不動産 担保 ローン 通り やすい。 ブラックリスト入りでも借りれるって本当?

不動産担保ローンの審査が甘くて通りやすいところはある?

不動産 担保 ローン 通り やすい

不動産を担保に借入を希望する場合、申込をすれば誰でもお金が借りられるわけではありません。 融資を受けるためには、ローンの申し込みをした会社の審査に通過する必要があります。 そこで今回は、不動産担保ローンの審査基準や審査に通過するためのポイントについてご紹介します。 不動産担保ローンの審査基準とは? 不動産担保ローンの審査に通過するための審査基準として挙げられる2つのポイントは、「信用力」と「不動産価値」です。 信用力は、融資する相手を信用することができるのか、いくつかの項目によって判断されます。 不動産価値は、担保となる不動産がどれくらいの価値があるのか、専門の鑑定士や周辺の同様の不動産の価格などから判断されています。 つまり、融資を受ける人の信用力と不動産価値が高ければ高いほど、審査に通過しやすくなるということです。 そこで、信用力や不動産価値の判断の方法についてご紹介していきます。 不動産担保ローンの審査基準「信用力」とは 融資において一般的に審査基準となる信用力は、主に以下の5つの項目で判断されることが多くなっています。 勤続年数• 過去の返済状況• 他社での借入状況 1. 年収 年収は、高ければ高いほど信用力は高くなることは間違いありませんが、年収の判断基準は収入だけではありません。 融資を申し込んだ会社以外に借り入れがある場合、収入に対しての返済の割合を示す返済負担率も大きく影響してきます。 例えば、年収400万円の人が年間で120万円の返済をしている人と、年収300万円の人で年間30万円の返済をしている人がいるとします。 収入面だけを見れば年収400万円の人の方が審査に通りやすいと言えますが、返済負担率を比べると前者の人の年収に対して年間の返済負担率が30%なのに対して、後者の人は10%です。 信用力は年収以外の項目も考慮して総合的に判断されますので、どちらが審査に通りやすいとは一概には言えませんが、返済負担率の割合が高くなってしまうと審査に通りにくくなります。 勤続年数 融資の審査を受ける際に勤続年数は、重視される項目の1つです。 なぜなら、勤続年数が長ければ長いほど安定した収入を得ていると判断されるためです。 そのため、勤続年数が短い場合は、勤続年数が長い人と比較した場合、審査に通りにくいと言えます。 年齢 カードローンなどと違い、不動産担保ローンの場合は融資額が多く、返済期間も長く設定されています。 返済が長期に渡る不動産担保ローンの場合は、完済時の年齢が高齢になってしまう人は審査に影響が出る可能性があります。 過去の返済状況 過去の返済状況は、不動産担保ローンの信用力に大きな影響があります。 過去に融資を受けたことがある場合は、返済の遅延などがあると信用度が低くなり、審査に通りにくくなります。 また、税金、携帯電話の料金、クレジットカードでの買い物などの支払いがたびたび遅延している場合も、信用情報機関に情報が掲載されてしまうため審査に通りにくくなってしまいます。 他社での借入状況 他社のカード会社や金融機関から借り入れがある場合、借り入れをしている会社の数や金額が多いと審査に通りにくくなります。 不動産担保ローンの審査基準「不動産価値」とは 不動産を担保に融資を受ける場合、担保となる不動産の価格が高いほど融資に通りやすくなります。 では、不動産の担保価値はどのように決まるのでしょうか。 不動産の評価方法は、統一されている評価方法はありませんが、一般的に土地と建物は別々に評価されます。 土地の評価方法 土地の評価方法にはいくつかの種類があります。 国土交通省で発表している公示地価から算出する• 都道府県の基準地価を元に算出する• 国税庁が発表している路線価(相続路線価)を元に算出する• 市町村の固定資産税評価額を元に算出する この中で不動産の担保評価に多く利用されているのが、3番目の路線価です。 路線価とは、相続税や贈与税の金額を決めるときに使われている土地の価格のことを言います。 路線価は、毎年7月に国税庁から発表されていて、誰でも確認することが可能です。 路線価は、市場価格よりも低く設定されているため、万が一回収できなかったときのリスクを抑える手段の1つとして、不動産の評価に路線価を採用している銀行やローン会社が多くなっています。 建物の評価方法 建物の評価は、もう一度同じ建物を建てたときに必要になる費用(再調達価格)から年数の経過による劣化した分の価値を差し引いた価格で評価されます。 不動産担保ローンの審査に通過するためのポイント 審査基準からもわかるように、不動産担保ローンの審査に通過するためのポイントは、「複数の銀行やローン会社から借り入れをしない」「ローンの返済負担率を抑える」「現在利用しているローンや税金などは必ず期日までに支払う」「できるだけ評価額の高い不動産を担保にする」です。 不動産担保ローンの場合、不動産という担保がありますので通常のローンよりも審査が通りやすい傾向があります。 しかし、上記のような内容が多く当てはまってしまう場合は審査に通りにくくなりますので注意が必要です。 最後に 不動産担保ローンは、カードローンなどと比較すると比較的審査に通りやすい融資方法です。 ただし、審査に通りやすくするために嘘をついてしまうと、逆に信用を失い、審査に通りにくくなってしまいます。 担当者から質問を受けた場合は、正直な回答を心がけて正確な情報提供をするようにしましょう。

次の

そもそも「不動産担保ローン」とは?

