ハムスター 飼い 方。 ハムスターの適温や温度管理とは?夏と冬は要注意!

ジャンガリアンハムスターの飼い方まとめ!

ハムスター 飼い 方

でもまぶしいのは苦手。 耳 寝起きや怖いことがあったら耳が寝ます。 興味がある音には、耳をピンと立てます。 鼻 食べ物のにおいをはっきりかぎわける。 ひげ せまいトンネルの中でトンネルの大きさを測ったりして、まわりの状況を調べます。 ほおぶくろ 大きいハムスターでは、ヒマワリの種が60個も入る。 においの腺 ここから、それぞれ違ったにおいを出します。 自分のなわばりににおいをつけたり、他のハムスターに出会ったときに、においをかぎ合います。 しっぽ 短くて、産毛が生えています。 前足 指に見えるのは4本だけ。 親指の部分は小さなでっぱりになっていて、エサを持つ時にこのでっぱりで支えます。 後ろ足 後ろ足の指は5本あります。 2.げっ歯目の特徴(ハムスターの特徴) げっ歯目とはかじる歯(齧歯)と書きます。 とにかくなんでもかじります。 常にかじっていないと命に関わってくるからです。 ネズミの歯は4本にみえますが、ハムスターには実に16本の歯があります。 その内前歯の4本だけが一生伸び続けます。 柔らかい物ばかりかじっていると前歯は伸び続け、やがて下あごや鼻に突き刺さります。 これを防ぐために木をかじらせる事がもっとも良い方法です。 食糞 食糞といって糞を食べ、もう一度栄養分を吸収しようとする習性があります。 ほおぶくろ 頭部からアゴにかけて両側にあります。 種や草を巣に大量に蓄えるために、噛みとったものをそこに貯めて運搬します。 巣穴 野生下では乾燥地帯に生息し、地面に巣穴を掘って、基本的に単独で生活しています。 夜行性 昼間は眠り、夜活発に活動します。 また、水浴びや日光浴はしません。 直射日光には弱いです。 雑食性 野生下では、植物の種や葉、茎以外に、昆虫なども食べ、水は食べ物に含まれる水分や、植物、それにつく夜露などから摂取します。 冬眠 冬季温度が下がるとほとんど巣穴から出ず、動きが鈍くなり、擬似冬眠に入ります。 ただし、飼育下のような室内で適温を保つと冬眠はしません。 寿命 約2〜3年 3.ハムスターの種類 ハムスターを飼い始めると、かわいくてベタベタ触ってしまいがちですが、ストレスを与えてしまうだけなので、ハムスターのことを考えて、しばらくはそっとしておいてあげましょう。 ただし、エサはきちんと与えてください。 適温 ハムスターが最も過ごしやすい適温は20〜23度前後。 また、急激な温度変化は避け、透き間風やエアコンの風などに直接さらさないように気をつけます。 直射日光が当たらないところが望ましいです。 