新生銀行カードローン 即日融資。 銀行のカードローンで即日融資を受けるポイントを教えて下さい

新生銀行カードローンレイクの審査基準を解説!審査の流れと審査に落ちる人の特徴|マネ得カードローン

新生銀行カードローン 即日融資

カードローン 実質年率 最短融資 特徴のまとめ 3. 一部金融機関、メンテナンス時間等除く。 30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。 即日発効に必要な手続き キャッシュカードの即日発行だからと言って、特別な手続きが必要ということはありません。 免許証などの顔写真付の公的書類と印鑑、あとは初回入金時のお金があれば口座開設ができますので、上記の銀行に来店して口座開設手続きを行いましょう。 口座開設後にその場で店頭受取が可能 手続き完了後には、通常は数日後に郵便で送られてくるキャッシュカードをその場で発行してもらえます。 もちろん口座に、即時預け入れをすることも可能です。 再発行も即時発行OK 口座の新規開設だけではなく、キャッシュカードをなくした場合でも、身分証と届出印を窓口に持って行けば即日で再発行可能ですが、その場合は再発行手数料が必要となります。 銀行窓口が利用できる時間帯でなければならないため、三井住友銀行は15時、りそな銀行と新生銀行は17時までに来店するようにしましょう。 関連記事をチェック! キャッシュカード即日発行可能な大手銀行 先に話したように、即日キャッシュカード発行を行っているのは、三井住友銀行、りそな銀行、新生銀行の三行だけです。 しかしどこの支店で申込みをしても、即日発行は可能なのかという疑問が生まれます。 もし手続きに出向いても「本店のみのサービス」と言われれば地方在住者には、難しい話になってしまいます。 ちなみに、即日発行に問わずどこの支店でも、口座開設ができる訳ではありませんので注意してください。 住んでいる住所若しくは、勤務先の最寄りの支店のみしか作ることはできません。 それでは支店でも、即日キャッシュカード発行は可能なのか、またいつまでに手続きを行えばいいのか、申込み方法や再発行について見てみましょう。 三井住友銀行 三井住友銀行で即日キャッシュカード発行を発行できるのは、一部の支店のみです。 また発行を希望するカードの種類によっては即日発行できない場合もあります。 そのため申込みに行く前に、自身が居住する地域の支店で即日発行を行っているのか、また希望するカードが即日発行に対応しているのかを確認しておいてください。 確認方法は、三井住友銀行ホームページから見ることができます。 居住する地域で即日発行が可能と確認できれば、運転免許証、パスポート等の顔写真付公的書類、届け印を持って、9時から15時までに三井住友銀行の支店に出向くと、その場で発行可能です。 再発行も同じ時間に出向く必要がありますが、再発行手数料として1,080円が必要になるので準備をしておきましょう。 りそな銀行 りそな銀行はどこの支店でも、即日キャッシュカード発行をすることは可能です(口座開設ができない、一部出張所やプラザは対象外)。 発行に必要なものは、本人確認書類(運転免許証やパスポートなどの顔写真が付いた身分証明書)と届出印です。 9時から17時までが受付時間ですので、その時間内に銀行へ向かうようにしましょう。 再発行も即日で対応できますが、手数料として1,080円必要です。 新生銀行 新生銀行は一部、即日キャッシュカード発行を行っていない店舗が存在しますので、事前に確認しておくといいでしょう。 手続きで必要になるものは運転免許証ですが、もし「免許を持っていない」ということであれば、保険証、年金手帳、住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、戸籍謄本(全部事項証明書)と附票、個人番号カード(写真付き のいずれか1点をパスポートとともに提出する必要があります。 新生銀行キャッシュカードの特徴のひとつとして、豊富に選べる色がありますが、即日発行の場合には、色はビッグスカイのみです。 