不動産 担保 ローン 通り やすい

不動産担保ローンの審査基準とは 不動産担保ローンとは、その名の通り不動産を担保にお金を借りる銀行系やノンバンク系(消費者金融・信販会社など)の金融機関が提供する専用ローンのことです。 事業資金に利用するなら「有担保型のビジネスローン」、消費性資金(事業資金以外の個人目的の資金)に利用するなら「有担保型のフリーローン」として紹介されることが多いようです。 不動産ローンの特徴は主に以下のような内容が挙げられます。 無理なく長期間で返済することができる• 不動産を担保にするため低金利で大きな金額が借りられる• お金の利用目的を問わず、使い道が自由 ただし、審査に比較的通りやすいといわれますが、必ず融資が受けられるわけではありません。 審査のポイントは「申込者本人に対する審査」と「担保とする不動産に対する審査」にあります。 不動産担保ローンの審査基準とは 最初に、申込者本人に対する審査基準を解説します。 申込者本人に関する審査• 過去に金融事故がないか 不動産担保ローンに限らず、延滞履歴や破産のように金融事故の履歴があると審査には通りません。 個人信用情報機関(CIC,JICC,KSCなど)には、申込者が利用しているローン・クレジットカードの申込み情報や契約内容、支払い状況などが記録されています。 また、銀行やカード会社、消費者金融といった多くの金融機関がこの個人信用情報機関に加盟しています。 事故情報があると5年間~10年間は記録が残っている可能性があります。 勤続年数、勤務先、年収 年収が高く勤続年数が長いほど、転職リスクは少なく安定した収入が得られると判断されます。 勤務先が「大手か」「中小企業か」「個人事業主か」でも判断は異なります。 しかし、年収が少なかったり勤続年数が短かったりするからといって諦める必要はありません。 次項で説明しますが、不動産の価値に重点を置いて審査をする金融機関もあります。 担保となる不動産の価値が高ければ、審査に通る可能性は十分あるのです。 返済負担率 年収に対する年間返済額の割合を返済負担率と呼びます。 審査基準を公表する金融機関はなく、どの程度まで許容されるかは金融機関によってさまざまです。 なお、年間の返済額は、他社での借入と新たに組む不動産担保ローンの年間の返済額を合計して計算することになります。 完済時の年齢 多くの金融機関が完済時年齢を80歳前後としている傾向です。 これは35年もの長期のローンを組むこともあり、当然、何歳まで収入があるのかが大きな判断要素となります。 連帯保証人 原則連帯保証人は不要ですが、担保となる不動産の権利関係によって異なります。 本人以外が所有する不動産を担保提供する場合(両親や配偶者の不動産を担保として提供するケース)には、物件の所有者、担保として提供する不動産が共有名義であれば、共有者が連帯保証人として求められることが多い傾向です。 担保とする不動産に対する審査 「担保とする不動産の価値」は、審査するうえで最も重要なポイントです。 金融機関は、担保となる不動産に抵当権や根抵当権を設定します。 返済ができなくなったときには担保を売却して返済に充てることができるため、貸し倒れも少なく低金利で融資を行うことができるのです。 そのため、不動産の価値が高ければ金融機関からすれば貸し倒れリスクが低くなるため、比較的審査に有利となり、高額な融資も可能となります。 ここでは、不動産の価値を評価する方法について見ていきましょう。 土地の評価• 公示地価(国土交通省) 国土交通省が毎年1月1日時点の土地1平方メートルあたりの正常な価格を、「一般的な土地取引の指標や公共事業用地の取得価格算定」の基準として公示するものです。 売り手・買い手が売り急ぎや買い進みのように特殊事情のない取引で成立する土地のみ(更地)の評価を地価公示価格と呼びます。 