医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種。 インフルエンザの予防接種は対象?市販薬は?「医療費控除」仕分けのコツ【医療費控除をもっと知ろう・2】

予防接種は医療費控除の対象?判断基準や控除額の算出方法

医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種

インフルエンザの予防接種を受けるとき 妊婦さんや子どもがいる家庭ではインフルエンザなどの予防接種を受けようと考えることもあるのではないでしょうか。 保険診療外の予防接種は費用が高くなりがちなこともあり、家計の負担を軽くできないか考えることもあるかもしれません。 ママたちは予防接種を受けるとき、どのようなことを考えたのでしょう。 「家族全員でインフルエンザの予防接種をしたら、接種費用が高額になってしまいました。 年間の医療費とあわせて医療費控除を受けたいと考えましたが、予防接種は医療費控除の対象になるのか気になりました」(30代ママ) 「妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けました。 妊娠中にかかった医療費は医療費控除が受けられると聞きましたが、妊婦で予防接種を受けた費用も医療費控除の対象になるのか知りたいです」(30代ママ) 子どもを含めた家族や、妊婦のときに受けたインフルエンザの予防接種が医療費控除の対象になるのかどうかが気になる方もいるようです。 実際に、インフルエンザなどの予防接種を受けた場合は、医療費控除が受けられるのでしょうか。 予防接種は医療費控除の対象となるか インフルエンザなどの予防接種の費用は医療費控除の対象となるのでしょうか。 予防接種と医療費控除との関係についてご紹介します。 医療費控除とは.

次の

医療費控除はインフルエンザや乳児の予防接種なども対象になる?

医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種

インフルエンザ予防接種はセルフメディケーション税制で医療費控除対象に? 残念ながら、インフルエンザ予防接種はセルフメディケーション税制においても医療費控除の対象とはなりません。 というのも、医療費控除に該当するかどうかは、 治療に関する費用かどうかという点で判定されるからです。 これは、通常の医療費控除、セルフメディケーション税制のどちらも共通です。 その点、インフルエンザ予防接種というのは、あくまでも「インフルエンザにならないように」という、予防目的での費用になってしまい、医療費に該当しないのです。 でも、セルフメディケーション税制では「インフルエンザ予防接種または定期予防接種(高齢者の肺炎球菌感染症等)の領収書または予防接種済証」という記載があります。 だから、インフルエンザ予防接種が書いてあるのではないか、と思うかもしれません。 でも、これは、 セルフメディケーション税制を受けるにあたっての、「健康に関する一定の取り組みを行った」という証拠にできる書類の1つとしてインフルエンザ予防接種が使える、ということに過ぎないのです。 セルフメディケーション税制とは? そもそもセルフメディケーション税制とはどんな意味なの?と疑問を浮かべる人が多いので、ここでセルフメディケーション税制の意味について確認しておきましょう。 病気を治す。 」 という意味になります。 そして、この2つを合わせると 自分で病気を治すという意味になります。 ただ、重い病気の場合は自分で治すのは危険だし、当然病院での治療が必要です。 だから、それで医療費が多くなった場合は従来の医療費控除を選択した方が良いでしょう。 でも、「ちょっとした不調で、医者に診察してもらわなくても市販薬で治せる」というケースだと、医療費はかからないので保険者は助かるけど、市販薬を買う人は、医療費控除が出来なくてちょっとガッカリするかもしれません。 セルフメディケーション税制は、そんな人達に対しての税制優遇措置なのです。 まあ、セルフメディケーション税制の場合は病院にかからず市販薬だけの購入ですから、そんなに多額にならないものです。 しかも、セルフメディケーション税制に該当する薬は限定されており、それだけで10万円購入するのは大変なことかもしれませんしね。 ちなみに、セルフメディケーション税制と通常の医療費控除のどちらを選択するか迷う場合は、国税庁の以下のページで試算ができます。 スポンサーリンク 予防接種で医療費控除対象になるものは? ところで、セルフメディケーション税制における取組として該当する予防接種は、国税庁のHPでは、インフルエンザ以外に「定期予防接種」も対象と書かれています。 でも、この「定期予防接種」って何でしょうか。 これは、法律に基づいて市区町村が実施する予防接種で、乳幼児や児童が集団接種する公費負担の内容が多いです(一部自己負担というのもあります)。 具体的には、幼児期から児童期に集団接種する、B型肝炎ワクチン、日本脳炎ワクチン、BCG、MR(麻しん風しん混合)ワクチンなどが該当します。 ただ、 現実的に考えると、セルフメディケーション税制においては、「申告者本人がこれらの取組を行うこと」が必要ですから、子供が予防接種を受けたからといって、それを取組として使えるわけではありません。 また、 申告者本人が取組することを踏まえると、(高齢者対象の)肺炎球菌ワクチンくらいしか無いのですよね。 ちなみに、参考までにご説明しておきますが、「定期予防接種」ではない予防接種もあり、これを「任意接種」と言います。 具体的には、おたふくかぜワクチン、ロタウイルスワクチン等があります。 任意接種の場合は全額自己負担であり、セルフメディケーション税制の取組の対象外となっております。 これらの予防接種を受けた場合でも、セルフメディケーション税制における取組としては認められませんのでご注意ください。 (インフルエンザも基本的には任意接種ですが、毎年大流行することから、セルフメディケーション税制の取組として認められているのでしょう。

