ガスト 豚丼。 ガストで手軽に“一人鍋”! 「ご当地グルメグランプリ」フェア|株式会社すかいらーくホールディングスのプレスリリース

ガスト

ガスト 豚丼

ついに株主優待でナンが食べられる ここ20年くらいで牛丼屋と同じくらいインド料理の店が増えたと思う。 都心だけでなく郊外にも次々進出して、家のまわりではコンビニより多いくらいだ。 どのお店も味は平均以上で、600~700円の最安ランチでも十分満足できる。 チェーン店の豚丼やうどんより若干高くなるが、おいしいので外食ローテーションに加える割合が増えてきた。 ただ、株主優待でインド料理を食べられるところが少ないのは残念。 もしガストのナンが当たりで定番化してくれるなら、マルゲリータピザと同じくらい活用したいと思う。 799円にしてはナンが小さい メニューを見ると「8種のスパイス」が入っているということで、料理にこだわりを感じさせる。 名前も普通のカレーではなく「バターチキンカレー」と名乗っているくらいだ。 唐辛子アイコンのピリ辛マークから、ガストの本気が伝わってくる。 ただし799円という値段にしては、ナンのサイズがちょっと小さいように見える。 街中のインド料理店で頼めば、お皿からはみ出るくらいジャンボなナンがついてくるのが通例だ。 100円でチーズナンにアップグレードできるのは、よくあるサービス。 ゴマやガーリック、ドライフルーツ入りのナンも出てくるとうれしい。 しかし、ファミレスの一メニューでそこまでバリエーションを増やすのは難しそうだ。 ピザもハンバーグのチーズの増量オプションがあるので、チーズナンなら材料・調理を兼ねられるのだろう。 「もちふわナン」という盲点 やってきたナンは、小さいだけでなく妙に丸っこい。 しかも表面にガスを抜くための穴が開けられている。 本格風を期待していたのに、プレート上のあらゆる要素から漂うコレジャナイ感… ナンをちぎってみると、中はふかふかでパン生地のようになっている。 面積が小さい分、厚みは大きいといえるが、あのモチモチしたナンのイメージではない。 何かに似ていると思ったら、ステーキガストのサラダバーにあるフォッカッチャを思い出した。 この生地の違いは、シカゴピザとナポリピッツアくらいの差がある。 どう見てもナンというよりはパンと表現した方が適切だ。 ふとメニューを見ると「もちふわナン」と書いてあった。 注文するときは気にもとめなかったが、これはガスト流のエクスキューズであるらしい。 フェア用メニューでナンを提供するために、わざわざタンドール窯を用意することはできなかったのだろう。 そのまま温めれば出せる方式のフォッカッチャを拡大して、「もちふわ」ナンと名付けることにしたようだ。 ガストのピザ用生地はもっと薄くて歯ごたえがあるので、そちらで代用することはできなかったのだろうか。 ピザメニューに「バターチキンカレーピザ」とか追加したら、うけそうな気がする。 カレーは甘くて水気が多い 巨大なフォッカッチャを浸して食べると、どうやらカレーも一味違う。 第一印象は確かにバターチキンなのだが、後に引く味覚は家庭用のカレールーという感じ。 吉野家のカレーほど、もろにカレーそのものではないが、「バターチキン風味」のカレーというような不思議な食感だ。 軽く汗ばむほどの辛さはあるが、妙に甘すぎる。 粘性は弱くサラサラした性質で、パン生地へのくっつきも弱い。 そこは大手のすかいらーくなので、単なる失敗作でなく、意図的に調整された結果なのだろう。 おそらくカレーの味は、標準的な日本人の好みに合わせて甘めに味付けされている。 本格インド料理店のバターチキンだと、こってりしすぎてお年寄りにはきついかもしれない。 そしてフォッカッチャのパン生地には、水気の多いカレーの方がよく染み込む。 ちょうどスープカレーにパンをひたして食べるような感覚だ。 材料費や調理法など、さまざまな制約のもとで、苦労して編み出された創作料理と推測される。 お肉の量は多い なんとも微妙なインド料理だが、これはこれで普通に食べられる。 さらにカレーの中に唐揚げサイズの鶏もも肉が3個も入っていて、お肉の量は思ったより多かった。 カロリーは500kcal台と抑えめ。 トータルで考えると、同じお金を払うなら近所のインド料理店に行った方が量も味も楽しめる。 これであと200~300円安くて、温玉ミートドリアくらいの値段だったら、たまには食べてもいいかなあという程度だった。

次の

ガストのハッピーアワーで豚肉てんこもやしとコーンのオーブン焼きでひとり呑み(ガスト/国領)

ガスト 豚丼

脂のり抜群の銀鮭、ぷりっとした食感と甘みが特徴の陸奥湾帆立に加え、海老やカニなどまさに冬の海の幸のオールスターが一堂に会したあつあつの鍋料理です。 白みそベースのスープが海鮮の旨味がたっぷりと滲み出ることによってさらにコク深い味わいへと昇華し、冷えた身体にも染み渡る冬にぴったりのメニューに仕上がりました。 またスイーツには、これからの時期が美味しい、ジューシーでフレッシュないちごを使用したメニューが登場。 使用する食材の産地を示すものではありません。 使用する食材の産地を示すものではありません。 当画像は地域限定版とは異なります。 <石川> 海鮮塩焼きそばとカニ汁セット 899円 海鮮塩焼きそばとカニ汁セット 7. まるごとあま~い いちごスイーツ (全て税抜き価格) 1. 北海道ソフトのいちごパフェ 649円 北海道ソフトのいちごパフェ 【パフェの中身】 ・いちご ・ミックスベリー ・ソフトクリーム ・ストロベリーソース ・いちごミルククリーム ・いちごゼリー ・ヨーグルト ・コーンフレーク 2. 北海道ソフトのいちごサンデー 499円 北海道ソフトのいちごサンデー 【サンデーの中身】 ・いちご ・ミックスベリー ・ソフトクリーム ・ストロベリーソース ・いちごミルククリーム ・コーンフレーク 3. いちごとベリーのフォンダンショコラ 599円 いちごとベリーのフォンダンショコラ 4. あったか小豆ぜんざい 北海道ソフト添え 499円 あったか小豆ぜんざい 北海道ソフト添え 5. 真っ赤ないちごゼリー 399円 真っ赤ないちごゼリー ・ホームページURL :.