また再発行は郵送の手続きになりますので、窓口での即日再発行はできません。 キャッシュカード即時発行可能な地方銀行 居住する地域によっては、地方銀行であっても、キャッシュカード即日発行に対応している銀行も存在します。 では、具体的にどの地方銀行が即日発行可能なのか、手続きに必要なものは何なのかをなどを見てみましょう。 七十七銀行 七十七銀行は、基本的にはすべての支店で、キャッシュカード即日発行が可能です。 必要なものは、届出印、本人確認書類ですが、即日発行が可能になるのは、顔写真付き公的書類を持参できる人に限られます。 手のひら静脈認証を利用希望の場合は、窓口で申し出ることにより登録することができます。 もし顔写真付き公的書類を持っていなければ、即日発行はできません。 後日、簡易書留で自宅に郵送されます。 時間は15時までに、手続きを終えるようにしておきましょう。 なお再発行に関しては、後日郵送となり即日発行は行っておりません。 名古屋銀行 名古屋銀行は「デザインICキャッシュカード」を利用の場合に限り、即日発行が可能です。 申込先はどこの支店でも受付できますが、住まい若しくは勤務先の最寄り支店で手続きを行いましょう。 必要なものは、届出印と本人確認書類です。 時間は銀行営業時間内である15時までに手続きを完了させましょう。 WEB申込からでは即日発行は対応していませんので、必ず窓口まで出向く必要があります。 なお再発行に関しては、即日発行を行っていません。 広島銀行 広島銀行の最大の特徴は、通常銀行が開いていない休日や、平日15時以降でも口座開設及びキャッシュカード即日発行が可能だという点です。 しかし一部の店舗のみでのサービスですから、事前に該当する支店なのかを確認しておくといいでしょう。 ) 口座開設で必要になるものは、届出印、本人確認書類ですが、即日発行できる条件として、顔写真付きの本人確認書類を持参できる人のみとなっています。 また即日発行に対応していない支店(東京支店、名古屋支店、大阪支店、神戸支店、福岡支店、松江支店、姫路支店、北九州支店、広島空港出張所)もありますから、事前に確認しておいた方がいいでしょう。 なお再発行に関しては、即日発行を行っていません。 山口フィナンシャルグループ 山口フィナンシャルグループで、キャッシュカードの即時発行をしているという情報を掲載しているところもありますが、実は即日発行ができませんので、注意書きとして紹介します。 どこの支店の窓口でもキャッシュカードの申込みは可能ですが、カードが手元に届くまでに平均で10日ほど時間を要します。 再発行は1,080円手数料が発生します。 再発行も窓口で対応可能です。 その他大手銀行のキャッシュカード発行情報 その他の大手銀行ではやはり、即日でキャッシュカードを発行することは難しくなっています。 しかし「さほど急ぎではない」ということであれば、受取にかかる時間・受け取り方法・申し込み方法などの条件があえば、申込みを検討してもいいのではないでしょうか。 では、全国展開をしている大手銀行が、どのような流れでキャッシュカードを発行しているのかを見てみましょう。 三菱UFJ銀行 口座を開設する方法は、以下のとおりです。 スマート口座開設…スマートフォン、パソコンからの口座開設。 キャッシュカードが手元に届くには約1週間かかる。 郵送…キャッシュカードが手元に届くには約3週間~4週間かかる。 テレビ窓口…土日祝日も18時まで手続き可能。 キャッシュカードが手元に届くには約1週間かかる。 店頭窓口…9時から15時までの受付。 キャッシュカードが手元に届くには約1週間かかる。 どの申込み方法であっても、必ず必要になってくるのは、届出印と本人確認書類ですから、事前に準備をしておくといいでしょう。 また再発行は、喪失受付センター(0120-544-565または03-5637-0875)へ電話をしたのち、スマートフォンアプリ「かんたん手続アプリ」若しくは窓口で手続きを行いましょう。 