学習 クラブ タブレット。 【ランキング】小学生のタブレット学習おすすめ教材7社を徹底比較しました!|ホムスタ!〜home study〜

小学生「タブレット教材」厳選9社評価、徹底比較!2020年度入学準備

学習 クラブ タブレット

現在、一部の小学校で小学5年生から英語が必修化されていますが、2020年からは、小学3年生から英語が必修となり、小学5年生からは新しく「教科」として追加されます。 「必修」は学校で必ず習うものの、通信簿に評価が載るものではありません。 しかし、「教科」になれば、通信簿に成績が記載されます。 つまり、小学5年生からは通信簿に「英語」という科目が追加され、評価が付けられるということになります。 さらに、このような教育指導要領の改定の際には、多くの学校で「先行実施」といって、定められたタイミングの前から施行され始めます。 今回の改定は、2年後の2018年から多くの学校で英語は先行実施される予定となっています。 また、東京の中学校では、4年に一度のスポーツの祭典に生徒をボランティアとして参加させようという動きも出てきています。 実際に参加することになれば、海外からの観光客の対応のために必然的に英語力が必要になってきます。 これらの理由によって今、子どもたちの英語スキルを早急にアップさせることが求められているんです。 「タブレットなんかで勉強できるの?」と思うかもしれませんが、タブレット端末を活用して学習環境をすると、様々なメリットがあるんです。 【メリット】 ・ 写真や図形を自在に活用しながら課題をまとめることができる ・ お互いの意見を述べるだけでなく、タブレットで見せることによって議論も理解も深まる ・ テレビ会議によって、遠隔地にいる外国の方との交流し、ネイティブの英語を学ぶことも可能 ・ 災害時に学校側が即時に情報提供をすることで、安否確認も出来る このように教育面から教育以外の面でも活用できるので、今、国を挙げてタブレット学習を推奨しているんです。 紙の教科書と違い、タブレットのメリットのひとつは「音が出る」という点。 紙の教科書では「読む」「書く」の2つのスキルしか身につきませんが、「」では、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つのスキルをバランス良く養うことができます。 特に英会話を重視しておりネイティブの音声を聞いて発音を学んだり、自分の発音も確認できるので、お子さまはまるでおうちで「英会話教室」を体感しながら勉強が出来るんです。 低学年では、ネイティブの発音をたくさん聞くことによって英語特有の「音」や「リズム感覚」を身に着け、高学年では生活語彙の聞き取りと発話、基本的な英語のあいさつや質問ができるようにプログラムが組まれています。 ・この子はどの分野が「得意」で、どの分野が「苦手」なのか ・テストで点を取るために、この子は何を「優先」すべきなのか をタブレットが理解し、その子に最適な問題を配信します。 無理なく進めながら自分の苦手な部分を把握することができ、わからなかった部分は反復練習することができるので、「わかったつもり」にならず自然と身についていきます。 「」には、勉強することで貯められるポイントを使うことでタブレット内の「まんが」や「ゲーム」を利用することが出来るようになります。 」 「娘はゲーム感覚で英語を学ぶことが出来て、とても楽しんでいるようです。 」 英語以外に国算理社の4教科分の教材もついてきて、なんと月額2,980円[税抜]~と破格の安さ! しかも安心の全額返金保証もついているので、気軽にお試しできますよね。 興味がある方はぜひ一度、無料の資料請求をしてみてください! 資料請求はこちら.

次の

【タブレット学習】紙教材とどう違う? スゴい効果には科学的根拠があった!!

