社会 保険 任意 継続 と は。 健康保険の任意継続とは?被保険者の条件と手続き、メリットを解説

社会保険の任意継続制度とは|退職後の申請から復職までの5つのこと|あなたの弁護士

社会 保険 任意 継続 と は

選択によっては年間数万円も損してしまうかもしれません。 しっかりとご検討されることをおすすめします。 それではまず、国保と任意継続を簡単に比較してみます。 国民健康保険 任意継続 加入条件 他の保険制度に属さない人すべて ・2ヶ月以上社会保険に加入していた ・退職後20日以内に申請 加入期間 条件を満たす限りずっと 2年間 脱退条件 他の保険制度に加入したとき ・加入後2年が経過したとき ・1日でも滞納したとき ・就職して社会保険に加入したとき 手続き場所 各市区町村役場 手続き書類 社会保険の資格喪失証明書 保険料計算 市区町村により異なる 詳しくは「」で 都道府県により異なる 詳しくは「」で 任意継続の加入手続きは期間厳守。 まずここで注目したいのが、加入条件と脱退条件です。 任意継続に加入するには、 退職後20日以内に手続きをしなくてはなりません。 1日でも遅れると理由が何であれ加入することはできなくなります。 また任意継続の場合、1日でも保険料の納付が遅れると翌日には強制的に脱退させられます。 気になる保険料は…? 国保の保険料については「」でも解説していますが、市区町村によって計算方法が異なりますので、一度ご自身でシミュレーションしてみてください。 市区町村役場に身分証明書と前年の源泉徴収票、若しくは市県民税・特別徴収税額の通知書を持っていけば計算してくれます。 また役場のホームページでも計算方法が掲載されていることがあります。 任意継続の保険料の計算は、平成22年3月より各都道府県が決定した料率に退職時の標準報酬月額をかけるという方法に変わりました。 例えば東京都にお住まいで40歳未満の方なら、退職時の標準報酬月額が200,000円の場合、月の保険料は19,800円になります。 40歳~64歳の方に関してはさらに介護保険料が加算されます。 なお、任意継続保険料の上限は標準報酬月額300,000円となります。 東京都の場合だと保険料は29,700円、これ以上高くなることはありません。 任意継続の保険料はでシミュレーションできます。 平成31年4月からの料率に対応しています。 是非ご利用ください。 扶養家族の有無は大きな違いに!? 国保と任意継続で決定的に異なるところが扶養の考え方です。 国保には扶養という考え方がありません。 よって加入する人数によって保険料が異なるのに対し、任意継続では条件さえ満たせば扶養家族として保険証を追加することができ、追加の保険料はかかりません。 つまり、扶養家族が多い方であれば、任意継続を選択する方がお得といえます。 参考までに、では、扶養家族のいる世帯、いない世帯で保険料を比較してみました。 ただし加入者の収入や住まいによって保険料は大きく変わりますので、あくまでも目安程度にみてください。 結局どっちが良いか判断できない…。 ここまでで、おおよその保険料比較はできると思いますが、それでも「よく分からない」「どっちがいいか判断できない」という方は、取りあえず 任意継続に加入することをお勧めします。 なぜなら、いったん国保に加入してしまうと任意継続への切り替えはできなくなるのに対し、任意継続から国保に切り替えることは可能だからです。 (推奨はしませんが、保険料を1日以上滞納することで任意継続は脱退できます) しかも任意継続の手続きは退職後20日以内と決められています。 つまり時間がないのです。 まずは任意継続に加入しておいて、やっぱり国保の方がいいということであれば、上記の方法により切り替えることは可能です。 関連リンク.

