ゴジラ キング オブ モンスターズ 評価。 ゴジラへの暴走気味の想いが短所であり長所にも 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の美学|Real Sound|リアルサウンド 映画部

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』感想(ネタバレ)…令和ゴジラにひれ伏す : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

ゴジラ キング オブ モンスターズ 評価

自分でも予想していなかった部分に惹かれました。 先日、ゴジラ好きの6歳の息子と『 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を見てきました。 正直、最初はそこまで期待していませんでした。 大味でVFXにモノを言わせた作品なのかな、と。 しかし、途中で気づいたのです。 これは 絶対に子供に見せるべき最高の映画だって。 今日は、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が 他に類を見ない優秀なダイバーシティ映画であることを伝えるべくレビューしていきたいと思います。 単なるモンスター大戦ではない 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のストーリーはこんな感じ。 舞台は 前作『GODZILLA ゴジラ』 の5年後。 元モナークの一員であったエマ・ラッセル博士は、人類によって汚染された地球を正しい形に戻すべく、キングギドラ、ラドン、モスラを蘇らせてしまいます。 ラッセル博士の思惑通り、地球は破壊され、人類は滅びようとしています。 そんな神話怪獣の破壊を止められるのはゴジラ。 モナークはキングギドラを倒すため、ゴジラに希望を託します。 ラストは四つ巴の大乱闘の末の王降臨。 私を含め、観客はモンスター同士の大バトルを期待して劇場に足を運んだと思います。 しかし、本作は怪獣たちの大暴れかと思いきや、エマ・ラッセル博士の家族を中心とした人間ドラマもしっかり描かれています。 また、これまでひっそりと怪獣たちを研究してきたモナーク組織のメンバーも、芹沢猪四郎博士を筆頭に、モンスターに対して様々な感情を抱いていています。 で、 人間ドラマと怪獣大戦のシーンはほぼほぼ同じ分量なんです。 でも肝心のアクションは見えにくかった… これは完全に 私のミスなのですが、 没入感を楽しもうと比較的前の方に座ったのが原因で、 画面は全編通して暗く、アクションが始まれば 動きが早すぎてほとんど見えませんでした。 それでなくとも最新のVFXにおかげで怪獣達の動きが早くなっているのだから、想定して後ろの方に座ればよかったものを、できるだけ大画面の恩恵を受けようと張り切ってしまったのが仇になってしまいました。 まぁ、没入感や迫力を味わったといえば、そうだと思いますし「何が起こっているのか分からないけど怖い…!」という、 画面の中のモブ的立ち位置の人たちのリアルな恐怖は疑似体験できたと思います。 しかし、もうちょっとハッキリとスッキリとゴジラの様子を観察したかったです。 何より残念だったのが、キングギドラの3頭に個性を持たせるためにモーキャプ俳優を3人起用して差別化を測ったという事前情報を知っていたので楽しみにしていたのに、その キャラの違いに気づく余裕すらなかったこと。 後ろの方の座席に座った人曰く、その違いがハッキリとしていて良かったと聞いたので、非常に残念に思いました。 しかし、アクションを見えにくくしていたのは、座席の位置だけではありませんでした。 今作ではストーリーに深みを出すために 人間ドラマシーンが多く入ってきます。 怪獣バトルシーンが始まっても、定期的にカメラが 見守る人々のリアクションシーンを捉えるので、「バトルをお腹いっぱい観れた感」が微妙に満たされませんでした。 でも人間ドラマにこそ本作の最大の魅力があった ゴジラ vs ギドラ、モスラ vs ラドンという夢の大戦が何度か小出しになるものの、画面は暗いし早いし目が滑る。 はっきりと見えるのは怪獣たちの一挙手一投足にリアクションを取る人々。 (自分の座席ミスを棚に上げて)「おいおい、主役は怪獣なんだからもう少し怪獣の活躍を見せてくれよ」と少々不満を抱いた頃、あることに気づいたのです。 それは本作が ダイバーシティを描く映画としてとても成功しているということです。 昨今のハリウッドはダイバーシティを重んじていたり、 チャイナマネーで作っているからという理由で、意識的に色々な人種を登場させます。 しかし、 ホワイトウォッシュ(白人以外の役柄を白人が演じること)を取り巻くハリウッドのいざこざを知る側からすると、今のダイバーシティ云々は 非常に白々しく感じさせられることが少なくありません。 画面の向こうの スタジオ上層部の思惑や事情まで透けて見えてしまうようで、物語に集中できないことすらあります。 しかし、 地球の頂点が人間ではなく怪獣であるという本作の設定の前では、あらゆるバックグラウンドを持つ人々が平等に見えました。 国籍や宗教がなんであれ基本は無力、 絶対的権力の前に人種マウンティング無し。 そして、考え方は違えど、地球を良くしたいという気持ちはひとつです。 これらがとても自然に組み込まれていることに気がつきました。 おそらく、『ゴジラ』シリーズへのオマージュ云々をまったく知らない子供達は、怪獣大戦を楽しみつつ、 ごく自然な形でダイバーシティと平等を目にできたのではないかと思います。 これは、最終的に人間が地球再建の舵取りをするディザスタームービーでも、人間が倒せるレベルのモンスターパニックムービーでもできなかったことだと思います。 怪獣を神と崇め、完全に主導権を明け渡しているモンスターバースだからこそできるアプローチではないでしょうか。 マイケル・ドハティ監督がこれを意図していたのかどうかはわかりませんが、このサブリミナル・ダイバーシティには感動すら覚えました。 本作は、そのVFX技術やモンスターの動き、日本が誇る『ゴジラ』シリーズへのオマージュやリスペクト、小ネタなど注目ポイントがおありすぎて、褒められたり酷評されたりしています。 私は、この作品が、ハリウッドが今後目標とすべきダイバーシティ表現の答えであると感じて、とても価値が高いと思いました。 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は絶賛公開中。 魅力を余すところなく楽しみたいなら、ぜひ後ろの方の座席でご覧ください。 没入感とラストの鳥肌ものの迫力を楽しみたいなら、前の方の座席もいいですよ!.

