みんと j。 なんJ民とは (ナンジェイミンとは) [単語記事]

【社会】氷河期世代、コロナで再び苦境 [みんと★]

みんと j

なんJ民 なんみん とは、の「」(通称:)の住人である。 なんJラーとも。 住民 なんJ民には、大きく分けて• 以前に居た住人。 「」、「の民」、「」、「きうり民」. 以降に流入してきた住人。 「やきう民」、 「」「」 、 「正民」. 利用者が増加したことを受け他め等から、に以降流入した住人。 基本的にで呼ばれる。 「お客さん」、「」、「アニ」. これら3つのが存在する。 本稿ではそれぞれに分けて解説する。 2009年5月以前からの住人 元々はであったが、の流入によりが低下したに嫌気が差したことにより、に移住してきた住人。 では「」で表現される。 となって以降、の立て・書き込みの緩さにを付け、やかつてのを彷彿とさせるなを立てまくっていた(しかし、それでも数は少なく、数が5に満たないこともであった)。 の住人でありながら番組やのを行うことはで、むしろそれらを排除しようとする雰囲気さえあったとも言われている。 例:の民の掟 しかし、後述のが大量に押し寄せてきたことによりの雰囲気は一変。 とても前述のようなが立てられる状況ではなくなり、そのうち住人そのものがされていった(というかが桁違いに多すぎて見えなくなってしまった)。 はやなどへ移住した、そのままに覚めた、などの噂があるが詳細は不明である。 特徴としてはが立ったとみるや良を返し、それを繋げていく発想と統率、にを生やさない、を崇めるなどがある。 でも、この時代の住人や文化を振り返る、それらをにしたがときたま立つ。 また、のである「吹けば」を考えたのもこの時代の住人である。 2009年5月以降に流入した住人 元々はでを行っていた住人。 前述のからは「」と呼ばれていることになっている。 では「」と表現される。 にに厳しいがかかった際(詳細は「」の記事を参照)、で保持数などのが近いことにを付け、に移住してきた。 によりの存在を知った住人が多いが、一部は以前から認知しており、ごく稀にを立てていた。 基本的な性質は民と変わらないが、以降はがに限られないこともあって住人は増え続けており、の中でも特に次のような特徴を有する。 何よりもを優先する。 変な を中心とした用(定文)が豊富である。 時代以上に多用されている。 周囲の潮に流されやすい。 としてはなの突撃を有し、個人のなどへのもよく行っている。 (の人など)• 博識 のふりをしている人がたくさんいる。 周囲の潮に流されやすい。 への当たりが強くなく、の中で用が使われることも多い。 周囲の潮に流されやすい。 に存在するには 「 を毛嫌いする」「どこかおかしな方()が多い」「荒れやすい (例:・)」という性質を持つものも多い。 しかし、大量の民の流入により という共通項でゆるい連帯をなしているは、系でありながら系としても機しているという特異性を持ち、多種多様なが行えることが魅の一つでもある。 「 」「サン 」「 ニ 」「 して、どうぞ」など、球界や からの を多用した定 文を用いたが大半を占めており、こ れらのや等の文化はの中でも一際独特で、他から来たや「お客さん」の類はこれらを使いこなせないためすぐにバレる。 また定期的に様々な分野の質問が立ち盛況を博す場合があることから分かるように、の質問にはやさしく、自信のある分野の知識をひけらかしたい住民が多いようだ。 中は連てられるはのものとは異なり、対戦同士の共有という形式でが行われる。 また系の・が多いことも特徴。 中継が終わった後の帯においては、巡りの、の(・等)が行われたりと、基本的にはなんでもっている。 論好きも多いが、=とする原理義者も存在し、彼らはのを排斥しようとする傾向にある。 また原理義者でなくとも、大半のなんJ民は に身も心も げている人々 (と呼ばれる)とは対立している。 2012年1月以降流入した住人 この時期に流入してきた住民は基本的に評判は良くなく、「お客さん」、「」、「アニ」などのがつけられる傾向がある。 の規模が増大してから流入してきたこの時期からの住人に対し、 からしてきたなんJ民からの評判はよろしくない。 理由として、• の試合中になどを使い、にたたかれる(民の前では)• と呼ばれる内でのみ通用する用、文化を以外の場に持ち出し使う• 勢いのあるに押されやが落ち、「」などど発狂する 等が挙げられる。 特に、を以外で使う人物に関して過敏に反応する傾向があり、これによりがを受ける例も数多く存在する(、等参照)。 また、が嫌い、が好き、は気にしないなどの気質を持つ住民も多数存在しており、()とを掛け持ちしている住民も多いのではという意見も出ていた。 においてはもあるが、自体を毛嫌いしているなんJ民もまた多数存在する。 関連動画・関連静画 関連項目•

次の

どっくみんと/パート・アルバイトの求人情報(ID:20504419)

みんと j

市場には依然、強弱感が対立しているが、相場は底堅い。 来週も下値は限られるなか個別株物色を中心とする展開が予想される。 来週の日経平均株価の予想レンジは2万2000~2万3000円。 米国での新型コロナウイルス感染「第2波」への警戒感が強く、市場ではオプション市場での、日経平均株価2万円で売る権利を持つ「プットオプション」の買いも話題となっている。 ただ、この日の日経平均株価が一時300円超高となった背景には、プットを買ったような「弱気筋の買い戻し」(市場関係者)があったともいわれている。 結局、日米欧の金融当局の金融緩和や各国政府の財政投資を背景に株価は支えられており、情勢の大きな変化がなければ、下値が堅い状態は続きそうだ。 ただ、その一方で上値も重い。 7月中下旬からは日米企業の決算発表が本格化するが、「4~6月期の業績は最も厳しい結果となったはず」(アナリスト)とみられており、その内容を確認したいとの見方は多い。 こうしたなか、当面の日経平均株価は一進一退を続けることが予想される。 そんななか、市場は個別株物色が中心の展開が続く。 とりわけ、DX(デジタルトランスフォーメーション)関連銘柄は強く、富士通は19年ぶりの高値に買われたほか、伊藤忠テクノソリューションズや野村総合研究所といった銘柄が上昇基調を強めている。 政府による来月の「骨太方針」では、行政のデジタル化が打ち出される見込みでありDX関連を中心とする物色は続くとみられる。 来週は1日に日銀短観、2日の米6月雇用統計が発表される。 日銀短観は大企業製造業業況判断(DI)がマイナス30近辺へ大幅な悪化も予想されているが、市場はほぼ織り込み済みとみられる。 米雇用統計は木曜日の発表となるが、5月が予想外の好内容となっただけに6月の結果が注目されている。 3日は独立記念日の振替休日で米株式市場は休場となる。 また、30日の中国製造業PMIも関心を集めている。 決算発表は、29日にJ.フロント リテイリング、しまむらが予定されており、IPOは29日にエブレンと30日にグッドパッチが計画されている。 (岡里英幸) 出所:MINKABU PRESS• 株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。 『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。 SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです! 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

どっくみんと/パート・アルバイトの求人情報(ID:20504419)

みんと j

Jパワーのみんかぶ目標株価は「2,676円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 2,559円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 2,807円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 2,526円 と判断されています。 Jパワーは、【石炭ガス化複合発電、風力発電、石炭火力発電】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の