再発行は1週間~10日ほど時間を要します。 みずほ銀行 みずほ銀行で口座を開設するには、店頭窓口、若しくはインターネット、アプリから口座開設をするかを選ぶことができます。 どの申込方法でも必ず本人確認書類は必要ですが、原本が必要となるのはインターネット、店頭窓口のみです。 アプリはスマートフォンのカメラ機能で撮影して終了となります。 キャッシュカードが手元に届くまで、約1週間~2週間は時間を要します。 再発行の場合には、まず喪失受付センター(0120-415-415)に電話をしたのち、再発行の手続き(インターネット若しくは窓口)を行います。 再発行手数料として1,080円発生しますので、注意しておきましょう。 ゆうちょ ゆうちょ銀行への申込は店頭窓口のみとなります。 本人確認書類と届出印を持って、9時~15時までに手続きを行いましょう。 通帳はその場で受け取れますがキャッシュカードは後日、自宅へ郵送という流れです。 もし再発行を行う場合には、再発行請求書、届出印、本人確認書類、通帳を持参し、窓口で手続きを行います。 発行手数料は1,030円です。 即時発行キャッシュカードの特徴 即時発行キャッシュカードの最大の特徴は、やはりキャッシュカードを入手できるまでの時間の短さです。 緊急に口座やカードが必要な場合には便利なサービスですが、その分取扱いにも十分気を付けなくてはなりません。 どこの銀行であっても必ず口座を開設するときには、身分証明書として本人確認書類の提示を求められます。 即時発行は銀行としてもリスクが高いものですから、顔写真付きの本人確認書類を持参しないとカード発行には至らないことが多いです。 一番分かりやすいのが運転免許証ですが「持っていない」という人は、別途他の身分証明書を準備する必要が出てきます。 何の書類が顔写真付き本人確認書類に該当するのかは、各銀行で判断基準が異なりますので、事前に確認しておいた方が安心です。 即日発効キャッシュカードのQ&A 即日発行キャッシュカードを希望するのならば、どこの銀行に申込みをすればいいのかは理解いただけたかと思います。 しかし「わざわざ問い合わせるまではしないけれども、ちょっと気になる」という、疑問も残っている人もいることでしょう。 即日発行キャッシュカードの気になる疑問は、ここで解決しておけば安心して申込みを行うことができます。 即日発効って即時発行?かかる時間は? 基本的には「口座開設お願いします」「はい、これがカードです」と、1分も満たずにキャッシュカードを渡されるようなことはありません。 銀行の混み具合にもよりますが、最短でもおおよそ30分程度かかると思っておいた方がいいでしょう。 デビットカードも即日発効してくれる? 結論から言うと、三井住友銀行の「SMBCデビット」であれば即日発行可能です。 デビットカードは通常のクレジットカードと異なり、口座に入っている残高分しか利用することができません。 しかしクレジットブランドが附帯していますから、利用すればその分ポイントは加算されるため使い方によっては現金払よりもお得になることがあります。 クレジットブランドと銀行は他社なので、即日情報を結び付けることが困難です。 しかしSMBCデビットであれば自社ブランドでなおかつVISAやIDも附帯していますから即日発行が可能になります。 VISAの付いたキャッシュカードも即日OK? デビットカードではなくキャッシュカードにクレジット機能を付けたい、ということであれば即日発行はどこの銀行でも難しいのが現状です。 クレジット機能は必ず審査が発生しますので、その場で渡されることはありません。 即日発行のメリット・デメリットは? 即日発行のメリットは、急ぎの場合に時短になるということでしょう。 特にデビットカード機能は海外でも利用できますから、旅行のお守りとして所持するにはピッタリです。 対しデメリットはすべて銀行窓口で、手続きを行わなくてはいけないことでしょう。 銀行窓口は基本的に平日9時~15時までですので、仕事をしている人はなかなか気軽に行ける時間帯ではありません。 