次の

インフルエンザ予防接種と医療費控除&セルフメディケーション税制

医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種

インフルエンザ予防接種において例外がある 例えば、持病をもっており、その持病により 免疫力が低下するなどして、 インフルエンザにかかりやすくなっていおり、 かつインフルエンザに罹ることにより持病が悪化 あるいは悪影響を及ぼす可能性があるときに、 医師が必要であると判断すれば、 医療費控除として認められるようです。 どういったものが医療費控除になるのか? 例えば夫がB型肝炎を患っていた場合に、 介護者である妻がB型肝炎の予防接種を受けたとします。 B型肝炎は、介護上感染する可能性が非常に高くなるため、 患者の治療のために必要不可欠な措置として医療費控除として 認められます。 インフルエンザ予防接種の場合も先に書いた通り 持病の治療にとって必要不可欠と認められた場合に 認められます。 基本的に認められないものと言えば、 予防接種各種、 感染を予防するためのマスクなどのグッズ。 つまりは予防するためのもの。 健康増進のためのマッサージや整体、 栄養ドリンクやサプリメントなどがそれにあたります。 要は 病気の治療にとって必要不可欠と医師が判断した場合、 医療費控除として認められるということです。 なので、例えば医師がひどい花粉症により マスクが必要だと判断した場合、 マスクは医療費控除の対象となりますし、 ノロウイルスなどで、ポカリスエットを飲用することが 望ましいと医師が判断すれば、ポカリスエットも医療費控除の 対象になるようです。 (これらは証明するための書面が必要です) その他薬で医療費控除の対象となるもの 医療費として認められるものは、以下になります。 医師の処方箋に基づいて購入したもの• 医師が必要と判断し認めたもの• 自分の判断で購入した医薬品• 包帯や絆創膏のような応急措置として使用するもの ここでは簡単にしか説明しておりませんので、より詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。 そのため、所得控除から計算する住民税も減税できるということですね。 その要件としては、しっかりと健康診断などを受けている人という条件だけでなく、 年間に支払った額の合計が12000円を超えた場合(これが下限額)にそれ以上の額は所得控除として認められることになりました。 ただし、上限は年間に88000円まで控除ですので、一部の医薬品の額が年間10万円分までとなります。 なお、一部の医薬品というのは、厚生労働省によると スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)になります。 ですので、最高で88000-12000=68000円の所得控除となる感じですね。 もちろん、確定申告時に証明するためのレシート等及び、条件を満たす書類等が必要になりますので、しっかりと保管しておくようにしましょう。 なお、以前よりある医療費控除と今回出てきたセルフメディケーション税制はどちらか一方しか申請できないということですので、どちらがご自身に適しているか判断したうえで決めていくのが望ましいでしょう。 詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。 他にも、寝たきりの方のオムツやビオフェルミンなどもそれに該当します。 市販のものでも、医薬品であれば医療費として認められます。 例えば、目薬や風邪薬、正露丸なんかも医療費の対象となります。

次の