学習 クラブ タブレット

Contents• 小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング それでは小学生におすすめのタブレット学習教材を見ていきましょう。 それぞれおすすめポイントや利用できるタブレットの種類も紹介しているので、タブレット教材選びの参考にしてくださいね。 無料お試し体験や資料請求をしてみたい場合は、それぞれの 公式ページから簡単に申し込みをすることができます。 【1位】すらら• 現役塾講師の 「すららコーチ」による学習サポート体制が万全• 学年を超えた先取り学習や復習ができる• 正直一般的な知名度としてはあまり高くないのですが、2012年には「日本e-Learning大賞文部科学大臣賞」を受賞、 全国800以上の塾や学校で使われていて教育業界で今注目されている教材です。 一人一人に合わせた教材を10分程度の短い時間でしっかり定着できるように、個性的なキャラクターと対話をしながら学習を進めていくことができるので、お子さんも負担なく力をつけることができますね。 特にすららの大きな特徴なのが、 現役塾講師「すららコーチ」による学習サポートやアドバイスを受けられることです。 お子さんのサポートはもちろんですが、 保護者にも定期的に学習状況を知らせてくれたり声の掛け方をアドバイスしてくれたりと 勉強に悩む親子にはかなり心強い存在になってくれます。 対象学年 小学1年生〜小学6年生 教科 国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング 月額料金 2,980円〜(税込、支払い方法・学年によって異なる) 専用タブレット あり 使用できる端末 専用タブレットのみで利用可能 進研ゼミでは1つの学年でテキスト教材の「チャレンジ」と、専用タブレットを使った「チャレンジタッチ」の2種類があり、 学習スタイルに合わせてどちらかを選ぶことができます。 特に人気が高まっているチャレンジタッチでは、• 学校の授業に合わせた学習が動画やイラストなどを活用して学べる• 英語やプログラミングの基礎を学ぶこともできる と、様々な視点から学習を進めることができますね。 特に英語は2019年より、チャレンジタッチ受講生であれば本来別教材である 「チャレンジイングリッシュ(月額2,000円)」を 追加料金なしで利用できるようになりました。 進研ゼミならではの赤ペン先生も、専用タブレットから簡単に送信できます。 親や学校以外にも丁寧に学習のことを褒めてもらえる経験は、お子さんのやる気や自己肯定感アップに繋がりますね! 【3位】スタディサプリ小学講座• 継続しやすい 格安料金が魅力!• ベテラン塾講師の講義が受け放題• 中学受験向けの準備教材としてもおすすめ 対象学年 小学4年生〜高校生 教科 国語・算数・理科・社会 月額料金 1,980円(税別) 専用タブレット 無し 使用できる端末 自宅のパソコン・スマホ・タブレットで利用可能 テレビCMでも多く見かける「スタディサプリ」は、何と言っても 1 980円(税抜)という月額料金の安さが魅力的です。 「あまりに安いから授業の質が不安」と思われるかもしれませんが、 有名進学塾や教員として実績のある先生方の 授業の質は非常に高いです。 わかりやすく要点をまとめながらも、子供の興味を引きつけてくれる授業は、大人が見ても新しい発見があって面白いですよ。 講師の先生は塾講師や教員経験のあるベテランの先生ばかりで、学校の授業と同じように黒板を使った授業は子供にとっても親しみが湧きますね。 以前の980円から値上がりしたものの、講義で使う テキスト(1冊1,200円)が5冊まで無料でもらえるクーポンがついてきます。 対象学年 年長〜小学6年生 教科 【小1〜小2】国語・算数・英語 【小3〜小6】国語・算数・英語・理科・社会 月額料金 2,980円〜(支払い方法・学年によって異なる) 専用タブレット あり、タブレット代金9,980円(1年継続利用の場合) 使用できる端末 専用タブレットのみで利用可能(タッチペン付き) 2012年からタブレット学習を独自に開発し、 タブレット学習の先駆けとも言えるのがスマイルゼミです。 「学習習慣の定着」を最も大きな目的としていて、楽しめる学習内容はもちろん親子専用のラインのようなコミュニケーションツールも用意されています。 また専用タブレットを購入して利用するので、 お子さんが勝手にWebサイトを見たりSNSを利用したりすることも防げるのも親としては安心ですね。 Z会の通信教育「小学生タブレットコース」• 良質な問題とシンプルな作りが評判• やりごたえのある 応用問題多め、中学受験コースもあり• 1つの授業が2〜5分程度と短いので、 空いている時間にさっと学習したり、習い事などで忙しいお子さんにもぴったりの教材ですね。 