次の

社会保険の任意継続制度とは|退職後の申請から復職までの5つのこと|あなたの弁護士

社会 保険 任意 継続 と は

退職と任意継続被保険者・国民健康保険 被扶養者 退職と 任意継続被保険者 ・被扶養者 ・国民年金第3号 社会保険労務士 川口 徹 川口様のHPは、いつも非常に興味深く拝謁させていただいております。 私自身国民健康保険の実務に携わっており、健康保険との給付調整等、 難しい案件につきましては幾度か参考にさせていただきました。 さて、ご多忙中大変恐縮ではありますが、 川口様にぜひご配慮いただきたい事由があります。 国民健康保険と健康保険の任意継続の、住民の選択についてです。 川口様以外のHPにも、絶対的必要給付や傷病手当金、掛け金については 対象者にとって非常に影響が出やすい点なので、明記されているのですが、 相対的必要給付や、保険者の判断で運用可能なドックへの助成金等については、 保険給付欄に触れられている事はありますが、 任意継続と国保との比較ということではほとんど記述されていません。 これでは安いほうが絶対的に得だという誤解を招くと思うのです。 特にドックの助成については自治体で大きく内容が異なっており、 全国で統一されている健康保険任意継続との比較は、 掛け金だけでは判断できないのが実状です。 川口様のHPは多数の方が閲覧しており、また参考にしていらっしゃるがゆえに、 どうか、任意継続との比較への問い合わせにつきましては、 この点にもご留意いただきたく思います。 駄文長々と失礼いたしました。 それでは、今後におかれましてもご自愛くださいま せ。 国民年金第3号届出漏れ期間の救済措置を行っているものですから、今後漏れのないように徹底されるかと思いましたら、やることは中途半端だったのですね。 国民年金第3号になれるのにも拘らず、国民年金第1号の加入手続きの段階の窓口で何とか防げるような感じがしたのですが、なかなか難しいのですかね。 悪しき慣習というものに阻まれ、余計なことは言わない、やらないという事勿れ主義なのでしょう。 高額療養費だって健康保険組合はレセプトから自動計算し被保険者の口座に振り込まれるので、個人からの申請は必要ありません。 しかし、政府管掌健康保険や国保は個人からの申請をしなければ支給されることはありません。 健康保険組合にできて、社会保険事務所や自治体ではそれができない。 すべてに言えますが、制度が生かされていません。 被保険者は無知では駄目で、それでも質問をできればまだ救いようがある。 国民はそんな切り捨て業務なんか望んではいないと思います。 民間レベルの肌理細やかなサービスを望みたいものです。 y 投稿者: 川口 投稿日: 3月27日 月 23時10分57秒 私もそのように思います では どうすればいいのか 誰がするのか ということになるのです そしてそのような大切な問題が際限なくあるのです 従って無力感を感じるのです それでも一つ一つ解決しようとする人もいるのです ただ大切なことがたくさんあれば それぞれの価値観の基に 他の大切なことを一生懸命やっていれば ほかの事に気が回らなくなることもあります そういうわけで私は何といっていいかわかりません ただ 民間だったら良いサービスの競争があるかもしれないと思います 投稿者: y 投稿日: 3月27日 月 11時52分41秒 いつも川口先生のホームページは勉強になり、よく利用させていただいております。 現在、国民年金第3号被保険者届出漏れ期間の救済措置が行われていますが、届出漏れは一向に減りません。 現に任意継続や健康保険組合の扶養認定基準のために被扶養者になることのできない人たちが落とされています。 何故、任意継続の保険者が国民年金第3号の加入ができるチラシなどを配布して啓蒙したり、国民年金第1号の手続きの窓口で安易に加入する手続きを行うのではなく、国民年金第3号の資格がある者はそれを促すようにしないのでしょうか? 社会保険庁はこういうケースを見捨てているのでしょうか? 私にはすべて会社任せで本腰を入れてやっているようには思えません。 長く勤めていた会社を、定年退職した後加入する健康保険についてお尋ねいたします。 私には、『 』と『国民健康保険の退職被保険者』 という選択肢があるようですが、 何を基準に選択したらよいのでしょうか? 