また即日発行が可能であっても、混雑状況により待たされることも考えられます。 ある程度時間に余裕を持って行動しなくてはなりませんが、そこまでの時間を確保するのが難しいことも予想されます。 必要なのは本当にキャッシュカード? その前に、皆さんが本当に必要なものが、キャッシュカードなのかどうかを確認しましょう。 というのも、キャッシュカードをローンカード ATMで借入するためのカード や、クレジットカード 買い物に使用するカード とかなり多くの人が間違えて認識しているのです。 キャッシュカードはお金を借りるときに使うのではなく、銀行口座に入れているお金をATMでから下すときに使うものです。 ローンカードと、ごっちゃになっている人が多いようです。 もしローンカードのことを、キャッシュカードと勘違いしていた人は、キャッシュカードに関する説明は飛ばして、カードローンの即日発行についての説明を読んでください。 ローンカード即日発行には自動契約機 続いて、ローンカードのことをキャッシュカードと間違えて、このページに訪れた方のためにローンカードを即日で発行する方法を紹介します。 ローンカードはお金を借りるために使うものなので、キャッシュカードよりも即日で発行したい人が多いのではないでしょうか。 ローンカードを即日で発行するには、自動契約機を利用しましょう。 自動契約機というのはカードローンの申込から契約、ローンカードの発行までを行うことができる機器のことです。 自動契約機では以下の時間内に、利用することができます。 ローンカードを即日で発行したい人は、上の時間までに各社の自動契約機を利用するようにしましょう。 その場合、自動契約機に行く前にネットから、申し込みをしておくことをおすすめします。 あらかじめネットからの申込をして、審査結果の連絡を受けておけば、わざわざ自動契約機に行って審査を待った挙げ句、審査落ちとなってしまうということがありません。 申込はスマホやパソコンを使用して行い、その後審査結果の連絡があるまでの時間を利用して必要な書類を準備しておき、仮審査に通過したことを確認してから自動契約機に行って手続きするというのが、ローンカードを即日発行する最も効果的な方法です。 自動契約機に行く場合は、身分証明書と収入証明書を持って行きましょう。 関連記事をチェック! カード発行なしで即日借入 では、近くに自動契約機がない場合は、どうすればいいのでしょうか。 残念ながらその場合は、ローンカードを即日で発行することはできません。 しかし、ローンカードの即日発行を希望する人は、即日借入をすることが目的ではないかと思いますが、実はローンカードがなくても借入をすることができるのです。 それは銀行の口座に、振り込んでもらうという方法です。 カードローンでの借入方法は、ATMでローンカードを使うだけではなく、指定した口座に振り込んでもらうという方法もあります。 それぞれ以下の時間であれば、即日振込が可能なので確認してください。 銀行カードローンでは同じ銀行の口座に対してしか、振り込みを行ってくれませんが、消費者金融は銀行口座の指定がありません。 さらに、口座の種類によっては土日祝日でも、24時間振込可能なカードローンもあります。 このように、ローンカードの即日発行ができない状況でも、即日借り入れ自体は行うことができるのです。 まとめ キャッシュカードを即日発行できる銀行は余り多くなく、三井住友銀行、りそな銀行、新生銀行の3つだけとなっています。 この3つであれば、口座開設に必要なものを持って行けばキャッシュカードの即日発行が可能です。 もしキャッシュカードではなくローンカードを即日発行したい場合には、大手消費者金融やメガバンクの自動契約機を利用しましょう。 自動契約機が利用できる環境になくても、口座への振込によって即日借入をすることはできます。 ただし、基本的には銀行の振り込み対応時間までに、手続きを行わなければならないことに気を付けてください。

次の

銀行カードローンの即日融資、停止へ!(2018年1月〜) 審査はどうなる?限度額は?

