ふき の 煮物 の 作り方。 ふきの煮物(炒め煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ふきを色よく煮る方法2つ【春の煮物】色出し煮の作り方

ふき の 煮物 の 作り方

Contents• ふきの下処理はどうしたらいいの? 写真:白ごはん. com ふき料理を作る時はまずはアクをとります。 面倒くさそうと思われていますがとっても簡単です。 大量にふきをもらったりすることもあるのではないでしょうか? こんなに沢山どうしたらいいのかと頭を悩ませるでしょう。 しかし大丈夫です!下処理さえしておけば長持ちする食材で、使いたいときに使いたい分調理する事ができるのです。 まず、大きい鍋を用意したっぷりのお湯を沸かします。 次にふきの葉を切り落とします。 そして、板ずりといって、塩をふったふきをまな板の上でゴロゴロ転がします。 板ずりをしたら沸かしたお湯に投入。 ふきの太さによっても違いますが、3分~5分茹でます。 茹で上がったら、冷水にさらし皮を剥きます。 これが少し面倒ですかね。 でも1回やっておけばこれでOKなのです! しばらくそのまま冷水につけておきます。 これで出来上がりです。 point 438 あっさり系がお好きな方におすすめなのが「小女子」です。 小女子は「イカナゴ」という魚の稚魚で、ふきと一緒に煮る事によってとっても出汁がでて旨みがまします。 味付けは醤油・みりん・酒・砂糖で味付けをするのですが、味付けにも好みがあると思うので自分の好みの味に調整してください。 簡単に言うと順番に1:1:2で入れてください。 最後の砂糖は甘めの煮物が好きな方は味をみながら足していくといいです。 鍋に調味料をいれ火にかけたら、ふきを食べやすい大きさに切ったものを入れ煮ていきます。 ふきが柔らかくなったら、最後に小女子を入れます。 小女子はできるだけ最後の方に入れたほうが、柔らかくなりすぎず美味しくできます。 point 297.

次の

ふきの煮物(炒め煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ふき の 煮物 の 作り方

ふきの炊き込みご飯の準備 材料は 「茹でたふき、干し椎茸、鶏もも肉」です。 鶏肉は炊き込みご飯用にカットされたもも肉を買ってくるか、皮ごと1㎝四方くらいに切ります。 まず、干し椎茸は戻るのに時間がかかるため、事前に水100mlほどを加えて上にキッチンペーパーをかぶせ、水戻ししておきます。 また、ご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。 浸水させることで、米に火が通りやすくなってふっくら炊けます!• 炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。 また、メインの具材となるふきは茹でたら数日間保存できるので、自分で茹でる場合は事前に茹でておくと便利です。 手順としては、大きな鍋やフライパンの幅に合わせてふきを切り、たっぷりの塩をまぶして板ずりをしてから茹でます。 茹で時間は3~5分です。 茹でた後は両側から筋取りをして、水に浸けて冷蔵保存。 この状態にしておけばいつでも料理に使えるようになります。 茹でたふきはしっかりと水気を切って6~7㎜幅に、戻した干し椎茸は半分に切ってから4~5㎜幅に切ります(戻し汁は捨てずに取っておきます)。 ご飯になじみやすいよう細かめに切った鶏肉は、生のまま炊き込むよりも 熱湯をまわしかけて余分な臭みや脂を落とし、ざる上げしたら塩ひとつまみで軽くもんで下味をつける、このように下ごしらえしてから炊き込むのがおすすめです。 まず、椎茸の戻し汁を茶漉しなどを通して全量加えます(細かいごみがあることが多いため)。 それからAの醤油とみりんを加え、最後に 水を2合の目盛までそそぎ入れてから具を上にのせます。 あとは炊飯器にセットします。 浸水しているので普通コースで炊いてOKです。 ご飯が炊けたら、さっくりと全体を混ぜ合わせて完成です。

次の

ふきの炊き込みご飯のレシピ/作り方:白ごはん.com

ふき の 煮物 の 作り方

Contents• ふきの下処理はどうしたらいいの? 写真:白ごはん. com ふき料理を作る時はまずはアクをとります。 面倒くさそうと思われていますがとっても簡単です。 大量にふきをもらったりすることもあるのではないでしょうか? こんなに沢山どうしたらいいのかと頭を悩ませるでしょう。 しかし大丈夫です!下処理さえしておけば長持ちする食材で、使いたいときに使いたい分調理する事ができるのです。 まず、大きい鍋を用意したっぷりのお湯を沸かします。 次にふきの葉を切り落とします。 そして、板ずりといって、塩をふったふきをまな板の上でゴロゴロ転がします。 板ずりをしたら沸かしたお湯に投入。 ふきの太さによっても違いますが、3分~5分茹でます。 茹で上がったら、冷水にさらし皮を剥きます。 これが少し面倒ですかね。 でも1回やっておけばこれでOKなのです! しばらくそのまま冷水につけておきます。 これで出来上がりです。 point 438 あっさり系がお好きな方におすすめなのが「小女子」です。 小女子は「イカナゴ」という魚の稚魚で、ふきと一緒に煮る事によってとっても出汁がでて旨みがまします。 味付けは醤油・みりん・酒・砂糖で味付けをするのですが、味付けにも好みがあると思うので自分の好みの味に調整してください。 簡単に言うと順番に1:1:2で入れてください。 最後の砂糖は甘めの煮物が好きな方は味をみながら足していくといいです。 鍋に調味料をいれ火にかけたら、ふきを食べやすい大きさに切ったものを入れ煮ていきます。 ふきが柔らかくなったら、最後に小女子を入れます。 小女子はできるだけ最後の方に入れたほうが、柔らかくなりすぎず美味しくできます。 point 297.

次の