ワークマン 株価 推移。 【ワークマン】[7564] 過去10年間の株価

【2020年版】ワークマン(7564)株価 過去10年間の月別上昇・下落推移

ワークマン 株価 推移

0 9,620. 0 9,500. 0 9,530. 0 9,530. 0 9,640. 0 9,460. 0 9,550. 0 9,550. 0 9,700. 0 9,460. 0 9,680. 0 9,680. 0 9,660. 0 9,460. 0 9,490. 0 9,490. 0 9,630. 0 9,520. 0 9,610. 0 9,610. 0 9,750. 0 9,620. 0 9,630. 0 9,630. 0 9,730. 0 9,460. 0 9,670. 0 9,670. 0 9,580. 0 9,200. 0 9,500. 0 9,500. 0 9,230. 0 9,130. 0 9,230. 0 9,230. 0 9,260. 0 8,940. 0 8,970. 0 8,970. 0 9,150. 0 8,670. 0 9,140. 0 9,140. 0 9,260. 0 9,050. 0 9,070. 0 9,070. 0 9,330. 0 8,980. 0 9,270. 0 9,270. 0 9,190. 0 9,030. 0 9,110. 0 9,110. 0 9,330. 0 9,130. 0 9,260. 0 9,260. 0 9,230. 0 8,920. 0 9,190. 0 9,190. 0 9,440. 0 9,110. 0 9,230. 0 9,230. 0 9,670. 0 9,260. 0 9,360. 0 9,360. 0 9,590. 0 9,290. 0 9,520. 0 9,520. 0 9,240. 0 8,930. 0 9,130. 0 9,130. 0 780,000• 過去の始値・高値・安値・終値の推移やPER、PBRや配当利回り、出来高などもバリュエーション値が時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【ワークマン】[7564] 過去10年間の株価

ワークマン 株価 推移

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2010 1. 5 9. 3 -2. 4 23. 3 -4. 8 -1. 5 3. 9 -0. 9 -1. 5 -2. 1 12. 7 -0. 3 2011 13. 7 -2. 4 6. 6 -8. 9 -0. 3 1. 3 31. 2 -0. 9 -1. 7 -2. 5 -2. 2 0. 0 2012 12. 7 12. 3 0. 8 0. 3 -8. 3 -2. 3 -11. 9 1. 0 0. 0 -0. 8 9. 3 8. 5 2013 9. 3 0. 2 12. 2 10. 3 13. 8 -6. 7 13. 1 -2. 6 5. 6 -2. 7 3. 3 -5. 1 2014 2. 4 6. 7 3. 6 -3. 7 12. 8 22. 8 -10. 5 12. 7 0. 1 1. 9 -5. 8 0. 5 2015 4. 1 -2. 2 0. 0 13. 1 5. 8 -0. 6 16. 2 -10. 3 4. 0 2. 2 -0. 4 5. 9 2016 -10. 8 -1. 5 -4. 5 3. 5 -0. 3 1. 0 0. 4 6. 1 -15. 8 8. 1 1. 3 1. 2 2017 -0. 9 0. 4 -3. 1 -1. 0 -1. 2 1. 7 2. 3 -1. 9 0. 7 6. 9 0. 1 9. 4 2018 21. 0 2. 2 3. 0 -11. 8 1. 8 3. 6 8. 9 16. 4 19. 9 2. 1 -0. 1 2. 5 2019 8. 1 7. 8 33. 8 -5. 6 -3. 3 -10. 1 6. 5 15. 9 35. 9 -1. 8 17. 7 12. 5 平均 6. 1 3. 3 5. 0 2. 0 1. 6 0. 9 6. 0 3. 6 4. 7 1. 1 3. 6 3. 5 ワークマン株価は過去10年間で 1 月は 8回上昇、 7月は 8 回上昇。 1月 1月 7月 7月 前半 後半 上旬 中旬 下旬 前半 後半 上旬 中旬 下旬 2010 -0. 8 2. 3 -0. 4 1. 9 0. 0 0. 0 4. 1 3. 8 -3. 6 4. 1 2011 14. 6 -0. 6 8. 5 5. 6 -0. 6 17. 7 11. 5 17. 8 0. 4 11. 0 2012 5. 8 6. 5 5. 8 -1. 3 7. 9 -6. 7 -5. 7 -6. 8 -2. 5 -3. 2 2013 5. 3 3. 8 -1. 4 8. 0 2. 6 10. 5 2. 4 11. 0 0. 8 1. 1 2014 0. 1 2. 4 1. 6 0. 7 0. 3 -11. 4 1. 0 -10. 5 -0. 8 0. 8 2015 3. 4 0. 7 2. 0 1. 4 0. 7 12. 2 3. 6 3. 3 22. 3 -8. 0 2016 -6. 5 -4. 6 -1. 7 -11. 5 2. 5 -5. 2 6. 0 0. 7 -2. 3 2. 1 2017 -1. 0 0. 1 0. 9 -0. 7 -1. 0 -1. 7 4. 0 -0. 5 0. 0 2. 8 2018 10. 8 9. 2 6. 2 10. 4 3. 2 6. 2 2. 6 7. 5 3. 3 -2. 0 2019 8. 8 -0. 6 7. 0 -2. 4 3. 5 14. 9 -7. 3 14. 0 -3. 4 -3. 3 平均 4. 1 1. 9 2. 8 1. 2 1. 9 3. 6 2. 2 4. 0 1. 4 0. 5 決算発表日と配当金権利確定日 決算発表前後や 配当金権利落ち後は株価が大きく動くことがあるので注意。 ワークマン過去3年間の決算発表日 【2019年】 2月6日、5月8日、8月6日、11月5日 【2018年】 2月7日、5月8日、8月7日、11月6日 【2017年】 1月31日、4月28日、8月3日、11月7日 配当金権利確定日 3月末日.

