コロナ ウイルス 塩素。 次亜塩素酸ナトリウムはコロナウイルスに効果はあるの?消毒液の濃度や問題点など

北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化|株式会社あかりみらいのプレスリリース

コロナ ウイルス 塩素

こんにちは!茂木和哉()です。 皆さん、新型コロナウイルス対策にはどんな除菌剤をお使いですか? 「アルコール除菌剤」が手軽に入手できない今、その他の選択として思いつく除菌剤となると「次亜塩素酸水」ではないでしょうか? でも先日のNite(製品評価技術基盤機構)の報告では「次亜塩素酸水」のコロナへの効果が微妙な感じになってきましたよね… 2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。 そもそも「次亜塩素酸水」って正直よく分からないですよね? 「次亜塩素酸ナトリウム」との違いも難しいですよね? そこで今回は、「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」の違いと新型コロナウイルスに最もオススメな塩素剤について詳しくお話ししたいと思います! 目次• 「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」 先ずは「次亜塩素酸水」を、「次亜塩素酸ナトリウム」とごっちゃになっている方もいると思いますので、何が違うのかから説明していきます。 「次亜塩素酸水」の大きな特徴は、 ・弱酸性 ・塩素濃度が低い の2つです。 それに対して「次亜塩素酸ナトリウム」は、 ・アルカリ性 ・塩素濃度が高い と真逆なんです。 作り方など他にも色々違いがありますが、ここの点だけ押さえておけばOKです。 と言うのは、そのそれぞれ2つの特徴の違いによって「次亜塩素酸水」を「次亜塩素酸ナトリウム」のメリットとデメリットが大きく変わってくるからです。 「次亜塩素酸水」のメリット 塩素濃度が低い「次亜塩素酸水」は、除菌効果も低いような気がしますが、そんなことはないんです。 「次亜塩素酸水」は、塩素濃度が薄くても殺菌力が強いんです。 理由は後で詳しく説明しますね。 なので薄い塩素濃度でしっかり除菌できるわけですから、 塩素の臭いもそれほど気にならない状態で使えるということになりますよね。 ここが先ず1つ、メリットです。 特にあの独特な塩素臭が苦手な方にとっては大きなメリットです。 それと塩素濃度が低いわけですから、「 素材」が傷みにくいのもメリットです。 「次亜塩素酸水」に限らず塩素剤には「酸化」の力があります。 その「酸化力」によってウイルスや菌を退治してくれるわけです。 もちろん塩素濃度が高くなればなるほど、酸化力が強くなり、金属をサビさせたりゴム製品を劣化させたりしやすくなります。 それと「酸化力」は、タンパク質にも働きかけますので、塩素濃度が高いものほど手に触れると手荒れしやすくなります。 お肌が酸化するってイヤですよね(笑) ということで、 塩素濃度が低い「次亜塩素酸水」は、素材に対しても肌に対しても優しいんですよね。 この点も大きなメリットです。 「次亜塩素酸水」のデメリット でも「次亜塩素酸水」には、塩素濃度が低いことによるデメリットがあります。 それは、そもそも塩素濃度が低いので塩素がちょっとでも飛ぶと大きく除菌効果が落ちる点です。 ここが怖いんです。 「毎日「次亜塩素酸水」でこまめに除菌してたけど、実はもうすでに水みたいな状態だった…。 」 なんてことだって考えられますよね。 塩素濃度を手軽に確認することが出来ない以上は、どうしても不安がつきまといます。 それともう1つ、 コスパが悪い点もデメリットです。 ハイターやミツエイブリーチ、カネヨブリーチがそうです。 しかし「次亜塩素酸水」は、塩素濃度が高いものでの「500ppm」ぐらいなんですよね。 例えばAmazonで人気の「ジアニスト」がそうです。 その差が100倍以上もありますよね。 なのに価格は逆に「次亜塩素酸水」の方が高いんです。 