スター ウォーズ キスシーン。 「スター・ウォーズ」を通じて私が体験した悲しみとその克服 スター・ウォーズ特集

【ネタバレ】スターウォーズ9のトリビアを徹底解説&考察

スター ウォーズ キスシーン

2019年12月20日に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。 待ちに待ったシリーズ完結編というだけあって、すでに劇場に足を運ばれたという方も多いのではないでしょうか。 そんな『スカイウォーカーの夜明け』の感想を見ていて気になったのが、レイとカイロ・レン(ベン・ソロ)のキスシーンに対する反応です。 なにせ、これまで主人公であるレイのロマンスは描かれてきませんでした。 このまま誰とも結ばれないまま完結する可能性も浮上するなかで、ついに描かれたキスシーン。 ファンのあいだで話題になるの当然でしょう。 しかしこの二人のキス、考えてみるとなかなか意味深なもので、単なる恋愛感情だけでは説明がつかない部分もあります。 そこで今回は、なぜ『スカイウォーカーの夜明け』でレイとカイロ・レンはキスをするに至ったのか、詳しく考察してみましょう。 レイとカイロ・レンがキスをした『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の場面は? 問題となるレイとカイロ・レンのキスは、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のラストで描かれました。 惑星エクセゴルに到着したレイは、ついにパルパティーンと対決することになります。 遅れてやって来たカイロ・レンも加わり共闘しますが、敵のフォースは強大でした。 一度は瀕死に追い込まれる二人。 しかし過去のジェダイたちの声に目覚めたレイは、全霊を込めてパルパティーンに立ち向かいます。 彼女が両手に握ったルークとレイアのライトセーバーがフォースの電撃を跳ね返し、パルパティーンはついに滅ぼされるのでした。 戦いを終えたレイは、いまや命を燃やし尽くしていました。 そこに駆け寄るカイロ・レン。 彼はみずからのフォースを捧げ、彼女を死の淵から蘇らせます。 目を覚ましたレイは、カイロ・レンと静かに見つめ合い、自然と引かれるようにして唇を重ねるのでした。 2人の関係性にファンの反応は賛否両論? Twitterなどの反応を見ると、このキスシーンについての評判は真っ二つに分かれています。 肯定的な意見としては、レイとカイロ・レンの恋愛は最初から予感されていたもので、ついにそれが成就されたのだとするもの。 2人のカップリングについては以前から「レイロ」(Reylo)と呼ばれ、ファンのあいだで一種のコミュニティを形成していました。 こうした人々からすると、二人のキスは至上の愛を示すものであり、クライマックスの場面に相応しかったのでしょう。 ひょっとしたら、制作側もファンの期待に応える形でキスシーンを取り入れたのかもしれません。 一方で否定的な意見としては、キスによって緊張感が失われたというもの。 両者に恋愛感情があったというのは取って付けたアイデアで、なくてもストーリーは成立すると考える人が多いようです。 たしかに三部作を通して二人のロマンスが明示的に描かれてきた形跡はありません。 特に『スカイウォーカーの夜明け』は密度の高い作品。 そこで恋愛を描くためには、どうしても尺が足りなかったと思われます。 実際、エイブラムス監督も可能ならこの作品を二部作に分けたかったと語っているくらいです。 