あしたでんき デメリット。 あしたでんきはガスも契約できるの?今日からできる電気とガスの賢い契約のやり方

【注意事項あり】関電ガスのなっとくプランの評判・口コミを紹介!料金は安い?(関西電力)

あしたでんき デメリット

Contents• 基本料金0円プランを用意する代表的な新電力• Looopでんき• 楽天エナジー• ソフトバンク自然でんき この基本料金0円プランの増加は、 新電力に対して期待していることの中に『わかりやすい料金体系』という要望がアンケートの結果により多かったこともあり、シンプルに従量料金のみという料金プランが徐々に増加しているようです。 あわせて読みたい この電力小売ベンチャーTRENDE株式会社の展開する『あしたでんき』ですが、あしたでんきは現在知名度では先程の新電力会社に程遠いものの、 料金プランは純粋に3社より安いです。 Looopでんきや楽天でんきが横並びでソフトバンクの自然でんきが少し高いというのが これまでの料金設定でしたが、 あしたでんきはLooopでんきよりも楽天でんきよりも料金単価を0. 5円安い設定をしているので、シンプルに電気料金は3社より安くなります。 電気代を安くしたいから新電力への乗り換えを考えているわけですから、それなら『あしたでんき』に申し込み、電気契約を乗り換えたい!となりますよね。 しかし、ちょっと待ってください。 電話での申し込みができないので、もしもネット環境が近くにない、そんな方にはあしたでんきは申し込みできません。 近くのパソコンを借りて申し込みするというのも可能でしょうが、申し込み後の電気使用量の確認等すべてネット上で自分で見に行くことになるので、ネット環境が近くにないと電気代は安くなってもあしたでんきのシステムを上手に使うことが難しいです。 電気代の支払い方法がクレジットカードのみ クレジットカードをよく利用する方にはまったく問題ありませんが、 あしたでんきの電気料金支払いはクレジットカードのみになっています。 現金派という方は今でも多く、特に地方ではその傾向が強いですね。 現金派の方にとっては口座引落もコンビニ払込票も利用できないので、抵抗感があるかもしれません。 法人申込はできない あしたでんきは法人申込はできません。 Looopでんきや楽天でんきではビジネスプランが準備されていますが、あしたでんきにはビジネスプランは準備されていません。 電気代が安いから会社でも利用したい。 そういったことも他の新電力であれば可能ですが、あしたでんきでは今の所対応していないので、個人のみ利用できる料金プランになります。 電気供給エリアが狭い あしたでんきの供給エリアは東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリアになります。 北海道エリア、北陸エリア、四国エリア、沖縄エリアでは電気供給していないので、先程の3社の中では一番電気供給エリアが狭くなっています。 あわせて読みたい 申し込み前に気になる点は以上です。 あまり問題にならない方の方が多いですよね。 年配の方にちょっとハードルとなる部分が多いように感じますが、若い方にはなんてことない問題でしょう。 あしたでんきの口コミや評判 ネット上で見られる声• わかりやすい• 申し込みが簡単• 解約金がかからないから安心• 東京電力グループの会社なので安心• 従量料金のみで固定なので安心 比較的好意的な声が多く見られます。 わかりやすいのは シンプルに従量料金のみなので、これ以上わかりやすい料金プランは他には無いでしょう。 申し込みが簡単なのは、新電力会社ではネット上でのみ申し込みを受け付けるというのは珍しくないのでできる限り申し込みがしやすいように工夫されています。 解約金がかからないのは、ここ大事ですね。 解約金を取る新電力会社はかなり少ないですが、実はそこそこの供給量を誇る新電力会社でも解約金を取る新電力会社があります。 解約金は他への乗り換えをしにくくするものなので、解約金を設定している新電力には誠実さを感じにくいですね。