基準地価(都道府県) 都道府県知事が毎年7月1日における土地1平方メートルあたりの標準価格を判定し公表するものです。 公示地価と相互に補完する関係となっており、一部公示地価と共通地点とすることで、半年ごとの地価動向を表します。 路線価(相続税路線価:国税庁) 相続税・贈与税課税のための評価として国税庁が毎年1月1日時点の道路(路線)に面する土地1平方メートルあたりの評価を7月1日に発表するものです。 公示地価の水準の8割程度とされています。 固定資産税評価額(市町村) 固定資産税課税のために総務省・市町村が1月1日時点(3年に1度評価替)の価格を評価実施したものです。 公示地価の7割程度を目途としています。 土地の評価に関するものとして、このような4つの指標がありますが、この中で公示地価と路線価を基準とした不動産の評価が重要です。 公示地価は特殊事情のない取引で成立する正常価格による評価であり、売買取引の価格水準に近いものとなります。 路線価は、道路の幅員(道路の広さ)や対象不動産が接する道路が「普通住宅地区」や「高度商業地区」にあるかというような、その地域の環境(利便性)によっても価格が左右される傾向です。 金融機関は、近隣の実際の取引事例と公示地価・路線価をもとに一定の方法で評価を行います。 公示地価・路線価をもとに計算した金額より近隣の取引事例の金額が低い場合には、最も低い金額である近隣の取引事例の金額を重視する金融機関もあります。 また、土地の形状や道路への接道状況、奥行きが特殊な場合は補正が必要です。 金融機関ごとに評価の方法は異なりますが、わかりやすくいうと「売却するとしたら最低でもこれくらいの価格になる」というイメージです。 このように「不動産の価値=融資限度額」とはならないため、近隣の取引事例よりも融資限度額がかなり低い金額となることは珍しくありません。 建物の評価 建物の評価方法は、以下のような評価方法が一般的です。 土地の評価と同様、算出した金額に「掛け目」を掛けて融資限度額を計算することになります。 同じ建物を建て直すのに必要となる費用と考えてください。 木造であれば保存状態によって「1平方メートルあたり14万円~18万円」、鉄骨なら「1平方メートルあたり16万円~20万円」というように金融機関ごとに一定の基準を設けて計算します。 法定耐用年数とは、税法上の減価償却を計算するにあたって「その建物(資産)が何年くらい利用に耐えられるのか」を詳細に定めた年数のことです。 例えば、「木造の店舗用・住宅用」であれば22年、「鉄筋コンクリート造りの住宅用」であれば47年などと構造や用途によって耐用年数が細かく定められています。 上記計算式にあてはめて計算するとわかりますが、法定耐用年数を超えた建物(残存年数が0年となる建物)の評価は「0円」です。 また、建築確認が取得できない物件は、売却するのが難しく評価ができないため審査に通らないことがあります。 中古住宅の中には、建築時に建築基準法に適合していても、その後の法改正により現在の法律では建築確認が取得できない物件(「既存不適格」と呼びます)もあるのです。 このような物件も処分が困難であり、審査に通らないこともあるため押さえておきましょう。 不動産担保ローンの審査に比較的通りやすい人・通りにくい人 はたして、不動産担保ローンは審査に比較的通りやすいというのは本当でしょうか。 審査に比較的通りやすい人と審査に通りにくい人の違いを紹介しつつ検証していきます。 不動産担保ローンは審査に比較的通りやすいって本当?審査に通りやすい人とは 無担保ローンと有担保ローンの大きな違いは、審査基準で考えるとわかりやすいかもしれません。 不動産担保ローンの審査は、先に説明した通り「本人の信用+担保の価値」で判断します。 一方、無担保ローンは「本人の信用」だけで審査するのが一般的です。 無担保ローンは、貸し倒れが発生したときに融資したお金を回収することが困難となり、大きな金額を融資すると金融機関の損害が大きくなります。 