任意継続保険被保険者(健康保険) 被扶養者 申し立てにより年金3号 任意継続被保険者の 国民年金 被保険者 ・種別変更の手続き 11 国民年金第3号被保険者該当申立書 国民年金被保険者資格取得・種別変更・種別確認(第3号被保険者該当)届書 健康保険に被扶養者として記載の場合 土木建築業などの場合 要約 被扶養者 国民年金第3号被保険者 任意継続被保険者 国民年金3号被保険者 国民健康保険 国民年金第1号被保険者• 被保険者期間が喪失前に継続して 2ヶ月以上 あること(共済組合は1年以上)• 会社などを退職し、被保険者でなくなった場合 国民健康保険(最初の1年は保険料が高い等の理由・・・・)に加入しないで、 希望により健康保険に加入した被保険者を任意継続被保険者といいます 申請期間は退職翌日から 20日に限定しています 逆選択防止のため• 保険料 全額自己負担ですので退職時の健康保険料のと同額の会社負担分をあわせて納めることになります。 しかし 標準報酬月額は退職時の標準報酬月額と30万円とを比較して低い額とするので 保険料の上限は 25500円/月 です これに介護保険料が加わります• 初月は申請時に納付しますが、2月目以降は毎月10日までに• 国保と健保とどちらが有利ですか 計算しましたか 組合管掌の場合は異なるので確認してください) 標準報酬月額が変わりますので気をつけてください• 期間 2年間 自己負担2割 参考 任意継続被保険者は再就職までのつなぎとしての制度で2年間可能です 2年間の加入と前納を勧められると思います 保険料納付に前納と月払があります が再就職で健康保険に加入すれば問題はありません それ以外は原則として途中で辞めることは出来ません 払ったら途中解約で返してくれません 被扶養者になるとか国民健康保険に加入するときなど前納金を返還しないので 還付に関してトラブルが起きています 月払いにする 国民年金第3号被保険者・種別変更の手続き 国民年金3号の届は法律変更により平成14年4月からは配偶者の会社に行います それを会社が社会保険事務所に提出します 国民年金第3号被保険者になる場合 健康保険の被扶養者になっていないので 社会保険事務所 又は会社)に行って 申し立ての書類を貰います 次に被保険者 配偶者)の会社で 申し立ての書類で被扶養者の証明をしてもらいます それと一緒に 任意継続被保険者証を 社会保険事務所 ( 国民年金課) に提示 します 始めまして、東京都OO区在住のOOと申します。 インターネットで先生のサイトを見つけて参考にさせていただいております。 国民年金第3号の申し立てについて現在悩んでいます。 私は今年O月末で会社を退職し、現在無職でO月に出産を控えている主婦です。 社会保険加入年月が半年程度だったので、出産手当金の為健康保険の任意継続を行っております。 その関係で、主人の会社経由では国民年金第3号の証明ができないので、個人で申し立てを行ってくださいと言われました。 (実際は会社の総務さんがその手続きをよく知らないということです) 区役所に問い合わせたところ、会社の所在地の 社会保険事務所から「第3号被保険者申立書」をもらって、主人の会社で証明印などをもらい、提出してもらえば大丈夫ということでした。 実際の社会保険事務所に電話したところ、 社会保険事務所の「第3号被保険者申立書」と、会社にある「税務上扶養しているという証明書」をつけて会社から提出すれば3号になれるということです。 ここでわからないのが、会社にあるという「税務上扶養しているという証明書」です。 健康保険の扶養に入っていなくても、 「税務上扶養しているという証明書」は一般的にあるのでしょうか。 その時は「そうか」と思って聞かなかったのですが、 主人の会社の総務さんもあまりここら辺の話は詳しくなく、むしろ知りたいとおっしゃっていたらしく、 こちらがきちんと把握して説明しないと却下されてしまうのではないかと不安です。 お忙しいところ恐縮ですが、教えてください。 宜しくお願いいたします。 法制度や 事務処理上可能であっても担当者が知らなければそのような不安が現実化することはあります 従って自分が教えてあげるということになります ただ相手の面子をつぶす言い方では感情的な反応になりますので注意してください 簡単に引き下がればそれで終わりですが 自信を持って説明すれば詳しい担当者に代わってくれます それですぐ解決できます 正しい権利も筋道を立てて主張しなければなりません 奥の手で 専門家である社労士に聞いたといえば反応も変わってきます (OO) PS:OO区社会保険事務所に再三問い合わせをして上記の話を聞いたのですが、結局区役所の人経由で聞いた話が一番わかりやすかったです。 