食べ物 環境の変化やさまざまなストレスに弱く、下痢を起こしやすいため、食べ物はあまり変化に富んだものを与えず、人工飼料を中心にごく少量のおやつとして、野菜や果実、ひまわり等を与えます。 水分の多いキュウリ、リンゴ、キャベツなどは、少なくても構いません。 また、自分で歯の長さを調節できるように、硬いエサを与えるようにしましょう。 (かじり木でもOK) <与えてはいけないもの> 甘いお菓子、塩分が濃いもの、ネギ、タマネギなど刺激が強いもの 水 水は毎日新鮮なものと交換します。 いつでも飲めるよう、ボトル式の給水器を使用します。 皿型のものはひっくり返されて床材を濡らしてしまう事があるので望ましくありません。 床敷材 ケージ内には床敷材または巣材として、おがくず(チップ)や牧草を入れ、5cm〜8cm位の厚さに敷き詰めます。 掃除 ハムスターは過度の湿度に弱く、下痢を起こす原因になる為、敷材は乾燥状態を保つ様こまめに交換します。 毎日汚れた部分だけでも取り替え、週に一度は大掃除をします。 この際、全部をキレイにするのではなく汚れた敷材をほんの少し残し、自分の臭いを残してあげる事によって、ストレス防止になります。 シャンプー お風呂に入れる必要はないですが、シャンプーをした後は必ず乾いたタオルでよくふきます。 少しでも湿ったままだと、かぜや皮膚病の原因にもなります。 トイレ ハムスターは一定の場所にトイレを決めて利用します。 オシッコをする場所として使用することが多く、糞はその他の場所でもします。 ケージ内でハムスターに場所を決めさせ、そこにトイレ容器を設置し、トイレ砂を敷いてあげましょう。 5.ハムスターのにおいをとるには 毛づくろい リラックスしている。 飼い主に抱かれたりして薄くなった自分のにおいを体中につけている状態です。 ひっくりかえる 驚いている、または嫌がっている。 ハムスターは敵に対抗する武器がないので、4本の手足で抵抗します。 丸まる グッスリ寝ている。 冬は、そのまま冬眠に入って死んでしまうこともあるので、たまにヒーターなどで保温してあげましょう。 オリをかじる 脱走を考えている。 これはどうしようもないです。 硬いものをかじっているので歯が伸びなくていいのだが…。 回し車でかたまっている どこまで来たか確認中。 遠くまで移動したつもりでいるのだと考えられる。 あたりの様子を確認しているのでしょう。 立ち上がってキョロキョロ あたりを見回し、音を聞いている。 より遠くの様子がわかるようにしている状態です。 体を伸ばして寝そべる 気温が高くてつらい時。 扇風機などで風を送ったりして涼しくしてあげましょう。 はいつくばってウロウロ 緊張して周辺の様子を気にしている。 においをかぎながら、周囲をうかがっている。 急に触ったり、音をたてないように気をつけましょう。 7.何匹飼うのが良いか.