RISU算数(リス算数)• 学年を超えて算数の先取り学習ができる• 東大や早稲田大など、現役大学生チューターによる動画フォローがある• AI機能でお子さんに合ったレベルの問題を自動出題&即時採点 対象学年 幼児(年中)〜小学6年生 教科 算数のみ 月額料金 月額2,480円〜(税抜) 専用タブレット あり、タブレット代金は無料 使用できる端末 専用タブレットでのみ使用可能 お子さんの学力に合わせてどんどん計算力や思考力をつけるなら、RISU算数(リス算数)はとても人気のタブレット学習です。 特に 中学受験や算数が得意で算数検定取得を目指すお子さんが多く利用している教材ですね。 リス算数は算数のみに特化していて、ゲーム感覚でお子さんのペースに合わせてどんどん進めていくことができます。 料金はお子さんの進度に応じて基本料金+利用料がかかりますが、進まない場合は利用料金が安くなるのも家計に優しい仕組みです。 そこでまずは、実際にタブレット学習をした小学生を持つ保護者の口コミを元に、学習の効果についてチェックしてみましょう。 小学生が利用できるタブレット学習教材はたくさんありますが、 特に利用しているお子さんも多く人気なのは以下の7教材です。 教材名をクリックすると、各教材のより詳しい口コミや詳細情報を見ることができます。 小学生のタブレット学習の効果はいまいち…の口コミ• 授業に飽きたら ほかの動画を見ていたことがあった。 (小5・スタディサプリ)• 適当に押しても課題を終了することができてしまい、 学習にならなかった(小3・スマイルゼミ)• わが子に合わず、テキストの教材に変えた。 長女は楽しみながらできたけど、 子供の興味によると感じた(小2・チャレンジタッチ) お子さんによっては紙の教材の方が合っている場合もあります。 またタブレットの機能によっても、学習がしにくくなることもあるようですね。 小学生のタブレット学習は効果あり!の口コミ• すぐ採点してくれるので、 間違えてもすぐ答えが確認できていい。 (小3・チャレンジタッチ)• 親がつきっきりでなくても、 一人でどんどん進めていくのでありがたい。 (小3・チャレンジタッチ)• チャレンジタッチだと 前の学年の勉強に戻れるので、たまに2年生の復習ができる(小3・チャレンジタッチ)• 紙の教材だと言ってもなかなか勉強しなかったのに、 タブレットにしたら自分から楽しくやり始めた。 (小2・チャレンジタッチ)• 親のスマホに、子供が間違えたポイントなどの メールが届くので安心する(小2・チャレンジタッチ)• 映像授業がとても分かりやすい。 解き方を図で表したりしてくれるので、理解しやすいようです。 (小6・スタディサプリ)• 問題はウェブ上で確認したりプリントアウトもできて楽。 (小6・スタディサプリ)• 分からない部分はなんども授業をみて確認できるので、 自分のペースで勉強できて使いやすい(小6・スタディサプリ)• わからない単元は何度も動画を聞き直せるのがいい。 苦手科目は何度も見返して勉強していました。 (小5・スタディサプリ)• 月々の値段が安いのに授業がしっかりしてて コスパが高い。 親としても塾への送り迎えなどがなくて助かる(小5・スタディサプリ)• 余計な付録がついていないので 勉強に集中させられる(小4・スタディサプリ)• 1つの科目に基礎と応用があるので、 子供のレベルに合わせて学習が選べるのが良かった(小4・スタディサプリ)• 講師の方の説明も楽しくてとても分かりやすい。 子供もよく笑いながら見ている。 (小4・スタディサプリ)• 自由にスケジュールを組めるのが、 遊びに習い事に忙しい息子にあっていた。 (小6・スタディサプリ)• YouTubeをみる感覚で勉強してくれる。 (小6・スタディサプリ)• タブレット学習なのに 専任の先生がいるのが嬉しい。 (小2・すらら)• 娘はパソコンやゲームが好きなので、 嫌いだった算数もゲーム感覚で取り組んでくれた。 今では算数が得意科目になりつつある(小4・すらら)• RISU算数のタブレットを新しく始めたら、 問題が面白いみたいで楽しそうに解いていました。 やらせてよかった(リス算数)• 余計なゲームなどもなくてシンプルだし、無学年制で進めるのも気に入りました。 娘は自分のタブレットを手に入れたのが嬉しいようで、 私が何も言わなくてもどんどん進めてくれています。 この調子で算数の苦手意識が無くなるといいなと思ってます。 (リス算数)• 教材が自分から進んでやりたくなるようによく考えて作られている。 テストに スマイルゼミでやった内容が出たとすごく喜んでいた。 (小3・スマイルゼミ)• 嫌いだった漢字の練習も自分からやるようになり、 学校のテストも満点をとることが増えてきた(小3・スマイルゼミ)• スマイルゼミのコメント機能で手軽にやりとりができて、 親子間の衝突やイライラが減った(小5・スマイルゼミ)• 学校のテストでわからない問題が少なくなりました。 (小4・Z会タブレットコース)• 英語は発音や意味をしっかり教えてくれてとてもわかりやすい。 (小4・Z会タブレットコース)• タブレットコースでも 提出課題があり、担任の先生がしっかり解説してくれる。 (小4・Z会タブレットコース)• 学校より先にZ会で学習するので、 学校の授業が楽しくなったと言っていた。 (小5・Z会タブレットコース)• 理科の実験などがイラストでなく 動画で見られるところがいい。 (小5・Z会タブレットコース) タブレット学習は、動画やイラストなど動く教材があるので理解しやすいのがいいですね。 特にYouTubeやゲームが好きな子は 「遊んでいるうちにわかるようになった」というケースもありましたね。 小学生がタブレット学習をするメリット ゲーム感覚で楽しく学習できる 宿題や勉強はどんなに言ってもなかなか始めないのに、テレビやスマホのゲームやYouTubeなどの動画は夢中になって見てる子も多いですよね。 テレビゲームや動画に夢中になるのは、子供にとって面白くて楽しいことがたくさんあるからです。 タブレット学習はそんな子供が夢中になるような 面白くて楽しいコンテンツを入れつつ、しっかりと学習も理解できるように作られているので、あまり机に向かって自分で学習する習慣がない子でも進んでタブレット学習ができます。 動画やアニメーションでよりわかりやすく理解できる ゲーム性のある仕組みだけでなく、タブレット学習の大きなメリットは 動画で授業や問題の解説を見られることです。 ただ文章を読んだだけでは理解しきれない計算や理科の実験などを順番に動画で紹介してくれるコンテンツが多いので、 よりしっかりとスムーズに学習内容を理解する手助けをしてくれます。 またテキスト学習のように紙面の限りもないので、豊富な図やイラストも多いのもメリットの一つですね。 即時採点や学習データなどの機能で学習管理がかなり楽 通信教育の教材でお母さんの大きな負担の1つが、 採点をしてあげる必要があるということです。 採点を通じてお子さんの理解度を知ることができるので、親が採点をするのも大切なことではあるのですが、日々家事や仕事で忙しい中採点をしてお子さんに「ここが違ったよ」と伝え、理解させるというステップはなかなか大変ですよね。 タブレット学習であれば、• 問題が解けたらすぐに 自動採点してくれる• 学習内容や正答率など すべてデータとして 自動で蓄積される• 子供だけでなく保護者も専用ページなどで 学習の様子がいつでも確認できる とすべて自動でやってくれる上、スマホなどで学習状況を確認できるのでとても便利です。 教材のしまう場所や管理が少なくて済む テキスト教材の通信教育で特に多くのお母さんが悩んでいるのが 「教材をしまったり処分したりするのが大変」ということです。 1年2年と続けて行くうちに教材はどんどん溜まっていくので、保管場所や片付ける時間も取られてしまいます。 タブレット学習は タブレット1つあればいつでもどこでも学習ができてしまうので、教材の保管・処分の手間はなくなります。 また子供に「片付けなさい!」と言う必要もなくなるのは子供も親もストレス軽減になりますよね。 小学生のタブレット学習 デメリット 次に、小学生のタブレット学習のデメリットとその対策方法を見ていきます。 目が悪くなる可能性がある タブレット学習をする上で一番心配なのが「目に悪いんじゃない?子供のうちから視力が下がったらどうしよう?」という声が多く聞かれます。 確かにスマホやタブレット、パソコンなどの電子機器類を扱うのが当たり前になった現代では、子供だけでなく大人にとっても深刻な問題ですね。 タブレットを使う上では目に悪いと言われているブルーライトを完全に無しにすることはできません。 しかしできるだけ軽減させるための対策は意外と簡単にできます。 15〜20分程度使ったら休憩する• ブルーライトカットレンズのメガネを使う• ブルーライトカットができるシートをタブレットに貼る タブレットがなぜ目に悪いかというと、長時間の連続使用によって目に負担がかかることが一番大きな要因です。 なので短い時間で区切ったり、市販のグッズを使ってブルーライトをカットしておくと、子供でも大人でも問題なくタブレットを使うことができますよ。 また今回紹介したタブレット学習は、どれも 10〜15分程度で1つの学習が完了できるように作られています。 