麒麟がくる 視聴率。 「麒麟がくる」の視聴率を底上げしたのは「いだてん」視聴者?(境治)

麒麟がくる第11話視聴率【14.3%】将軍家・足利義輝と家臣団が美しい…

麒麟がくる 視聴率

俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第17回「長良川の対決」が5月10日に放送され、平均視聴率(世帯)は14. 9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。 また、ドラマは次週第18回「越前へ」(5月17日放送)から「越前編」へと突入する。 第17回「長良川の対決」は、尾張では、道三が越前へ落ち延びられるよう取り計らったにもかかわらず、それを拒んだとして帰蝶(川口春奈さん)が憤っていた。 道三が劣勢であることを聞いた信長(染谷将太さん)は、いてもたってもいられず兵を引き連れて飛び出していく。 光秀は、明智荘を守るべく、光安と共に道三に味方することを決める。 ついに長良川を挟んだ戦いが始まった。 一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せる高政により、次第に道三軍の敗色が濃厚になっていく……と展開した。 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。 1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。 若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜けると、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。 ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

次の

【麒麟がくる】18話あらすじと視聴率!美濃を追われた十兵衛は越前へ逃げ落ちる

麒麟がくる 視聴率

ついに意を決して、斎藤利政こと道三(本木雅弘)に直談判します。 「殿と一戦交えるべきか」とまで迫り、「どちらかと申せばキライ」と白状する率直な十兵衛には若干笑えました! しかし恩も忘れない十兵衛に、道三も腹を割って「戦をするつもりはない」と国衆の覚悟を問うただけだという道三。 正直この2人が親子だったら、きっといい関係になっていただろうなぁと感じてしまいました。 自分宛てに手紙来て 「会おう🎵」 て書いてあるのを 殺されるかもしれない て勘ぐらなきゃいけない世の中 やだなぁ… 父・信秀が亡くなって以来、今川勢は勢いづき本家分家がしゃしゃり出たり、家老の平手が切腹したりと八方ふさがりの信長(染谷翔太)。 「身内ほど頼りにならぬものはない」と嘆いているところに、舅・斎藤道三から対面の申し込みが入ります。 悩む信長を「断られれば臆したと取られ、私は美濃に戻らねばなりませぬ」と奮起させ、一計を案じた帰蝶。 信秀と懇意にしていた伊呂波太夫(尾野真千子)に連絡をつけ、砂金を積んで頼みごとをします。 鉄砲もちの根来衆(僧侶由来の傭兵)を300人以上かき集め、勇壮な隊列を組ませるという壮大な演出です。 信秀パパに真意を直接聞きに行った帰蝶様を見て、できる人好きと思っていましたが。 今回の、今度こそは父のいいようにはさせない!と言わんばかりの闘志がみなぎった帰蝶様、最高だな。 信長の方は帰蝶に勧められていつも以上に「うつけ」ぶりを演出し、フンドシ丸出しに「バサラ一直線」という感じの派手な着物といういでたちでした。 この帰蝶の策略は見事に当たり、十兵衛の目の前で「影武者などだったら考えがある」などと言っていた道三も、驚きを隠せない様子でした。 これは帰蝶が「父とのいくさ」に勝利したとみて間違いないですね! 付き添うでも内助の功を誇るでもなく、落ち着いて城でお茶を飲んでいた帰蝶の様子は「さすがマムシの娘!」という感じでした。 次回(第14話)の見どころ 第14回「聖徳寺の会見」では、ついに道三が婿・信長を認め、高政を家督から外す算段をつけることになります。 信長への援軍や母親・深芳野の死を挟み、いよい斎藤家父子の内紛が表面化するのですね。 また同じ身軽な人物でも、藤吉郎だけではなく菊丸の方も駒と合流する流れで登場する様子です。 竹千代付きの忍びであるとだけ判明した菊丸の素性がもっと見えてくるでしょうか。 これまでの視聴者の感想 当サイト読者の方から寄せられた「麒麟がくる」放送後の感想を、こちらの記事で紹介しています。 「麒麟がくる」第13話の感想「帰蝶のはかりごと」• オンエアを見逃しても視聴する方法 日曜の本放送を見逃しても大丈夫! オンエア済みの放送回を見る方法があるので、ここからご紹介していきます。 再放送 「麒麟がくる」のオンエア後、 次の週末に再放送されています。 土曜 13:05~[NHK総合]• 翌週日曜 8:00~[BS4K] 本編を見逃してしまったら、次の土日の再放送の録画予約を必ずチェックしましょう! 再放送も見逃したらネット配信 ネットの動画配信サービスを利用すれば、「麒麟がくる」を視聴することができます。 「麒麟がくる」のフル動画は「 Amazonプライム・ビデオ」で視聴できます。 すぐに動画を見るならこちら。 テレビドラマやアニメ、映画などの作品を視聴することができます。 オリジナル作品が豊富なのもAmazonプライム・ビデオの特長です。 Amazonプライム・ビデオのメリット 長谷川博己 出演作品• シン・ゴジラ• 鈴木先生 本木雅弘 出演作品• おくりびと• シコふんじゃった。 伊藤英明 出演作品• 陰陽師• WOOD JOB! 間宮祥太朗 出演作品• 半分、青い。 べしゃり暮らし 木村文乃 出演作品• 羊の木• ピース オブ ケイク 川口春奈 出演作品• にがくてあまい• しろときいろ ~ハワイと私のパンケーキ物語~ 南果歩 出演作品• サクラサク• 葛城事件 堺正章 出演作品• 無理な恋愛 門脇麦 出演作品• 二重生活• 世界は今日から君のもの 染谷将太 出演作品• 寄生獣• ぶどうのなみだ 西村まさ彦 出演作品• 家族はつらいよ• ラヂオの時間 佐々木蔵之介 出演作品• 清須会議• 超高速!参勤交代.