有担保ローンは、万が一のときには担保となる不動産を競売により売却して回収できるので無担保ローンよりもリスクが低い傾向です。 本人の信用だけではなく、不動産の担保価値でも審査をする• 貸し倒れが発生しそうなときは、担保を処分して回収できる 以上の2点を考えると、不動産担保ローンの審査に通りやすい人の条件として、借入金額を不動産担保評価の範囲内にすることがあげられます。 不動産担保評価の範囲内の融資であれば貸し倒れのリスクが少なくなり、また不動産担保の価値が高いほど大きな金額でも比較的審査に通りやすくなります。 審査に通りにくい人 審査に通らない例を紹介します。 問題解決の参考にしてみてください。 書類に不備がある 書類に不備があると審査は進みません。 特に、虚偽の記載にならないように注意する必要があります。 住宅ローンが残っている 不動産担保ローンは、担保となる不動産に抵当権や根抵当権を設定します。 住宅ローンを組んでいる物件を不動産担保ローンの提供不動産とする場合は、すでに住宅ローンの抵当権が設定されているため、不動産担保ローンの抵当権順位は第2位です。 そのため、「担保とする不動産の価値」の評価方法で計算した金額から、住宅ローンの残高と損害金相当額などを控除して融資限度額を計算しなければなりません。 わかりやすくいうと、不動産担保評価が2,000万円だとしても住宅ローンの残高が1,500万円あれば、この物件の担保価値は500万円しかないということです。 ただ、住宅ローンの残高があっても不動産評価額に余力があれば、審査に通る可能性は十分に考えられます。 本人の信用問題 個人信用情報に問題があれば審査に通りません。 また、税金滞納にも注意が必要です。 税金には先取特権と呼ばれるものがあり、抵当権の設定日よりも早く納期限が到来している税金がある場合は、金融機関が競売などで担保物件を処分して返済に充てようとしても税金の支払いが優先されます。 抵当権や根抵当権を設定しても融資したお金を回収できない可能性があるので、審査に通らないことも考えられます。 不動産担保ローンの審査の必要書類と流れ(期間) 申込みの際には、「申込人本人に関する書類」と「不動産に関する書類」があり、さまざまな書類が必要です。 また、通常の審査に加え担保となる不動産にかかる調査が必要となることから、審査にかかる期間も通常よりも多くかかる可能性があります。 申込み前には必要書類などを金融機関に確認し、余裕をもって準備ができるようにしましょう。 不動産担保ローンの審査の必要書類 公的な身分証明書類のほかに以下のような書類を準備する必要があります。 申込者本人に関する書類• 住民票• 印鑑証明書 連帯保証人が必要な場合には連帯保証人の分も含まれます。 収入に関する書類• 給与所得者• 源泉徴収票(直近3年分)• 住民税決定通知書(直近3年分)• 個人事業主• 確定申告書(直近3年分)• 納税証明書(その1・その2:直近3年分)• 納税証明書(その3の2:直近分)• 法人経営者• 1と2に該当する書類• 法人決算書(直近3期分)• 法人納税証明書(その1・その2:直近3年分)• 法人納税証明書(その3の3:直近分) 不動産に関する書類• 住宅案内図や住宅地図• 建物間取図、立面図、配置図など• 建築確認通知書、建物検査済証(建物が伴う場合)• 不動産登記簿謄本(法務局:土地・建物)• 公図・地積測量図(土地)• 建物配置図・建物平面図(建物)• 土地建物評価証明書 物件購入の場合には、売買契約書(土地や建物購入の場合)、重要事項説明書(土地や建物購入の場合)、工事請負契約書(建物新築・増改築の場合)なども必要です。 投資用不動産の場合には、賃貸契約書やレントロール(賃料明細)なども用意しておきましょう。 