次の

ハムスターの生態や飼い方、病気などを元飼育員が解説

ハムスター 飼い 方

動き回れる十分な広さ• 快適な温度が保てる通気性• ハムスターがケガをしない安全性 ハムスターの運動を助けるための回し車や、トイレやエサ入れなどを中に置くことを考えて 出来る限り、広いケージを選んであげるのが好ましいです。 またハムスターの種類によっては、最低限度で必要なケージの広さも変わってきます。 購入後に買い替えが必要となる場合も考えられますので、購入前にしっかりと確認しておきましょう。 そして、次に大切なのがケージの通気性です。 元々、ハムスターは 乾燥地域に生息していた動物の為、湿気の高い所がとても苦手です。 ですので、ハムスターの飼育には温度管理や湿度管理が不可欠となります。 そこで、 ケージ内の温度を快適に保つ為、一部に金網が使用されているタイプなどがオススメです! 最後は、ハムスターにとって十分な安全性に優れているかが重要です。 主に飼育ケージの種類には、4つタイプがあります。 金網タイプ• プラスチックタイプ• 水槽タイプ• 収納ケースタイプ それぞれにメリットやデメリットはございますが、一般的に多く選ばれているのはプラスチックタイプのケージになります。 プラスチックタイプは、値段も手頃な上に種類も豊富で、温度・湿度管理やケージのお掃除もスムーズに行えるなどメリットが沢山あります。 しかしこのプラスチックタイプは、他ケージに比べてスペースの狭い種類が多く、物によっては壊れやすいというデメリットもあります。 ハムスターの種類や飼育環境を十分考慮して、安全かつストレスの無い最適なケージを見つけてあげましょう。 床材(敷材) 次は、ケージの床に敷く為の床材を準備します。 これは ハムスターの身の安全を守る役割や、防音・保温効果、巣作りの材料など…様々な役割を果たす大切な飼育アイテムの一つでもあります。 また床材にも色々な種類がございますが、安全性やコストパフォーマンスなどを総合すると、 紙素材を使った床材が一番オススメです。 一般的に多く使われているウッドチップの床材ですと、稀に使用されている木にアレルギー反応を起こしてしまう子もいます。 しかし、紙素材の床材はそういったトラブルの心配がなく、安全にご使用頂けるの最大のメリットです。 他にも「出来るだけコストを抑えたい…」という方には、新聞紙での代用も可能です。 使い方は、新聞紙を小さく刻んでたっぷりとケージに入れてあげます。 ただし新聞紙のインクが被毛に移ってしまったり、インクの成分にハムスターがアレルギー反応を起こしてしまう可能性も考えられますので、ご使用になる際は十分なご注意が必要です。 トイレ・トイレ砂 ハムスターも犬や猫と同じように、決められたトイレの場所で用を足す習慣を持つ動物です。 その為、ケージの中にトイレを設置してあげる必要があります。 ハムスター用のトイレにも様々な種類がありますが、ある程度の広さがある屋根付きタイプがオススメです。 と言いますのも 屋根が付いているタイプは、トイレ砂の飛び散りを防止してくれるのでゲージの中が汚れにくいというメリットがあります。 またトイレの容器内には、消臭効果や排泄後のお掃除を簡略化する為の専用トイレ砂を使うようにしましょう。 こちらも種類が多くて購入に迷われるかと思いますが、初心者の方には鉱物タイプのトイレ砂が定番でオススメです。 給水器 ハムスターの水分補給を助ける重要な飼育アイテムです。 こちらを選ぶ上で大切なのは、 衛生的で使いやすいかどうかがポイントです。 また、飼育ゲージのタイプによっては取り付けができないタイプの給水器もありますので、購入前にしっかり確認しておきましょう。 巣箱 ハムスターにとって巣箱とは、ケージの中でも特にゆったりと落ち着ける空間として大切なアイテムになります。 そしてこのハムスター用巣箱には、大きく分けて4種類がございます。 木製タイプ• 陶器タイプ• プラスチックタイプ• 布タイプ こちらもそれぞれに良し悪しはございますが、 初心者の方でしたらまずは木製タイプの巣箱がオススメです。 天然の木を使用しているのでハムスターの体にも優しく、保温効果もあるので季節を問わずに通年通してお使い頂けます。 回し車 ハムスターの飼育アイテムの中でも、とても重要な役割があります。 ケージの中という限られた空間で生活する ハムスターの運動不足や、ストレス解消を助けるマストアイテムになります。 また回し車には、ハムスターの種類や大きさ・設置方法によって種類が分かれているので購入の前に必ず確認をするようお気をつけ下さい。 そしてもう一つ注意して頂きたい点がございます。 それは、実際にハムスターが回し車を使用した際にうるさくないかどうかです。 