Amazonで「ジアニスト」に価格を調べてみたら(6月3日現在)、 500ml 1,848円 2,500ml 2,190円 となってました。 しかも塩素濃度が100倍以上濃いわけですから、「次亜塩素酸ナトリウム」はかなりのコスパの良さですよね。 「次亜塩素酸ナトリウム」のメリット 次亜塩素酸ナトリウムのメリットは、先ほどお伝えした通りなんですが、先ずコスパが良い点がありますよね。 それと、 近くのお店で手軽に買えるのもメリットですよね。 安く買えたり手軽に買えたりするには、「次亜塩素酸ナトリウム」の商品は誰もが知っている大きな洗剤メーカーで作っているからなんです。 ここは 「安心感」というメリットにも繋がりますよね。 ただでさえ飛びやすい塩素剤ですので、 有名な洗剤メーカーだとちゃんと品質管理も徹底していることだろうとイメージが出来ます。 しかし「次亜塩素酸水」の方というと、ほとんど聞いたことのない小さなメーカーで作っているんですよね。 この部分も「次亜塩素酸水」のデメリットに入れても良いのかもしれません。 商品によっては、ちゃんとパッケージに表記通りの塩素濃度があるか疑ってしまうところもありますよね。 私だけですかね?(笑) それと塩素濃度が高いので、「次亜塩素酸水」のような「ちゃんと塩素分が飛ばずに残ってて除菌できているんだろうか…」という不安や心配がほぼないのもメリットです。 先ほど説明した通り「60,000ppm」と「500ppm」とでは、100倍以上も差があるわけですよね。 例えばもし中々使いきれずに時間が経ってしまって、どちらも塩素濃度が500ppm飛んだとします。 でも塩素濃度が60,000ppmもあれば、500ppm飛んでもまだ59,500ppmもあります。 ほとんど減ってない思っても良いぐらいのレベルです。 しかし「次亜塩素酸水」は、500ppm減るとゼロになってしまいます。 それとそもそも「次亜塩素酸ナトリウム」は、「次亜塩素酸水」より塩素濃度が飛びにくいんです。 その理由は「アルカリ性」だからです。 塩素はアルカリ側の液の方が安定して飛びにくく、酸側の方が飛びやすくなると言われているんですよね。 pH12以上のアルカリ性だとだいぶ飛びにくくなるので、ハイターや他のメーカーのブリーチには、必ず強アルカリ性の「水酸化ナトリウム」を少し加えてアルカリ度を高めています。 ただしこれは原液の話であって、薄めた液は話が別です。 薄めたとたん、飛びやすくなります。 かなり薄まって弱アルカリ性になりますからね。 「次亜塩素酸ナトリウム」のデメリット 「次亜塩素酸ナトリウム」は、「次亜塩素酸水」より除菌効果が低いので、「次亜塩素酸水」と同じ除菌効果を求めるなら、「次亜塩素酸水」より塩素濃度を高くして使う必要があります。 では「次亜塩素酸ナトリウム」でコロナを除菌するとしたらどの位の塩素濃度で使ったら良いのかと言うと「0. ppmに直すと「500ppm」となります。 しかし除菌力が強い「次亜塩素酸水」をコロナ対策に使う場合は、「500ppm」より薄くて大丈夫と言うことにります。 と言うことは、 やはり「次亜塩素酸ナトリウム」の方が濃くして使わなければいけない分、素材を傷めるリスクや肌荒れするリスクが高くなります。 それと臭いもきつくなりますね。 そこがデメリットになります。 それと原液の塩素濃度が相当高いで 「危険性」の面もデメリットになりますよね。 原液に「酸」と混ぜると有毒な塩素ガスが出ますし、原液が体にかかっても危険です。 特に大変なのが原液が目に入った場合です。 失明するかもしれませんからね。 「次亜塩素酸水」の強い殺菌力の秘密 ここまで読んでくれた皆さんの中には、「そもそもなんで『次亜塩素酸水』は『次亜塩素酸ナトリウム』より除菌力が強いの?」と思われた方もいるかと思います。 今度は、その説明をしていきたいと思います。 「次亜塩素酸」が「次亜塩素酸ナトリウム」より、塩素濃度が低くても効きが良い理由を知るためには、塩素分には「次亜塩素酸」と「次亜塩素酸イオン」の2つの種類がある事を先ずは知る必要がります。 