次の

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』感想(ネタバレ)…令和ゴジラにひれ伏す : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

ゴジラ キング オブ モンスターズ 評価

アニゴジ? そんなものはなかった!」 カエル「……まあ、いろいろな評価があるってことで…… ちなみに、前作の評価はどうだったの?」 主「 う〜ん……イマイチかなぁ。 映画として、怪獣映画として悪いわけではないんだけれど、ゴジラである必要性が皆無だったし、熱くはなるけれど暗いシーンも多くて単純に見づらかった。 観たいのはゴジラであって人間ドラマでもムドーでもないわけでさ、そこがどうしてもイマイチになってしまった印象がある。 ただ予告編を見ないようにしてまでずっと待っていたから、今作についても全力で受け止める準備はできています!」 カエル「というわけで、感想記事のスタートですが……最初に少しだけ。 今作は絶対に最後まで立ち上がらないようにご注意願います」• 作品紹介・あらすじ 2014年にハリウッドで制作されて公開された『GODZILLA』の続編にあたり、ゴジラなどの怪獣たちが活躍するモンスターユニバース構想としては3作品めにあたる作品。 予告ではゴジラのほか、モスラ、キングギドラ、ラドンといった怪獣たちが登場することでも話題に。 監督はゴジラ愛の強い監督として知られるマイケル・ドハティが担当し、ザック・シールズと共同で脚本も担当する。 前作にも登場した芹沢イシロウ役で渡辺謙がゴジラ研究に注力する科学者として演じるほか、カイル・チャンドラー、ベラ・フォーミラ、ミリー・ボビー・ブラウンなどが出演する。 ゴジラとの戦いによって世界が衝撃を受けたのち、調査の結果世界中には17体の怪獣が確認されており、さらに増えると思われていた。 怪獣研究の特殊機関であるモナークの一員として所属する芹沢博士たちは、強硬に武力による怪獣撃退を主張する強硬派を説得する日々が続いていた。 そんな中、中国においてモスラの卵が孵化する兆候が確認された。 しかしそのタイミングを狙ったかのように環境テロリストが突入し、研究をしていたラッセル博士とその娘をさらう事件が発生するのだった…… youtubeにて本作を語った動画をアップしました! こちらも合わせてチェックしてみてください! 感想 では、いつものようにTwitterの短評からスタートです! 怪獣映画としてゴジラ映画として完璧すぎるほどに完璧な作品 シン・ゴジラと本作にてゴジラは完全に現代に生ける神として蘇った 全てが美しく自然と涙がこぼれゴジラへの愛に溺れそうになり拍手をしてしまった ラストのラストまでファンサービスを忘れない大傑作! — 物語るカメ 井中カエル monogatarukame 怪獣映画としても、ゴジラ映画としてもパーフェクトな作品でしょう! カエル「 今年の映画ランキングベスト10入りは間違いなく確定だし、大作洋画ではこれ以上の作品が生まれる気配なんて一切しません! また、上映が終わった後では劇場内で拍手が巻き起こり、それに当然のように参加しています!」 主「別に映画の魅力は映像だけだとは言わないけれど……いくらハリウッドの超絶技巧に凝ったスタジオや、アクションやSFXなどが素晴らしい作品の公開が控えているとはいえ、今作を超える作品なんて出てくるはずがない。 それほどまでに圧倒的に美しいビジュアルが画面を支配していたし、あふれんばかりのゴジラへの愛に溺れてしまうほどだった。 本当に、ありがとうございます!」 カエル「前作を見ていなくても物語としては問題ないのではないかな? これでゴジラ・ユニバースも今後が楽しみになる一方で、この高すぎるハードルを越えることができるのだろうか? という思いがあるかな。 