フェレット くしゃみ。 フェレットのしゃっくり、くしゃみ、その原因は?

フェレットの連続したくしゃみと咳の原因について。注意しておきたいポイント!

フェレット くしゃみ

人は誰でも時には風邪をひいたり、アレルギー症状などで鼻水やくしゃみがでたりしますね。 実はフェレットも鼻水や咳がでることはよく起こります。 体の小さなフェレット、特に赤ちゃんや高齢のフェレットは症状が長引いたり、重症化することもありますので心配な時は早めに専門の病院を受診した方が良いでしょう。 今回はそんなフェレットの長引く咳やくしゃみ、対処法などについてまとめました。 連続したくしゃみや咳の原因について 環境の変化 フェレットは環境の変化に敏感です。 お家に迎え入れたばかりの頃は、塵やホコリにも特に敏感になっていますので、温度や湿度変化を極力少なくし、室内を清潔に保つことがとても大切です。 寒さには比較的強いですが、夏の暑さには弱いので注意しましょう。 数日~数か月が経ち、新しい環境に慣れてくれば次第に咳やくしゃみもおさまるでしょう。 風邪・アレルギー フェレットも人間と同じように風邪をひきます。 人間の風邪がうつることもあります。 風邪の初期症状としては鼻水が出ることが多いです。 体の小さなフェレットが、風邪などの菌に感染すると、大きな負担になりますので早めに医療機関を受診しましょう。 また、ハウスダストやホコリによるアレルギー症状が見られる場合もありますので、こまめに掃除をし室内を清潔に保つとともに、一日数回は空気の入れ替えをするようにして下さい。 スポンサードリンク まとめ 以上のように、環境に敏感なフェレットは呼吸器が弱いため、ちょっとした咳が長引いて重症化することがあります。 特に連続したくしゃみや咳はフェレット自身の体にも大きな負担になります。 フェレットのケージ内を清潔に保つだけでなく、部屋の空気環境もクリーンに保ちましょう。 またアレルギー反応を起こす前に、掃除にも十分に気を配り、フェレットの住みやすい環境づくりを心がけて下さい。 また、咳が出るときには入浴は控え、5日以上長引く場合には、早めに病院を受診してください。 今すぐチェック スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

なんでフェレットはくしゃみが多いの?

フェレット くしゃみ

詳しいメカニズムはわかっていませんが、「4歳以上のフェレットで病気していないフェレットはいない」「フェレットは一生に1度は大きな病気にかかる」とまで言われています。 特に気をつけたいフェレット三大疾患 フェレットがとくに気をつけたい病気は以下の三種類で、「フェレットの三大疾患」ともいわれます。 副腎腫瘍• インスリノーマ• リンパ腫 これらの病気はとてもかかるフェレットが多いとされています。 病気にかかってもあわてないように、症状や予防方法を知っておきましょう。 症状や予防方法はあくまで飼育している中で気づいてほしい目安です。 これらの症状以外に「おかしい」と思ったら、 様子見せずに必ず病院につれていき、獣医さんの指示を仰ぎましょう。 副腎腫瘍の症状と治療費 【症状】 副腎腫瘍は高齢になったフェレットかかりやすい病気です。 副腎腫瘍の症状として代表的なのが脱毛です。 副腎腫瘍にかかったフェレットは体のどこかに脱毛が見られます。 尻尾やおなか側の脱毛が特に多いです。 すべてではありませんが、去勢済のオスの場合、気性が荒くなったり、噛むなどの行動があらわれることがあります。 脱毛が目立ってきた、地肌が目立ってきたと思ったら病院に連れて行きましょう。 【治療・治療費】 抗がん剤の投与治療になります。 抗がん剤は、1回の投与につき平均2万円ほどになります。 症状が落ち着くまで(普通の生活が送れるようになるまで)の投与期間によって治療費はかわってきます。 そのほかの注意したいフェレットの病気 フェレットは三大疾患にかかることがとても多いですが、そのほかにも知っておきたい病気がいくつかあります。 それは 「フィラリア症」と 「インフルエンザ」です。 フィラリア症の症状と治療費 【症状】 フィラリア症というと犬の病気というイメージですが、フェレットもかかる病気です。 フィラリア症にかかった血液を吸った蚊に刺されることで感染します。 犬と比べてフェレットの心臓は小さいので、1~3匹のフィラリア虫でも命を落としかねない怖い病気です。 主な症状は、咳、呼吸困難、腹水(おなかに水がたまってくる)などがでてきます。 【治療・治療費】 投薬による治療が主になります。 一回の治療は1000円~2000円ほどです。 フェレットのなりやすい病気の種類と症状、治療費総まとめ• フェレットは病気にかかりやすく、4歳を超えると特に注意しなければいけません。 三大疾患「副腎腫瘍」「インスリノーマ」「リンパ腫」は特に気をつけなければいけません。 その他フィラリア症やインフルエンザなどにも注意が必要です。 フェレットは病気になりやすく、日ごろからのケアや定期的な健康診断が必要不可欠です。 早期に発見することで治療期間や治療費も抑えられ、何よりフェレットの負担は大きく軽減されます。 異変に気づいたらすぐに獣医さんの指示を仰ぎましょう。