次の

あしたでんきの口コミ・評判・デメリット・他の電力会社と比較

あしたでんき デメリット

・ 東京電力の子会社 ・標準プランは基本料金無料+従量料金 ・対象エリアは少ない ・解約手数料はかからない ・キャンペーンはたまに開催している といったところになります。 これをそれぞれ一つ一つ見ていきたいと思います。 東京電力の子会社 あしたでんきは実は東京電力の子会社です。 運営会社はTRENDE株式会社という会社なのですが、このTRENDE株式会社が東京電力ホールディングスのグループ会社になります。 そういったところでまずは安心感というのはあるかと思います。 標準プランは基本料金無料+従量料金 ではここであしたでんきのプランを紹介します。 あしたでんき料金プラン まずプランは「 標準プラン」と「 たっぷりプラン」の2種類あります。 では表で紹介したいと思います。 私が一人暮らしで自分の電気使用量を計算したときは関西電力よりも割高になるという結果がでました。 電力エリアでも多少違ってきますけど、基本的には一人暮らしだと割高になる可能性が高いと思います。 二人暮らしの場合はどうかというと人数よりも結局は電力使用量などが関係してきます。 申し込みはWEBサイトのみ 電話では申し込みできなくてWEBからのみになります。 最近はどこもwebからのみのところが多いのでデメリットでもないですけどね。 検針票は発行されない マイページで確認 これも新電力は一般的ですね。 今はほとんどWEBのマイページでの確認なのでデメリットではないですね。 あしたでんきの口コミ・評判 ではあしたでんきの評判などを見ていきたいと思います。 5円と安い! ぴたでんは、違約金がいるとこのこと。 エルピオでんきはさらにキャンペーンもあってお得になります。 あしたでんきの公式サイトのシミュレーションではいろいろな新電力会社のプランとあしたでんきを比較することができるのでとても便利で参考になると思いますので一度やってみると良いと思います。 ・東京電力エリアの方は30A以上 ・関西電力エリアの方は1ヵ月の電気使用量200kWh以上 東京電力エリアの方は30A以上 まず東京電力エリアの場合A アンペア が結構関係してきます。 私がシミュレーションしたところでは東京電力と比較した場合は30A以上であしたでんきがお得になるとでました。 関西電力エリアの方は1ヵ月の電気使用量200kWh以上 関西電力エリアの場合、A アンペア ではわかれていないので単純に電気使用量が多いか少ないかでお得かどうかが変わってきます。 私がシミュレーションしたところでは関西電力との比較で言うと1ヵ月の電気使用量200kWh以上であしたでんきがお得になるという結果がでました。 あしたでんき会社概要 あしたでんきキャンペーンをチェック あしたでんきの解約について これからあしたでんきを利用しようと考えている方は解約についても知っておきたいと思っているかと思います。 まず あしたでんきは解約手数料はかかりません。 いつ解約しても解約手数料がかからないので心配が一つ消えますね。 解約の手続きはというと特に何も必要ありません。 乗り換え先の電力会社が行ってくれるので特に何もすることはありません。 ただ、引越しによる解約の場合はあしたでんきカスタマーセンターに連絡する必要がありますので注意してください。 あしたでんき申し込みの注意点 あしたでんきに申し込む場合、引越しと同時に申し込むことはできません。 関西電力エリアなら一度関西電力なりと契約してからあしたでんきに申し込むという流れになります。 私もソフトバンクのおうちでんきに引越しと同時に申し込もうとしたら一度関西電力で契約してからでないと申し込みできませんでした。 引越しの際には注意してください。 まとめ あしたでんきは東京電力の子会社で料金も安いということで申し込みは多いようですね。 料金も同じ料金体系の電力会社と比べても安いですし、利用しやすい条件が整っています。 基本料金無料+従量料金の料金体系でいうと私が知っている中ではの次にあしたでんきが安いと思います。 問題は対象エリアが少ないというところですね。 違う料金体系の新電力会社で言うと【】や【】なんかもチェックでしょうか。 ここでいくつかおすすめの電力会社を紹介しておきます。 他にチェックしておきたい電力サービスは? 他にチェックしておきたい電力サービスで言うと 一人暮らしなど電気使用量が少ない 一人暮らしなど電気使用量が少ないのであれば【】や【】、 ある程度電気を使うしキャンペーンでお得にということなら 電気料金も比較的安く、キャンペーンも魅力的ということなら【】や【】、 電気使用量が少なく特典が魅力的な 電気使用量が少ない家庭で特典が魅力的な方なら【】あたりをチェックしてみると良いのかなと思います。 電気料金も変わる可能性があるので最終確認は公式サイトでお願いします。

次の

あしたでんきの評判・デメリットを調査!使った人の口コミは?