新生銀行カードローン 即日融資

AKBのメンバーがテレビコマーシャルに出演していることでもおなじみの新生銀行レイク。 その身近さ、借り入れの気軽さなどからよく消費者金融と勘違いされがちですが、レイクは新生銀行のキャッシングサービス。 安心の借り入れは総量規制の対象にもなりません。 金利 4. 5~18. 少しでも他社よりも良い条件を提示して他を出し抜こうとどこも必死に努力しています。 もちろん新生銀行レイクもその条件に当てはまります。 新生銀行が他のカードローンと差をつけようとして作ったキャッシングサービスがこの新生銀行レイクです。 新生銀行の銀行カードローンですから、もちろん総量規制の対象外である融資を受け取ることができます。 それなのに使い勝手が良く、 即日融資や無利息期間などのお得なサービスを利用した借り入れを行うことができるというのはかなりのメリットです。 AKBメンバーがコマーシャルに出演していることにも表れている通り、メインの客層は若者となっていることもあり、気軽に申し込み後借入れ、そして返済を行うことができるのです。 やっぱり借りるカードローンはできれば銀行カードローンが良い。 でも自分なんかが審査に合格するとは思えない。 そんな不安を抱えた キャッシング初心者にこそおすすめしたいカードローンです! なんといっても魅力は2種類の無利息期間 最近ではすっかりおなじみになっている、短い期間ではあるもののその借り入れに利息が発生しない無利息期間。 通常初めての利用者しか利用できないサービスとなっていますが、この期間のキャッシングならあなたが抱える負担はかなり軽くなるはず。 新生銀行レイクにももちろんこのサービスがあります。 銀行カードローンでこの無利息期間が設定されていることは珍しいですが、レイクにはなんとこの無利息期間が2種類用意されています。 はじめての方に限り 30日間無利息、または5万円以下の借り入れに限り180日間無利息というサービスが適用されます。 特筆すべきはこの180日間無利息という設定で、これだけの期間があれば、さらに5万円以下の借り入れということならばゆうゆう返済を完結できるでしょう。 キャッシング前からすでに返済に不安がある方には安心ですよね。 5万円以上お金を借り入れる予定だったとしても30日間無利息が適用されるので、その期間に返済を完結できればまったく利息の心配をする必要がありません。 もし借り入れ期間がそれ以上になってしまったとしても、30日間分の利息は適用されませんから、キャッシングの返済に関する負担はかなり減るのではないでしょうか。 ほかのカードローンと決定的に違うのはこの 無利息期間の設定。 これこそレイクの一番のキャッシングに関するメリットだと言えます。 借りやすい銀行カードローン やっぱり利用者に優しいのは消費者金融。 そんなイメージがあります。 キャッシングに馴染みが無い人でも問題なくお金を借り入れるまでの流れがスムーズ。 借り入れるのに時間がかからず、審査基準も優しいのでお金を借りやすい…。 これが世の中の消費者金融に対する固定概念です。 ですが新生銀行レイクはこれを覆すカードローンの設定を組んでくれているのです! まず申し込みを行ってからすぐにお金を借り入れることができる即日融資に柔軟に対応。 銀行カードローンには珍しい 自動契約機を用意してくれていることもあり、できるだけ融資を早く受け取りたいあなたも安心です。 そしてテレビコマーシャルでも言われていることですが、スマートフォンから簡単に申し込みができる気軽さ。 日々の生活の合間にでも、夜の自分のための時間にでも申し込みを行うことが可能。 そして審査基準も銀行カードローンの中では比較的やさしく設定されており、パート・アルバイトの方でも問題なくお金を借り入れることができます。 そして セブン銀行ATMを手数料無料で利用できるのも見逃せないポイント。 セブン銀行ATMは駅だけでなくビル内など街のあちこちに設置してあるのでこれもレイクの利便性を後押ししています。 もちろん他の ローソンやファミリーマートのATMからのも手数料はかかりません。 銀行カードローンの中でも気軽に借入れることができ利用できるサービスが多い。 これが新生銀行レイクなのです。

次の

新生銀行グループの個人向けキャッシング・ローンは何種類?レイクALSAとの違いは?