次の

くしゃみが止まらない原因・病気と治療方法|岩野耳鼻咽喉科

フェレット くしゃみ

フェレットの風邪とインフルエンザ 人間の風邪が犬や猫にうつることはありません。 しかし、フェレットの場合は、人間から風邪やインフルエンザうつります。 さらにフェレットが風邪をひいている場合には、飼い主にうつることがありますのでお互いに注意が必要です。 小さいフェレットや高齢のフェレットが風邪に感染すると重篤な病気になる危険性もあります。 人間とフェレットの健康を維持するためにも、飼い主が日頃から風邪をひかないように注意しましょう。 風邪などの菌に感染するとフェレットの動きが鈍くなり、いつもより水をたくさん飲むことがあります。 インフルエンザの症状もほぼ同じですので、これらの症状がある場合にはインフルエンザの可能性もあります。 フェレットは体が小さいので、風邪やインフルエンザによって呼吸器系の疾患など、重大な病気に発展する危険性もあります。 特に高齢のフェレットや赤ちゃんフェレットの場合は悪化したり、死に至ることもあります。 自己判断することで症状を悪化させてしまうこともありますので、これらの症状を見つけた場合は、はやめに獣医さんに診てもらうのと良いでしょう フェレットの風邪予防 スポンサーリンク フェレットの風邪やインフルエンザの原因のほとんどは人間からうつります。 風邪のウィルスは、人のくしゃみや咳などの飛沫感染からフェレットにうつることが多いので、まずは飼い主が風邪をひかないよう健康管理に十分に注意しましょう。 飼い主は手洗いうがいを徹底し、外出時はマスクをしたり、十分な睡眠をとるようにしましょう。 また服などにウイルスが付着している可能性もありますので、帰宅時に着替えをするといいでしょう。 加湿器等ない場合は、室内にぬれタオルを干しておくのもいいです。 時々室内の空気の入れ替えを行いましょう。 もし、飼い主が風邪を引いてしまった時は、できるだけフェレットに近づかないようにして下さい。 飼い主の中には、フェレットとキスをする方もいますが、風邪など人間の持っている菌をうつしてしまい、大きな病気の原因になる事もありますのでやめましょう。 小さなお子様がいるお宅ではお子さんの風邪予防も徹底するようにしてください。 風邪の治療方法 フェレットの風邪の初期症状の多くは透明な鼻水があらわれます。 栄養と保温してあげることで快復に向かうことが多いですが、中には風邪が進行する場合がありますので、動物病院で相談するといいでしょう。 病院での治療は抗生剤と栄養補給などの処置が一般的です。 病院から帰ってきたら、飼い主は、室内の環境を整え、これ以上重篤な症状にならないように気をつけなければなりません。 体力が消耗している時期に、お風呂に入れてしますと風邪などをこじらせてしまう危険性もあるので気を付けてください。 インフルエンザ インフルエンザはフェレットにも感染してしまうことがあります。 フェレットはA型のインフルエンザに感染しますが、B型やC型のインフルエンザには感染しないことの方が多いようです。 (鳥インフルエンザのように変異型もありますのでこの場合は注意しましょう。 ) インフルエンザはジステンパー感染症の症状とよく似ていますので注意しましょう。 人間の場合は、風邪やインフルエンザ予防接種によって事前に対策を取る事ができますが、フェレットはインフルエンザワクチンがありません。 人間がインフルエンザの場合は、完全に治るまではできる限りペットとの接触は控えるようにしましょう。 症状は、鼻水、くしゃみ、熱、咳、食欲不振、下痢等、風邪の症状とよく似ています。 病院での治療は、抗生剤や消炎剤などが投与されます。 副作用があるため解熱剤などを投与することはほとんどないようです。 また、症状が重い場合は入院する場合もあります。 病院から帰ってきたあと家庭では保温、水分補給、食事を整えてあげましょう。

次の