だけれど、アメリカでは批評家評を中心に若干意見が割れているようだけれど……」 主「ハハ、映画を素直に楽しむことのできないアホどもの意見なんて聞かなくていいのさ!」 カエル「……うちもいつもは、どちらかといえば批評家評に近いことを語っているのに、その言い草なんだ。 どんな感想を持っても自由だからね?」 主「 真面目な話をしたらこの映画がアメリカでは特に叩かれやすいというのはよくわかる。 その理由は後述するけれど、かなり 攻めた映画でもあるんだ。 だけれど、だからこそ怪獣映画らしい部分もあって、自分はそこが胸にきた。 物語上の緩さを指摘する声もあるけれど基本は怪獣たちを楽しむ作品だから、むしろ人間ドラマは添え物と思ってほしい。 怪獣たちが大好きな人にはたまらない作品に仕上がっているよ」 マイケル・ドハティ監督について 今作の監督を務めたのはマイケル・ドハティであり、うちは今作が初めましてになるのかな? ゴジラへの愛がとりわけ強い監督でもあるようだね カエル「 あまり聞きなれない名前ではあるけれどゴジラへの愛は本物です! 4、5歳の頃に 『ゴジラ(1954)』を始めて鑑賞し、ゴジラに目覚めていこう19歳のベトナム旅行中もゴジラのTシャツを着ていたというほどの筋金入り! パンフレットにはマディソン役のミリー・ボビー・ブラウンに対して怪獣の発音や性別を指導するほか、ゴジラ関連のドキュメンタリー番組のDVDを渡すほどの熱意で演技指導に取り組んでいます」 主「 今作からは愛がビンビンと伝わってきた。 それこそ、本作と比較対象になるのは前作の 『GODZILLA 以下ギャレゴジ 』よりも 『シンゴジラ』に近いだろう。 あの作品もゴジラに対する愛が強かったけれど、今作もそれに一切負けていない」 カエル「ちなみにモンスターユニバースでは 『キングコング 髑髏島の巨神』の監督を務めたジョーダン・ロバーツ監督も日本通で有名だよね。 作中では海外でも絶大な人気を誇る日本のゲーム 『ワンダと巨像』のオマージュシーンを入れたり、またデビュー作である 『キングス・オブ・サマー』でも日本要素を取り入れていたね」 主「やっぱり怪獣物を取り扱うし、このような作品である以上日本の影響を避けることはできないということなのだろう。 ただ、ロバーツ監督の場合はゴジラを扱ったわけではないからゴジラ愛というよりは日本愛が強かった作品だったけれど、これも怪獣映画の魅力や大事なところをきっちりと取り入れていた。 その点、ギャレゴジに対してイマイチのれないのは、ルックなどは確かにゴジラなんだけれど、ゴジラである必然性などを感じないこと。 それこそ全く新しい形ながらも、原作の持つ社会性などのテーマの魅力を見せつけた作品だった。 だけれど、シン・ゴジラが全く描くことのできなかった怪獣映画の魅力……それは怪獣同士が戦うバトルの熱さ、そしてダイナミックな魅力がある。 彼らは神であり、怪獣であり自然の脅威でもあれば福音でもある。 そのような様々な意味合いがある存在であり、決して人類と対立し戦うだけのクリーチャーではないんだ。 そうでないとこのような映画は撮れないんだよ! また、1つ1つのルックが素晴らしいのはドハティ監督がアニメーター・イラストレーター出身というのが大きいのかもしれない。 1枚の絵、あるいはキービジュアルをしっかりと作りこむ能力が高いからこそ、このようなルックの作品に仕上がったとも言えるだろう。 これはシン・ゴジラでもそうで、まるでゴジラが神のような振る舞いをしているシーンもあった。 大きくは自然災害の象徴などでもあるんだけれど、それらを含めての神でもある。 それを象徴するシーンが十字架とキングギドラのシーンだ」 カエル「あれは……アメリカの映画であれを描いたことは、とても勇気がいるよね」 主「本作の批評家の評価が芳しくないのは、この描写が原因と考える。 また、ゴジラの住処とされた海底のシーンでは古代遺跡などがあり、古代の神々を連想させる像がたくさん並んでいた。 だからこそディザスタームービー(災厄映画)が作られ、それが大きな人気を呼んだりする。 