次の

【麒麟がくる】18話あらすじと視聴率!美濃を追われた十兵衛は越前へ逃げ落ちる

麒麟がくる 視聴率

大河ドラマの初回視聴率 大河ドラマ初回の視聴率は、この10年の平均が18. 今回の『麒麟がくる』は、それより少し上。 7%ある。 過去10年の大河初回は、ほぼ18. 7%と誤差の範囲に収まっている。 一喜一憂してもあまり意味がないこととわかる。 ただしインテージ『Media Gauge』で15秒単位の推移をみると、 『真田丸』(16年・堺雅人主演)以降で初回がどう見られていたかの詳細が浮かび上がる。 数十万台のネット接続テレビの視聴ログから、高い精度で流入・流出や接触率を計測できるからだ。 年間の平均視聴率が8. 2%で史上ワーストとなった『いだてん』(19年・中村勘九郎と阿部サダヲ主演)は、スタート時の接触率が5本の中で最も低い。 最初の10分で1%弱接触率が上がるが、その後40分ほどは横ばいで終わる。 裏の民放から、CMのタイミングなどで流入する視聴者が一定数いるが、『いだてん』からの流出が同じほどあり、上昇する力に欠けていた(図1)。 (図1)大河ドラマ 接触率の推移比較 『西郷どん』(18年・鈴木亮平主演)や 『おんな城主 直虎』(17年・柴咲コウ主演)は、『いだてん』より高く始まり、番組途中も上昇し続けた。 この辺り、視聴者の評価には差があったと言えよう。 ところが『麒麟がくる』は、スタート時の接触率がトップの『真田丸』とほぼ同じだが、冒頭10分での上昇力が弱い。 しかも10~50分での上昇力が、『いだてん』と同じ様にない。 前作が史上最低視聴率、本作の出演者の逮捕・急遽代役決定など、さまざまな話題で注目度は高かった。 ところが始まってみると、途中から見始めた視聴者を釘付けにするほどの求心力に欠けていた可能性がある。 次に番組途中で、流入がスパイクする瞬間を見てみよう。 これは裏の民放でCMとなり、視聴者の一部がザッピングを始めた瞬間だ。 そのまま大河を見続けてもらえれば、接触率は右肩上りとなる。 『真田丸』は流入スパイク後に、流出が大きく上回ることがなかった。 これが10分から50分までに1%ほど接触率を上げた勝因だった。 途中から見た視聴者を、そのまま取り込んでいたのである。 ところが『いだてん』も『麒麟がくる』も、流入過多の時間帯の後に、流出過多が来ている。 つまりザッピングで覗きに来た視聴者を物語に引き込む力がなかったのである。 接触率が横ばいで終わった原因である。 『いだてん』では、10分台に流出過多が数分続く。 たけし演ずる志ん生が解説するシーンと、大使館での議論のシーンだった。 「何を言っているのか聞き取り難い」「内容が難しい」と、視聴者を失っていた。 また40分台で流出がスパイクした瞬間があった。 ここも議論が続いたシーンで、視聴者の中に理屈の多さから脱落した人が一定数いたことがわかる(図3)。 (図3)大河ドラマ 流出率の推移比較 『麒麟がくる』にも、流出がスパイクする瞬間や流出過多が続くシーンがあった。 流出スパイクは、タイトル映像。 出演者のテロップが異様に大きく、かけている時間の割に情報が乏しいため、離脱した人が少なくなかったと推測される。 