意外とこの滑車音に悩まされる飼い主の方は多く、何度も買い直しをされたという話も多く耳にします。 もしそこに不安を感じている方は、比較的音の静かな木製タイプの回し車がオススメです。 また最近だと、サイレントタイプの回し車も発売されているようなので、そちらの購入を検討されても良いかもしれませんね。 ハムスターの飼い方で重要なのは餌! それでは次に、ハムスターの健康を維持する上でも大切な餌の選び方について詳しくお話していきます。 意外にも「ハムスターって何を餌として食べているの?」と、疑問に思っている方も中には多いのではないでしょうか? 改めてこちらでは、栄養のある餌の種類や、あげても大丈夫な野菜や食材、一回にあげる餌の分量など細かくご紹介していきます。 ハムスターの餌の種類とは? ハムスターは主に、ペレットを主食の餌としています。 ペレットは、栄養バランスをしっかりと考えて作られているので、ハムスターの健康を維持する上では必要不可欠な栄養素になります。 また、このペレット以外にもハムスター専用のおやつというのも、販売されています。 食生活のマンネリを防ぐ為にも、ペレットと併用しておやつをあげるのもオススメです。 しかし普段からおやつばかりをあげてしまうと、基本であるペレットを食べなくなってしまったり、肥満を引き起こす原因に繋がる可能性が考えられます。 ですのでハムスターにおやつを与える際には、バランスに気を付けながらあげるように心がけましょう。 ハムスターのおやつについて 代表的なハムスターのおやつとして、ヒマワリの種やドライフルーツが多くあげられます。 ヒマワリの種は、ハムスターの種類に関係なく好まれることが多く、飼い主の方からも人気の高いおやつの一つです。 またドライフルーツに関しては、人間が食べる用の物でも代用は出来ますが、糖分を多く使用しているのであまりオススメはできません。 出来るだけペットメーカーから発売されている、小動物専用のドライフルーツをあげるのが一番安心です。 野菜だと、キャベツ・ニンジン・かぼちゃ・ブロッコリーは栄養素も高く、ペレットと併用してあげるのが効果的です。 注意点としては、ハムスターが食べやすいように一度火を通して柔らかくしてから、あげるようにしましょう。 他にはリンゴ・イチゴ・バナナ・ブドウなどの果物は、ビタミンや疲労回復などの効果も期待できる食べ物になります。 しかし、乾燥食品のペレットに比べて果物は水分量も多く、過剰に摂取してしまうと体調を崩してしまう可能性があります。 こちらもおやつ同様、与えすぎには十分お気をつけ下さい。 ハムスターの餌の分量とは? ベレットは、一般的な目安として体重の5~10%が適量と言われています。 また、実際にご愛用されているペレットの袋裏にも、目安となる分量の表記がございますのでそちらを参考にされるのも良いですね。 そして次は、1日に餌をあげる回数と時間帯についてです。 ハムスターは、犬猫とは違って1日1回夕方頃に与えるのが好ましいです。 これは、ハムスターの夜行性体質を考慮して夕方という時間帯を設定していますが、特に必ずしも夕方にあげなくてはならないという訳ではないので、ライフスタイルに合わせた時間帯でも特に問題はありません。 そして おやつはあくまでも、副食や嗜好品という考え方で与えるようにして下さい。 「ハムスターが喜ぶから」と言って、過剰に与えすぎてしまうと、健康を害する原因に繋がることも考えられます。 野菜や果物の種類によって目安の分量は異なりますが、1欠片を小さくちぎってあげるのが基本的な分量になります。 また、ハムスターは雑食動物であげた物はなんでも食べてしまうので、飼い主がしっかりと食事管理をしてあげることが大切です。 ハムスターの飼い方【ゴールデン編】 ハムスターにも様々な種類があり、体の大きさや性格などもその種類によって大きく異なります。 その中でも、特に初心者の方にオススメの種類がこちらの『ゴールデンハムスター』です。 ペット用ハムスターの中では一番体の大きい種類でもあり、毛色のカラーバリエーションも豊富なことから人気の高いハムスターです。 しかし、縄張り意識の強い種類でもありますので多頭飼いにはあまり向いていません。 初めてのハムスター飼育をお考えの方や、一匹のハムスターに愛情を注ぎたい方にはオススメです! ハムスターの飼い方【ジャンガリアン編】 ゴールデンに比べて体の小さな『ジャンガリアンハムスター』です。 こちらもゴールデン同様、毛色のカラーバリエーションも豊富ですが、ジャンガリアンはグレーを基調とした毛色の種類が一般的。 そして基本的には、飼い主にも懐きやすく穏やかな性格の子が多いです。 