小児 てんかん 症状。 小児欠神てんかん症状と対策

小児欠神てんかん症状と対策

小児 てんかん 症状

【 難治性てんかんの症状】 難治性てんかんは、体の強直やけいれん、脱力、異常感覚、記憶障害を来たし、発作が脳全体に広がると意識を失ってしまうというような状態になります。 このような症状が抗てんかん剤を投与しても、発症が抑えきれないてんかんですので、脳の機能障害が生じてきます。 特に小児の場合、脳の発達において重大な影響を及ぼしてしまいます。 約3分の1の小児患者の方に精神・学習・発育に遅延が見られ、行動異常が生じてきます。 【 難治性てんかんの原因】 難治性てんかん なんじせいてんかん は薬で発作を抑えることが難しいといわれてます。 この病気の原因としては、子供の頃にインフルエンザや風邪の発熱で起こる「熱性痙攣 ねつせいけいれん 」により脳に興奮しやすい神経回路が形成されることであるとする研究結果があります。 熱性痙攣と側頭葉てんかんの関連はあるといわれていましたが、新たなてんかん予防法のひとつになると考えられています。 【 難治性てんかんの検査と診断】 難治性てんかんの検査方法には、まず一般的なてんかんの検査が用いられます。 診察により脳の特定部位に限り異常があることが判別された後、脳波の測定により電気的に異常がおこる部分を特定します。 その後、特定部位を重点的に調べるためCTやMRIなどの画像診断が行われます。 画像診断では、腫瘍や奇形、傷などの有無が調べられます。 その上で電気療法や薬物療法で発作がおさまらない場合に、難治性の診断が確定します。 【 難治性てんかんの治療方法】 難治性てんかんの場合、抗てんかん剤を投与しても発作の状態が改善されませんので、手術による治療法が考慮されてきます。 治療部位を特定するために脳波調査のために電極を直接脳の中に入れて測定した後、脳内の発作の原因部位が判明しましたら、てんかん焦点や症状に応じた適切な術法で治療します。 手術による治療は危険も伴う治療ですので、慎重に行っていきます。

次の

てんかんとは?子供が発症するてんかんの特徴や検査、治療法

小児 てんかん 症状

概要 ローランドてんかんとは、医学的には中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん benign childhood epilepsy with centrotemporal spikes: BECT と呼ばれており、脳波検査の所見がそのまま診断名になっているてんかん症候群です。 国際抗てんかん連盟 ILAE の新しい分類では「良性」という呼称は誤解を生むと言うことで、childhood epilepsy with centrotemporal spikes CECTS と名称変更されましたが、そうなってくるとやはりますます一般の方には「ローランドてんかん」とお伝えした方がわかりやすいかもしれません。 小児部分てんかんの20〜25%程度を占めると言われており、やや男児に多く、小児てんかんの中では最も頻度の高いてんかんとなります。 好発年齢 幼児期〜学童期に発症し、一般的には思春期の頃には発作も脳波異常も自然に消失する 良性 小児てんかんです。 時に高年齢まで続くこともありますが、遅くとも18歳くらいまでには発作を起こさなくなると言われています。 発作 発作は睡眠に関連して生じる口周辺〜顔面の片方に限局した1〜2分程度のピクツキで、時に全身のけいれんに進展することがあります。 入眠直後や寝起き前に多いのが特徴で、基本的に日中の起きている時間帯に発作は起こさないため生活の制限は原則必要ありません。 このことは集団生活や社会生活の基礎を身につけるべき年齢にある本疾患の患児たちにとって非常に重要で、不必要な活動制限を受けないようにしなければなりません。 とはいえ、睡眠不足や疲労、薬の飲み忘れなどで日中に発作が起こることはありますので、きちんと内服することや規則正しい生活は重要です。 ただし、日中に発作が起きたとしても口の周囲のみの発作であれば危険性は低いため、いずれにしても日中の生活制限は必要ありません。 診断 特徴的な脳波所見が診断に有用です。 脳の中心部〜側頭部と呼ばれる部分からてんかん波が出ていて 図1 、発作症状が典型的であれば本疾患と診断します。 典型例であれば画像検査は通常おこないませんが、少しでも合わないところがあれば他のてんかんの可能性も考慮して頭部MRIなどの画像検査をおこないます。 図1 7歳男児、右中心部 C4 および右側頭部 T4 からローランド発射と呼ばれるてんかん性突発波が多発している。 発作の頻度が多かったり全身のけいれんに進展する場合は内服薬で治療を行います。 内服薬はカルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウム、レベチラセタムが日本ではよく処方されています。 予後 基本的に発達等は問題なく、2〜3年間発作がなければ脳波異常が残っていても治療中止は可能と言われています。 ほとんどのてんかんは脳波異常が残存していることは再発のリスクとなるため治療中止には慎重となりますが、本疾患に関しては原則発作消失期間で判断をします。 内服薬の長期服用の発達への影響もゼロではないため、脳波異常だけを理由に漫然と治療を継続すべきではないでしょう。 ただし、本疾患の患児には行動の問題を抱えている児が一般人口よりも多いことが近年指摘されており、てんかんの治療が終了しても発達面や行動面でのフォローが必要となることもあります。 また、本疾患の発作に脱力発作や欠神発作を伴う非定型部分てんかんというものに変化することがあり、治療抵抗性に経過したり、典型的な発作以外の発作を伴う場合には注意が必要です。