「1つの学習が終わったら5分休憩する」などのようにスケジュールで習慣にしておけば、テレビゲームをするよりも目に負担がかからずに学習を進めることができますね。 タブレットが自宅にないと学習できない タブレット学習の教材の中には、自宅にあるタブレットやスマホ、パソコンで学習するシステムのものが数多くあります。 自宅に使っているタブレットなどがあればいいのですが、親のスマホしかないというご家庭も多いのではないでしょうか。 また「タブレットはあるけど子供に使わせたくない」という場合もあるでしょう。 そんな場合には、子供用の専用タブレットを使って学習できる教材がおすすめです。 やなどでは専用のタブレットでしか学習ができないのでセキュリティーの面でも安心です。 専用タブレットはある期間までの継続期限が決められているものの、無料や格安で使用できることが多いので、新しく数万円するタブレットを購入することを考えると割安で使うことができます。 子供がタブレットを壊してしまう可能性がある 子供はものを壊すのが仕事と思ってしまうくらい、わざとでなくても落としたり壊したりしてしまうものです。 特に数万円のタブレットを落としてしまうのは親としてもかなりハラハラしますよね。 改善策としては、 しっかり対策をした上でタブレットを使わせてあげることが大切です。 自宅のタブレットであれば簡単なのは画面の保護シートや保護カバーをつけること。 また専用のタブレットを用意している会社の中では タブレットを破損した場合の保証が用意されているところもあるのでこちらを利用するのもおすすめです。 漢字や計算など、紙に書かないと覚えにくいものが学習できない 小学生にとって鉛筆で漢字や計算を書く活動というのはとても大切です。 タブレット学習ではそうした書く活動ができないと思っている方もいるかと思いますが、 タブレット学習でも鉛筆と同じようにペンを使って書く学習をすることができます。 特に漢字の練習は「とめ・はね・はらい」はかなり正確に即時採点をしてくれるので、正直大人が手動で採点するよりよっぽど正確に採点をしてくれます。 なので紙に書く活動をしっかりさせたい場合には 専用ペン付きの教材を選ぶか、鉛筆の持ち方が不安な低学年のうちはテキスト教材にして3・4年生頃からタブレット学習でより学習の理解力をあげると方法もおすすめです。 小学生のタブレット学習の選び方 3つのポイント 学習の目的にあった教材かどうか タブレット学習だけに限りませんが、 通信教育の教材を検討するというのはお子さんに何かつけてほしい力や目的があるはずです。 まずは 「 なんのためにタブレット学習をするのか」 「タブレット学習を通じて 子供にどんな力をつけさせたいのか」 ということをしっかり考えてみましょう。 タブレット学習教材の中でも厳選した6社だけをこの後ご紹介しますが、 最終的な決め手の一つになるのが学習の目的です。 学校の授業についていけるようにしたい• 将来中学受験を考えているからそのサポートに利用したい• 家で全然勉強しないので、学習習慣をつけるためにタブレットを利用したい それぞれの目的によって選ぶ教材も変わってくるはずですよね? ぜひこの目的をしっかり踏まえた上で、教材を選んでみてくださいね。 特にあまり家庭での学習習慣が身についていないお子さんの場合は、 このサポート体制ができているタブレット学習を選ぶのがおすすめです。 また学習計画を一緒に立ててくれたり、親が学習状況を把握することができたりと各社サポートは様々ですので、しっかり確認しておきましょう。 使用できるタブレットの種類を確認する タブレット学習教材での必須アイテムであるタブレット端末ですが、その種類も様々です。 一般的にタブレットというとiPadやアンドロイドのタブレット端末が思い浮かぶかと思いますが、教材の中には• 専用のタブレット端末を購入する必要があるもの• iPadのみにしか対応していないもの• スマホやパソコンでも学習できるもの• パソコンでの学習を推奨しているもの など、学習できる環境も様々です。 ご家庭での学習環境に合わせたタブレット学習の教材を選ぶか、利用したい教材に合わせた端末を用意するようにしましょう。 小学生のお子さんに合ったタブレット学習で、楽しく効果的に! おすすめのタブレット学習7つについて、ランキングで詳しくご紹介しました。

次の

オンラインで家庭学習支援 伊賀市教委 休校中の児童生徒対象 三重

学習 クラブ タブレット