同じ塩素濃度でも「次亜塩素酸水」の割合が多いものもあれば、「次亜塩素酸イオン」の割合が多いものもあります。 そしてここが大事なのですが、「次亜塩素酸」の方が「次亜塩素酸イオン」より除菌力が強いんです。 なので「次亜塩素酸イオン」より「次亜塩素酸」の割合が多い塩素水ほど除菌力が強いと言う事になります。 ではどんな塩素水だと「次亜塩素酸」の割合が多くなるのか? それは 「中性から弱酸性ぐらい」の塩素水です。 先ずこちらをご覧ください。 これが「次亜塩素酸」と「次亜塩素酸イオン」の割合を表した図です。 私の手書きなので見にくくてすみません(笑) 縦線が「次亜塩素酸の量」で、横線が「pH値」です。 この図を見ると、「次亜塩素酸」の割合が最も多くなっているのがpH5、6ぐらいですよね。 そうなんです、「次亜塩素酸水」のpH値はそのあたりなんです。 だから塩素濃度が薄くても除菌効果が強かったわけなんです。 でもあまり酸性度が強くなってしますと有毒な「塩素ガス」が出てきます。 図の左上のドクロマークのゾーンがそうです。 一方、「次亜塩素酸ナトリウム」はと言うと、pHが12ぐらいなんですよね。 なのでご覧お通り、「次亜塩素酸イオン」だけで「次亜塩素酸」が全くない状態です。 勘違いしないでもらいたいのは、「次亜塩素酸イオン」もかなり除菌力は強いんですよ。 ただ「次亜塩素酸」よりは劣ると言う話ですからね。 でも「次亜塩素酸ナトリウム」は、原液で使うのではなく水で薄めて使いますよね。 塩素濃度を500ppmぐらいに 薄めるとどのぐらいまでpHが下がるかと言うと、8. 5ぐらいです。 コロナ対策にオススメな塩素剤 では「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」では、コロナ対策にどっちがオススメなのか? ここ気になりますよね。 それぞれに気になるデメリットがありましたしね。 「次亜塩素酸水」には、ちゃんと塩素濃度があるのか不安だったりしますし、「次亜塩素酸ナトリウム」には、素材が傷むリスクや塩素臭の問題がありましたよね。 では私がオススメするのはどっちかと言うと! なんと、どちらでもないんです(笑) ここまで説明してきてなんですが、 私がコロナ対策にオススメする塩素剤のは「ジクロロイソシアヌル酸塩」です。 ここまでの説明を聞いてもう気付いた方もいるかもしれませんが、 塩素除菌で重要なのは使う時の「塩素濃度」と「pH値」なんですよね。 「塩素濃度」については、使うときの塩素が飛んで薄くなっているような状態は絶対に避けたいですよね。 それと「pH値」について、弱酸性〜中性ぐらいだと最高でしたよね。 もし、使うときの塩素が飛んで薄くなっているような事がなくて、しかもpH値が弱酸性から中性ぐらいの塩素剤があったら最高だと思いませんか? それが、「ジクロロイソシアヌル酸塩」なんです。 「ジクロロイソシアヌル酸塩」は、「次亜塩素酸水」や「次亜塩素酸ナトリウム」ように液体ではありません。 「固形(顆粒状)」なんです。 なので塩素分が飛んでいく事がないんですよね。 しかも「ジクロロイソシアヌル酸塩」は、塩素濃度がとっても高いんです。 でも濃いからといって危険度は低いですよ。 だって固形だから「液ハネ」しないですからね。 その点では「次亜塩素酸ナトリウム」より安心安全ですよね。 ここが、とてもとても大きなメリットです。 「次亜塩素酸水」のように、「ちゃんと塩素分があるだろうか…」と言うような心配や不安が無くなるわけですから。 さらに「次亜塩素酸水」とほぼ同じぐらいのpH値なので除菌効果はバッチリです。 なので「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」のメリットだけを集めて、デメリットを無くしたものが「ジクロロイソシアヌル酸塩」と言う感じです。 もしかしたら皆さんの中には、「とってもいい事は分かったけど、でも『ジクロロイソシアヌル酸塩』ってどこで買えばいいの?」と思われた方も多いのではないでしょうか? ご安心ください。 私が売ってますから(笑) それが「黒木真白」です。