次の

子どものてんかんの症状、原因、診断、治療| たまひよ

小児 てんかん 症状

薬で発作は抑えられやすく、思春期頃までには止まります。 発作の程度が軽い場合は薬を飲むことなく、自然に治ることも多いです。 子どもの特発性部分てんかんの中で、ローランドてんかんが半分以上です。 発症率は高いですが、発作時間が短く、発作の頻度は低い、一定の年齢時期になると自然に治ることから「良性小児てんかん」とも言われます。 ローランドてんかんは正式な病名は「中心・側頭部に棘波をもつ良性小児てんかん」といいます。 脳波検査をすると、ローランド発射という特徴のある波形があり、年齢によっては場所が移動していくことがあります。 発作は抑えられていても、異常脳波は遅くまで検出されます。 正常な知能や発達をしていくことが多く、一般的な生活に問題が出でくることは少ないです。 薬は飲まず、自然に発作の消失を選んだ場合にも、放っておかずに経過観察に通院は必要です。 異常脳波が残っていることで、知能に問題なくても、項目ごとによってはバラツキを残すことがあります。 小さな子どもがどちらを選ぶ判断は難しいので、親と医師との話し合いで決めていきます。 アルツハイマーについて• アルツハイマーの症状について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの対応について• 若年性アルツハイマーについて• くも膜下出血について• くも膜下出血の予防について• くも膜下出血の原因について• くも膜下出血の症状について• くも膜下出血の治療について• くも膜下出血のその後について• くも膜下出血と脳の病気について• 急性くも膜下出血について• 外傷性くも膜下出血について• 脳梗塞について• 脳梗塞の症状について• 脳梗塞の原因について• 脳梗塞の予防について• 脳梗塞の治療について• 若年性脳梗塞について• パーキンソン病について• パーキンソン病のリハビリテーションについて• パーキンソン病の原因について• パーキンソン病の初期症状について• パーキンソン病体操について• 若年性パーキンソン病について• 偏頭痛について• 偏頭痛の症状について• 偏頭痛の原因について• 偏頭痛の対処について• 偏頭痛と食べ物について• 慢性偏頭痛について• 群発頭痛について• 緊張性頭痛について• てんかんについて• てんかんの症状• てんかんの原因• てんかんの対処• てんかんの治療• てんかんと年齢• てんかんの分類• 動物のてんかん•

次の