アメリカはプロテスタントが中心となった一神教の国だけれど、熱心な信者にとってみれば世界の滅亡は笑い話ではない。 むしろ、実際に起こりうることなんだ。 今作におけるゴジラ、あるいは怪獣たちには様々な意味合いがあるわけだ。 今作でとても強く印象に残ったシーンとして上がるのが芹沢博士が語る 『傷を癒すためには傷をつけた悪魔と和睦する必要がある』というシーンである。 これはゴジラを強く憎むマーク博士に対して諭した言葉であるけれど、これは他にも大きな意味がある。 だから1954年の初代ゴジラの進行ルートの先には皇居を目指していたという話もある」 カエル「その説の是非はともかく、戦争が大きな意味を持っていることは間違いないよね」 主「 そしてゴジラというのは核兵器の象徴であるならば、日米の戦争による被害の結果に生まれた怪獣である。 それが日本で人気となり、アメリカがユニバース構想で作っているけれど……ここで一度アメリカと日本は過去の戦争について精算する必要性があったのではないだろうか? 日本にとってみたらゴジラは過去のアメリカの暴力によって生まれた象徴である。 映画の中ではマーク博士はそのゴジラを憎むことをやめることで、世界を救う大きな決断ができ、ひいては家族を救うことができた。 日本にとってアメリカは、あるいはアメリカにとって日本は今でも第二次世界大戦の敵であり悪魔だ、と思う人もいるかもしれない。 現に核兵器を憎む日本人はたくさんいる。 だけれど、その自分の中の悪魔と和睦することでしか、傷は癒すことはできないんだ」 カエル「……日本では核兵器は絶対悪の存在だよね?」 主「そこはすごく難しい言論になるけれど、アメリカにおいては核兵器は正義として扱われることがある。 今作でもゴジラが核兵器の象徴すれば、扱いの難しい武器という見方だってできる。 その見方に対して様々な思いがある人もいるだろう。 オキシジェンデストロイヤー• だからこそ初代ゴジラにおいて芹沢博士はゴジラとともにその作り方を封印することになった。 だけれど、ゴジラはともかくとしてキングギドラを倒すことはできなかった…… これは人類の力では抗うことのできない、自然の猛烈な脅威を象徴していると言えるだろう」 カエル「シン・ゴジラでは結局出てくることがなかった兵器だよね」 主「そしてオキシジェンデストロイヤーによって倒れたゴジラを救うために芹沢博士が決死の覚悟で放射能を届けに行く。 これは初代を知る人から見たら驚愕であり、もしかしたら怒るところかもしれないけれど……芹沢博士は核兵器や戦争を憎んでいた。 芹沢博士の最後というのは、初代ゴジラもKOMも未来への祈りを込めたものである。 その差は断絶しか産まず……今作では家族ドラマとして母親の暴走と父親の怒りというものに翻弄される子供という形になってしまっていた。 だけれどそう言った別の思いを受け入れることが、世界を平和に導くという思いが込められているのではないだろうか? 前述の通り、ゴジラはアメリカによって生み出された存在と解釈することもできる。 ゴジラ映画としての愛が感じられるこれ以上ない大傑作!• とにかく美しい映像美に酔いしれろ!• 宗教映画としても多くの挑戦が見受けられる作品に!• ゴジラだからこそできる映画に仕上がっています! もう、これ以上のゴジラ映画は出てこないのではないか? と思うほどだよ…… カエル「ちなみに……何か文句はないの?」 主「少しだけかなぁ……冒頭のモスラの攻撃があったけれど、モスラって人間に対して相当優しい怪獣だからあのような行動を起こして欲しくなかったのと、ラッセル親子のピンチを救うモスラのシーンがあればさらに上がったかなぁ。 そうしたら文句無しの100点満点中の150点を挙げられたのに」 カエル「……もう限界突破しているんだね。 だけれどゴジラファンのみならず、ライトファンにもオススメした大傑作です! ぜひ劇場で鑑賞してください!」 monogatarukam.