次の

次亜塩素酸水の新型コロナへの効果確認できず、7種の界面活性剤に効果確認

コロナ ウイルス 塩素

次亜塩素酸ナトリウム消毒による効果は? エアロゾルから感染を防ぐためには、アルコール消毒だけでは防ぎきれず、次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系による消毒が必要だとの情報が流れ始めています。 確かに、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液は、インフルエンザやノロウイルスなどのときにも、消毒液としてよく使用されているようですね。 の「問6 感染の疑いがある患者を診察する際、医療者はどのような準備や装備が必要ですか?」の回答として、「物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%)が有効である」との記載がありました。 直接感染・エアロゾル感染を防ぐためには、感染者が触った箇所、すなわち手指などによる高頻度接触表面を清拭・掃除をすることで、感染が広がらないよう除菌することは感染拡大を防ぐためには効果があるでしょう。 なので、コロナウイルスに関しても、エアロゾル感染を防ぐ上で、次亜塩素酸ナトリウム消毒液による高頻度接触表面の清拭・掃除による除菌は効果があるといえるかもしれません。 また、鼻を噛んだティッシュなどを捨てたゴミ箱などに、次亜塩素酸ナトリウム消毒液を一吹きさせ除菌するのも同様でしょう。 スポンサーリンク 次亜塩素酸ナトリウム消毒液の気になる濃度 市販で売っている次亜塩素酸ナトリウム液を使って消毒液を作る際、濃度はどれくらいを目安にすればよいのでしょうか。 これは用途により、0. 1%(1000ppm)と0. 02%(200ppm)の大きく2種類を使い分けます。 1%消毒液:直接菌が付着したものの除菌用 2. 02%消毒液:一般的な除菌用 基本的に、みんなが触るドアノブやまな板や包丁、ゴミ箱の除菌に使用するには、0. 02%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液です。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方 市販の次亜塩素酸ナトリウム液(ハイターやブリーチなど家庭用塩素系漂白剤)を使った消毒液の作り方を説明します。 ちなみに、作った消毒液は時間の経過とともに効果は薄くなります。 使うときに必要な量だけを作り、作り置きはしない方がいいでしょう。 また、塩素は日の光によって容易に分解します。 原液や作った消毒液は、直射日光の当たるところや高温の場所は避けて保管してください。 また、刺激臭も強いため換気をし、くれぐれも乳幼児が触れないよう、取り扱い時には十分にご注意ください。 1%(1000ppm)消毒液の作り方 0. 1%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る際の目安です。 直接菌が付着したものの除菌に使用します。 1リットルの水に5%の原液を加える場合は、20mlの原液を加えます。 10%の原型を加える場合は、10mlの原液を加えます。 02%(200ppm)消毒液の作り方 0. 02%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る際の目安です。 衣服や器具などのつけ置き除菌や手で触れる部位などの一般的な除菌用です。 1リットルの水に5%の原液を加える場合は、4mlの原液を加えます。 10%の原型を加える場合は、2mlの原液を加えます。 次亜塩素酸ナトリウム使用による問題点は? では、次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使用による問題点はないのでしょうか? 実は使用に関しては、次のようないくつかの気になる点があります。 次亜塩素酸ナトリウム液は刺激の強い液体です。 取り扱い時に十分な注意が必要です。 次亜塩素酸ナトリウムはアルミに対して使用すると腐食しますし、ステンレスに対しては青みを帯びることがあります。 強い漂白性を持ち、塩素系副生物を発生するため、直接人体や食品に吹きかけることはできません。 トリハロメタン(発ガン性物質であると言われている)などの発生が起こると証明されています。 といった、以上のような点です。 005%まで稀釈した次亜塩素酸ナトリウム消毒液なら、直接人体に吹きかけても特に問題はないようですが、食品には吹きかけないでください。 コロナウイルスの拡散予防には次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使用も必要かと思いますが、他に何か有用なものがないのか調べてみました。 そこで見つけたのがこちらです。 > 安定化二酸化塩素による除菌だと、次亜塩素酸ナトリウムと異なり、• 金属に使用してもほとんど腐食しない• トリハロメタンが発生しない• 無味無臭で無毒である のような特徴があります。 安定化二酸化塩素は安全性に非常に優れています。 消臭効果にも優れており、動物の臭いや口臭除去にも用いられています。 また、消毒用アルコール系との違いとして、• 手などに傷があってもしみない• 即効性がある• 使用前の手洗いの必要性なし• 揮発しないので持続性がある といった特徴も。 色々と調べてみて分かったことから、以上のような多くのメリットを考慮して、我が家では安定化二酸化塩素の除菌スプレーを使用することにしました。 選んだのはこちら> もしも我が家のように次亜塩素酸ナトリウム消毒液による除菌に迷われたなら、安定化二酸化塩素の除菌を試されてはいかがでしょう? まだまだ、コロナウイルスの猛威が続きそうです。 マスク着用、除菌スプレー、うがいの3点セットで感染(及び感染拡大)を防ぎましょう! P. 先日届きましたので、早速使い始めています。 アルコールと違い、手に沁みにくいです。 > 300mlで1800円と価格もリーズナブルです。 2個以上買うなら、おそらくここが最安値だと思いますよ。 トイレの後の手の消毒や、スマホの画面なんかもマメに消毒しています。 マスクの換えを忘れたときにも、これをシュッとひと吹きし除菌しています。 また、除菌以外に、うがい薬としても使えるので(口に入れても大丈夫)、一石二鳥ですよ!.