その他• 金融資産のわかる資料 借り換えの場合• 借入中の返済予定表や残高証明書• 借入中の返済口座通帳の写し(過去1年分程度) 不動産担保ローンの申込みから借り入れまでの一般的な流れ• 事前(仮)審査の申込み Webサイトからの相談や事前(仮)申込みが可能な金融機関が多くあります。 事前(仮)審査 必要に応じて担当者からの質問や追加書類の依頼があることがあります。 審査にかかる期間は1週間程度です。 本(正式)審査 事前(仮)申込みの審査結果の連絡があり、正式な申込みと必要書類の提出を行います。 審査にかかる期間は2週間程度です。 契約 融資の承諾が得られたら窓口へ行って契約するのが一般的です。 借り入れ 金融機関から融資の金額が振り込まれます。 担保となる不動産に抵当権が設定されます。 通常、銀行系だと事前(仮)申込みから借り入れまで数週間から1ヵ月程度かかることがあります。 金融機関によっては1と2の事前(仮)審査を省略することがあり、ノンバンク系なら中には1週間から最短3日で融資をするところなどさまざまです。 まとめ:オススメな不動産担保ローンとは? 不動産担保ローンの審査のポイントは「申込者本人に対する審査」と「担保とする不動産に対する審査」です。 収入が少ないなど審査に通るのが厳しい状態でも、担保となる不動産の価値が十分にあれば、大きな金額でも比較的審査に通る可能性があります。 必要書類には、「申込者本人に関する書類」や「不動産に関する書類」があり、さまざまな書類を用意する必要があります。 また、通常の審査に加え担保となる不動産にかかる調査が必要となることから、融資を受けるまでに時間がかかる可能性があります。 不動産担保ローンは、無担保ローンと比較して審査に通りやすいといわれますが、必ず審査に通るとは限りません。 しかし、審査基準や審査に通りにくい人の事例を押さえて事前にしっかりと準備・対策をしておくことで審査に通る可能性はより高くなります。 気になる不動産担保ローンを徹底比較!「イー・ローン」 日本最大級のローンデータベース「イー・ローン」では、「個人向け」「事業者向け」の不動産担保ローンを簡単に検索して比較することができます。 不動産担保ローンの一覧から、借入可能額や金利、審査回答期間など希望の条件で並び替える機能もあり、比較検討に便利な機能が満載です。 また、絞って検討したいという場合には不動産担保ローンのランキングが便利です。 「総合」「金利」「アクセス数」「申込数」、これら4つの視点で確認することが可能です。 不動産担保ローンを考えるなら、日本最大級のローン比較サイト「イー・ローン」のランキングをチェックしてみてはいかがでしょうか。 不動産担保ローン総合ランキング ライター紹介 氏名 加治 直樹(かじ・なおき) 保有資格 1級FP技能士、社会保険労務士 主なキャリア 銀行に20年以上勤務し、融資及び営業の責任者として不動産融資から住宅ローンの審査、資産運用や年金相談まで幅広く相談業務の経験あり。 在籍中に1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び特定社会保険労務士を取得し、退職後、かじ社会保険労務士事務所として独立。 現在は労働基準監督署で企業の労務相談や個人の労働相談を受けつつ、セミナー講師など幅広く活動中。 中小企業の決算書の財務内容のアドバイス、資金調達における銀行対応までできるコンサルタントを目指す。 法人個人を問わず対応可能で、会社と従業員双方にとって良い職場をつくり、ともに成長したいと考える。 融資の審査に関する内容につきましては、特定の金融機関がお申込みされたお客様に対して独自に行うものであり、当社は審査の過程および結果については一切関与しておりません。 また、特定の金融機関の審査への適合性、正確性、完全性について保証するものではありません。

次の

【2020年】審査の甘い不動産担保ローンランキング。審査の通りやすい不動産担保ローン会社は?

