闇営業とは。 SES企業の闇、エンジニアも顧客もダメにする「残念な営業」とは

芸人の闇営業どころじゃない!風俗嬢の「直引き」がバレて悲惨な末路

闇営業とは

闇営業はなぜダメなのか? 2019年の上半期のホットワードといえば闇営業ではないでしょうか。 吉本興業に所属するお笑い芸人が、事務所を通さずに営業を行い、そこが反社会勢力と関わりのあるグループだったというものです。 そもそも闇営業はなぜダメなのか。 そのポイントを確認しておきましょう。 マネジメントとは? フリーランスで活動している芸人や芸能人も少なからずいますが、ほとんどの場合は事務所に所属しています。 それは事務所が仕事の内容や、発注内容を審査しているといったことがあげられるでしょう。 マネジメントというのは単に、連絡係というわけではないのです。 そこにおいては、きちっとタレントのイメージもあわせて仕事の内容を選んでいると言えるでしょう。 タレントを守るため 闇営業というのは、当然事務所のマージンが取られないわけですからタレントの実入りは大きくなります。 それはともすればお得のようにみえますが、中長期的な目線で見るとすれば、タレントに対してダメージが来る可能性もあるわけです。 そこにおいては闇営業を禁止するというのは、最終的にはタレントの権利を守り、事務所自身を守るということになるのではないでしょうか。 いわば愛 そこにおいては、事務所からタレントへの親心であり、愛ということになるのではないでしょうか。 やはり闇営業は否定されるべきものなのかもしれません。 「闇営業」をもっと詳しく.

次の

SES企業の闇、エンジニアも顧客もダメにする「残念な営業」とは

闇営業とは

吉本興業は09年からコンプライアンス強化を推進していることもあり、闇営業に参加した芸人に金銭の授受があったことを重くみて計11人の異例の大量処分を下した。 各芸人については「反社会的勢力主催の会合であるとの認識はなく、また、報じられていたような金額ではありませんでした」とし「今回の事実確認結果は重大な問題であると考え、今回の処分に至り、弊社としてもその責任を痛感するものであります」と謝罪。 一部報道であった「ギャラ300万円」を否定するとともに再発防止を掲げた。 ただ、この判断は大きな損失にもつながりそうだ。 関係者によると「損失は数億円の規模になってもおかしくない。 参加芸人に24日付で謹慎処分を通達し、関係各所との話し合いはこれからになる。 1000以上の仕事で調整が必要になる」という。 人気番組「アメトーーク!」などテレビやラジオで10本のレギュラー番組を持ち、現在公開中の映画「アベンジャーズ エンドゲーム」で声優も務める宮迫の年収は1億円を超えるとみられる。 「ロンドンハーツ」や自身がメインを務める「とびっきり!しずおか 土曜版」などがある売れっ子のロンブー亮も含め、今後のスケジュールはすべて白紙。 世間の逆風を考えると、番組復帰を含め、謹慎後の道のりは厳しいと言わざるを得ない。 なかでも影響が大きいのは正規の営業だ。 哀愁モノマネで昨年大ブレークしたガリットチュウ福島善成(41)は学園祭にも引っ張りダコで「秋までスケジュールは真っ黒でした」(後輩芸人)。 テレビも含め1日3回以上の仕事をこなすペースだった。 劇場や営業先でスベリ知らずの爆笑芸人くまだまさし(45)も1日3~4ステージは当たり前という。 関係者は「2人の出番だけでそれぞれ確実に300~400はあった」と指摘した。 吉本は今後、番組だけでなく、地方を含め正規営業で代役を立てるなど対応に追われる道を選んだ。

次の

チョコプラ松尾に「闇営業」発覚!?東野幸治は雨上がり宮迫に「YouTubeで嫁を出すなよ!」

闇営業とは

飲み屋街も緊急事態宣言発令に伴い閑散としている(写真は本文とは関係ありません=時事通信フォト) 新型コロナウイルスの感染拡大リスクが高いと言われる密閉空間、密集場所、密接場面、いわゆる「3密」を避けるために、夜の飲食店やナイトクラブ、パブの営業を控えるように各自治体が求めるようになって、1ヶ月以上が経った。 ほとんどの店が夜の営業をとりやめるなか、看板も出さず照明も落として自粛のふりをし、キャッチに客を誘導させて相場より高額な請求をして闇営業を続ける確信犯の店がある。 ライターの森鷹久氏が、確信犯的に闇営業をする居酒屋についてレポートする。 * * * 政府は5月4日、当初6日までとしていた「緊急事態宣言」を、5月いっぱいまで延長すると発表した。 営業自粛を続けてきた自営業者などからは「すでに限界を超えている」という声が聞こえる一方、段階的に自粛要請を減らしていくなどと「基本対処方針」に示されており、残り一ヶ月をなんとか乗り切ろうといった前向きな声も聞こえ始めた。 4月、筆者は自治体による自粛営業が続く中で「闇営業」せざるを得ない事業者の声を紹介した。 あれから半月経ったが、実はほとんどの店がGW中は休んだり、営業していても少なくとも夜7時には店を閉めるなどしている。 休業補償についてある程度目処が立ったり、金融機関からのつなぎ融資が決定したりといった理由があるようだが、それでもまだ、闇営業を続けている店は存在する。 5月上旬、連休中にもかかわらず人通りもまばらな千葉県某市の繁華街に、いわゆる「キャッチ」と呼ばれる違法な客引きの姿があった。 管轄の警察関係者が言う。 「休みに入り、ほとんどの店は営業を自粛したり、かなり時間を限定した営業を行なっていますが、中には昼間から深夜までフルオープンしている店がある。 キャッチはそうした店に雇われていたり、店と契約している人間です。 どんなに注意しても営業もキャッチもやめることはない」(警察関係者) 筆者がそばを通ると、キャッチが飛びつかんばかりの勢いでやってきて「1000円で2時間飲み放題」「うちは何時までも飲める」などといった誘い文句を矢つぎ早にまくし立ててきた。 キャッチは「何人呼び込んでいくら」の完全歩合制であることが多く、客を一人も呼び込めなければ、報酬はゼロ。 そもそも人が少ない中で、通る人全員に声をかけ食い下がっているのだ。 キャッチが案内してきた店から出てきた、中年男性と若い派手な身なりの女性が、筆者の問いかけに応じる。 「ひどいぼったくりの店。 ビールはほとんど炭酸水だし、刺身なんか数切れ皿にのったのが出てきて1500円。 キャッチも一生懸命だったし、サービスもよかったけど。 あれじゃ平時には誰も行かないね、今日は仕方なく行ったけど」(男性) 「今日は働いているお店(キャバクラ)の同伴出勤の前に、ご飯を食べていました。 お店は自粛せず営業していますけど、コロナが怖いっていう女の子は休んでます。 私は仕事がなくなったら明日食べるものもないから……。 私も、この居酒屋も同じですよ」(若い女性) 付近の商店街関係者によれば、こうした営業を続けている店は外看板も室内の電気までも消して、客は全てキャッチが連れてくるのだと言う。 そして、ほとんどの店が質の劣る商品を通常より高いが、目玉が出るほど高額にはならない程度の割高で出す「プチぼったくり店」であることも明かした。

次の