しかし中には、とても大人しい性格の子や甘えん坊な子など、 その子によって個性が出やすいのも特徴の一つです。 また、ジャンガリアンも縄張り意識を強く持つ種類になりますので、多頭飼いはあまりオススメできません。 今ではゴールデンと同じくらい人気の高いハムスターでもあり、その小さな容姿は見ているだけでも癒し効果は抜群です。 初心者の方からハムスター飼育経験者の方まで幅広くオススメです。 赤ちゃんハムスターの飼い方とは? 「一度でいいから、我が家のハムスターが産んだ赤ちゃんに会いたいな~」 と、考えたことのある飼い主の方も多いのではないでしょうか? 実は犬や猫に比べて、ハムスターの繁殖や出産は比較的簡単に行うことが出来るんです。 しかし 一度の出産で、平均7匹の子供を産むということを覚えておかなければいけません。 「産まれた赤ちゃんを、全員育てる環境や余裕はあるのか?」 「自分の周りで、大切に育ててくれる里親は見つかるのか?」 など「生まれた赤ちゃん全員が、幸せに暮らしていける環境が整っているか?」を必ず確認するようにして下さい。 飼い主として、それぞれの命に責任を持てるかどうかを見定めてから行動するようにしましょう。 そしてもう一つ、ハムスターは赤ちゃんの成長が早い動物でもあります。 生後3週間で触れるようになるほど、あっという間なのです。 それぞれ生後1週間単位で、注意点や気を付けるべきポイントがいくつかあるので詳しくご紹介していきます。 生後1週間 ハムスターの出産は巣箱で行われます。 そして産まれて間もない赤ちゃんハムスターは、母親の母乳を飲んですくすくと成長していきます。 ですので 生後1週間の段階では、私たち飼い主の出番は特にありません。 子育ての基本はお母さんハムスターにお任せして大丈夫です。 しかしとてもデリケートな時期になりますので、ゲージの掃除も極力控えるなど、出来るだけお母さんハムスターにとってストレスや刺激になるようなことはしないように気を付けましょう。 そして、注意点がもう一つあります。 それは、 生まれたての赤ちゃんに触れる行為は厳禁という事です! 理由は人間の匂いが赤ちゃんについてしまうと、育児放棄や子食いの原因に繋がる可能性が考えられるからです。 過剰な干渉はしないよう、遠くから優しく見守るようにしていきましょう。 生後2週間 この頃、赤ちゃんハムスターは自分でトイレに行くようになるので、自ら巣箱を出るようになっていきます。 そして、母乳に合わせて少しずつ餌を食べるようにもなってきますね。 しかし、まだまだお母さんハムスターの 警戒心が強い時期でもありますので、お母さんハムスターへの過剰な接触は控えるように気を付けましょう。 また、赤ちゃんハムスターにも引き続き触れないようにして下さい。 ゲージの掃除も週に1回程度に控え、トイレ掃除のみこまめに行うようにしましょう。 生後3週間 生後3週間ともなれば、すっかりと体の毛も生え揃ってハムスターらしい姿に成長する時期です。 また 少しずつスキンシップをとって、人間の匂いに慣れさせていく練習もこの頃から始めて大丈夫です。 他にも、個体差はあれどほとんどの子が離乳をして、餌を食べるようになる時期でもあります。 また、お母さんハムスターの気持ちも徐々に落ち着いてくる頃なので、様子を見つつゲージの掃除なども以前と同じペースに戻しても問題ありません。 とはいえ、急な生活の変化はハムスターにとってストレスになる可能性もありますので、無理はしないように気を付けましょう! ハムスターの飼い方について!病院の選び方とは? ハムスターを飼育するにあたってもう一つ重要なポイント、それはいざという時にペットを診てらえる動物病院は近くにあるかどうかです。 意外と知らない方も多いかと思いますが、実は ハムスターを診断してくれる動物病院は、思っている以上に数が少ないんです。 というのも、ハムスターやウサギなどを含むエキゾチックアニマルの診断には特別な知識や技術を必要とします。 犬や猫に比べて飼育の手間も少なく、一 人暮らしや小さなお子様のいるご家庭まで幅広く人気を集めています。 また、飼い始めからこまめにコミュニケーションを取ることで、ペットとの絆も深まり体調の変化などにも気付きやすくなります。 体は小さなハムスターですが、様々な表情やちょっぴりおっちょこちょいな行動を見せて、私たち飼い主を笑わせてくれるとても愛おしい存在になること間違いありません。 最近では、ハムスターをペットとしている方も増えているということで、ハムスター専用のおやつや、飼育アイテムもかなりバリエーションが増えてきています! 是非、正しい知識を持って色々な飼育アイテムも試しつつ、楽しいハムスターライフをお過ごし下さい!.