新生銀行カードローン 即日融資

2017年12月21日、新生銀行の工藤社長が、 2018年3月末までで新生銀行カードローン レイクの新規融資を停止すると発表しました。 また、2018年2月21日付で、グループ企業である新生フィナンシャル(消費者金融)が、 新たなカードローン商品としてことを正式表明しました。 cardloan-best10. html 2018年4月から『消費者金融レイク』に!? 今回発表された内容をざっくりまとめてみました。 もともと『レイク』は消費者金融のカードローンブランド(キャッシングローン)でしたから、出戻りみたいなものですね。 ちなみに、新生銀行グループでは、現在以下のカードローンを展開しています。 その後、パーソナル・リーズが各地に作っていた金融(融資)会社を一つにまとめてできたのが、株式会社レイク。 その後紆余曲折を経て、のちの新生フィナンシャルであるGEコンシューマー・ファイナンス株式会社がキャッシング事業を受け継いできましたが、2008年に株式会社新生銀行によって買収され、子会社となりました。 しばらくは消費者金融のカードローンとして「レイク」を継続していましたが、2011年9月末をもって新生フィナンシャルでの取扱いを終了。 同10月1日より、新生銀行カードローンとして展開され、2018年4月に「レイクALSA」としてふたたび新生フィナンシャルが引き継ぐことになりました。 cardloan-best10. cardloan-best10. html 「レイクALSA」ってなに?今後の新生銀行とレイクはどうなる? さて、気になる今後の展開について調べてみました。 新しく展開する「レイクALSA」とは? 2018年2月21日、新生銀行のグループ企業である新生フィナンシャルが、あらたな無担保ローン商品として 「レイクALSA(アルサ)」を2018年4月1日より販売することを発表しました。 これが、実質上 「レイク」の後継になると考えられます。 今回、新生フィナンシャルが公表した「レイクALSA」の概要は以下の通りです。 レイクALSAの無利息サービスとは? 初めてレイクを利用する人は、都合に合わせて 無利息期間を選べるサービスです。 (1) 5万円まで 180日間利息がタダ(契約金額が200万円まで) ・初めてなら初回契約翌日から無利息 ・無利息期間経過後は通常金利適用。 ・30日間無利息、60日間無利息と併用不可。 ・ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。 (2) 借入金額まるまる、 60日間 利息がタダ (Webで申し込み、契約金額が200万円まで) ・初めてなら初回契約翌日から無利息 ・無利息期間経過後は通常金利適用。 ・30日間無利息、180日間無利息と併用不可。 ・ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。 ・Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。 無利息の期間が選べる、というローンはかなり貴重です! ただひとつ、注意しておきたいことが。 新生フィナンシャル(株)は、銀行ではなく消費者金融です。 cardloan-best10. 5%~18. つまり、 現在レイクを利用している人は、しばらくはそのままサービスが継続される可能性が高いです。 これを受け、2017年12月22日付で、レイクの公式HP上に「報道内容に関するお知らせ」が掲載されました。 12月21日(木)に公表いたしました「新生銀行グループの無担保カードローン事業戦略の見直しについて」に関しまして、当行のカードローンの事業停止、もしくは融資停止と受け取れる内容の報道が一部ございました。 この事業戦略の見直しは、新生銀行カードローン レイクを現在ご利用いただいているお客さまへのご融資、返済等のサービスに影響をするものではございませんので、安心してご利用くださいますようお願いいたします。 今般公表した事業戦略の見直しは、新生銀行カードローン レイクへの新規のご契約の申込みの受付けを2018年3月31日をもって終了するもので、既にレイクをご契約いただいているお客さまに対しては、2018年4月1日以降もご融資、返済等のサービスを継続してご利用いただけます。 また、2018年3月31日までは、新規のご契約の融資申込みも今までどおり受付けいたします。 引用元: ・現在利用中の人は、2018年4月以降も継続して利用可能 (融資、返済、サービスともに継続) ・2018年3月末までは新規の申し込みも受け付ける こういうことですね。 これで契約中の方も一安心かと思いますが、不明点や不安な点があれば、お客様フリーダイヤルへ電話してみてください。 お客様専用フリーダイヤル 0120-09-09-09 (平日9時~18時) 新生銀行としては、今後は 「スマートカードローン プラス」に力を入れていくでしょう。 ライバルは、三菱東京UFJ銀行をはじめとするメガバンクのカードローン。 これまでの『レイク』とはターゲットの客層をガラリと変えて、会社員などを中心に低金利のカードローンとして展開していくと思われます。 