次の

ワークマン(7564)の株価はなぜこんなに上がっているの?|むぎちゃんのカブログ

ワークマン 株価 推移

ワークマンの事業 四季報には次のように書いてある。 作業服、関連用品の専門チェーン。 直営店のFC化推進。 PB比率向上。 全国展開目指す。 最近の好調の理由はデザイン性を売りにした「 ワークマンプラス」がヒットしたことが大きい。 さきほどの記事にもこう書いてある。 同社は低価格・高機能を謳ったプライベートブランドやアウトドアウエア業態「ワークマンプラス(WORKMAN PLUS)」によって、作業着需要と異なる新しい顧客を獲得することに成功。 2019年4~11月の累計既存店売上高は前年の同じ期間に比べて31. 3%増と大きく伸長している。 消費増税による買い控えや天候不順で苦戦するアパレル企業が多い中、10月で同30. 1%増、11月で同29. 3%増と勢いは衰えていない。 そのため高成長の持続を期待する投資家の買いが入っているようだ。 引用元 — 各種業績の推移 2010年3月期から2019年3月期までの10年分のデータを集めたので紹介する。 なお、この10年間で何回か株式の分割が行われているので、すべてのデータは現在の基準に直してある。 売上高の推移 単位は[百万円] 2010. 3 33,319 2011. 3 37,010 2012. 3 43,971 2013. 3 45,057 2014. 3 48,137 2015. 3 48,426 2016. 3 49,577 2017. 3 52,007 2018. 3 56,083 2019. 3 66,969 売上高は右肩上がり。 非常に順調だ。 だけど、株価の急上昇の割には緩やかな気もする。 10年で約2倍。 すごいけど、「めちゃくちゃ急成長」というほどではないな。 営業利益の推移 単位は[百万円] 2010. 3 3,561 2011. 3 4,476 2012. 3 6,883 2013. 3 7,394 2014. 3 8,378 2015. 3 8,339 2016. 3 8,807 2017. 3 9,553 2018. 3 10,603 2019. 3 13,526 営業利益は売上高以上によく伸びている。 10年で4倍弱はなかなかだ。 売上高営業利益率の推移 単位は[%] 2010. 3 10. 7 2011. 3 12. 1 2012. 3 15. 7 2013. 3 16. 4 2014. 3 17. 4 2015. 3 17. 2 2016. 3 17. 8 2017. 3 18. 4 2018. 3 18. 9 2019. 3 20. 2 こちらはめちゃくちゃ優秀。 2010年3月期の時点でもそこそこ優秀なのに、右肩上がりで成長して、2019年3月期には20%を超えた。 これはすごい数字である。 10年平均では17. 9%とこちらもすごい。 このレベルで安定しているのは、投資先としてとても魅力的だ。 営業キャッシュフローの推移 単位は[百万円] 2010. 3 3,446 2011. 3 5,196 2012. 3 5,682 2013. 3 4,743 2014. 3 7,278 2015. 3 4,660 2016. 3 6,871 2017. 3 6,987 2018. 3 9,857 2019. 3 9,657 こちらは少し凸凹しているが、全体的には上昇傾向。 10年で3倍弱の成長は優秀。 営業キャッシュフローマージンの推移 単位は[%] 2010. 3 10. 3 2011. 3 14. 0 2012. 3 12. 9 2013. 3 10. 5 2014. 3 15. 1 2015. 3 9. 6 2016. 3 13. 9 2017. 3 13. 4 2018. 3 17. 6 2019. 3 14. 4 営業キャッシュフローの値が凸凹している分、こちらも凸凹している。 低い年でも10%あるのはとても良い。 10年平均で13. 2%は優秀な値だ。 15%に載せれれば見栄えがよく、米国の優良企業にも劣らない値になる。 EPSの推移 単位は[円] 2010. 3 30. 4 2011. 3 33. 6 2012. 3 54. 0 2013. 3 61. 8 2014. 3 68. 5 2015. 3 72. 0 2016. 3 76. 4 2017. 3 87. 5 2018. 3 96. 1 2019. 3 120. 2 こちらも右肩上がりで見ていて気持ちがいい。 10年で4倍弱。 なかなかの勢いだ。 BPSの推移 単位は[円] 2010. 