『スター・ウォーズ』シリーズのラストを飾る重要な場面であっただけに、ファンによって様々な思い入れがあるのでしょう。 しばらく二人のキスについては議論が交わされていくに違いありません。 レイとカイロ・レンのキスシーンについてエイブラムス監督はどう語っている? ちなみに、このキスシーンについては、エイブラムス監督もファンからの質問に答える形で言及しています。 それによると、レイとカイロ・レンの関係はあくまでも兄妹のようなものであり、両者のキスに関してもロマンチックなものではないとのこと。 つまり、旧三部作で描かれたルークとレイアのような関係性に近いということになります。 これで「レイロ」派のファンも納得する、というわけにはいかないでしょう。 エイブラムスの言葉は歯切れが悪く、ロマンスを完全に否定しているようには聞こえません。 そもそも『帝国の逆襲』でレイア姫がルークにキスをしたのは、身勝手なハン・ソロに対する当てつけのため。 それを引き合いに出してレイとカイロ・レンのキスを説明するというのは筋が通りません。 あれほどの眼差しで口づけを交わすというのは、やはり不自然な気がします。 レイとカイロ・レンのキスの意味について考察!2人の関係性についても あらためて、二人のキスの理由について考えてみましょう。 フォースによって精神的なつながりを持っていたレイとカイロ・レン。 それぞれレジスタンスとファーストオーダーに与し、鏡のような立ち位置にありましたが、心に抱える問題は同じでした。 それは善悪の葛藤という倫理的な問題です。 かつてのカイロ・レンはベンという名前であり、ルークからジェダイの修行を受けていました。 しかし暗黒面に屈し、敵に寝返ります。 とはいえ、それでも彼はジェダイの心を完全には失ってはいなかったのでしょう。 だからこそ父であるハン・ソロを手にかけ、後戻りすることができない状況にみずからを追い込んだのです。 一方のレイは、ジェダイの修行を受けるなかで暗黒面に堕ちた自身の幻を見ていました。 やがて彼女は、自分が仲間を傷つけることになるかもしれないと力を恐れるようになります。 そしてその疑念は、カイロ・レンから彼女がパルパティーンの孫であるという事実を聞かされたことで確信に変わったのです。 自分のフォースが暗黒面に由来することを知り、彼女は戦う意味を見失います。 こうした葛藤を抱えながらも、カイロ・レンとレイはライトセーバーを交えるのでした。 何より重要なのは、これが善と悪を決する戦いではないということです。 お互いが心に影を落としているという点で、ルークとダース・ベイダーや、オビ=ワンとアナキンが見せたような戦いではないのです。 したがって、この二人が戦うだけでは倫理的な葛藤を乗り越えることはできません。 そこで登場したのがレイアとルークでした。 母であるレイアの声でカイロ・レンは目を覚まし、師であるルークの声でレイは立ち上がります。 お互いが自身のうちにある障壁を乗り越えたとき、初めて二人の心は通じ合うことができました。 善悪の葛藤を乗り越え、ひとつ上の高みに到達したのです。 そこで交わした口づけというのは、したがって恋愛や兄妹愛よりも普遍的な、人類愛に近いものだったのかもしれません。 もちろん、答えは人それぞれです。 ひょっとすると、エイブラムス監督ですら言葉で捉えがたい何かなのかもしれません。 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のネタバレ記事一覧.

