勝つ人間が勝つもの」であり、仮に政治家がこのページを閲覧していた場合、その方法をとってしまうと確実に勝てる人間が存在してしまい、「後出しじゃんけん」と呼ばれる昨今の日本政治となんら変わらない。 どうしても何かゲームでというのであれば、クジ引きかあみだクジをオススメする。 いよいよ必勝法を公開する ここまで、じゃんけんの歴史、様々な学問から見たじゃんけん、心構え、更には政治との関わりまで説明してきた。 いよいよじゃんけん必勝法を公開しようと思う。 することはたったひとつ 出す手をあらかじめ決めておく ということだけだ。 じゃんけんに関するあらゆる知識を頭に入れた状態で、 自分の出す手だけを最初から決めておく。 この方法なら、前述した確率論はもはや意味を成さず、相手がメンタリズムを使ってきたとしても完全に無効化できる。 さらに歴史や政治的関わりまで知っているというアドバンテージが意識せずとも自身をゾーンの状態へと導く。 できれば対戦相手に会う前に決めておくのがベストだが、じゃんけんの話題が出る前であればいつでもよし。 この必勝法を用いて早速近くの人とじゃんけんをしてみてほしい。 満足する結果が待っているはずだ。 関連記事• ikdhkr.

次の

うちのじゃんけん ページ

いち か の じゃんけん

由来 [ ] 古くから伝わり、江戸時代に普及した「子とろ子とろ」系の遊びから独立したと考えられる。 江戸、明治、大正時代には同じ遊びが確認できない。 昭和10年発行の「続日本童謡民謡曲集」にで歌われていた歌が確認でき 、昭和初期に広がったとされる。 また、同書には静岡県沼津地方の縄跳び唄としても掲載されており 、両方の歌の元歌が大正末頃にあったと考えられる。 一般的には価格一匁 の花を売り買いする際のやり取りだとされるが、「花」は若い女性のであり、一人が一匁を基本とする値段で行われた 、または()に力づくでさらわれた中世の社会背景 に起源があるともされる。 子供の遊びにしては内容が残酷過ぎるとの反論もあるが、大人では到底歌えないような内容でも素直な子供がしてきたのであるとする見方がある。 他にも、、、、、など現代では到底考えられないような残酷で恐ろしい由来を持つ可能性を有している遊びもある。 遊び方 [ ]• それぞれの組は手をつないで一列に並んで向かい合う。 前回勝った組から「か~ってうれしいはないちもんめ」と歌の一節を歌いだす。 歌っている組は前に進み、相手の組はあとずさりする。 はないちもんめの「め」の部分で片足を蹴り上げる。 今度は負けた組が「まけ~てくやしいはないちもんめ」と歌って、前に進む。 その後に、「 あの子が欲しい あの子じゃわからん 相談しましょ そうしましょ。 」と歌の一節を交互に歌いながら前後に歩く。 歌が終わると、それぞれの組で相談して、相手の組から誰をこちらの組にもらうかを決める。 決まった組は「き~まった」と叫ぶ。 双方の代表者がじゃんけんを行い、勝った組の主張どおりにメンバーがもらわれていく。 片方の組からメンバーがいなくなれば終了。 つづける場合には1にもどる。 歌詞 [ ] 地方によって、いろいろなバージョンがある。 南部の一例:まず、二組に分かれたら「となりのおばさんちょっと来ておくれ、鬼がいるから行かれない、お釜かぶってちょっと来ておくれ、釜破れて行かれない、鉄砲かついでちょっと来ておくれ、鉄砲ないから行かれない。 あの子がほしい、あの子じゃわからん、相談しましょ(相談すべし)、そうしましょ(そうすべし)」とやる。 そして5で名乗り合ったら、「なーにで行くの」「ひっぱりこ(じゃんけん等)でゆくの」と勝負方法が選択できる。 福島県3:「ふるさと求めてはないちもんめ・・・」ではじまる。 「勝ってうれしい花いちもんめ、負けて悔しい花いちもんめ、隣のおばちゃんちょっとおいで、鬼が怖くて行かれない、お釜かぶってちょっとおいで、お釜底抜け行かれない、布団かぶってちょっとおいで、布団ビリビリ行かれない、あの子が欲しい、あの子じゃわからん、この子が欲しい、この子じゃわからん、相談しよう、そうしよ」• 内で歌われていたバージョン:「勝ってうれしい花いちもんめ、負けて悔しい花いちもんめ、隣のおばさんちょっとおいで、鬼が怖くて行かれません、お釜かぶってちょっとおいで、お釜底抜け行かれません、座布団かぶってちょっとおいで、座布団ぼろぼろ行かれません、あの子が欲しい、あの子じゃわからん、この子が欲しい、この子じゃわからん、相談しましょ、そうしましょ」で、それぞれ相談。 