次の

ハムスターの飼い始め!初日から1週間の注意点【6個】

ハムスター 飼い 方

ハムスターの飼い方 地下型の巣箱式 前半 ステップ1~3 健康に飼う・仲良くなれる、が、この飼い方の特長です。 この飼い方は ・・ の構成になっています。 このページは 前半 です。 はじめに この地下型の巣箱式の飼い方は、ハムスターの家に地下型の巣箱を使う飼い方です。 管理者の飼育方法を10のステップに分けて体系化しました。 ステップの通りに進めていただければ、初心者の方でも、ハムスターを健康に飼うことができます。 ステップの途中で困ったときは、管理者が、皆様の質問に直接お答えしますので、 初心者の方にも安心してスタートしていただけます。 また、良くある質問をまとめたもあります。 ハムスターの飼い方 前半の目次• (当日)カッコ内の日数は目安です。 健康にそして仲良く。 この飼い方の主旨は、 でご案内しています。 (迎える前) まず、飼育セットを準備しましよう。 中央の黒丸が巣穴です。 ハムスターの家の入口になります。 ハムスターが大喜びする巣穴が、この飼育セットの最大の特長です。 ハムスターの巣穴の三大習性の行動をすべてのハムスターが実現できる様に設計してあります。 ハムスターの家は『遮光布』を被せて真っ暗にして、【地下の環境】にします。 地下型の巣箱の上に『遮光布』を被せてその上にケースが重なります。 なお、飼育セットは自作をお勧めしていますが、ジャンガリアンなどのドワーフ系(小型種)用につきましては、商品化して販売しています。 巣穴の中はハムスターの家です。 巣穴の上が自然界の地上になります。 ハムスターにとってこの巣穴はとても重要な役割を持ちます。 一日の大部分を地下で生活するハムスターにとって、安全に健康に生活するために不可欠な家です。 そのために開発した地下型の巣箱を使用します。 以上、ジャンガリアンなど小型種用の推奨飼育セットの例でご案内しました。 この時ハムスターは知らないところに連れてこられて、 『食べられてしまうのではないか』と、恐怖とパニックの真っただ中にいます。 皆さんとコミュニケーションをとる心の余裕など全くありません。 このような時にかかわれば皆さんのことを恐怖の対象と記憶・学習してしまう場合があります。 旧来の飼い方には、ハムスターの気持ちを知った迎え方がありませんでした。 この迎え方をすれば、ステップ10以降でハムスターと仲良くなれます。 よって、この迎え方はとても重要です。 ペットショップで購入すると、このように、小さな箱に入れてくれます。 ハムスターにとってこの小箱の中は、最悪の環境です 何が何だかわからず、これから食べられてしまうかも知れないと、恐怖で一杯になっているかもしれません。 皆さんの優しい『歓迎の気持』など知る由もありません。 なるべく動かないように、静かに丁寧に持ち帰ってあげましょう。 移動時の寒さ・暑さに気を付けてあげてください。 家に到着しました。 【掴まないでください・可愛がらないでください】 ハムスターの迎え方には、ペットショップで購入する他に、知人などから譲ってもらう場合や、お子さんがもらってくる場合などがあります。 いずれの場合でも、 迎え方で注意することは、この時点ではハムスターに関わらないことです。 ハムスターに皆さんのことを覚えさせないことです。 しかし、この時のハムスターはパニックの極致の状態です。 どこに連れてこられたかも解らず、怯えて、自分の運命がどうなるか?全く理解できていません。 そのうえ、50グラムにも満たないハムスターからは、小さなお子様でも、何百倍も大きな未知の動物です。 このときに関わると、お子様や皆さんのことを、こわい動物、脅威、と学習してしまう可能性が大きいです。 『怖い動物』と学習させてしまうと、ステップ8以降で仲良くなろうとするときに、怖がって仲良くなれない大きな原因を皆さんの方が作ってしまったことになります。 皆さんの優しさをすぐに受け入れることが出来る子犬や子猫とは全く違うことを知ってあげてください。 (迎えた当日・1日目 地下型の巣箱の与え方の手順 この項も、ハムスターには一切かかわらずに機械的に淡々と速やかに進めてください。 ハムスターが外に出られる大きさに開けます。 ハムスターが小箱から出たときに目の前に巣穴があるように置いてください。 開け口が小箱の上にある場合は、小箱を横倒しにして良いです。 すぐに巣穴に飛び込む場合もありますし、人が近くにいる間は、警戒して小箱から出ない場合もあるし、人が静まり返る夜中になってからやっと動き出すハムスターなどさまざまです。 自分が生きていくための必要な条件『家』『安全』『食べ物』『巣材』が揃っていることを確認したハムスターは、やっと少し落ち付くことができます。 ここまでは、地下型の巣箱の環境にハムスターを迎え入れただけですから、失敗なく進めたはずです。 ステップ8までは引き続き、ハムスターには関わらないことが成功のポイントです。 を新設いたしました。

次の