あしたでんき デメリット

あしたでんきの特徴 ・基本料金0円 各地で「最安値」水準の低料金 ・東京電力が設立 出光や伊藤忠商事なども出資 ・CO2排出量が多く環境負荷が大きい ・9月30日までの申し込みで5千円分のAmazonギフト券 「あしたでんき」はTRENDE株式会社(トレンディ)の電力サービスです。 TRENDEは東京電力ホールディングスの子会社で、設立当初の本社は東電本店内。 また、役員以下社員数名も東電からの「出向」ということで、東電のサブブランドという位置づけの新電力です。 本体である東京電力管内にも「低料金」で進出していることには驚きがありますが、それに対しトレンディの役員は「他社に取られる前に自社でやる」と答えています。 サービス内容や料金体系(詳しくは後述)は、先行して参入して契約を順調に伸ばしているを強く意識しているとうかがわせる内容となっています。 私自身、自宅で3ヶ月間利用したので使い勝手なども含めて詳しく解説していきます。 関連記事• 料金プランとサービスの解説 乗り換えでいくらお得になる? 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。 基本料金0円に、一律単価の従量料金が加算される料金体系でと同じです。 Looopと比べて全ての地域で0. 関連記事• 解約時の違約金は? 契約上は1年契約となっていますが、途中で解約しても 違約金の発生はありません。 いつでも自由に解約できます。 私も3ヶ月で解約していますが、違約金などは取られていません。 キャンペーン情報 2020年9月30日までの申込みで 5千円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。 なお、この「5千円分」は当サイトの試算には含めていないので、シミュレーション結果よりもお得になります。 電気使用量の「見える化」 他の多くの新電力と同様に、ウェブのマイページから自宅の電気使用量をグラフで確認することができます。 わが家のグラフ 1日の時間別、1日単位、月単位のグラフがあります。 時間帯ごとの使用量(kWh)に加え、料金も一緒に表示してくれる点は便利です。 データの更新は数時間ごとに行われます(2019年夏頃までは1日1回の更新だった) 他のほとんどの新電力は「30分単位」の使用量を確認できますが、あしたでんきは「1時間単位」となっています。 あしたでんき側としては、「この方が見やすいので、あえてそのようにしている」とのことです。 あしたでんきの評価 メリットやデメリットを含め、私の視点から解説していきます。 一人暮らし世帯では割高になる場合も 上で紹介した料金シミュレーションの結果を見れば一目瞭然ですが、一人暮らし世帯では大手電力会社よりも「割高」となってしまう可能性があります。 あしたでんきは基本料金がゼロ円なので、基本料金が安い15Aや20Aからの切り替えではメリットが小さくなるためです。 逆に、一人暮らしでも30Aや40Aで契約している場合は「あしたでんき」が他の新電力より大幅に割安になる可能性があります。 また、あしたでんきの「たっぷりプラン」は4人暮らし世帯の標準使用量でもトントンか割高です。 使用量が少ない世帯でも電気代が安くなる新電力会社もあるので、「」を参考に他社を検討してください。 関連記事• 支払い方法がカードのみ 支払い方法はクレジットカードのみです。 コンビニ払いはもちろん、口座振替にも対応していません。 あしたでんきと比べると若干、親指でんきの方が料金単価が高く設定されていますが、口座振替に対応しています。 関連記事• 顧客対応は? 会社によって大きな差がある「顧客対応」ですが、あしたでんきはどうなのか。 私は実際に契約しているので、何度か問い合わせていますが 速さ・質ともに問題は無いと思います。 例えば2018年8月にメールで問い合わせたところ、4時間12分後に返信が来ました。 2019年12月に問い合わせた際にも翌日に返事が届きました。 また、あしたでんきのコールセンターは年末年始を除く「年中無休」なのもGoodです。 土日祝が休みという新電力も多いので、あしたでんきのサポートは使いやすいと言えます。 CO2排出量が多い あしたでんきは電源構成を公表していませんが、環境省を通じて2020年1月に公表されたCO2排出係数によれば1kWhあたりのCO2排出量は766g 2018年度実績 と、 CO2排出量がきわめて多いと言わざるを得ない成績でした。 あしたでんきが参入しているエリアの大手電力会社すべてと比較しても排出量が多く、乗り換えることでCO2排出量を増やしてしまうデメリットがあります。 例えば東電と比較して65. 競合と比較しても、の2. 2倍、の1. 5倍の排出量となっています。 同じ量の電気を使っても、二酸化炭素の排出量を大幅に増やしてしまいます。 関連記事• 今後の展開にも注目 将来的には家庭に太陽光パネルや蓄電池の導入を進め、それらの設備を活用して家庭間で電気の融通(売買)が出来る仕組みを構築するというビジョンを示しています。 2019年から東京大学やトヨタ自動車とともに、太陽光発電やプラグインハイブリッド車を活用した実証実験を行ったほか、2020年には大手総合商社の伊藤忠商事とも提携してこの分野での技術開発を進めています。 単なる電力の販売に留まらない取り組みに力を入れている会社です。 関連記事• 「あしたでんき」ならではのメリットも 他の電力会社には無いメリットがあります。 ブレーカーが落ちにくくなる 他のほとんどの電力会社では、アンペア数に応じて基本料金が変わる仕組みを取り入れています(関西、中国電力は一律の基本料金) アンペア数を大きくすれば一度に多くの電気を使えるためブレーカーが落ちにくくなりますが、その分毎月の基本料金が高くなるジレンマがあります。 「あしたでんき」の場合、基本料金が掛からないため 契約アンペア数に縛られずに済むという利点があります。 30Aでも60Aでも、基本料金は掛かりません。 実際に「あしたでんき」を契約したわが家では、もともと40Aで契約していましたが、乗り換えを機に 60Aに変更してもらうことが出来ました。 無料で60Aになりました! あしたでんきのサイトにも「切り替え後にアンペア変更が可能です」と書いてあります。 あしたでんきとLooopでんきの比較 最後に、サービス内容がよく似ているLooopでんきと比較して終わります。

次の