次の

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』レビュー:怪獣の前には誰でも平等に無力、これぞダイバーシティ

ゴジラ キング オブ モンスターズ 評価

こんにちは、ちこしあです。 映画ライフ楽しんでますか? 2019年度は楽しみにしていた作品が何本かありました。 エンドゲーム、キング・オブ・モンスターズですね。 感想は、アツいうちに書くようにしています。 鉄は熱いうちに打てですね。 結論、めちゃくちゃ面白かったです。 画像の引用元:より (アイキャッチ画像含む) 公式サイト ネタバレ・感想レビュー キング・オブ・モンスターズは、地球というリングを舞台に神話の怪物たちが暴れまわるプロレス映画でした。 それにしてもBGMは反則技でして脳汁出まくりでした。 ゴジラ世代には悶絶な展開でキングギドラとかもう半端ないって。 好きだった点 少年の頃に戻ったような感覚で純粋に怪獣バトルを楽しめました。 MCU、DCEUシリーズは、1つの作品を見逃すと内容がわからなくなったりする時ありません? そんな心配がいらないという点は助かりますよね。 今作は、 モンスターバースの第3弾です。 前作のゴジラをみても、みなくても内容は理解できるかと思います。 ぼくは、幼少期からゴジラと共に育ったと言っても過言ではないほどのゴジラファンです。 小さい頃から、ゴジラ関連の作品は全て制覇してきました。 ゴジラの有名なBGM、まあこの曲は流れるだろうと予想はしてましたが、モスラの曲が流れたのはびっくり。 なんといってもキングギドラの半端ない強さ。 ヤバすぎました。 なんという神々しさ。 ゴジラは、キングギドラと3回バトルします。 1回目は南極、2回目は海上、3回目は都市。 2回目のバトルでキングギドラの頭部3体のうち1体を食いちぎり、瀕死の状態でまたゴジラと再戦するのかと思いきや。 ピッコロみたいに頭部が再生するではありませんか。 やはり、リーダー格を潰さないといけないようです。 頭部の中央がリーダー格でして、両サイドの頭部とケンカするんですよね。 リーダー格の頭部が指揮を取り、両サイドが呼応する絶妙なコンビネーション。 引力光線を繰り出すキングギドラの鳴き声がめちゃくちゃ良かったです。 嫌いだった点 メインバトルは、ゴジラ、キングギドラ、ラドン、モスラの4体でして、 欲をいえば、他の怪獣バトルも見たかったですね。 前作のムートーも登場していました。 まさに地球を舞台にしたプロレス映画ですね。 海外評判では、ヒューマン性に欠けるという評価でした。 怪獣映画にヒューマン性は不要。

次の