テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム。 医療用医薬品 : テルビナフィン塩酸塩

テルビナフィン塩酸塩クリーム

テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム

外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年6月更新)• ・1日1回の塗布で効くから。 塗った後の感覚もさらさらしていて良い。 (50歳代開業医、整形外科)• ・ラノコナゾールを愛用していましたが一時生産ストップになってからテルビナフィンを使い始めました。 良好な治療効果が得られたため、そのまま継続しています。 (50歳代開業医、一般内科)• ・小児のカンジダ皮膚炎に処方している。 (40歳代病院勤務医、小児科)• ・昔から使っていますが、特に問題がないのでずっとこれです。 ただし、クリーム基剤がいけないのか、逆にただれる人が時々います。 (40歳代病院勤務医、その他診療科)• ・長く使っていて効果も実感しているし、副作用も経験していないから。 (60歳代病院勤務医、内科系専門科)• ・抗真菌作用が、特に白癬に対して強いから。 (50歳代病院勤務医、皮膚科)• ・1日1回で効果が良好。 ジェネリックも出ていてコストパーフォーマンスが良い。 (50歳代開業医、一般内科) 外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2016年5月更新)• ・多くの抗真菌剤は接触皮膚炎を起こしやすい。 不思議なことに、ラミシールクリームはそれがほとんどない。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・刺激感が少ないこと、後発品もいろいろあるので患者の経済的負担も少ないことが主な理由。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・標準的抗真菌薬であり、クリーム、軟膏、外用液のタイプがあり有用である。 (50歳代病院勤務医、神経内科)• ・角質浸透性が高い。 (50歳代開業医、皮膚科)• ・接触皮膚炎が少なく、爪にもある程度は効くようだ。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・内服・外用があり、外用もローション・クリーム・スプレーなどいくつものパターンがあり、患者さんの希望により使い分けられる。 (60歳代開業医、脳神経外科) 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (小児等への使用) 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 眼科用として角膜・結膜には使用しない。 誤って眼に入った場合は、刺激症状が現れることがあるので、流水で十分に目をすすぐ。 (その他の注意) 動物実験(モルモット)において、本剤に弱い光毒性が認められている。 (保管上の注意) 気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

テルビナフィン:ラミシール

テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム

外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年6月更新)• ・1日1回の塗布で効くから。 塗った後の感覚もさらさらしていて良い。 (50歳代開業医、整形外科)• ・ラノコナゾールを愛用していましたが一時生産ストップになってからテルビナフィンを使い始めました。 良好な治療効果が得られたため、そのまま継続しています。 (50歳代開業医、一般内科)• ・小児のカンジダ皮膚炎に処方している。 (40歳代病院勤務医、小児科)• ・昔から使っていますが、特に問題がないのでずっとこれです。 ただし、クリーム基剤がいけないのか、逆にただれる人が時々います。 (40歳代病院勤務医、その他診療科)• ・長く使っていて効果も実感しているし、副作用も経験していないから。 (60歳代病院勤務医、内科系専門科)• ・抗真菌作用が、特に白癬に対して強いから。 (50歳代病院勤務医、皮膚科)• ・1日1回で効果が良好。 ジェネリックも出ていてコストパーフォーマンスが良い。 (50歳代開業医、一般内科) 外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2016年5月更新)• ・多くの抗真菌剤は接触皮膚炎を起こしやすい。 不思議なことに、ラミシールクリームはそれがほとんどない。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・刺激感が少ないこと、後発品もいろいろあるので患者の経済的負担も少ないことが主な理由。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・標準的抗真菌薬であり、クリーム、軟膏、外用液のタイプがあり有用である。 (50歳代病院勤務医、神経内科)• ・角質浸透性が高い。 (50歳代開業医、皮膚科)• ・接触皮膚炎が少なく、爪にもある程度は効くようだ。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・内服・外用があり、外用もローション・クリーム・スプレーなどいくつものパターンがあり、患者さんの希望により使い分けられる。 (60歳代開業医、脳神経外科) 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (小児等への使用) 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 眼科用として角膜・結膜には使用しない。 誤って眼に入った場合は、刺激症状が現れることがあるので、流水で十分に目をすすぐ。 (その他の注意) 動物実験(モルモット)において、本剤に弱い光毒性が認められている。 (保管上の注意) 気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

