大 草原 の 小さな 家 ローラ の 祈り。 大草原のオルソンさんとローラの秘密..「大草原の小さな家」のステキなキャラたち

大草原の小さな家「ローラの祈り」

大 草原 の 小さな 家 ローラ の 祈り

シーズン3の10話目で70分の長編である。 日本での初放送では、この回だけシーズン1の最終回の次に放送されたとのこと。 それで話がつながるのか不思議だったが、見て納得することができた。 原題はThe Hunters 、チャールズとローラが二人だけで狩りに出かける話なので、大筋には影響はない。 それに通常より20分長いのでル感があり、また始まるという期待感も高まったことだろう。 当時はまだ情報も少なかったから、普通に楽しむことができたと思う。 それでも次回からローラが小さくなるので驚いた視聴者も多かったに違いない。 それくらい思春期の1年は大きい。 ローラの顔つきもだいぶ大人びた感じになっている。 それでも当時の小さなテレビでは、その変化はあまり感じられなかったかも知れない。 何しろ森が舞台なのにローラの服は緑色なのだ。 今回もDVDの画質は良くなかったので、まるで保護色のようで見えづらかった。 これは 4Kで見直すのが楽しみである。 全編がほぼ森の中で、そこを盲の老人と歩き続けるのである。 いわば「ローラの祈り」で省かれたローラの道行を丁寧に描き直したとも言える。 目が見えなくなったことにより自信も失っていた男が苦難の道行でかつての自信を取り戻していく姿が印象的だった。 の声もぴったりだった。 「ローラの祈り」では演じるジョナサンがローラを導いたが今回はバール・アイヴス演じるサムがその役を担う。 その存在感はさすがにでを取っただけのことはある。 その映画「大いなる西部」を年末に見直したばかりだった。 この映画でも粗野ではあるが義を重んじる男を熱演。 ちなみにで初放送された時の声はワーズの声を演じた金井大だった。 映画そのものも久々に見直したが3時間近い長尺が気にならない面白さだった。 やはり西部劇はワイドな画面で見るに限る。 そのな景観だけでなく、その人物配置が映える。 左から、バール・アイヴス、、。 さらに、キャロル・ベーなども出演しているのだから凄い。 舞台はテキサスだが時代背景はほぼ同じ。 「」もワイド画面で見たくなってしまった。 なお、バール・アイヴスはカでは歌手としても知られているようである。 hze01112.