新型コロナウィルス感染拡大の防止策として、休校や自粛が長く続いています。 そんな非常時でも、教科書にそった学習を自宅できちんと進めるために今、タブレット教材があらためて注目されています。 体験からスタートできる教材もありますので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 先取り学習の効果などが話題になっていますが、家庭での学習の成果は見えにくいこともあり、「子どものやる気」を引き出しながら、習慣化して継続するのはとても難しいですよね。 「タブレット教材」を使ったからといって、本当に「家庭学習」が習慣化するのか、そもそも親が付いていなくても子どもだけで本当に学習できるのか、契約をためらう保護者の方は多いです。 2020年タブレット学習が小学校の授業でスタート! インターネットが普及し、スマートフォンでのショッピングや映画を見ることが当たり前にできるようになった現代。 子どもたちの教育にもインターネットが取り入れられ2020年には指導要領の改定により小学校にもタブレット端末を使った学習が始まります。 ママ世代では「ノートに書くこと」=「勉強すること」というイメージが強いかもしれません。 ・タブレット学習でどれぐらい学力が上がるのか?効果はあるの? ・やっぱり紙の勉強方法のほうが良いんじゃないの? ・費用はどれぐらいかかるのか心配。 高い?安い? ・目が悪くなるんじゃないの? ・スマホはあるんだけど、タブレットは持ってないんだけど・・・ 色んな疑問が湧いてくると思います。 でも、学校ではタブレット導入の準備が進んでいますので、家庭学習もタブレットで学習することが当たり前になる時代なのです。 「タブレット学習」といっても、様々な会社からサービスが提供されていて、それぞれに特徴があり、科目や料金などもさまざまです。 「興味はあるけど、うちの子に合うのかな?どのサービスを選んだら良いのか分からない」というママのために、「タブレット学習」の10サービスの特徴や料金を徹底比較してみました! タブレット学習のメリットとデメリットとは? タブレット学習のメリット タブレット学習のメリットをまとめてみました。 ・子どもが「やりたい!」と思えるようなシステムになっていて、子どものやる気を引き出してくれる ・動画やアニメーションを用いて指導してくれるので、理解がしやすい ・日々の勉強結果から、子どもの苦手な部分を解析して苦手分野を含めたカリキュラムをたててくれる ・親が丸付けや採点をする必要がなく、学習の進みも把握できる ・小学校の必須教科ではない英語やプログラミングも学べる教材もある ・在学学年の範囲に限らず、学年を飛び越えて学習、中学受験などに対応している教材もある タブレット学習のデメリット デメリットも同様にまとめてみました。 ・教材によっては専用タブレットが必要な場合がある ・答えが簡単に表示されてしまう教材もある ・iPadなど家庭で使用しているタブレットを用いた場合、子どもが勉強以外のこと(ネットサーフィンやYoutube、SNSを見るなど)に使う可能性がある ・Wi-Fi(無線LAN)につないでいないと使えない教材もある ・やっぱり勉強は手書きが一番!と思う面もある 大事なのは「子ども自身のやる気」 我が家の小学2年生の息子は1年生の秋からタブレット学習をはじめました。 はじめた理由は「勉強に対して意欲がわかないから」です。 宿題はこなすものの、それ以上のことは一切手を付けず、興味ももちませんでした。 漢字ドリルや計算ドリルを購入してもイヤイヤ・・・。 そこで、タブレット教材のチラシを見せてみたところ「やりたい!」とやる気マンマン。 我が家が導入した教材は専用タブレットを購入するものであったため、「自分だけのタブレットができた」こと自身にも喜びを感じたようで、毎日楽しんで勉強するようになりました。 デメリットな面もありますが、勉強をするにあたって一番大事なのは「子ども自身のやる気」だと思います。 子どもは好きなことは一生懸命やりますよね。 タブレット学習は、学校以外の勉強をまかせるツールではなく、1つの「やる気を出させる道具」だと思うので、上手く使っていきたいと思っています。 また、タブレット学習といっても、教材を扱っている会社は多数あります。 それぞれ特徴や料金の違いがありますので、注目の10教材についてご紹介したいと思います! 1. 【スマイルゼミ】イードアワード 通信教育2018 「小学生タブレット」顧客満足度 No. 公立の小学校では同社のソフトを授業に導入していることが多いようです。 特徴としては、専用のタブレットを使うため、学習に特化している点です。 (勉強していると思ったらYOUTUBEを見ていた・・なんて心配はありません) また、ソフトウェアメーカーが作ったシステムだけあって、画面上に書き込む際に手のひらや手の甲が当たっても、誤動作しません。 さすが!という感じです。 近年、英語学習への関心が高まっていますが、1年生の教材から「英語」が標準搭載されているのも嬉しいところ。 オプションで更に進んだ「英語プレミアム」教材を選択できます。 