脂肪 肝 メタボ。 メタボ基準は男性に厳しい?メタボと脂肪肝の関係とは [肝臓・すい臓・胆のうの病気] All About

肝硬変を引き起こす「脂肪肝」の原因と食事や運動で改善する治療法

脂肪 肝 メタボ

メタボの症状とは? 太る=メタボ このような基準は間違いで、太っている人が必ずしもメタボではありません。 メタボの別名は 『内臓脂肪症候群』と言われ、その名の通り内臓脂肪が関係している病気の一種です。 内臓脂肪が急増することにより、 内臓の周りに脂肪が蓄積され内臓機能を低下させます。 そうしたことにより、糖尿病や高血圧などの 複数の生活習慣病に同時に掛かることがメタボなんです。 放っておくとどうなる? では次にこの メタボを放っておくとどうなるのかという話なんですが… 最悪のケースだと、 死にます。 メタボを放っておくと動脈硬化により、 脳梗塞や心筋梗塞と言った、 急死する可能性がある病気を引き起こす可能性があります。 もちろんこれだけではなく、他にも先ほど言った 糖尿病、高血圧を始めとして、 痛風や脂肪肝になったりします。 要約すると? メタボは自分の身体がヤバいよ!って教えてくれる 危険信号と言えるでしょう。 メタボを放っておくということは、信号無視して 急死するか、病気に苦しみながら生き続けるかのどちらかしか選択が残されていないということです。 健康診断でメタボと発覚する前にメタボを見つけ改善して、誰にも余計な心配をかけないようにしたいものです! というわけで 健康診断などで実際に用いられる、メタボの基準を紹介していきます。 しかしこれにはしっかりと理由があります。 女性は男性と比べると皮下脂肪を溜めやすい体質だからなんです。 メタボの基準と皮下脂肪は関係ないため、 腹囲に加え大体の皮下脂肪分の大きさを足してあります。 お待ちください!腹囲だけでメタボと決めつけるのは少し早いです。 あくまでも腹囲は基準の1つでしかありません! そこで メタボの確信性を上げるために、健康診断やメタボ診断では他にも判断基準が用意されています。 以下がその基準と各数値になります。 また 喫煙経験の有無を判断基準に用いることもあるようです。 前者は個別面接やグループでの支援を取りいれ、半年後に改善されているかどうかを見ます。 後者は前者に加え、 より定期的な支援を受けながら半年後に改善されているかどうかを見るというものになります。 どちらにせよ結構手間になりますので、健康診断に引っかからないためにも メタボは事前に改善したいところです! 腹囲の正しい測り方とは? とりあえず自分が85㎝以上かどうか気になるから測ってみたくなりますよね。 でもとりあえずの測り方ですと、 大体違う結果が出ることでしょう。 しかし!ウエストと腹囲は違うため、当然測り方も違います。 ウエストはいわゆるクビレの部分、 お腹で一番細くなる部分にメジャーを巻き付ける測り方しますよね? しかし腹囲は ヘソの位置から水平にお腹にメジャーを巻き付ける測り方をします。 そもそも腹囲を測る理由としては メタボであるかどうかを判断するためです。 そのメタボの原因は 内臓脂肪の過剰な増加にありますよね。 そして ヘソ周りこそが内臓脂肪が蓄積する場所であるため、そこを腹囲として計測します。 実際服を買うときにもコチラを測った方がいい気がします 笑.