次の

『スター・ウォーズ』、同性同士のキスシーンを最新作で初めて描写。中国でそのまま公開も、シンガポールや中東では削除

スター ウォーズ キスシーン

12月20日から公開されている『スター・ウォーズ』シリーズ最新作&ひとまずのシリーズ完結編である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の中で同性どうしのキスシーンが描かれました。 42年間にわたる『スター・ウォーズ』シリーズの歴史の中で同性愛が直接的に描かれるのは今回が初めてです。 まだご覧になっていない方のために、どのキャラクターか、どんなシーンなのか、といったことは詳しく書きませんが(ぜひ映画館でご覧ください)、脚本・監督のJ・J・エイブラムスが、映画公開に先がけ、『ヴァラエティ』誌上で「LGBTQについて言えば、映画を観てくださるみなさんが、作品の中に自分たちが登場しているように感じてもらえることが大切だと考えています」と述べ、LGBTに関する何らかの描写が含まれることを示唆していました。 半世紀近くにわたって、アメリカの現代史を反映しながら製作されてきた壮大なスペースオペラの完結編、シリーズの有終の美を飾る作品で、性の多様性を尊重したいというメッセージとして、このように同性愛がフィーチャーされたことは、本当に美しく、素敵なことです。 しかし、レイという強い女性を主人公に据え、彼女を補佐する人物としてヒスパニック系とアフリカ系の男性が起用され、「多様性の尊重」を前面に打ち出した新3部作の、最後のメッセージとしてのLGBTの描写は、同性愛に不寛容な国々で、無残にカットされることとなりました。 映画の同性愛シーンをカットする事件といえば、最近、していたことが問題になりましたが、中東の国々や中国、マレーシアなどではこれまでもたびたび、同性愛シーンがカットされたり上映禁止になったりしてきました(中東では『ブロークバック・マウンテン』や『キャロル』などが上映禁止となり、中国では『ブロークバック・マウンテン』が上映禁止となったほか、『ボヘミアン・ラプソディ』は同性愛に関するシーン10分以上がカットされて上映されました。 マレーシアでは『美女と野獣』のゲイ的なシーンがカットされました) 今回の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』については、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで、同性キスシーンだけをカットする形で上映が行われているそうです。 UAEは近隣諸国よりも規制の基準が緩く、またドバイは中東におけるエンターテイメント業界の中心地となっているため、この方針は中東全体に広がると見られています。 一方、同性愛の描写を厳しく検閲してきた中国では、ノーカットでそのまま上映されているそうです。 今回の判断に至った理由は不明ですが、『ブロークバック・マウンテン』や『ボヘミアン・ラプソディ』ほど同性愛要素が強くはないためではないかと見られています。 しかし、『ヴァラエティ』誌は、中国における「LGBTQ表現の勝利」であるとして、現地SNSでさまざまな声が上がっていることも含めて伝えています。 意外なのは、シンガポールで同性キスシーンがカットされたことです。 シンガポールの映画規制当局IMDAは、「作品の年齢制限を上げないためにディズニーが削除した」「映画のレイティングで高年齢向けの指定が必要となるであろう、短い場面を削除した」と説明しています。 シンガポールでは、ソドミー法(同性間の性行為を禁じる法)が残っているものの、実際に逮捕されることはほとんどありません。 ゲイ向けの施設があり、毎年「ピンクドット」が開催されています。 昨年はゲイ男性に対し、代理母の生んだ子どもを養子にすることを認める画期的な判決が出たそうです。 (なお、BBCの記事の「プライド行進」は誤りです。 原文はpride rallyですが、シンガポールではデモが禁止されていて、代わりに「ピンクドット」が開催されているので、「プライド集会」が妥当です) いつか、世界中どこの国でも、LGBTQ(セクシュアルマイノリティ、クィア)の存在が消されることなく、人々が自由に映画を楽しめる時代が来ることを願います。 よく見られている情報•