3 324. 7 2011. 3 349. 0 2012. 3 393. 0 2013. 3 438. 6 2014. 3 488. 3 2015. 3 539. 7 2016. 3 593. 3 2017. 3 658. 7 2018. 3 727. 6 2019. 3 820. 1 BPSもきれいな右肩上がり。 毎年順調に資産を積み上げているのは素晴らしい。 すごく安定感があると評価できる。 ROEの推移 単位は[%] 2010. 3 9. 7 2011. 3 10. 0 2012. 3 14. 5 2013. 3 14. 9 2014. 3 14. 8 2015. 3 14. 0 2016. 3 13. 5 2017. 3 14. 0 2018. 3 13. 9 2019. 3 15. 5 2012年以降は15%くらいで安定している。 日本の上場企業の倍近くの水準で安定しているのは優秀だ。 一時的にでも不調の年がないのも素晴らしい。 配当金の推移 単位は[円] 2010. 3 9. 25 2011. 3 10. 00 2012. 3 16. 25 2013. 3 18. 75 2014. 3 20. 75 2015. 3 21. 75 2016. 3 23. 00 2017. 3 36. 50 2018. 3 29. 00 2019. 3 36. 50 配当金もEPSの成長に合わせて順調に増えている。 増収が続く限り、それと同じ勢いで増配していくだろう。 配当性向の推移 単位は[%] 2010. 3 30. 4 2011. 3 29. 8 2012. 3 30. 1 2013. 3 30. 3 2014. 3 30. 3 2015. 3 30. 2 2016. 3 30. 1 2017. 3 30. 3 2018. 3 30. 2 2019. 3 30. 4 30%で安定している。 決算資料にも「配当性向30%目処」と書いてある。 2018年に入ってから一気に株価が伸び始めて、現在では5倍位まで値上がった。 1年チャートを見ても、まだまだ右肩上がりの傾向が続いているのが分かる。 安いうちに買うチャンスはあった 最近になっていきなり株価が上がっているので、業績が急成長したのかと思いきや、意外と昔から優良な経営をしていることに驚いた。 この時買っていれば今頃テンバーガーだったというわけだ。 こういうのをみると夢があるなと思う。 いろんな無名株を調査してみたくなるね。 その他に気になる所 ワークマンの 自己資本率を見てみると 80%以上あり非常に高い。 高すぎなくらい。 こういった傾向は昔から続いているが、個人的には60%くらいまで落としてもいいと思うし、そういった点で何かを仕掛けてくる可能性はある。 そうすればROEもさらに大きな値にできる。 この豊富な自己資本を崩す先として考えられるのは• 配当性向の引き上げ• 株主優待制度の設立• 自社株買い• M&A などだろうか。 「配当性向30%」の方針を「40%」に引き上げるなどの戦略が考えられる。 しかし、10年以上続いたこの方針を変更する可能性は低い。 一度引き上げると、引き下げるのが難しくなるも企業にとってはデメリット。 継続的に負担が増えるため、まだまだ成長できそうなうちは配当性向の引き上げは無さそうだ。 株主優待は配当性向の引き上げよりは可能性がありそう。 だが、すごくささやかなものになりそう。 高PERでグロース投資家が群がっていそうな今、優待を設立しても投資家に響かなそうな気もする。 自社株買いについては、一番可能性が高いかなと思う。 配当性向引き上げ比べて、タイミングを見てやりやすい。 手堅く行くなら増配よりも自社株買いだと思う。 M&Aもあまり可能性はなさそうかと思う。 「ワークマン」や「ワークマンプラス」の出店を加速させることに力を入れたほうが効率が良いと思われるからだ。 出店が頭打ちになってきたらM&Aも考えられるが、まだまだ先だと思う。 33倍• 80倍 といった感じでかなり高い。 いかにもトレンド株だなって感じ。 ちょっと期待はずれな決算があるだけでガクッと来そうなのは怖い。 自己資本比率が高いのは倒産リスクや減配リスクが無くて良い。 長期投資をするなら、「なにか悪いニュースが有って半値くらいまで下がったら考える」くらいの感じだろうか。 良い銘柄ではあるが今から参戦するのは出遅れ感満載である。 一部上場や株式分割、自社株買いや優待制度設立など、上昇材料がまだまだ出てくる可能性があるというのは強い思う。 グロース投資家なら儲けられるかもしれない。

次の