決まったら「き~まった~き~まった~」と叫び、指名する人の名前を呼ぶ際「かわいいかわいい」をつける• 某市バージョン:「勝ってうれしいはないちもんめ」「負けて悔しいはないちもんめ」「隣のおばさんちょっとおいで」「鬼が怖くていかれませんよ」「お釜かぶってちょっとおいで」「お釜底抜けいかれませんよ」「お布団かぶってちょっとおいで」「お布団ボロボロいかれませんよ」「あの子がほしい」「あの子じゃわからん」「その子がほしい」「その子じゃわからん」「相談しよう」「そうしよう」 決まったほうから「きまった」と宣言し、じゃんけんをする• バージョン:「勝って嬉しいはないちもんめ」「負けて悔しいはないちもんめ」「隣のおばさんちょっと来ておくれ」「鬼が怖くて行けられない」「御釜かぶってちょっと来ておくれ」「御釜底抜け行けられない」「御布団かぶってちょっと来ておくれ」「御布団ぼろぼろ行けられない」「あの子が欲しい」「あの子じゃ分からん」「この子が欲しい」「この子じゃ分からん」「相談しよう、そうしよう」• (現:)の植水地区で行われていたバージョン(関東? ):「勝ってうれしいはないちもんめ、負けてくやしいはないちもんめ、となりのおばさんちょっと来ておくれ、鬼がいるから行かれない、お釜かぶってちょっと来ておくれ、釜がないから行かれない、布団かぶってちょっと来ておくれ、布団破れて行かれない(? )、あの子がほしい、あの子じゃわからん、この子がほしい、この子じゃわからん、相談しよう、そうしよう」• バージョン:「勝ってうれしいはないちもんめ」「負けて悔しいはないちもんめ」「隣のおばさんちょっと来ておくれ」「鬼が怖くて行かれない」「お釜かぶってちょっと来ておくれ」「お釜底抜け行かれない」「お布団かぶってちょっと来ておくれ」「お布団びりびり行かれない」「鉄砲かついでちょっと来ておくれ」「鉄砲玉無し行かれない」「あの子が欲しい」「あの子じゃ分からん」「この子が欲しい」「この子じゃ分からん」「相談しよう」「そうしよう」• バージョン? :「勝ってうれしい花いちもんめ、負けて悔しい花いちもんめ、隣のおばさんちょっと来ておくれ、鬼が怖くて行かれない、お釜かぶってちょっと来ておくれ、お釜底抜け行かれない、座布団かぶってちょっと来ておくれ、座布団ぼろぼろ行かれない、あの子が欲しい、あの子じゃわからん、この子が欲しい、この子じゃわからん、相談しよう、そうしよう」• :2と3で前に進む最後は片足を蹴り出す。 「勝ってうれしい花いちもんめ、負けて悔しい花いちもんめ、隣のおばさんちょっと来ておくれ、鬼が怖くて行かれない、お布団かぶってちょっと来ておくれ、お布団ぼろぼろ(若しくはびりびり)行かれない、お釜かぶってちょっと来ておくれ、お釜底抜け行かれない、(鉄砲かついでちょっと来ておくれ、鉄砲あるけど弾がない、)あの子が欲しい、あの子じゃわからん、この子が欲しい、この子じゃわからん、相談しよう、そうしよう」• のとある地域バージョン? :「勝ってうれしい花いちもんめ、負けて悔しい花いちもんめ、隣のおばさんちょっと来ておくれ、鬼が怖くて行かれない、お釜かぶってちょっと来ておくれ、お釜底抜け行かれない、鉄砲かついでちょっと来ておくれ、鉄砲玉無し行かれない、お布団かぶってちょっと来ておくれ、お布団びりびり行かれない、あの子が欲しい、あの子じゃ分からん、この子が欲しい、この子じゃ分からん、相談しよう、そうしよう」• 神奈川県:「勝ってうれしいはないちもんめ、負けてくやしいはないちもんめ、隣のおばさんちょっと来ておくれ、鬼がいるから行かれない、お釜かぶってちょっと来ておくれ、お釜底抜け行かれない、鉄砲かついでちょっと来ておくれ、鉄砲ないから行かれない、お布団かぶってちょっと来ておくれ、お布団びりびり行かれない、あの子が欲しい、あの子じゃ分からん、この子が欲しい、この子じゃ分からん、相談しよう、そうしよう」• バージョン:遊び方3のあと、「あの子が欲しい」「あの子じゃわからん」「この子が欲しい」「この子じゃわからん」「ま~るくなって相談、あっかんべ~(と言いながらお互いに「」のしぐさをする)」と言う。 静岡県とある市バージョン:遊び3のあと、「あの子が欲しい」「あの子じゃ分からん」「この子が欲しい」「この子じゃわからん」「まとまって相談、そうしましょ、ゴリラ、パンツ、あっかんべ~」と悪態をついて、遊び4以降へ• 沼津市バージョン:「勝ってうれしいはないちもんめ」「負けて悔しいはないちもんめ」「隣のおばさんちょっと来ておくれ」「鬼が居るからいかれない」「お釜かぶってちょっと来ておくれ」「お釜底抜けいかれない」「お布団かぶってちょっと来ておくれ」「お布団びりびりいかれない」「あの子がほしい」「あの子じゃわからん」「その子がほしい」「その子じゃわからん」「相談しよう」「そうしよう」 決まったほうから「きまった」と宣言し、じゃんけんをする• バージョン: 「勝ってうれしいはないちもんめ、負けてくやしいはないちもんめ となりのおばちゃんちょっとおいで、犬がおるからよういかん、お釜をかぶってちょっとおいで、穴があいててよういかん、座布団かぶってちょっとおいで座布団ぼろぼろよういかん。 