スマートカードローンプラス レイク(2018年3月まで) 金利(年率) 4. 5%~ 14. 8% 4. 5%~18. 0% 融資限度額 最大500万円 最大500万円 初回無利息 なし あり 保証人・担保の有無 不要 不要 どちらも 限度額が500万円となっており、保証会社も新生フィナンシャル(株)ですが、最低金利はスマートカードローンプラスの方が低いです。 その代わり、スマートカードローンプラスには無利息サービスがなく、レイクよりも審査のハードルは高いと思われます。 もともと新生銀行に総合口座を持っている人は『24時間365日振込みサービス』が受けられるなどメリットが大きいので一考の余地アリですが、そうでない人は、他の銀行カードローンでもいいかな…という印象です。 レイクでは、平成 23 年当初は消費者金融商品ニーズがあるお客さまに加えて、銀行カードローンのニーズがある お客さまへの顧客層の拡大を企図しておりました。 しかしながら、6 年間の取り組みを振り返った結果、レイクは消費者 金融ブランドとしての認知が依然として高く、銀行カードローンニーズがあるお客さまのご利用は限定的であったと判断しました。 引用元: 要するに サラ金時代の「ほのぼのレイク」というイメージから脱却できなかった、思ったより銀行カードローンとして認知してもらえなかったというところでしょう。 もちろんこれも本音でしょうが、業界の裏側を深読みすれば、今回の決断にはもっと複雑な事情があったことが浮かび上がってきます。 それは、 銀行カードローンの規制強化。 ざっくり説明すると、「銀行カードローンが貸し過ぎで問題になってるから規制しなさい」という流れが強まっているということです。 くわしくは以下の記事をごらんください。 cardloan-best10. html 理由(1)銀行カードローンは即日融資ができなくなる まず、銀行カードローンの規制強化により、レイクのウリの一つであった 即日融資 ができなくなりました。 どういうことかと言うと、2018年から銀行カードローンの審査において、 警察データベースへの照会が必ず組み込まれることになりました。 これは、反社会的勢力への融資を防止するための措置です。 この照会作業が、速くても翌営業日までかかる見込みであるため、銀行カードローンではいまのところ 「申込んだ当日にお金を借りる」ということが不可能になったのです。 ちなみに、 消費者金融は対象外。 今後も即日融資のサービスは継続できる見通しです。 cardloan-best10. cardloan-best10. html 理由(2)銀行カードローンも総量規制が導入されるかも… 銀行カードローンの自主規制の流れは、 「総量規制」の導入にまで及んでいます。 これが消費者金融にとってはかなりの痛手で、グレーゾーン金利(法定金利以上の高い金利)の廃止も重なって、導入当時はバタバタとサラ金が潰れていきました(武富士なんかは有名ですね)。 ところがこの規制、 貸金業者ではない銀行カードローンには関係ありません。 審査や保証を提携している消費者金融に丸投げし、低金利でバンバン貸しまくった結果、銀行カードローンでの過剰融資による破産が増加しているとして、金融庁からおとがめが入ったのです。 レイクも、消費者金融時代のサービスを踏襲しながら、銀行( 総量規制の対象外)であることを強みに積極的に融資を行ってきました。 しかしながら、説明したような事情から銀行カードローンにも総量規制を設けるべきという意見が強まっており、実際に メガバンク3行や地方銀行なども年収による融資制限を打ち出してきています。 この流れからいくと、 レイクもこれまでのようには融資できないと判断したのでしょう。 cardloan-best10. cardloan-best10. html 結局は「銀行カードローンとしてやっていく旨みがない」 『レイク』がもともと消費者金融だったということはご存知の方も多いと思います。 で、新生銀行のカードローン事業に移行してからサービスの内容が大きく変わったかというと、実はそうでもありません。 金利は他社の消費者金融と変わらず、 銀行カードローンとしてはかなり高め。 初回限定の無利息サービスなども、銀行というよりは大手消費者金融のサービスです。 当サイトとしても、消費者金融のように「 少しだけ急いで借りたい人におすすめ」と紹介してきました。 ならば、子会社である新生フィナンシャル(株)にレイクを戻して、消費者金融として即日融資が出来るようにした方が良いに決まっています。 これが新生銀行が「レイク」を銀行としてのカードローン事業から外す本当の理由でしょう。 今回レイクは「レイクALSA」という名前に引き継がれるわけですが、もともと、 『レイク』というブランド名がなくなる可能性は低いだろうとは考えていました。 銀行カードローンとしてはイマイチでしたが、「キャッシングのレイク」というイメージはバッチリ浸透しています。 やっぱり、新生フィナンシャルとしても、 『レイク』という認知度を利用した方がメリットも大きいと判断したということでしょう。 関連ページ.

次の