大分 市 ニュース。 OBS大分放送ニュース

大分市に関するトピックス:朝日新聞デジタル

大分 市 ニュース

先週、長崎県北部では記録的な大雨に見舞われ、コロナ禍で初めて避難所が開設されました。 人が集中する避難所でどう感染症対策に対応するのか、県内の自治体も避難所のあり方を見直し始めています。 6月25日、長崎県佐世保市では24時間雨量で6月の観測史上最大を記録する大雨となりました。 コロナ禍で初めて開設された避難所では。 避難した男性「市の職員の方から言われたがある程度距離をとって座って、マスクを絶対して感染しないようにって言われたところはしっかりしている」 出水期に入った今、不特定多数の人が訪れる避難所で3密をどうやって防ぐのか、避難所の感染症対策が急務となっています。 大分市の旧荷揚町小学校の体育館に設置された、テントの数々。 訓練に集まった市の職員は「発熱者」と書かれたビブスを付けています。 29日は避難者が過ごす室内のレイアウトや、発熱者などを専用スペースに誘導する流れを確認しました。 冨永実加子アナリポート「新型コロナを受けて県が新たに示した1人あたりの避難所でのスペースです。 横になれるマットを広げてもまだ余白があります」 避難者が過ごす1人当たりのスペースも変わります。 県はこれまでの倍の広さとなる4平方メートル以上を確保することが望ましいとの方針を示していて、避難所の収容人数もこれまでの半分程度になることも想定されています。 市は今後、避難所の増設やホテル・旅館への協力を求めることも検討しています。 大分市福祉保健課・朝来野浩課長「在宅避難や親戚知人の家も安全なら避難先に考えてほしい。 ただ命に関わる災害のときは遠慮なく避難所に来てほしい」 また市は、家庭用の備蓄としてマスクや消毒液なども加えておくことも呼び掛けています。 6月29日(月)のニュース一覧.

次の

大分市立中の校長がいじめ調査文書改ざん 「16年度」を「17年度」に 中1自殺未遂

大分 市 ニュース

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 大分市のファーマーズカレッジ事業 (2019年02月21日 朝刊) 2016年に 大分市が始めた。 研修後は市の担当者から助言を受けながら農業計画をたて、5年後の年間農業所得が250万円以上になる見込みがあれば、就農開始後も、1人当たり年最大120万円の給付が最長3年続く。 一方、農水省の「農業次世代人材投資事業」は原則として、研修段階では最長2年、就農開始後も最長5年、年最大150万円の給付があるが、現在の対象は就農予定時に原則45歳未満の人。 募集の裾野を広げるため、来年度からは年齢制限を「50歳未満」に変更する。 県などによると、国の事業に金銭的な支援を上乗せしている自治体は県内にほかにもあるが、 大分市のように年齢制限がない独自の事業は「珍しい」という。 事業についての問い合わせや就農についての相談は、 大分市農政課(097・537・5628)へ。 県立春日浦野球場 (2008年06月28日 朝刊) 48年、 大分市王子北町の大分師範学校の跡地に建設された。 グラウンドの広さは約1万2千平方メートルで、両翼88メートル(55年の改修工事後、94メートル)、中堅112メートル。 全国選手権大会の大分大会のメーン球場だったが、80年に同市青葉町に新大分球場が建設されて以降、99年まで同大会のサブ会場として使用された。 大分合同新聞社 (2008年07月23日 朝刊) 大分市内に本社がある創業122年の新聞社。 大分県内で朝夕刊を発行し、朝刊発行部数は県内最多の公称約23万部。 資本金1千万円、従業員約400人。

次の

OBS大分放送ニュース

大分 市 ニュース

[広告] 観賞会は里を切り開いた「うーたの会」(神宮司昭夫会長、TEL )が主催。 約1300平方メートルに自生したハンゲショウを楽しんでもらおうと、雑草を取り除き、駐車場を整備した。 見学者には茶を振る舞い、特製はがきを進呈する。 毎日、抽選で10人に特製絵皿も進呈する。 希望すれば、ハンゲショウの切り花や株を持ち帰ることもできる。 神宮司会長は「これだけ広い群生地は珍しいと思う。 梅雨の季節の素晴らしい景色を楽しんでほしい」と呼び掛ける。 開催時間は9時~16時。 7月5日まで。 「うーたの会」は2011(平成23)年設立。 企業、団体、個人、合わせて31会員が名を連ねている。 同地区の休耕田化した約1万平方メートルの田畑を8年かけて開墾し、ホタルやトンボ類、ハンゲショウなどの植物を観察できる「まちなかのビオトープ」として再生した。 月1回の定期整備活動のほか、地域に根差した各種イベントを開いている。 「うーた」は大分市横尾太田の「おおた」が由来。

次の