あの子が欲しい、あの子じゃわからん、この子が欲しい、この子じゃわからん、相談しましょ、そうしましょ。 (引っ張り合い)」• 西部(など)バージョン:「勝ってうれしいはないちもんめ、負けて悔しい大根の尻尾、隣のおばさんちょっとおいで、鬼がいるからよう行かん、お釜かぶってちょっとおいで、お釜底抜けよう行かん、座布団かぶってちょっとおいで、座布団びりびりよう行かん、あの子が欲しい、あの子じゃわからん、この子が欲しい、この子じゃわからん、相談しましょ、そうしましょ」 または「かって嬉しい花いちもんめ、負けて悔しい花いちもんめ、隣のオバサンちょっとおいで、鬼がいるからよぉいかん、あの子がほしい、あのこじゃわからん、この子がほしい、この子じゃ分からん、相談しましょ、そうしましょ。 」と、略す場合もある。 略すのは大体小学生中学年。 日本のほぼ中央にあるため、東西の歌詞が入り混じり、愛知県内でも歌詞が違う場合が多々ある。 愛知県東部、飛騨地域バージョン:遊び2と遊び3で前進した最後は片足を蹴り出す。 続けて、「あの子が欲しい」「あの子じゃわからん」「この子が欲しい」「この子じゃわからん」「相談しましょ」「そうしましょ」と交互に歌いながら前進後退を繰り返し、前進した最後は片足を蹴りだす。 遊び6では指名された人同士でじゃんけんをする。 石川県どこかの市バージョン:遊び方6の時に指定された人が「ねことねずみがいたちをおいかけた それじゃんけんぽん」という歌を歌いながら、小指と小指を指きりげんまんの状態にして、けんけんでその場を回る 歌が終わるまで。 歌が終わった後、じゃんけんに入る• バージョン:遊び方7の前に「ねこねこねずみとり いたちがおいかけた それじゃんけんぽん」という歌を歌いながら、指名された子どもが、小指と小指をつないでけんけんをしながら回り、最後にじゃんけんをする。 関西(・・など)バージョン:遊び方3のあと、「タンス、長持、どの子が欲しい? 」「どの子じゃわからん」「あの子が欲しい」「あの子じゃわからん」「この子が欲しい」「この子じゃわからん」「相談しましょ」「そうしましょ」の歌が入ってから、4で相談する。 1:遊び方3のあと、「あの子が欲しい」「あの子じゃわからん」「相談しましょ」「そうしましょ」• :「勝って嬉しいはないちもんめ 負けて悔しいはないちもんめ あの子が欲しい あの子じゃわからん 相談しましょ そうしましょ。 あらよ ばいばい あっかんべー(あらよ しっしっ ベー の場合もある)のへのかっぱ」• アニメーションは斉藤輝雄。 再放送は-と-(ラジオのみ)。 その他 [ ] はないちもんめを題名とした作品 [ ]• などが出演した1968年のテレビドラマ『花いちもんめ』。 の1971年の漫画『花いちもんめ』。 第17回小学館漫画賞受賞。 の1971年のシングル曲「花いちもんめ」 の初めての作曲)。 の1982年のシングル曲「」。 監督の『』。 日本アカデミー賞第9回最優秀作品賞、主演男優賞()、脚本賞()。 の1989年の漫画『花いちもんめ』。 の2005年のエッセイ集『花いちもんめ』。 の戯曲「花いちもんめ」。 かつての別刷りとして発行されていた婦人向け月刊情報紙「はないちもんめ」。 また、同紙の紙上で公募されていた「小さな童話」賞の受賞作を原作として、が制作したシリーズ「はないちもんめ」(全6巻)。 その他 [ ]• のシングル『』-の部分に、はないちもんめのメロディーと歌詞が引用されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 「花」自体の重さではない。 出典 [ ]• 大森 1997 , p35• 大森隆子 1995-03-15. 京都のわらべ歌(日本わらべ歌全集15). 柳原出版. 186-187. 上笙一郎 2005-9. 日本童謡事典. 東京堂出版. 317. 附属小学校音楽研究部 1935-01-10. 目黒書店. 附属小学校音楽研究部 1935-01-10. 目黒書店. 本田和子 2 1983. 現代思想. 大森 1999 , p40• 参考文献 [ ]• 千葉公慈『知れば恐ろしい日本の風習』河出書房新社、2012年11月。 『国史大辞典13巻』国史大辞典編集委員会、吉川弘文館、1992年。

次の