次の

肝硬変を引き起こす「脂肪肝」の原因と食事や運動で改善する治療法

脂肪 肝 メタボ

健診などで見つかる肝機能異常のほとんどが脂肪肝 定期健康診査や人間ドックなどで最も多く異常が見つかるのは肝機能検査で、そのほとんどが脂肪肝といわれます。 脂肪肝になる最大の原因は、高脂肪・高エネルギーな食事のとりすぎに運動不足などが加わった不健康な生活習慣。 これらはまさに、メタボリックシンドローム 以下、メタボ を招く原因でもあります。 脂肪肝は生活習慣の見直しで改善しやすいとされ、あまり深刻には受け取られないことがあるようですが、メタボと同様に動脈硬化に結びつくことが明らかになっていますから、あなどるのは禁物です。 脂肪のたまった肝臓は霜降り肉のよう 脂肪肝とは、肝細胞の30%以上に中性脂肪がたまっている状態です。 中性脂肪のたまった肝臓は、いわば霜降り肉のような状態。 超音波検査の画像では、健康な肝臓は黒く映るのに対し、中性脂肪のたまった肝臓は白っぽく映ります。 さらに組織の一部を採取して顕微鏡で観察すると、健康な肝臓では細胞の形と大きさが揃ってきっちりと並んでいますが、脂肪肝では細胞内に白っぽい中性脂肪がたまってふくらみ、不ぞろいになっているのがわかります。 肉や魚介類、バター、植物油などの脂質を含む食べ物は、小腸で消化・分解されて中性脂肪となり、血液中を運ばれて リンパ管や血管を通って 体を動かすエネルギー源として使われます。 しかし、脂質のとりすぎや運動不足のために、使われずに余ってしまった中性脂肪は肝臓に蓄積されます。 また、ご飯やパン、めん類などに含まれる糖質も、とりすぎて余った分はブドウ糖として肝臓に蓄えられたのち、中性脂肪へと合成されます。 アルコールのとりすぎも、肝臓内に中性脂肪がたまる原因になります。 なかでも、アルコールが大きな原因と考えられるものはアルコール性脂肪肝といい、肝炎から肝硬変へと進行し、やがて肝がんを発症するリスクが高いとされています。 若い人に増えている非アルコール性脂肪肝炎(NASH) 脂肪肝が多く見られるのは、男性では40代前後、女性では40代以降といわれます。 以前は、脂肪肝といえばアルコールによるものが多くみられました。 しかし最近は、若い人を中心に、栄養のとりすぎによる脂肪肝が増えています。 このような脂肪肝は、かつてはあまり心配ないとされてきましたが、今では一部の人が非アルコール性脂肪肝炎 NASH=ナッシュ を発症して、肝硬変や肝がんに進行するケースがあることがわかっています。 非アルコール性脂肪肝炎 NASH 進行の詳しいメカニズムは突き止められていませんが、内臓脂肪が蓄積している人に多いことがわかっています。 現在のメタボの判定基準に肝機能異常や脂肪肝は入っていませんが、メタボも脂肪肝も原因となる生活習慣が共通しています。 ですから、メタボを予防・改善する取り組みは、脂肪肝の予防・改善にも有効であるといえます。 ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣化し、脂質や糖質、アルコールをとりすぎないように気をつけることが大切です。

次の

内臓脂肪は脂肪肝の原因|ぽっこりお腹を解消で脂肪肝も治る!

脂肪 肝 メタボ

脂肪肝を治すためには温かい食べ物や飲み物を摂ること 脂肪とはその通り脂の塊というイメージをしてみるとわかりやすいですが、脂は水では白く固まってしまって洗い流せませんよね。 でもお湯を使うと脂は溶けて洗い流せます。 この理屈が内臓脂肪でもおんなじように働きます。 内臓を温めるというのが内臓脂肪とか脂肪肝を治すために効果があるのは間違い無さそうです。 内臓を温めるために熱い食べ物や飲み物を食べる習慣を付けるだけで脂肪が分解されている感じがします。 (元AKBの人もテレビで言ってましたけど) 熱くてやけどしない程度のものを食べたり飲んだりして、内臓を温めることを意識してみると2週間後のお腹のメタボが明らかに変わりますよ。 もちろん温かいものでも、砂糖や糖質などが多かったり、脂を含んだスープも極力減らすことがベターです。 まずはあまり 神経質にならずにざるそばを温かいそばにしたり、ラーメンからうどんへ変えたりするだけでも違います。 真夏でも冷たいお茶は一気に体を冷やしてくれて、喉越しもよくガブ飲みしがちですが、最初の一杯だけ冷たいもので、その後は熱いお茶で汗をかくようにするだけでも内臓にとっては全然良いと思います。 汗をかくと 体温も下がるので、逆に涼感効果もあるといわれてます。 温かい食べ物の方が効率が良く相乗効果に 体は温めることで代謝が一気に上がります。 血流やリンパなんかも流れが良くなって体に酸素が行き渡りやすいと言われています。 現代人の体は酸欠状態になってるらしいので疲れやすいと言われてますからね。 夏でも冬でも一度お尻の両側(外側)を直接触ってみてください。 冷たい場合は内臓も冷えています。 食べ物に依存しない脂肪肝の解消法 普段から食生活を意識することで脂肪肝は改善されていきます。 ですが食事だけで脂肪肝を治すのは時間は掛かってしまいます。 早くても2週間は変化が現れないと思って根気強く続ける事が必要です。 また美味しいものや大好物をを我慢することはかなりストレスが溜まるんですよね。 なのでついどか食いしたりつまんでしまったりすることもありがちです。 我慢のし過ぎは良くありません。 つまり更に時間がかかると思ったほうがいいかもしれませんね。 変化が無い食事ダイエット中に補給すると良いもの ダイエットはつらいと考えるかもしれませんが、脂肪肝は少しでも早く改善したほうが良いですし、一概に 体重やBMIが肥満だからといって脂肪肝と必ずしも関係しない一面もあります。 痩せている人でも脂肪肝の人がいるからです。 つまりダイエットの効率が良くなるんです。 これは私自身がものすごく感じた効果です。 脂肪肝対策として飲むサプリメントはほんとにオススメです。 脂肪肝を治す効果を考えるとかな り肝機能向上に効いてる感じがしました。 【2017年最新】内臓脂肪を落とす脂肪肝対策に人気の高いサプリ.

次の