しかも教えられた手続きも間違っていたし、手続き先も違いました。 その上、第3号にはなれないから第1号の手続きを教えましょうか、といわれました。 運が悪かったのでしょうか? こういう場合は違う社会保険事務所などに問い合わせをしたほうがいいのでしょうか。 この先わからないことが発生したとき、問い合わせをして間違ったことを教えられるのも怖くて不安です。 (今回は先生のサイトがあったので自信がもてましたが) また、 健康保険ですが、国保にするのがよいのでしょうか。 まず保険料の比較をします 国保の保険料は 市役所で聞きます 任意継続の保険料は現在健康保険料の倍額です 最高限度額は25500円です 次に医療にかかる可能性を想定します それで結論は出るでしょう 扶養になることも可能とか? 被扶養者になるには年齢制限はありません (扶養の認定が必要の様な気がしますが。。。 ) 16歳以上60才未満の人は通常就労し得る状態にあるから 特に厳格に就労の事実 収入の有無を調査認定するということです 通達 無収入を認めてもらえれば被扶養者になれます 18歳以上の子供については、 学生であるとか病気や障害で働いて収入を得ることができないなどの状態でない限り、原則として被扶養者とは認めない 一般的には退職後 被扶養者になれない場合 国民健康保険に加入すれば保険料又は保険税は 前年度の収入や資産等を基準にして算出するので 退職した年の保険料が 高額になります F市では年間最高48万円 N市では50万円です 保険料の最高限度額は全国53万円です。 そこでまず になる人もいます 参照 1年間任意加入をして、退職後の所得が下がっていれば、 健康状態などを考慮し、任意継続でいくか、国保に切り替えるか決めるのも良いでしょう。 国民健康保険は、市町村が保険者です。 国保組合もあります。 国民健康保険は、3割負担です。 (固定資産割、市町村によってはない場合あります 富士市は変更されました) 国保は前年の所得の課税額で計算されます 問題は国民健康保険料の額と健康保険の任意継続被保険者の額 の比較になります 国民健康保険料の額は退職する前に住所地の 市役所の国民健康保険課で保険料がいくらになるかを聞きます。 一般的に若い人が退職者の場合は、健康で、被扶養者もおらず、給料も安かったりした場合、任意継続被保険者になる必要もないでしょう。 国民健康保険に加入しても保険料もそんなにはかからないと思います。 退職者が、高齢で病気の心配もあり、扶養家族もあり、給料も高額であれば 健康保険の任意継続被保険者になった方が良いでしょう。 任意継続の保険料は、年間 30. 早速本日、再度社会保険事務所・国民年金の担当者に問い合わせてみたところ、 『配偶者の任意継続中の3号認定は取り扱っています』とはっきり回答をいただくことができました。 申立書も送付していただけるとのことです。 やはり真実性がありませんでした。 先生のHPに出会わなければ、最初のやり取りで3号認定を諦めるところでした。 私ももっと知識を身に付けなければいけないと感じております。 何度もお返事をいただき、お手数をおかけして本当に申し訳ありませんでした。 また、非常に感謝しております。 ありがとうございました。 私はまず始めに市役所の国保年金課に問い合わせしたのですが、社会保険事務所に問い合わせてくださいとのことで電話番号を教えていただきました。 やり取りです。 私:それで、確認したいのは失業保険をもらった後の国民年金についてなのですが、失業保険受給終了後、無職だった場合でも、夫の扶養になるのでは なくて社会保険を任意継続したいのですが、無収入なので、国民年金を 3号に認定していただくことができるのでしょうか? 担当者:いいえ、そういった取り扱いは今までしたことがありませんね。 任意継続されている場合は国民年金は2号扱いです。 私:私も始めはそうだと思っていたのですが、インターネットで調べていたら 任意継続中も無収入であれば、申立書を夫の会社を通じて社会保険事務所に 提出すれば、3号に認定してもらえると書いてあったのですができませんか? 担当者:ごらんになったのはどういったHPですか?社会保険事務所のHPですか?私:社会労務士の先生のHPです。 担当者:そうですか。 確認いたしますので少々お待ちください。 (他の方に確認したんだと思います。 ) 担当者:確認しましたところ、今までそういった事例の扱いはしておりませんので 3号には認定できないと思います。 私:それでは、私ももう一度確認します。 やり取りはこういった感じでした。 私も素人なのでこれ以上強く出ることも できず、私の見解が間違っているのか再度確認した次第です。 担当者の意見なのか社会保険事務所の見解なのか 定かではありませんが、1人の意見ではなさそうでした。 もう一度、私から社会保険事務所に確認した方がよろしいでしょうか? 度々で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。 送信者:"Toru Kawaguchi" 宛先: 件名:Re: 社会保険任意継続加入中の国民年金について 送信日時:2005年4月7日 社会保険事務所のこれに関する取り扱いは全国同じでなければなりません 担当者が取り扱ったことがないのかあるいはその社会保険事務所がそのような取り扱いをしないのかその社会保険事務所の名前とあなたとのやり取りの内容と担当者でなくその社会保険事務所の見解であるかどうかが知りたいです 送信者 宛先 : 送信日時 : 2005年4月6日 件名 : 社会保険任意継続加入中の国民年金について こんにちわ。 突然の問い合わせで申し訳ありませんが国民年金のことで、私の解釈が間違っているのか確認したいので、お忙しい中申し訳ありませんが、教えていただきたく、よろしくお願いします。 私は先月の末日(3月末)で、派遣されていた会社を退職したのですが、会社都合ということで、失業保険がすぐにもらえる予定です。 失業保険受給中は夫の扶養にはは入れないと伺ったので、『社会保険の任意継続&国民年金』を選択しようと思っています。 社会保険加入期間は2年半ほどあり、そろそろ子供も欲しいので出産手当金等を考えて任意継続にする予定なのですが、失業保険受給終了後、無職の場合、国民年金はどうなるのかと思い、先生のHPを拝見させていただいた次第です。 失業保険受給後無職の場合、社会保険の任意継続のままでも、申立書を社会保険に提出すれば、国民年金は3号に認定してもらえると私は解釈し、社会保険事務所に電話して確認したのですが、そういった事はきいたことがありませんという返答でした。 先生のおっしゃっている通り、社会保険事務所の職員の方にも、特例の 知識がないということだったので、「社会労務士の先生のインターネットを見たのですが」と言ってみたのですが、「HPの見解が間違っているのではないでしょうか。 こちらでは、そういった取り扱いをしたことがありません」と言われてしまい、調べていただけるような感じではありませんでした。 私の解釈が間違っているのか不安になり、自信をもっていうことが出来なかったのですが、正しい見解と今後どうしたらよいか教えて下さい。 また、4月に失業保険の受給が開始されるか分かりません。 もしかしたら5月になってしまうかもしれません。 そういった場合、4月だけ国民年金を3号に認定してもらうことも出来るのでしょうか? ちなみに、市町村が違うと取り扱いも異なるのでしょうか? 長くなって申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。 対象者 被用者年金保険の老齢(退職)年金の受給者とその被扶養者です• 一部負担金が2割から3割• 在職年数 20年以上(短縮特例も含む) 40過ぎてからは10年以上 定年退職などの方は退職者医療制度の手続きをしましょう 退職被保険者といいます 忘れている方が多いですよ• さもないと本人の一部負担金が国民健康保険の3割になるになるばかりでなく 保険料は勤務先の健康保険組合へ払ってきたのに 医療費がかさむ高齢になると国民健康保険が保険金を負担することになり 国・市町村の財政がますます逼迫するのではないですか?• 被扶養者は入院2割 通院3割• 手続きの窓口 市役所 国民健康保険課• 持参するもの 印鑑 国民健康保険の保険証 年金証書 年金受給の手続きが終わると社会保険センターから送付されます) 比較 の被保険者だった場合は、保険料が有利な特例退職被保険者制度があります、会社の担当者に確認して下さい。 国民年金の退職被保険者になれる人が該当します 加入する健康保険によって、受けられる内容が違うのでしょうか? 単に保険料の問題だけなのでしょうか? お忙しいところ申し訳ありませんが、お教えいただければ幸いです。