不動産 担保 ローン 通り やすい

表はスライドしてご覧いただけます 審査難易度 不動産担保ローン 適用金利(実質年利) 借入可能金額 コメント 甘い 4. 000%~15. 000% 上限なし(担保評価内) 全国対応、借入金額の明確な上限が決められていませんので、条件次第で高額融資も可能。 看板商品の「スーパーサポートローン」の低金利が魅力。 ネット申込は24時間対応、申込から1週間程度のスピードも魅力。 49%~14. 8% 100万円~1億円 「アイフル」の完全子会社で利便性、安心感は抜群。 事務手数料が無料で借入可能で実費以外の余計な負担とも無縁。 最高1億円までの高額融資が可能。 担保物件の所有者や抵当順位が不問で、柔軟な審査が期待できます。 000%~9. 900% 50万円~5億円 上限金利9. 9%と10%を切る低金利。 最高5億円の高額融資も可能。 インターネットからの申込で最短即日融資が可能。 担保不動産の条件も緩く柔軟な審査が期待できます。 450%~7. 450% 100万円~10億円 最短即日融資可能のスピードが魅力。 上限金利は7. 45%と低めですが、一方、事務手数料は上限5. 5%と高めですので注意が必要です。 最高10億円の高額融資が最長30年で借入できます。 (JFC) 5. 860%~15. 000% 300万円~5億円(5億円以上相談可) 最短3日のスピード融資が魅力。 ネット申込で24時間対応しています。 借入可能金額は最高5億円となっていますが、5億円以上の借入希望も相談に応じています。 銀行融資が難しい方でも審査に合格できるチャンスもあります。 クレジットのニチデン 4. 800%~14. 600% 50万円~1億円 関西圏でおすすめの不動産担保ローン。 4種類の返済方法が選択でき、来店不要で借入可能。 担保不動産の条件も柔軟で、審査基準も低めに設定されています。 400%~9. 800% 30万円~5億円 上限金利9. 8%の低金利、融資までの日数最短3日のスピードが魅力。 借入金額は最高5億円ですが、5億円以上の相談にも応じてくれます。 担保不動産条件も緩く、4種類の返済方法を選択できます。 株式会社エム・アール・エフ 4. 000%~9. 900% 100万円~3億円 国家資格保有のスタッフによる対応が評判。 訪問サービスも実施。 「長期間元金据置プラン」「ブリッジプラン」「オーダーメイドプラン」といった様々なプランからニーズに応じて商品を選択できます。 000%~15. 000% 50万円~1億円 申込から最短24時間以内での借入が可能。 不動産担保ローンでは金利が高めですが事務手数料は不要。 関西圏限定ですが担保不動産条件も緩く、比較的借りやすい不動産担保ローンです。 トライフィナンシャルサービス 6. 800%~14. 850% 300万円~1億円 年齢制限なし、2番・3番抵当、持分、借地等の不動産でも対応可能。 フリーローンを主力とした消費者金融の商品ですので、銀行よりも審査基準が低めであることが予想されます。 600%~5. 900% 300万円~10億円 最高10億円を比較的低金利で借入可能。 申込から最短3日のスピード融資。 首都圏限定ですが、担保不動産条件も緩くなっています。 独立系金融機関ながら東証一部上場ですので安心して利用できます。 普通 2. 650%~9. 900% 100万円~3億円 全国対応で最短3営業日での審査回答のスピードが魅力。 変動金利と固定金利のどちらかを選択できますが、変動金利の上限の低さが人気。 セゾングループの不動産担保ローンですので安心して利用できます。 中央リテール 8. 200%~9. 800% 最高3,000万円 おまとめローン専門で不動産担保ローンの場合、最大3,000万円までのおまとめが可能。 審査回答まで最短2時間のスピードは魅力。 全員国家資格保有の担当者がしっかり相談に応じてくれます。 厳しい 2. 900%~9. 800% 100万円以上5,000万円以内 銀行ならではの低金利が魅力。 団体信用生命保険(ガン保障付きプラン)を付与可能。 資金使途自由、おまとめでも利用可能です。 りそなグループの商品ですので安心して利用できます。 住信SBIネット銀行不動産担保ローン 2. 950%~8. 900% 300万円以上1億円以内 下限金利2. 95%と業界屈指の低金利。 ただし融資金額の2. 0%の事務手数料が必要です。 申込から借入まで3週間から1ヶ月かかりますのでスピード借入には対応できません。 スター不動産担保ローン 0. 850%~8. 350% 100万円~1億円 上限金利の低さが魅力の東京スター銀行取扱の不動産担保ローンです。 