次の

大草原の小さな家

大 草原 の 小さな 家 ローラ の 祈り

現在、47歳。 小学生の頃、当時我が家にはビデオデッキがありませんでした。 『大草原の小さな家』の日は、いつもより早足で下校し、いつもより要領よく新聞配達を終え、3段飛びで団地の階段を上がり、放送時間5分前にチャンネルを合わせせ、テレビの前にスタンバっていた記憶があります。 誰かに奨められた訳でもなく、たまたま偶然番組を観たことから、今回はどんなお話かとワクワク胸が躍り夢中になっていました。 男らしいけどわんぱく少年のような父さん、家族を愛で包み込む母さん、大自然の中を駆け回るお転婆ローラ、知的で美人なメアリー、お人形さんのように可愛らしいキャリー。 物の無かった時代、高級品なんてないけれど、手作りの木の家、暖炉、馬車、鉄の鍋、ホーローの食器、母さんお手製の服やキルトのシーツ、小物などなど全てに温かみがあり、全てが私の理想でした。 大人になってから地元を離れ、現在、理想の田舎で暮らし、家族にも恵まれ、 いつか大草原の暮らしをしたいという幼少時代からの思いを叶えることができました! 子供たちにも『大草原の小さな家』観せています。 子供の会話や日常生活での会話ばかりなので、親子で英語の勉強にも役立つかなと思います。 Amazonさん、是非、最終シリーズまでお願いします!! 現在72歳です。 このドラマで人生を学んだと言っても過言ではありません! このドラマが始まった時は20代半ばで土曜日の夕方が楽しみで、 毎回夢中で観ていました。 特に「ローラの祈り」は深く感銘を受けました。 そしてこんな家庭、家族を持ちたいと夢見ていましたが、 現実には夢見ていた人生とは違い、仕事・結婚・家族の看病・介護・ 自身のガン手術といやはや怒涛の数十年を過ごしました! 今そこそこの健康に恵まれ、ひとり暮らしを楽しんでいますが、Amazon Primeで これを見つけ、コロナウイルスの自粛生活にはなんと嬉しいパートナーでしょう! 加齢とともに聴力も落ちていますので、字幕はとてもありがたいです。 シーズン1は24話、1日3話観ても8日・・・・。 新しい技術で処理されているのでしょうね? この歳で再び感動がよみがえり、生きてて良かった!と喜んでおります。 あまりレビューは書きませんが、私の同年代メリサ・ギルバートをオンタイムで見ていました。 あれから40年余り、時代情勢も今の困難な情勢も何かヒントが隠れている様な気がします。 マイケル・ランドンも壮絶なガンでこの世を去りましたね、何故英語で日本語字幕になったのか、私もフルでビデオテープを保存しています。 でもビデオデッキが壊れてしまい、映像が観れないのです。 心ある日本メーカーが再生デッキでもいいので、生産再開してくれませんか!私はAmazonで日本語版を購入しました。 でもNHKで45分にカットされている所からもカットされています。 日本人の殆ど方は、この大草原の小さな家で当時見ていましたね、世知辛い世の中、狂乱物価、石油ショック真っ只中でした。 トイレットペーパー騒動も、今と同じ状況で今の方が混沌しています。 これを観て心を癒してみるのはいかがでしょうか。 若い方もオススメですよ。 当時の声優人に感謝です。 出来れば日本語版ノーカット版を! おかしな言い方ですが、このドラマ、私にとってはそういう存在です。 全編を通して「家族」「勤勉」「信仰」と米国の伝統的な価値観にあふれていますが、同時にそれは時代や国籍を超えた普遍的な感動を与えてくれます。 これをリアルタイムで観始めたころ、私は小学生でした。 そのころはローラのように子供らしく、「新しい世界への旅」「広々とした大草原」「日々おこる冒険」にワクワクするしかありませんでしたが、その後シーズンを重ねても観続けていたということは、インガルス一家の営みに世代や国籍を超えた共感があったからだと思います。 結婚して父となり子の成長を見送り、ひとつの区切りを迎えた自分が今こうしてみると、チャールズの家長としての責任の重さ、厳しさに大きな理解と共感を覚えています。 誰もが観る価値のあるドラマだと思います。