英検や漢検にも対応。 小学3年生からが対象です。 国語、算数、理科、社会、英語、総合学習の6教科がセットになっていて、子どものスケジュールに合わせて学習スケジュールを自動で作成してくれます。 毎月「提出課題」があり、担当指導者が添削してくれます。 どれだけ理解できているかしっかり確認してくれるのも嬉しいところ。 提出課題は練習問題のでき具合に応じて2レベルを出し分けてくれるので、安心です。 分からない問題はタブレットから質問をすることができるので、苦手部分の克服にも役立ちますね。 使用できるタブレットはiPadシリーズの一部の機種なのでご注意ください。 レンタル制度もあるようです。 Z会特別価格で購入することも可能です。 「Z会 小学生タブレットコース」の口コミ ・紙だけではわかりにくかった内容が、動画などでわかりやすくなった ・学習のレベルが高い 「Z会 小学生タブレットコース」の詳細 URL 利用料 5,910円~ 使用するタブレット iPad、タッチペン 範囲 小学3年生~ 教科 国語/算数/理科/社会/英語/総合学習 特徴 小学3年生から、毎月提出課題がある 3. タブレット学習だけでなく、レベル別の紙教材や子どもが喜ぶ学習アイテム(理科などの実験道具など)も届くので、通信教材とタブレット学習のいいとこ取りと言えますね! 英語はオプションの英語教材「Challenge English」として別費用が必要ですが、タブレット上での勉強に加えて、外国人講師との会話レッスンが受けられるのが特徴。 英会話にも通わせたいけど・・・とお悩みのご家庭におすすめです。 また、自然科学やくりかえしドリル、応用力・思考力をつける発展ワークなども別オプションで選択可能です。 「チャレンジタッチ」の口コミ ・子どもが勉強とおもわずに楽しんで取り組める ・やり終わると保護者にメールで通知が届く。 パパとの通信ができ子どももパパも満足。 課金制度もユニーク。 タブレット代無料、解約いつでもOK!勉強した分だけ支払!たくさん勉強して早くゴールするもよし「効率よく学習する」ことが料金体系にも現れています。 「RISU(リス)」の口コミ ・算数検定で話題のタブレット教材! ・東大生、早大生などが先生になる「せんせいどうが」がいいタイミングで届き、子どもたちに人気 ・子どもが楽しみながら難しい問題にチャレンジする工夫が満載 ・学年や学校のカリキュラムに沿わず「実力テスト」で1人1人に合わせた出題。 「RISU(リス)」の詳細 URL: 利用額:上記URL参照 使用するタブレット:専用タブレット 対象学年:年中後半~小学生(中学受験基礎) 5. 小学館【まなびwith(ウィズ)】は、選択肢の中から正解を探す学習方法ではなく、答えを自分で導き出し、何故その答えにしたのかを問う今までにない通信教材です。 小学館【まなびwith(ウィズ)】の口コミ ・2019年度からのサービススタートのため口コミはまだありません。 教材が毎月届く手書きスタイルの通信教材です。 (やっぱり書いて学ぶスタイルがいい!という方におススメ) 範囲 年少〜小学6年生 教科 【小学1. 2年】国語/算数/英語/思考 【小学3-6年】国語/算数/英語/思考/理科・社会 特徴 ・答えを導き出し、答えの理由を説明する力を養う「思考」という教科が小学生全ての学年に対応 ・小学館ならではのサポートコンテンツが満載! 6. 小学生から大学受験までの広い範囲の授業がありますが、授業の数はなんと1万本! 15分のコンパクトな動画で授業を見て、ドリルを解くというシステムです。 在学年に限らず、得意な科目はどんどん先まで進めることや、中学受験準備用の応用レベルの講座も用意されているところが特徴です。 「勉強が楽しい」は「興味を持つ」ということから始まります。 「勉強なんて楽しくない」という子どもにとってまずは面白い授業を見せるという入り口は有効かもしれません! 料金が一律月額980円というもの嬉しいところです。 「スタディサプリ」の口コミ ・机に向かわなくても授業動画が見れる ・塾に通うよりは圧倒的に安い ・参考書とにらめっこしてるよりも絶対わかりやすい 「スタディサプリ」の詳細 URL 利用料 月額980円 使用するタブレット 自宅でタブレットを用意 範囲 小学生4年生~大学受験生 教科 国語/算数/理科/社会/英語 教科 小学生4年生~大学受験生 特徴 小学4年生から、プロの教師による動画 7. 図解やイラストによるアニメーションとキャラクターによる演出効果で、見て・聞いて楽しく学習することができます。 「まとめ問題」で100点をとると、「チャレンジ問題」の封印が解けるなどゲーム的な要素も取り入れられています。 特徴としては、タブレットに限らず、パソコンも含めインターネットが繋がるブラウザがあればどこでも学習できることです。 