次の

ガストのご当地グルメグランプリ。今回は帯広風豚丼を食す。満足。

ガスト 豚丼

酸辣湯うどんランチ 2日連続で品切れ 2015年7月7日(火)午後。 ガストに来ました。 この前日に 「酸辣湯うどんランチ」を 注文したら 品切れだったので 再チャレンジです。 【参照】• メニューを眺めて、、、 ピンポンを押して やって来た店員さんに注文。 この前日に来た時と 同じ店員さんです。 店員さんが 手元の端末に 何やら入力すると、、、 「ピーッ、ピーッ」という まるでエラー音のような音が、、、 この日も品切れとのこと。 Y「しばらく入荷しないのでせうか?」 店「午後1時くらいまではありますた」 Y「来るのが遅かったのでせうか?」 店「しばらくすればもっと入荷量が増えると思ひます」 ということで この日も 「酸辣湯うどんランチ」は 見送りに。 豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え を注文 実はこの前日から 品切れを予想して セカンドプランを決めていました。 それは、、、 豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え。 ¥699(税抜) 1340kcal 塩分6. 3g(スープ除く) ライス大盛り 日替わりスープ付 前の記録を見ると このメニューが登場して間もない というか おそらく登場初日の 2015年3月12日(木)に賞味していました。 その時の様子は アップしていないようなので ここでアップしてみます。 豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え を観察 待つことしばし、、、 出てきました。 豚肉スタミナ丼。 七味唐がらし。 ハウス製です。 — 余談: ハウスは「七味唐がらし」なのですね。 S&Bは「七味唐からし」ですよね。 — もっとよく観察してみます。 ねぎがぱらぱら。 マヨネーズ。 キャベツ。 ちょっぴりにんじんが混ざっています。 豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え をいろいろ味を変えながら賞味 それでは賞味していきます。 くわっちーさびら(いただきます)。 まずは、、、豚肉を、、、 がぶり。 甘辛というか 甘甘甘辛くらいな感じ。 続いて、、、 温玉とマヨネーズを まぜまぜして、、、 そこに豚肉を絡ませて、、、 がぶり。 甘甘甘辛な感じだった豚肉が 黄身のとろーりとした感じと マヨネーズに包まれて 全く違う感じに。 次は豚肉に七味唐がらしを どばどばっとかけてみます。 がぶり。 甘甘甘辛な豚肉が ピリリと引き締まりました。 良い感じです。 次はタレをかけてみます。 じゃじゃじゃじゃじゃーーー タレはちょこっと粘り気があります。 それでは、、、がぶり。 甘甘甘辛な豚肉に 甘甘辛くらいのタレが絡んで とにかく甘口な感じになりました。 さて、一通り試してみたところで 七味唐がらしが 良い感じだったので 残った部分に どばどばと七味唐がらしを かけてみます。 このまま賞味しても良かったのですが なぜだか残ったタレがもったいなく思えてきて タレも全量注入。 温玉 マヨネーズ タレ全量 と、なんだか 水分が多めになってきたので スプーンで賞味してみることに。 がばがばがば~っと賞味して、、、完食。 日替わりスープは カレー風味の野菜スープ 「豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え」には 日替わりスープが付いています。 この前日に賞味した 「チキンとなすのトマト煮ランチ」にも 日替わりスープが付いていましたが それに気が付かず ひたすら烏龍茶ざんまいでした。 ということで この日は ばっちりと スープを取って来ました。 この日のスープは 「カレー風味の野菜スープ」。 入っている野菜は、、、 キャベツとにんじんでしょうか。 さっそく賞味してみます。 ずずずずず~ 確かに「カレー風味」です。 いつもなら何杯か賞味するところですが この日はこの1杯だけ。 これで賞味終了。 くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。 豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え の伝票 完食完飲したので 伝票を眺めてみます。 その日の記事を見てみると、、、 まずはこちらの記事をアップして、、、• それから こちらの記事をアップして、、、• そしてようやく賞味したものをアップしたのは翌日だったり、、、• そしてその翌日には 世田谷駅周辺の 新しい道路「補助154号線」が 開通したりして そちらの記事を連日アップ。 【参照】• なんてやっているうちに ついつい日が経ってしまい 気が付くと 「豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え」は 山積み状態(ほとんどお蔵入り?) になっていたのでした。。。 Yさまのまとめ 4ヶ月ぶりの 「豚肉スタミナ丼ランチ温玉添え」。 1340kcalと ガストの中では けっこうカロリーというか熱量が高いのですが やはりすぐに空腹に。。。 次こそは賞味しようと企んでいる 「酸辣湯うどんランチ」は 465kcalだったりするので 2杯賞味するか 他と組み合わせるかした方が 良いですかね~.

次の