次の

ベン(カイロ・レン)とレイのキスいらん?感想・考察とネットの声まとめ スターウォーズ9

スター ウォーズ キスシーン

2019年12月20日に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。 待ちに待ったシリーズ完結編というだけあって、すでに劇場に足を運ばれたという方も多いのではないでしょうか。 そんな『スカイウォーカーの夜明け』の感想を見ていて気になったのが、レイとカイロ・レン(ベン・ソロ)のキスシーンに対する反応です。 なにせ、これまで主人公であるレイのロマンスは描かれてきませんでした。 このまま誰とも結ばれないまま完結する可能性も浮上するなかで、ついに描かれたキスシーン。 ファンのあいだで話題になるの当然でしょう。 しかしこの二人のキス、考えてみるとなかなか意味深なもので、単なる恋愛感情だけでは説明がつかない部分もあります。 そこで今回は、なぜ『スカイウォーカーの夜明け』でレイとカイロ・レンはキスをするに至ったのか、詳しく考察してみましょう。 レイとカイロ・レンがキスをした『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の場面は? 問題となるレイとカイロ・レンのキスは、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のラストで描かれました。 惑星エクセゴルに到着したレイは、ついにパルパティーンと対決することになります。 遅れてやって来たカイロ・レンも加わり共闘しますが、敵のフォースは強大でした。 一度は瀕死に追い込まれる二人。 しかし過去のジェダイたちの声に目覚めたレイは、全霊を込めてパルパティーンに立ち向かいます。 彼女が両手に握ったルークとレイアのライトセーバーがフォースの電撃を跳ね返し、パルパティーンはついに滅ぼされるのでした。 戦いを終えたレイは、いまや命を燃やし尽くしていました。 そこに駆け寄るカイロ・レン。 彼はみずからのフォースを捧げ、彼女を死の淵から蘇らせます。 目を覚ましたレイは、カイロ・レンと静かに見つめ合い、自然と引かれるようにして唇を重ねるのでした。 2人の関係性にファンの反応は賛否両論? Twitterなどの反応を見ると、このキスシーンについての評判は真っ二つに分かれています。 肯定的な意見としては、レイとカイロ・レンの恋愛は最初から予感されていたもので、ついにそれが成就されたのだとするもの。 2人のカップリングについては以前から「レイロ」(Reylo)と呼ばれ、ファンのあいだで一種のコミュニティを形成していました。 こうした人々からすると、二人のキスは至上の愛を示すものであり、クライマックスの場面に相応しかったのでしょう。 ひょっとしたら、制作側もファンの期待に応える形でキスシーンを取り入れたのかもしれません。 一方で否定的な意見としては、キスによって緊張感が失われたというもの。 両者に恋愛感情があったというのは取って付けたアイデアで、なくてもストーリーは成立すると考える人が多いようです。 たしかに三部作を通して二人のロマンスが明示的に描かれてきた形跡はありません。 特に『スカイウォーカーの夜明け』は密度の高い作品。 そこで恋愛を描くためには、どうしても尺が足りなかったと思われます。 実際、エイブラムス監督も可能ならこの作品を二部作に分けたかったと語っているくらいです。 『スター・ウォーズ』シリーズのラストを飾る重要な場面であっただけに、ファンによって様々な思い入れがあるのでしょう。 しばらく二人のキスについては議論が交わされていくに違いありません。 レイとカイロ・レンのキスシーンについてエイブラムス監督はどう語っている? ちなみに、このキスシーンについては、エイブラムス監督もファンからの質問に答える形で言及しています。 それによると、レイとカイロ・レンの関係はあくまでも兄妹のようなものであり、両者のキスに関してもロマンチックなものではないとのこと。 つまり、旧三部作で描かれたルークとレイアのような関係性に近いということになります。 これで「レイロ」派のファンも納得する、というわけにはいかないでしょう。 エイブラムスの言葉は歯切れが悪く、ロマンスを完全に否定しているようには聞こえません。 そもそも『帝国の逆襲』でレイア姫がルークにキスをしたのは、身勝手なハン・ソロに対する当てつけのため。 それを引き合いに出してレイとカイロ・レンのキスを説明するというのは筋が通りません。 あれほどの眼差しで口づけを交わすというのは、やはり不自然な気がします。 レイとカイロ・レンのキスの意味について考察!2人の関係性についても あらためて、二人のキスの理由について考えてみましょう。 フォースによって精神的なつながりを持っていたレイとカイロ・レン。 それぞれレジスタンスとファーストオーダーに与し、鏡のような立ち位置にありましたが、心に抱える問題は同じでした。 それは善悪の葛藤という倫理的な問題です。 かつてのカイロ・レンはベンという名前であり、ルークからジェダイの修行を受けていました。 しかし暗黒面に屈し、敵に寝返ります。 とはいえ、それでも彼はジェダイの心を完全には失ってはいなかったのでしょう。 だからこそ父であるハン・ソロを手にかけ、後戻りすることができない状況にみずからを追い込んだのです。 一方のレイは、ジェダイの修行を受けるなかで暗黒面に堕ちた自身の幻を見ていました。 やがて彼女は、自分が仲間を傷つけることになるかもしれないと力を恐れるようになります。 そしてその疑念は、カイロ・レンから彼女がパルパティーンの孫であるという事実を聞かされたことで確信に変わったのです。 自分のフォースが暗黒面に由来することを知り、彼女は戦う意味を見失います。 こうした葛藤を抱えながらも、カイロ・レンとレイはライトセーバーを交えるのでした。 何より重要なのは、これが善と悪を決する戦いではないということです。 お互いが心に影を落としているという点で、ルークとダース・ベイダーや、オビ=ワンとアナキンが見せたような戦いではないのです。 したがって、この二人が戦うだけでは倫理的な葛藤を乗り越えることはできません。 そこで登場したのがレイアとルークでした。 母であるレイアの声でカイロ・レンは目を覚まし、師であるルークの声でレイは立ち上がります。 お互いが自身のうちにある障壁を乗り越えたとき、初めて二人の心は通じ合うことができました。 善悪の葛藤を乗り越え、ひとつ上の高みに到達したのです。 そこで交わした口づけというのは、したがって恋愛や兄妹愛よりも普遍的な、人類愛に近いものだったのかもしれません。 もちろん、答えは人それぞれです。 ひょっとすると、エイブラムス監督ですら言葉で捉えがたい何かなのかもしれません。 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のネタバレ記事一覧.

次の