お家にパソコンしかない、タブレットを購入したくない、という場合も嬉しいですね。 「デキタス」の口コミ ・「成績記録表」で、苦手なところがひと目でわかる部分がわかる ・どれも5分程度の簡潔な授業なので、飽きることなく見れる 「デキタス」の詳細 URL 利用料 問い合わせ 使用するタブレット インターネットに接続できるもの・PCでも可 範囲 小学1年生~中学3年生 教科 小1・小2:国語・算数・せいかつ・英語 小3〜小6:国語・算数・理科・社会・英語 中学生:国語・数学・英語・歴史・地理・公民・理科 特徴 学習塾が提供、パソコンでも可能 8. 家庭学習や塾、他のタブレット教材が続かない・・どこでつまづいたのか分からない・・そんな経験があるお子さんにおススメ。 以下の3つが「すらら」の特徴です。 ・子ども1人1人の特性にあった学習設計(カリキュラム) ・「すららコーチ」が保護者へ子どもへの声掛けや学習方法をアドバイス ・楽しく学習が進められる仕組みがある 「すらら」の口コミ ・他のタブレット教材を使っていて、そろそろ塾を・・と考えた時に「すらら」と出会い成果がでました。 ・間違ったところをそのままにせず、問題が解けるようになるまで問題を変えて出題されるところが良い。 ・保護者とダイレクトメッセージや電話でコミュニケーションを取ってくれるので親も子ども任せにせず頑張れた。 ネット松蔭塾ではタブレットで問題を解くだけではなく、「自分なりのノートを作り、書きまとめる」学習を通して、子どもの集中力や勉強に向かう姿勢を育てる学習法をとっています。 また定期的にプロの講師との無料TV電話で学習指導をうけることができるのも特徴です。 インターネットを利用した「塾」としての色が強いサービスです。 「ネット松陰塾」の口コミ ・ノート学習を徹底してやらされたので、 理解しながらじっくり覚える訓練ができました ・ショウインでは先生と話すのが楽しいです ・ショウインの指導を受け始めて、理科が得意になりました 「ネット松陰塾」の詳細 URL 利用料 月額8000円~ 使用するタブレット iPadまたはパソコン 範囲 小学1年生~中学3年生 範囲 「全学年」の「全教科」が学び放題 特徴 ノートの書き方を指導、タブレットを利用した塾色が強い どのタブレット学習を選べばいいのか? 10つのタブレット学習をご紹介しました。 それぞれに特色があり、無料のサービス、ゲーム色が強いサービス、塾に近いサービスまで様々です。 どのタブレット学習を選べばいい? 悩むのは、「どのタブレット学習を選べばいいのか?」ということですよね。 まずは、子どもの勉強に対する姿勢から、その先にどうなりたいかを考えて低いハードルから初めて見ることが良いと思います。 タブレット学習は、基本的に子どもが「やりたい」という仕組みにはなっていますが、やはり「勉強」であることに違いはありません。 「やりたい」を続けられるレベルの教材を選んであげることが大事です。 多くののタブレット学習は、学習内容についての動画や体験会などが開催されているので、ぜひ一度お子さんと一緒に体験してみてはいかがでしょうか? お家のタブレット環境を確認しよう 今回ご紹介したタブレット学習ですが、専用のタブレットを購入する必要がある場合を除いて、お家でタブレットを用意する必要があります。 iPadしかだめ、Windowsしかだめ、などシステムによって異なります。 契約後に、使えなかった・追加でタブレットなどを購入しないといけなかった、などとなる前に契約前に確認することをオススメします。 セキュリティや学習時間などはルール決めが大事 タブレット学習を行う際にもう1つ気をつけることは、セキュリティやタブレットの使用についてです。 iPadであれば、ネットにつなぐことも、Youtubeを見ることも自由にできます。 タブレットで勉強してるはずが、いつの間にか他のことに夢中になってた……など、ないよう使用時にはルールを決めて置くことが大事です。 iPadであれば、特定の機能を使わせないようにする機能が標準で搭載されていますので、参考にしてください。 また、タブレットというディスプレイを長時間見ることで、視力の低下が心配になるかもしれません。 これも同様に、子どもと勉強時間などを決めておくことが大事です。 最後に 学校の授業の内容がぐんと難しくなる小学校3年生になる前や、入学をワクワク楽しみにしている入学準備に、楽しく家庭学習の習慣をつけるのがコツかもしれません。 また習い事や少年団の活動で忙しいけれど、そろそろ塾に通ったほうがいいのかなと思う時期に、移動中や隙間時間にサッと取り組める(そして送り迎え不要)のタブレット学習を取り入れると良いかもしれませんね。

次の