次の

健康保険の任意継続被保険者制度の手続きについて【専門家Q&A】

社会 保険 任意 継続 と は

この記事の目次• スポンサーリンク 任意継続保険を 1年間続けた感想 まずは「関東ITソフトウエア健康保険組合」の任意継続被保険者となった感想ですが、個人的には正解でした。 私の場合、1年目は「国民健康保険」のほうが年間で 2万円ほど安い計算でしたが、所得控除も考慮すると月1,000円ちょっとの違いでした。 これは週 2回のコナミスポーツ通いに 法人会員の都度利用料金が適用されたことで確実に回収できました。 しかも法人会員は 3回分の回数券を買うと 1回分が無料で付いてくるキャンペーンが何度もあり、大きな節約となりました。 ただ、旅行の補助や保養施設の利用といった関東ITソフトウエア健康保険組合のほかのメリットは生かせませんでした。 このあたりをフル活用できるかも大きなポイントとなります。 2年目に任意継続保険を続けるべきか 2014年の確定申告で総所得金額が前年より減りました。 そこで私の自治体で国民健康保険料を計算すると昨年より年間でさらに数万円下がる結果となりました。 一方の「任意継続保険」は 2年目の所得は考慮されず、退職前年の数字による計算が継続されます。 保険料額は、原則2年間変わりません。 収入額による見直しはありません。 ただし、介護保険該当・不該当、毎年度見直す保険料率・上限額改定により変わる場合があります。 結果、 私の場合で年間 5万円ほど「国民健康保険」のほうが保険料額が安くなりそうです。 この差額とコナミスポーツなどのメリットを較べる必要があります。 ただし、健康保険料は所得控除の対象なので実質は 4万円ほどの差となります。 任意継続保険を 1年で終了するには 2年継続できる「任意継続保険」を現状のまま 1年で終了するには、4月頭の納期に「未納」するしかなさそうです。 納付した期間が満了するまで国民健康保険への切り替え、被扶養者への切り替えを理由に資格喪失することはできません。 保険料の返還も求めることができませんのでご注意ください。 切り替えをする場合、未納による喪失をしなければなりません。 正直、「未納」というのは響きが悪いので、きちんと国民健康保険への切り替えを申し入れできるようにして欲しいです。 とにかく「未納」にすると納付期限の翌日に任意継続被保険者の資格を喪失となり「資格喪失通知書(証明書)」が送られてくるようです。 保険料を納付期日までに納付しなかったときは、その翌日付で資格喪失となります。 当組合より資格喪失通知書(証明書)を発送いたします。 なお、任意継続の保険証については同封の返信用封筒にてご返却願います。 その「資格喪失通知書」と本人確認書類を持って、住んでいる市区町村の役場で手続きすれば「国民健康保険」に申し込めると市役所に電話で確認しました。 コナミスポーツに個人契約すれば月1万円前後の月会費が必要ですが、都度払いでも月7千円前後は必要なので年間 4万円の差が回収できるかは微妙です。 さらに最近ではウォーキングが楽しくて「別にジムに行かなくても健康は維持できる」という選択肢が出てきたわけです。 ということで今日一日、切り替えるか悩みたいと思います。 こちらの記事もいかがですか?•

次の