胡蝶 しのぶ えろ。 鬼滅の刃~胡蝶しのぶが死亡してから童磨に恋されるまでを徹底調査! | 8ラボ(はちらぼ)

[胡蝶しのぶ 凌辱](リョナ注意!!)しのぶは累の姉に今まで鬼を殺し続けて来た復讐を受けてしまう。

胡蝶 しのぶ えろ

『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶとは? 胡蝶しのぶは、鬼を殲滅するための組織『鬼滅隊』の中でも特に優れた剣士である 「柱」の一人です。 「柱」は最も強い剣士に与えられる称号で、物語当初は9人の柱がいましたが、一人が殉職し、一人が深手を負ったことにより引退したため、現在は7人の柱が存在します。 しのぶは柱の中で恐らく最年少である無一郎の次に身長の低い女性で、紫がかった髪の毛をいつも蝶の形の髪留めで一つにまとめています。 また、肩の羽織や刀のつばなども 蝶をイメージさせる作りになっています。 顔については美人に目がない善逸が 「それだけで食べていけそう」というほどの美人であり、 常に微笑みを絶やさない穏やかな性格をしていますが、鬼に対しては憎しみを隠し切れずにいるようです。 しかし、不死に近い鬼が唯一苦手とする藤の花から 毒を作り出し、これを剣に仕込むことで鬼を殺すことができます。 使用している呼吸は 「蟲」であり、作中で登場している技は「蝶ノ舞 戯れ」しかありませんが、 鬼でも目で追えない速さで複数回攻撃を行い、刀に仕込んだ毒で、時間差で殺すという戦闘スタイルです。 蝶のように舞い、蜂のように刺すという戦い方に合わせ、しのぶの刀は 非常に細くなっていますが、刀の柄近くと剣先の部分が少し幅広になっています。 毒の仕込み方については作中では登場していませんが、刀に仕込み用の穴などがないため、刀に塗っているのではないかと考えられます。 胡蝶しのぶの知識その2:薬学にも精通するお医者様! しのぶさんにあーんされたい — あーす 爆死 gurandodaiti しのぶは毒の他に 薬学にも精通しており、蝶屋敷と呼ばれる自身の屋敷で隊士の怪我の治療なども行っています。 蜘蛛山編では、善逸が鬼の攻撃により人面蜘蛛にされかけ、完全に蜘蛛にはならなかったものの、右手右足が痺れ、縮んでしまいました。 これをしのぶは太陽の光と薬だけで 後遺症もなく完全完治させました。 また、完全な人面蜘蛛になってしまった人たちも、後遺症が残ってしまうものの、 人の姿にまで回復することができる凄腕の医師です。 蜘蛛山編での怪我を治したかまぼこ隊の3人は、蝶屋敷に住む少女たちと、しのぶの継子である栗花落カナヲから訓練を受けました。 3人はこの訓練で体中の血の巡りと心臓の鼓動を早くする「全集中の呼吸」をどんな状況でも常に発動させる発展系 「全集中・常中」を身に付けることによって基礎体力を飛躍的に向上させることができました。 このように、しのぶは 後方支援や隊士の育成にも大きく貢献しています。 このようにしのぶは人のモチベーションを上げたりと、 ものを教えるのもうまいため、人にものを教えるのが爆裂に下手くそだった炭治郎をフォローし、伊之助と善逸に「全集中・常中」を9日で会得させることができました。 胡蝶しのぶの知識その4:姉・カナエとの悲しい過去・・・ 胡蝶しのぶはニコニコと笑っているコマが多いんですよ。 これのせいで「すごい微笑みながら鬼を殺すサイコパス」って言われてたんですけれど、笑顔の理由、なんでだと思います?「亡き姉が好きだと言ってくれた笑顔」だからなんですね。 — ひゃくまる osiroiobake しのぶには カナエという姉が存在していました。 カナエも同じく鬼殺隊の隊士でしたが、非常に心の優しい人物で、鬼に同情し、 「鬼と仲良くなる」という夢を持っていました。 しかし、カナエは 鬼に騙されて惨殺されてしまいます。 しのぶは、それでも死ぬ間際まで鬼を哀れんでいた姉が望むのであればと、カナエの意思を継ぎ、 カナエが好きだと言っていた微笑みを絶やさずに鬼と仲良くなる道を探してきました。 しかし最愛の姉を無惨に殺され、たくさんの人の悲しみを見て来たしのぶは鬼に対するどうしようもない嫌悪感を抱いています。 実際蜘蛛山編で遭遇した糸を操る少女の姿をした鬼に対しても友好の道を示していましたが 、「人を殺した分だけ拷問を受ける」という条件を提示し、「目玉をほじくったり、お腹を切って内臓を引きずり出したりする」ことであなたは初めて許されると語るなど、鬼に対する深い憎悪が溢れ出ています。 胡蝶しのぶの知識その5:炭治郎に託された友好の道・・・ 鬼滅の蟲柱・胡蝶しのぶさんの炭治郎の呼び方、初め「坊や」だったのが柱合裁判中から「竈門君」に変わり、裁判以降は「炭治郎君」に変わっていて、夢を託すまでに至り、様々なフラグが怖くも楽しみですよ俺は。 「竈門君」から「炭治郎君」に変わったのは、禰? しかし、柱合裁判で禰豆子が 人を襲わない鬼であることが証明されます。 また、炭治郎自身も 「禰豆子も一緒に戦える、鬼滅隊として人を守るために戦える」と柱たちに宣言しました。 