次の

【新型コロナウイルス】次亜塩素酸(じあえんそさん)ナトリウム&消毒用アルコール(70%)が有効!

コロナ ウイルス 塩素

メディアのみなさま 先週のNITEの中間発表をめぐって誤報の嵐となっており、全国の次亜塩素酸水溶液の愛用者から不安の声があがっています。 また、本来新型コロナウイルス対策の切り札となるべきものが誤報と取材不足により普及しなくなることで、これから防げるはずの感染者が増加することになります。 この状況を危惧した北海道大学玉城名誉教授と北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターが、NITEの中間報告対象と同じ条件下での第二弾の試験結果を発表しました。 次亜塩素酸水 PH5. 5、40ppm の新型コロナウイルスが30秒で不活化されたという発表です。 株 あかりみらいの代表取締役越智文雄は、次亜塩素酸水溶液の普及と正しい使い方の啓発等を目的として、「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」を設立しました。 今回は、そのメンバーの一人である玉城先生の発表を掲載しています。 連絡先も、下にありますので直接お問合せください。 玉城先生はWHOに16年間奉職されており、いろいろなことに快活にお応えいただける方です。 どうぞご取材ください。 Press Release 2020 年6 月1 日 次亜塩素酸水 pH5. 5、有効塩素濃度40ppm)による新型コロナウイルスの不活化 このたび日本エコ・システムズ株式会社(代表取締役 川田勝大氏)の研究依頼により、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター(高田礼人教授)と協力し、電気分解法による微酸性次亜塩素酸水(pH5. 5、有効塩素濃度40ppm)の新型コロナウイルスに対する不活化に関する実証実験を実施した。 協力者と共に、次亜塩素酸水に関する実証実験第二弾として、その成果を報告する。 5、有効塩素濃度40ppm)は新型コロナウイルスを瞬時に不活化する 今回の実験条件は、反応液におけるウイルス液とサンプル液の比率が1:19 以外は(前回は1:9)すべて同じである。 同じ条件で2 回実験を繰り返しその再現性を担保した。 2 回の実験において、使用した次亜塩素酸水は前回同様30 秒、1 分、5 分、10 分の反応時間でウイルス感染価を約5 桁減少させ、実験で検出不可能なウイルス感染価以下まで不活化した。 コントロールに用いた普通の蒸留水においてはウイルスの不活化はまったく見られなかった。 (添付資料参照)。 5、有効塩素濃度40ppm)は前回の強酸性次亜塩素酸水に引き続き(つまり強酸性の次亜塩素酸水)、新型コロナウイルスに対する強力な不活化効果があることが実証された。 政府系の独立行政法人製品評価技術基盤機構「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」は2020 年5 月28 日、中間報告を発表しその中で、実証実験を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、引き続き検証試験を継続を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、引き続き検証試験を継続すべきであると結論付けている。 消毒用アルコールなどがひっぱくしている現状において、強酸性(pH2. 7 未満)だけでなく微酸性(pH5. 5)の次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して有効と判断されたことの意義は非常に大きい。 すなわちアルコールの代替品ではない、独立したより安全な消毒剤としての次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策に大きく寄与することが期待できる。 次亜塩素酸水(強酸性pH2. 7 未満および微酸性pH5. 5)は、比較的容易に入手可能な生成装置から吐水され、食品や物品等の消毒の他に、「手洗いに有効な資材としても推奨できます。 」 私たちは新型コロナウイルス感染症の予防対策のために、次亜塩素酸水の有効利用を引き続きより積極的に検討していく所存です。 tamashiro med. hokudai. jp).

次の