歯 が 痛い 時 の 対処 法。 歯が痛い時の治し方 効果的な6つの対処法とは?

冷たい水を飲むと歯がしみるのはなぜ?原因と対処法を紹介します!

歯 が 痛い 時 の 対処 法

1.歯茎が痛いときの応急処置 注意:この方法は根本的な解決方法ではなくとりあえず改善する方法です。 1-1.「ロキソニンS」市販の痛み止めをのむ 歯医者にすぐにいけない時は、とりあえず市販の痛み止めを飲んでください。 歯茎の痛みは繰り返すことが多く、痛みが出たり、引いたりします。 痛みが強い時は我慢をせずに痛み止めを飲んだ方が体が楽になります。 現在市販されている痛み止めは医療機関で出されるものと成分が近いものも販売されています。 痛くて何も食べられず体力が低下するより、痛み止めを飲んで体を楽にしてあげてください。 詳しくは「」参考にしてください。 1-2.冷えピタで痛い部分を冷やす 腫れや痛みを減らすために冷やします。 ぬれタオルや、冷えピタなどで冷やして、血液の循環を抑えます。 腫れて痛い部分は、血液や膿で内圧が高くなっています。 冷やすことによって多少でも内圧を下げ痛みを軽減させます。 1-3.軟らかい歯ブラシで磨く 歯茎が痛いときは軟らかい歯ブラシで磨くようにしてください。 お口の中に細菌が多くなるとますます痛みが強くなります。 また、痛い部分は歯茎が弱くなっているので無理に磨くと、傷がつき痛みが増してしまいます。 1-4.イソジンでうがいする うがい薬でよくお口の中を消毒してください。 イソジンやコンクールなどの殺菌作用が強く、刺激が少ないものが効果的です。 1-5.よく寝て体力を回復する 歯茎の痛みは細菌と体の抵抗力のバランスが崩れた時に痛みとして出てきます。 歯茎は体の変化を敏感に感じ取り、風邪を引いたり、疲れている時に体の抵抗力が下がると腫れや、痛みが出やすい場所です。 休養をとって体力の回復に努めてください。 2.歯茎の痛みの原因と治療法 2-1.歯茎が腫れて痛む歯周病 歯茎の痛みで最も多いのが歯周病です。 歯周病によって歯の周りの骨が溶かされて、歯と歯茎の間に膿がたまり、歯茎が腫れて痛みます。 自然に膿が出ることもありますが、何度も繰り返します。 歯周病が進行すると口臭や歯が揺れるようなことが起こり、最終的には抜けてしまいます。 治療法 早期の治療が必要になります。 大きく腫れている場合は歯茎から中に溜まった膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 腫れが引いてから歯周病の治療(ブラッシング方法、歯石除去、場合によっては外科的な処置)を行い、これい以上歯周病が悪化しないようにメンテナンスをしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-2.歯の根の先が腫れて痛む根尖病巣 歯の根の先に膿が溜まる根尖病巣(こんせんびょうそう)が痛みの原因です。 腫れと痛みは繰り返すことが多く、最後には歯が揺れてきます。 虫歯が深くなり神経が自然に死んでしまったり、根の治療が不十分な場合に起こります。 根の先の膿は鼻の副鼻腔に入って上顎洞炎になることもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 腫れが大きく痛みが強い場合は根の中から膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 その後根の中を消毒する治療をしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 歯根嚢胞の治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-3.物が詰まって痛む食片圧入 歯に虫歯が出来て穴が開いたり、詰め物が取れたり、歯周病で歯が動いたりすると、歯と歯の間に食べかすがどんどん詰まります。 これによって歯茎を圧迫して食片圧入(しょくへんあつにゅう)が起こり、歯茎に痛みが出ます。 特に子供の場合は気づきにくく、歯ぐきが大きく腫れて痛みが強くなることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 詰まった食べかすをきれいに取り、虫歯の治療をすれば詰まらなくなります。 また、歯周病の場合は毎日デンタルフロスや歯間ブラシを使って、食べかすを貯めこまないようしていきます。 乳歯の虫歯治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-4.さわると痛い口内炎 歯茎に口内炎ができると、痛みが強くなります。 口内炎は米粒みたいな小さなものから、歯の3本分ぐらい広がる大きなものまであります。 原因はウィルスや鉄分、ビタミン不足、ストレス、睡眠不足など色々原因はあります。 また、お口の中は細菌が多い場所なので治りにくく、痛みが続く場合も多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 ケナログやアフタゾロンなどドラッグストアで売っている薬を塗ると比較的早く治ります。 塗るときは口内炎の部分を少し乾かして軟膏で覆ってあげるようにすると効果的です。 治りが悪い時は体の病気からきている場合もありますので、内科に受診して下さい。 2-5.厄介ものの親知らず 親知らずは横や斜めに生えていることが多く、親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜り、歯茎が腫れ痛みが出ます。 また、腫れて歯茎が盛り上がると、噛み合う親知らずに刺激されより痛みが強くなります。 治療法 噛み合わせに関係していないようであれば早期に抜歯をしたほうがいいです。 抜歯をすることによって親知らずの前の歯に悪い影響が及ぶのが抑えられます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-6.歯ブラシで磨きすぎのキズ 歯茎は粘膜なので歯ブラシで磨きすぎると傷がつき痛みが出ます。 この傷にお口の中の細菌が感染すると口内炎のようになって痛みが強くなったり、歯茎が下がってしまうこともあります。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 正しい圧のブラッシングを行い歯茎に傷がつかないようにします。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-7.粘膜がヒリヒリ痛むカンジダ菌 カンジダ菌はカビ菌の一種です。 体の抵抗力が下がったり、長期間抗生物質を飲んでいるとカンジダ菌が増え、歯茎がヒリヒリ痛むことがあります。 また、お口の中の清掃状態が悪いときにも起こり、特に入れ歯を使われている方は毎日入れ歯の洗浄剤を使わないとカンジダ菌が発生しやすくなります。 治療法 カンジダ菌の検査を行い、原因を特定します。 菌が特定されればお薬でカビを退治します。 再発しやすいためお口の中は常に清潔な状態に保つ必要があります。 2-8.上あごに多いやけど 意外に多いのがやけどです。 特に上あごに多く全体的に赤くなり、ただれてしまうこともあります。 また、お口の中の細菌が感染するとより悪化してしまいます。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 刺激が強い食事は避けるようにしてください。 ただ原因が改善されなければより悪化してしまいます。 我慢するよりも早期に歯医者で治療したほうが歯を守ることができます。