次の

大草原の小さな家

大 草原 の 小さな 家 ローラ の 祈り

今回の「」は、かなりキリスト教に則ったっぽいお話だったので、いろいろ気になるなーと思い、ちょっと調べてみました。 とはいえ、私のキリスト教知識は昔々の大学時代の西洋美術史と、ぼちぼち読んでる一般書程度の知識しかないので(そしてクリスチャンでもない)、いろいろ間違ってたらスミマセン。 ということで、まあ要するに、以下はほぼ自分用メモです。 さて、「ローラの祈り」。 原題は「The Load is my Shepherd(主は私の羊飼い)」で、これは旧約聖書の詩篇23篇(ダビデの賛歌)のこと。 マンケイトの病院でフレディ(チャールズだとややこしいので、こう呼びます)の死を知ったとき、父さんと母さんが祈る言葉です。 「主は私の羊飼い、私は乏しいことがありません……(中略)……死の陰の谷を行くときも、私はわざわいを恐れません」 かなり有名でいろんな作品によく出てきますが、内容としては、ダビデ王が自らを弱き存在(羊)であるとへりくだりながら、主と共にあること・主に従うことを讃えるものです。 そういう信仰を頼りに、二人は息子の死を乗り越えようとします。 実際に、フレディの死を知って泣くメアリーに「これでいいのよ、主の思し召しなんだから」と母さんが言いますね。 この台詞は、まさにこの23篇の教えそのもの、そしてこの回の後半は、ローラが「主の思し召し」を確認しに行く話になっています。 ローラはフレディの死の原因は自分の悪い行い(自分の寂しさ・嫉妬心にとらわれて、フレディの快復を祈らなかったこと)だったと悔いて家を抜け出し、できる限り神に近づくために山に登り、自分が神の元に行く代わりに、フレディを父に返して欲しいと祈ります。 「神様にはもう息子(キリスト)が一人いるでしょう? 今度は娘が欲しくないですか」 父(チャールズ)と子(フレディ)の損なわれた関係を、自らの犠牲によって復活させようとするわけです。 この祈りを確実に届けるために、ローラは神の近く=高い山に登ります。 この行為も(オルデン牧師の発言がきっかけの幼い発想とはいえ)、キリストの「山上の説教」を連想させます。 そんな山の上のローラを助けるのが「ジョナサン」というのも、なかなかに示唆的でした。 プロテスタントにはジョナサン・エドワーズという有名な神学者・牧師がいますし、ジョナサンという名前はダビデの親友・ヨナタンが由来。 ヨナタンは「神は与える」という意味で、やはり神の使者というイメージを持たせているのかなあと思います。 ジョナサンが語る、雨は天の涙だというのも自己犠牲の話でした。 仲間のために天の者が泣くことで、雨が降り、地上が潤う。 そんな話をしながら雨の恵みである川で水浴びをしているとき、ローラは十字架を流してしまい、ジョナサンの見つけた傷ついた鳩に出会います。 キリスト教において、鳩といえば聖霊の象徴ですね! ここに来て、父と子と聖霊という三位一体のモチーフが揃いました。 傷ついた鳩を手当てし、焚き火のそばに置いてやりながら、ジョナサンは誰もが傷ついた生き物を助けるわけではないとローラに話します。 「忙しい人は通り過ぎてしまう。 いつも頭にあるのは自分のことばっかりなんだ」。 これはマンケイトの病院でキャロラインが窓の外を見ながらつぶやく言葉とほぼ同じです。 「みんな急いでいるのね。 どの人もすごくせかせかしている。 そんなに大事な用があるのかしら」。 そういう人間たちのことを神は怒るのではなく悲しんでいる(つまり、そんな愚かな仲間たちのためにも泣いてくださっている)とジョナサンが語り、さりげなく川での話を補完します。 そして翌日、大きな火を熾すというジョナサンの提案によって、ローラは再びチャールズに出会い、和解がなされました。 この親子の関係復活と同時にジョナサンも鳩も姿を消しますが、実は鳩はちゃんと快復しており、このあと誰も見ていないところで再び晴天に羽ばたいて行きます。 ローラが我が身を顧みず他者のために祈り、また傷ついた鳩を助けることで聖霊は復活し、父と子らの関係も修復された、というわけです。 この時の父と子とは、おそらくチャールズとローラやフレディだけではなく、同時に、主とローラ、主とチャールズなどのことでもあり、彼らの関係の回復が「主は決断を下された」というジョナサンの力強い言葉で宣言されます。 かくして、一度は損なわれた父と子と聖霊という「三位一体」は復活し、神の存在があきらかとなった、ということですね。 うーん。 私はこんな感じで解釈しましたが、いかがでしょう。 こうやって作品を分解?というか分析??(ってほどでもないんですが)してみると、ホントにこのドラマは脚本がしっかりしてるな、と思います。 これってこういうことかな?と思いついて突っ込んでいくと、大抵ちゃんと納得する答えがあるんですよね。 話の筋に無理がない。 今回は宗教でしたが、こういうバックボーンのある物語は強いなと改めて思いました。 古くさいとか説教くさいとか言われるのかも知れないけど、でも、こういう王道があればこそ変化球も生きるわけで、こうやってしっかり作られたを子どもの頃から見ていたことは幸せでした。 これからも楽しみに見ていきたいなと思います!.

次の