そもそも 大河のタイトル映像は、2分40秒ほどと長すぎる。 民放ならストーリーを展開させながら出演者とスタッフの紹介を処理し、視聴者の脱落を防いでいる。 大時代的なタイトル映像と出演者紹介は、視聴者に歓迎されてないようだ。 次に流出過多となったシーン。 明智光秀(長谷川博己)と松永久秀(吉田鋼太郎)が酒を酌み交わし、酔いつぶれた光秀が翌朝目覚めた場面だった。 動きのない会話だけのシーンは、よほどセリフに魅力がないと視聴者は飽きる。 松永久秀の最期を知っていてる歴史通ならば、光秀との今後の展開を想像して盛り上がれるかもしれないが、普通の視聴者からすれば状況説明が潜り込んでおり、理屈っぽいと感ずるからだ。 『真田丸』では、理屈が先行しがちな会話シーンに、クスッと笑え、感情が動くセリフを三谷幸喜が織り交ぜていた。 流出が流入を上回ることがほとんどない、見事な脚本だったのである。 残念ながら大河復権をめざす『麒麟がくる』では、こうしたストレートな表現が続く場面で、脱落者を生んでしまう不安がある。 視聴者層もやや不安・・・ 『麒麟がくる』の初回を見る限り、視聴者層にも不安が残る。 大河ドラマの視聴者層 ~各層の含有率の違い~ 毎度のことながら大河ドラマは、C層から1層(4~34歳)の比率は極端に低く、50歳以上、特に65歳以上の比率が突出している。 若年層の開拓が出来なかったあたりに、大河ドラマが時代とともに右肩下がりとなった原因がある。 そんな大河の状況に加え、『麒麟がくる』は例年以上に若年層の比率が小さく、高齢層が大きい。 例えば『真田丸』や『おんな城主 直虎』は、C層(4~12歳)やT層(13~19歳)にも比較的見られていた。 ところが高齢層に見られなかった『いだてん』に続く 『麒麟がくる』は、若年層が壊滅的で、65歳以上の比率が最も高い。 こうした視聴者構成は、一定の視聴率にはつながる。 「NHKの上層部は安堵」するだろうし、「大河復権」と評価されるかも知れない。 しかし望ましいのは、 高齢層を確保しつつ若年層を開拓できる次世代の大河ドラマだ。 中年以下を開拓できなければ、いずれ視聴者は減ってしまうからだ。 しかも高齢者のインターネット利用率も上がっている。 オンデマンドかつピンポイントに情報を消費することに慣れてきている人は、かけた時間に見合う面白さを得られることに厳しい。 初回はどんな内容か試しに見る人が多い。 2話以降でも長いタイトル映像や動きのない会話シーンが続くようなら、高齢者といえども脱落者が増える可能性はある。 テレビ番組の視聴者数は、人を集める魅力などのプラスと、飽きられて離脱されるマイナスの総和で決まる。 初回を見る限り、話題・注目度で一定の人を集めることに成功した。 ただし途中で逃げられる要因もあり、番組後半に向けての上昇力に欠けた。 この辺りを2話以降でどう対応するか。 文:鈴木祐司 (すずきゆうじ)メディア・アナリスト。 1958年愛知県出身。 NHKを経て、2014年より次世代メディア研究所代表。 デジタル化が進む中で、メディアがどう変貌するかを取材・分析。 著作には「放送十五講」(2011年、共著)、「メディアの将来を探る」(2014年、共著)。

次の