本人以外の親族所有の不動産も担保として活用できます。 個人向け限定ですが、おまとめなどにも利用できます。 790%~9. 390% 100万円以上1億円未満 ネット銀行ならではの低金利が人気。 事前審査回答は最短即日ですが、申込から融資までは最短3週間必要です。 繰上返済手数料無料で、借入後の計画的な返済を進めやすくなっています。 300%~3. 675% 1,000万円以上2億円以内 最高2億円までの借入金額、業界屈指の低金利は魅力。 ただし「個人向け」「資金使途限定」「対象地域限定」「担保不動産条件限定」などの諸条件はかなり厳しく設定されています。 しかし金融機関のローンですので、審査は確実に行われ、審査基準も各社異なっています。 「不動産担保ローンだから絶対に審査が通る!」とは決していうことはできません。 不動産担保ローンの審査での主なポイントは以下の2点です。 不動産価格は様々な項目から、金融機関や金融機関出入りの不動産鑑定士が評価を行います。 その正確な価格を申込前から知ることは困難です。 最近では事前相談などで、あらかじめ不動産担保価格を知ることができる金融機関サービスも登場しています。 また知り合いに不動産業務に従事している方がおられる場合は、一度相談してみるのもよいでしょう。 申込者の収入、勤務先、勤続年数、他社借入状況など、無担保ローンの審査と同様の項目で判断が行われます。 とくに「収入」「」は審査に大きな影響を与える項目です。 収入が多くても、他社借入金額が多い場合は、以後の返済に大きな支障を与えます。 不動産担保ローンはその性質上借入金額が高額になるケースの多いローンです。 その分十分な返済能力が求められることになるでしょう。 銀行よりもノンバンクの不動産担保ローンが審査が通りやすい ローンの審査では、一般的に以下のようなことがいわれています。 借入先 金利 審査基準 銀行ローン 低い 厳しい ノンバンク(消費者金融など) 高い 甘い これは不動産担保ローンの分野でも同様です。 銀行の不動産担保ローンでは、安定した収入とともに「 不動産担保設定が第一順位である」といった担保面での条件も厳しくなっています。 不動産の条件面でも「 第二順位以降でも可能」といった柔軟な条件が加味されている先もあります。 とはいっても、審査に通るかどうかは申込者次第。 とくに借入希望金額に応じた収入などの返済能力が不足している状態で、仮に審査に合格できたとしても、すぐに提供した不動産を手放す結果となりかねません。 「ご利用は計画的に」 これは不動産担保ローンであっても、当てはまる文言なのです。 000%~15. 49%~14. 000%~9. 900% 50万円~5億円 不動産担保ローンの審査基準 不動産担保ローンの審査において重要視されるのは「担保評価」「返済能力」の2点です。 これまでの金融機関はどちらかと言えば「担保評価」を重視していました。 担保物件を処分することで、万が一返済不能となっても貸出債権を回収できるためです。 しかしバブル経済崩壊以後の、いわゆる「担保主義」は金融機関の間では非常に問題視されるようになっています。 そのため近年では、「担保評価」と合わせて「返済能力」もきちんと判断されるようになっています。 「返済能力」の判断は一般的な無担保カードローンなどと同様です。 その基準は金融機関により若干の差はありますが、その内容はおおむね一致しています。 主な判断項目は以下の通りです。 他社の借入金額が多くないか• 他社で返済遅延を行っていないか• 借入希望金額に対して収入金額が少なくないか• 雇用形態では、「正社員>契約社員>派遣社員>アルバイト・パート」の順で高い評価を得ることができます。 職種では公務員や大企業勤務の方が高く評価されます。 業種では、サービス業や飲食業勤務の方は経営が不安定としてやや評価が低くなります。 税金に未納・滞納はないか 税金を支払っていない場合、不動産を処分しても、第一優先として税金返済に充当されてしまいます。 仮に抵当権(根抵当権)が第一順位だとしても、税金の回収が優先されてしまいます。 そのため返済不能時に税金滞納分を税務署に支払われてしまい、その結果貸出債権を回収できないリスクがありますので、税金未納者・滞納者は不動産担保ローンの審査に合格することはできません。 不動産担保ローンの審査においては「 担保評価」「 他社借入状況」「 収入状況」「 税金納付状況」の4点が大きなウエイトを占めています。 これらの項目がしっかりしておけば、無担保ローンに比較すると「勤続年数」「雇用形態」などはそれほど重要視されない傾向にあります。 ・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません。

次の