これを見たしのぶは炭治郎に一筋の希望を見つけます。 蝶屋敷で自分の過去を語ったしのぶは、「鬼と仲良くなる」という夢を炭治郎に託し、「どうか禰豆子さんを守り抜いてね」と言葉を掛けました。 また、この時に 「自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと私は安心する。 気持ちが楽になる。 」と語っており、しのぶがどれほどの悲しみを背負っているかを垣間見ることができます。 胡蝶しのぶの知識その6:本来は勝気で男勝りな性格! 鬼滅の番外編ヤベェ…しのぶさん…めっちゃ勝気じゃん…今のしのぶさんって本当にお姉さんの代わりしてるんじゃん…… そしてカナエさんもカナヲも可愛い — よっしー アレット yskwck 姉・カナエの壮絶な死によって己を殺し、常に笑みを絶やさない穏やかな性格になったしのぶですが、単行本7巻に収録されている番外編ではそんな しのぶの過去の姿を見ることができます。 この番外編は、しのぶの継子である カナヲが蝶屋敷に引き取られて生活を始めるまでが描かれており、生前のカナエも登場しています。 この中でしのぶは大柄な男性の手を払いのけて威嚇していました。 その他にも男性に挑発的な態度を取ったり、何事にもおおらかなカナエに怒ったりするなど、 今のしのぶとは全く違う姿を見せており、本来は勝気で男勝りな性格であることが分かります。 またそれまでの自分を今、どれだけ押し殺しているかを考えると胸が切なくなります。 胡蝶しのぶの知識その7:水柱・冨岡義勇との関係性にほっこり! しのぶは5巻の蜘蛛山編で初登場しているのですが、この時同じく蜘蛛山に駆け付けた水柱・富岡義勇が鬼である禰豆子をかばったため一時的に敵対しました。 そこでしのぶは義勇に 「そんなだから嫌われるんですよ」と発言。 この時に義勇は 「俺は嫌われていない」と反論し、しのぶは 「すみません、嫌われてる自覚がなかったんですね・・・」とやりとりするなど、二人の関係性や義勇さんの残念な一面がファンの間で話題となりました。 ちなみにしのぶは義勇のことを 「天然ドジっ子」だと思っているようで、この時も鬼が目の前にいるのにボーッとしてるから 「富岡さんが危ない!」と思い、助けようとしたのにそれを邪魔されたため、ムッとしていたそうです。 この二人の決して仲が悪いわけではないのにかみ合わない関係性は見ていて飽きません。 関連記事をご紹介! 胡蝶しのぶの知識その8:女性隊士の隊服を正しく直す! 恋柱・甘露寺蜜璃の隊服は胸元が大きく開き、下はミニスカートと、 しのぶの隊服に比べて大きく露出しています。 蜜璃は隊服を受け取った際に「寸法が合っていない」と主張しましたが、縫製係の前田まさお(あだ名:ゲスメガネ)が「ドンピシャ」「完璧な状態」と取り合いませんでした。 「女の子はみんなそうなのかしら」と仕方なく納得した蜜璃でしたが、柱合会議でしのぶが普通の隊服を着ているのを見て理由を尋ねたところ、しのぶも初めは蜜璃と同じ隊服を渡されていましたが、 「その隊服は前田さんの前で油をかけて燃やしました」とのこと。 さらに、しのぶは自身の屋敷の女性隊士たちにも同じ様に油とマッチを持たせているようで、こういった一面からも 本来の過激で勝気な性格を垣間見ることができます。 継子・カナヲに託された技とは・・・?アニメでの活躍にも注目! そして、姉を殺した鬼の倒し方をカナヲちゃんに伝授したということは……十中八九、しのぶさんとはここでお別れか。 雑魚鬼の首すら刎ねられない彼女の力では上弦の鬼相手に勝ち筋が全く見えないし。 毒? 効くかなあ……。 — ハンセイ 岩代俊明 待望論 neoamakusa 現在しのぶは継子・カナヲに 姉・カナエを殺した鬼の殺し方について伝授しており、本誌では 上弦の弐・童磨と接触するなど、緊迫した展開が続いています。 また、しのぶは蜘蛛山編から登場しているため、1月から始まるアニメでも登場が期待されています。 原作とアニメ、どちらの胡蝶しのぶからも今後目が離せません! 関連記事をご紹介!.

次の

【鬼滅の刃】笑顔の裏に隠された過去!胡蝶しのぶは死んでない!?吸収した童磨に襲った悲劇とは?

胡蝶 しのぶ えろ

作品タイトル・属性別 カッコカリ• 272• 146• 226• 118• 103• 269• 175• 147• 186• 214• 111• 283• 154• 134• 131• 112• 107• 228• 268• 100•

次の

[胡蝶しのぶ 凌辱](リョナ注意!!)しのぶは累の姉に今まで鬼を殺し続けて来た復讐を受けてしまう。

胡蝶 しのぶ えろ

作品タイトル・属性別 カッコカリ• 272• 146• 226• 118• 103• 269• 175• 147• 186• 214• 111• 283• 154• 134• 131• 112• 107• 228• 268• 100•

次の