水虫に市販薬は効く?悩みに合わせたおすすめの市販薬選び方

テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム

有効成分 ラミシールクリームは1g中に テルビナフィン塩酸塩を10㎎含有しています。 水虫やカンジダの原因となる真菌の細胞膜の合成を阻止することで、真菌に対して殺菌作用を示します。 効能・効果(水虫・カンジダ) ラミシールクリームの効能・効果です。 1. 白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬 2. 皮膚カンジダ症:指間びらん症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む) 3. 癜風(でんぷう) 白癬とはカビの1種である「真菌(しんきん)」が原因で起こります。 足に真菌が感染するのが「水虫」、陰部(股部)に真菌が感染するのが「いんきんたむし」、体部に真菌が感染するのが「ぜにたむし」です。 カンジダ菌は人間に元々住み付く菌で免疫低下や、抗生物質を内服した時などにカンジダ症として現れます。 陰部やわきの下など通気性の悪い場所で発症します。 癜風(読み方:でんぷう)とは癜風菌という人の皮膚に元々ある常在菌が原因となります。 作用機序(メカニズム) ラミシールの有効成分である「テルビナフィン塩酸塩」は真菌の細胞膜の構成成分である エルゴステロールの合成を阻害します。 より細かく作用機序を解説します。 真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールはざっくりと下記のように合成されます。 スクアレンからエルゴステロールに変換されるまでいくつか過程があるのですが、その際に必要となる酵素( スクアレンエポキシダーゼ)をラミシール(テルビナフィン塩酸塩)が阻害します。 そのため真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの合成が抑えられ、抗真菌作用を示すのです。 人間の細胞膜に「エルゴステロール」は存在しないことから人の細胞を傷つけず、真菌のみに作用するのが特徴です。 塗り方(使い方) ラミシールクリームは1日1回塗布します。 入浴後など、患部が清潔な状態で、少し広めに塗るようにしましょう。 薬はケチケチせず、たっぷりと塗るのがポイントです。 陰部(性器カンジダ)への使い方 泌尿器科や婦人科から性器カンジダでラミシールクリームが処方されるケースがあります。 男性の場合は患部を清潔にした状態で、症状のでている部分より少し広めに塗りましょう。 女性の場合は膣の中に入れる膣錠とセットで出されることがあります。 ラミシールクリームは膣の中には使用しませんので膣の周りに使用します。 ジェネリック医薬品 ラミシールクリームには薬価の安いジェネリック医薬品が販売されています。 ラミシールクリームの主なジェネリック医薬品一覧• テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「日医工」• テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「サワイ」• テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「タイヨー」• テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「トーワ」• 塩酸テルビナフィンクリーム1%「MEEK」 先発品と比べて添加物に違いはありますが、効能・効果や有効成分はまったく同じとなっています。 妊娠・授乳中の使用 妊婦さんには「治療上の有益生が危険性を上回る場合に使用すること」となっています。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用すること。 〔妊娠中の使用に関する安全性は確立していない〕 引用元 ラミシールクリーム インタビューフォーム 催奇形性は報告されていないので、妊婦さんでも処方されるケースはあります。 授乳中は添付文書に注意書きはなく「授乳を中止することなく使用していい」と指導されるケースがあります。 市販薬は売っている? ラミシールクリームの有効成分であるテルビナフィン塩酸塩が同じ濃度入った市販薬が販売されています。 テルビナフィンのみが入った市販薬は• ラミシールATクリーム になります。 またテルビナフィンに加え痒み止めなどがプラスされた市販薬も販売されています。 ダマリングランデ• メンソレータムエクシブクリーム などです。 カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の