関 暁夫 ar アプリ。 イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン

シリーズ累計300万部突破の最新刊『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説6』にスターティアラボのARアプリ『COCOAR2』が採用!|スターティアホールディングス株式会社のプレスリリース

関 暁夫 ar アプリ

AR(拡張現実)とは ARとは、デバイスを用いて、現実世界にバーチャルな視覚情報を付与・補足することで、目の前にある世界を仮想的に拡張できる技術です。 例えば、キャラクターが目の前でライブをしたり、キャラクターと一緒に写真撮影ができるようになります。 AR体験者の61. 3%は興味関心・購買意欲が向上した! プロモーションツールとしてビジネス活用に期待が高まるAR 実際にARを体験したユーザーに調査したところ、ARコンテンツを見たあとに興味関心や購買意欲が上がったと答えたユーザーは61. 3%と半数以上となり、AR施策にはプロモーション効果があるといえそうです。 さらにARコンテンツ市場は2016年時点で50億円程度でしたが、2021年には355億円規模に達すると予測されています。 私たちにとってますます身近な技術となるうえ、プロモーション効果があるとなれば、ARがビジネスシーンでの活用が広まっていくことは必至といえるでしょう。 参考: : ARのビジネス活用事例7選 実際にARがビジネス活用されている事例をご紹介します。 1.通常の6倍の効果があった!AR動画付きチラシの活用~不動産業界編~ チラシやDMにAR動画を設定できます。 チラシやDMだけでは掲載できる情報量に制限がありますが、AR動画を追加できれば、さらに商品やサービスの理解度を高めることができます。 某モデルハウスの折込チラシの事例では、30,000枚のAR動画付折込チラシを配布したところ、9件もの問い合わせがあり、その9名のうち、1名が「AR動画で見たモデルルームがほしい」と約1ヶ月で契約、購入に至りました。 某大手住宅メーカーの折込チラシは、 通常150,000枚に対して問い合わせは7件程度で反響率は0. 005%と言われているため、 AR動画付折込チラシは反響率0. 03%と、約6倍の効果があったといえます。 参考: 2.想いを伝えるARパンフレット活用 パンフレットもチラシやDMと同様、掲載できる情報量に制限があるため、AR動画を設定することでより多くの情報を伝えられます。 特にパンフレットは、企業であれば社長や社員からのメッセージ動画、学校であれば校長先生や学生からのメッセージ動画を掲載することができ、紙だけでは伝えられない企業や団体、学校の雰囲気や想いをAR動画で伝えられます。 北九州市長が塾長を務めるシニア向けの講座「夢追塾」の塾生募集のため、マーカーをかざすと塾長からのメッセージや、普段の活動の様子を見ることができるパンフレットが作成されました。 参考: 3.ミスマッチをなくすAR試着.

次の

関暁夫が語ったスマホアプリ「siri」の本当の目的とは!?|やりすぎコージー都市伝説

関 暁夫 ar アプリ

COCOAR2は当社自社開発のスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリであり、アプリ経由でカードやポスターなどを読み込むと、設定されている動画・音楽・URL・3Dといった様々なオリジナルコンテンツが表示可能です。 2014年5月から新バージョンとして提供開始し、昨今、大手飲料・お菓子メーカーにも販売促進ツールとして採用され、現在50万以上のダウンロード数を誇ります。 (2016年6月末時点)『Mr. 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』では、本カバーや本誌内合わせて計16箇所にARコンテンツが仕込まれており、指定された写真部分を、COCOAR2で読み込むと、テレビでは公開していない封印情報や関暁夫氏のメッセージが浮かび上がる仕組みになっております。 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』においては、株式会社竹書房(代表取締役会長:高橋一平、本社:東京都千代田区)を通じて採用されました。 主な採用理由として、印刷された写真が動き出すような演出が出来るCOCOAR2は、雑誌や書籍など紙媒体にとって読者に映像という新しい付加価値を簡単に提供できるツールだったからです。 実際、トーク映像などのAR動画をふんだんに書籍内に盛り込むことにより本の新しい楽しみ方を提供できたという評価を受けました。 本サービスを導入した企業は、AR制作を自社サービスとして 顧客に提供することができます。 紙媒体に任意の画像をマーカーとして設定し、スマートフォンアプリである「COCOAR2」経由でマーカーをかざすと、画像、動画や3Dコンテンツを表示・閲覧することができ、スマートフォンに映し出されたコンテンツと一緒にカメラモードとして撮影することもできます。 2012年12月から提供開始し、印刷会社やWEB制作会社を中心に、1,124社以上(2016年3月末時点)に導入されております。 ARアプリ「COCOAR」「COCOAR2」は計93万以上のダウンロード数を誇ります。 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』 著者:関暁夫 1975年生まれ。 「Mr.

次の

Mr.都市伝説 関暁夫の緊急クエスチョン【α】考察動画まとめ!イルミナティカードをスキャンすると・・・?

関 暁夫 ar アプリ

COCOAR2は当社自社開発のスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリであり、アプリ経由でカードやポスターなどを読み込むと、設定されている動画・音楽・URL・3Dといった様々なオリジナルコンテンツが表示可能です。 2014年5月から新バージョンとして提供開始し、昨今、大手飲料・お菓子メーカーにも販売促進ツールとして採用され、現在50万以上のダウンロード数を誇ります。 (2016年6月末時点)『Mr. 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』では、本カバーや本誌内合わせて計16箇所にARコンテンツが仕込まれており、指定された写真部分を、COCOAR2で読み込むと、テレビでは公開していない封印情報や関暁夫氏のメッセージが浮かび上がる仕組みになっております。 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』においては、株式会社竹書房(代表取締役会長:高橋一平、本社:東京都千代田区)を通じて採用されました。 主な採用理由として、印刷された写真が動き出すような演出が出来るCOCOAR2は、雑誌や書籍など紙媒体にとって読者に映像という新しい付加価値を簡単に提供できるツールだったからです。 実際、トーク映像などのAR動画をふんだんに書籍内に盛り込むことにより本の新しい楽しみ方を提供できたという評価を受けました。 本サービスを導入した企業は、AR制作を自社サービスとして 顧客に提供することができます。 紙媒体に任意の画像をマーカーとして設定し、スマートフォンアプリである「COCOAR2」経由でマーカーをかざすと、画像、動画や3Dコンテンツを表示・閲覧することができ、スマートフォンに映し出されたコンテンツと一緒にカメラモードとして撮影することもできます。 2012年12月から提供開始し、印刷会社やWEB制作会社を中心に、1,124社以上(2016年3月末時点)に導入されております。 ARアプリ「COCOAR」「COCOAR2」は計93万以上のダウンロード数を誇ります。 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』 著者:関暁夫 1975年生まれ。 「Mr.

次の