エルレイド 色違い。 エルレイド

【ポケモンGO】エルレイドへの進化方法とバトルでの最適技・評価を紹介!|ポケらく

エルレイド 色違い

データ 図鑑 No. 6m 重さ 56. 4kg 特性 概要 やいばポケモン・がメガシンカした姿。 において、対であるがメガシンカしておきながらエルレイドには何も無かったが、遅れる事1作…においてメガシンカを得ることとなった。 サーナイト同様、白を基調としたカラーリングとなり、見た目のベースも大きく崩れてはいない。 但しあちらと違いメガシンカする事によって少々体重が重くなる。 胸にあった赤い器官(プレート)の大半が特徴的な両肘へと移り、赤く大きな刃を成形している。 このプレートから強力なサイコパワーの刃を生成することが出来、状況によっては両腕に同時展開した二刀流での戦いを披露するとされている。 また、頭部も兜の様な形状に変化し、背中には優れた防御性能を持ったのようなものが付くようになった。 公式サイトでは「騎士」と表現されているが、対ののモチーフが公式で「花嫁」となっているだけに「花婿」のイメージも連想させる。。 なお、エルレイドはORASでホウエン図鑑に追加される。 その関係での切り札もエルレイドに変更され、メガシンカもする。 あまり使わない能力にも上昇値が割かれていたと違い、使わない能力に関しては全く上昇値を割かないと言うなかなか理想的な能力上昇をしている。 とは言え、防御が上昇しているとは言え低いHPはそのままなのでそこまで硬くなったわけでは無い。 また、エスパー・かくとうと言うタイプ故に耐性もあまり良くない点には気をつけたい。 攻撃力は 165・素早さは 110と、攻めの面では非常に優秀な能力を持つ。 特に素早さはと同速の為、大半のポケモンを抜き去る事が出来る。 エルレイドはや等攻撃技のバリエーションも広い為、どんな相手でも対処しやすいのは利点。 但し習得技の威力は全体的に低く、高火力技がほぼ一本になってしまう為、技の通りが悪くなると途端に威力不足が目立つようになってしまうのが難点である。 サブウェポンが豊富なので効果抜群を取れればまだ戦えるが。 特性はに変化する。 特性に関しては該当記事を参照の事。 シングルでは通常特性も対ひるみ特性であるである為、ひるみ技が飛んでこなくなる可能性が更に高くなったため特性のページにあるようにダブル以上向けだろう。 「せいしんりょく」と「ふくつのこころ」の兼ね合いに関しては、通常のとよく似ている。 エルレイドはも覚えるので、使いにくいと感じるならば相手に押し付けてしまうのも良いだろう。 但し特性が「せいしんりょく」になった分 初手から「ねこだまし」持ちの相手の強力な攻撃を誘う点には注意したい。 メガシンカ前の素早さは80とやや不安な上、前述の通り耐久は上がるとは言え不安が残る。 例として特に「ねこだまし」を採用する傾向にあるメガガルーラ相手の場合メガシンカ直後は素早さで負けており、しかもメガシンカしても 耐久に努力値を振らないとで確実に落とされてしまう。 で1ターン凌いだらメガガルーラよりも速くなり、程度なら普通に耐えるので有利になるが、折角の特性を半分殺してしまう点はなかなか難しいところである。 しかし、第七世代ではメガシンカしたターンの素早さがメガシンカ時の素早さに反映されるようになり、上記の問題も改善された。 今度は「すてみタックル」を使わせるまでもなく倒すことができる。 運用の際はが比較対象に挙げられる。 あちらと比べると耐久の数値こそ上回っているものの、あちらははがねタイプの優秀な耐性で 弱点はメジャー寄りとは言え ある程度補っている。 メガシンカ後の素早さもあちらが上である。 一致技の火力もや習得技の関係でどうしても劣りがち。 そして対ひるみ特性に関しても上記の通りとなかなか考えさせられる。 一応ルカリオはメガシンカするとひるみを避けられないものの、なにせメガシンカは任意なので…。 一致火力でのゴリ押しメインのメガルカリオに対して、安定火力のメガエルレイドと言った所であろう。 ORAS初期環境は同時期に追加されたが非常に幅を利かせているのが難点。 一応と言う対抗打があるものの、 実は無し+耐久無振りでもメガマンダの体力が満タンだった場合は確定1発に出来ない。 また、のでもメガシンカ前同様確定1発にされる。 定石と言えば定石であるが、不利な相手は無理に相手をしないようにする事も重要である。 第七世代での環境ではフェアリータイプ持ちのポケモンが増加しているのが辛いところ。 やくらいならZ技で強化でもされない限り耐えて勝てるのだが、やは素早さで上回っていても勝つことは厳しい。 一方、やといったフィールド特性が流行したのはエスパータイプの物理アタッカーとして有利になったといえよう。 攻撃力は種族値が高い分無補正・無振りでも十分確保できる為耐久に努力値を回しやすいのだが、前述の通り技の火力が不足している部分があるため攻撃の努力値も欲しいジレンマもある。 対のメガサーナイト同様、トレーナーの実力が大いに試されるポケモンと言えるだろう。 関連イラスト.

次の

【ポケモン剣盾】エルレイドの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

エルレイド 色違い

相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 第7世代までは、野生のポケモンとの戦闘を終了する効果だった Lv. 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 連続で使うと失敗しやすくなる。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 特性の効果による先制攻撃も受けない。 第6世代までは、変化技は防げない Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 自分が場を離れると効果は消える。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 5倍になり フィールドの1. 3倍の効果もさらに加わる 、また相手全体を攻撃する その時ダブルバトルではダメージは0. 75倍。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 攻撃が当たる度に威力が20ずつ増える。 17 XY〜DPt ,キルリア:Lv. 17 XY〜DPt ,ラルトス:Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 道具を持っている場合は失敗する。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。

次の

【ポケモンGO】エルレイドのおすすめ技と最大CP&弱点

エルレイド 色違い

データ 図鑑 No. 6m 重さ 56. 4kg 特性 概要 やいばポケモン・がメガシンカした姿。 において、対であるがメガシンカしておきながらエルレイドには何も無かったが、遅れる事1作…においてメガシンカを得ることとなった。 サーナイト同様、白を基調としたカラーリングとなり、見た目のベースも大きく崩れてはいない。 但しあちらと違いメガシンカする事によって少々体重が重くなる。 胸にあった赤い器官(プレート)の大半が特徴的な両肘へと移り、赤く大きな刃を成形している。 このプレートから強力なサイコパワーの刃を生成することが出来、状況によっては両腕に同時展開した二刀流での戦いを披露するとされている。 また、頭部も兜の様な形状に変化し、背中には優れた防御性能を持ったのようなものが付くようになった。 公式サイトでは「騎士」と表現されているが、対ののモチーフが公式で「花嫁」となっているだけに「花婿」のイメージも連想させる。。 なお、エルレイドはORASでホウエン図鑑に追加される。 その関係での切り札もエルレイドに変更され、メガシンカもする。 あまり使わない能力にも上昇値が割かれていたと違い、使わない能力に関しては全く上昇値を割かないと言うなかなか理想的な能力上昇をしている。 とは言え、防御が上昇しているとは言え低いHPはそのままなのでそこまで硬くなったわけでは無い。 また、エスパー・かくとうと言うタイプ故に耐性もあまり良くない点には気をつけたい。 攻撃力は 165・素早さは 110と、攻めの面では非常に優秀な能力を持つ。 特に素早さはと同速の為、大半のポケモンを抜き去る事が出来る。 エルレイドはや等攻撃技のバリエーションも広い為、どんな相手でも対処しやすいのは利点。 但し習得技の威力は全体的に低く、高火力技がほぼ一本になってしまう為、技の通りが悪くなると途端に威力不足が目立つようになってしまうのが難点である。 サブウェポンが豊富なので効果抜群を取れればまだ戦えるが。 特性はに変化する。 特性に関しては該当記事を参照の事。 シングルでは通常特性も対ひるみ特性であるである為、ひるみ技が飛んでこなくなる可能性が更に高くなったため特性のページにあるようにダブル以上向けだろう。 「せいしんりょく」と「ふくつのこころ」の兼ね合いに関しては、通常のとよく似ている。 エルレイドはも覚えるので、使いにくいと感じるならば相手に押し付けてしまうのも良いだろう。 但し特性が「せいしんりょく」になった分 初手から「ねこだまし」持ちの相手の強力な攻撃を誘う点には注意したい。 メガシンカ前の素早さは80とやや不安な上、前述の通り耐久は上がるとは言え不安が残る。 例として特に「ねこだまし」を採用する傾向にあるメガガルーラ相手の場合メガシンカ直後は素早さで負けており、しかもメガシンカしても 耐久に努力値を振らないとで確実に落とされてしまう。 で1ターン凌いだらメガガルーラよりも速くなり、程度なら普通に耐えるので有利になるが、折角の特性を半分殺してしまう点はなかなか難しいところである。 しかし、第七世代ではメガシンカしたターンの素早さがメガシンカ時の素早さに反映されるようになり、上記の問題も改善された。 今度は「すてみタックル」を使わせるまでもなく倒すことができる。 運用の際はが比較対象に挙げられる。 あちらと比べると耐久の数値こそ上回っているものの、あちらははがねタイプの優秀な耐性で 弱点はメジャー寄りとは言え ある程度補っている。 メガシンカ後の素早さもあちらが上である。 一致技の火力もや習得技の関係でどうしても劣りがち。 そして対ひるみ特性に関しても上記の通りとなかなか考えさせられる。 一応ルカリオはメガシンカするとひるみを避けられないものの、なにせメガシンカは任意なので…。 一致火力でのゴリ押しメインのメガルカリオに対して、安定火力のメガエルレイドと言った所であろう。 ORAS初期環境は同時期に追加されたが非常に幅を利かせているのが難点。 一応と言う対抗打があるものの、 実は無し+耐久無振りでもメガマンダの体力が満タンだった場合は確定1発に出来ない。 また、のでもメガシンカ前同様確定1発にされる。 定石と言えば定石であるが、不利な相手は無理に相手をしないようにする事も重要である。 第七世代での環境ではフェアリータイプ持ちのポケモンが増加しているのが辛いところ。 やくらいならZ技で強化でもされない限り耐えて勝てるのだが、やは素早さで上回っていても勝つことは厳しい。 一方、やといったフィールド特性が流行したのはエスパータイプの物理アタッカーとして有利になったといえよう。 攻撃力は種族値が高い分無補正・無振りでも十分確保できる為耐久に努力値を回しやすいのだが、前述の通り技の火力が不足している部分があるため攻撃の努力値も欲しいジレンマもある。 対のメガサーナイト同様、トレーナーの実力が大いに試されるポケモンと言えるだろう。 関連イラスト.

次の