次の

歯が痛いのに虫歯じゃないってどういうこと?謎の歯痛の原因と対処法

歯 が 痛い 時 の 対処 法

スポンサーリンク 歯の痛みが出た時 歯が痛くなる時っていうのは結構突然 痛み出してしまう時が多いですよね。 それまでもたまに痛みやしみる事などが たまにあってもそれほど痛くなかったり すぐに痛みが治まったりして ついつい気にせず歯医者に行く時間も 勿体ないと思ってしまいます。 僕が実際にそうなので、仕事が忙しくて 歯医者には痛みが酷くなってから毎回 行っていました・・・ その歯が痛くなってしまった時はもう 既に虫歯などの状態が酷くなって しまっているのでダメなんですけどね。 そして突然歯が痛くなってしまい その症状が治まらずに痛みを我慢 している時についついやってしまう 事がいくつかあります。 そんな中で痛みを症状を悪化させて しまい痛みを酷くしてしまう事が あるので注意しなくてはいけません 虫歯が無いのに歯が痛い時はコチラの 記事に原因が書いてあります。 本当についついやってしまっている事が 多い事ばかりで、その行動が痛みや 症状を悪化させてしまっています。 歯を触る まずは痛む歯をついつい指や舌で触って しまう事です。 これはほとんど無意識のうちに触って しまっている事が多いですが、痛む歯を 触ってしまうと ばい菌が入ってしまったり、余計に症状を 酷くしてしまうので絶対に触らないように してください。 お風呂に入る 次にお風呂に入る事なのですが これは熱いお風呂に長時間入らない って事です。 スポンサーリンク お風呂に長時間入ってしまうと汗を 大量にかいて気持ちいいですが それは血圧が上がっているからで 血圧が上がっているってことは それだけ血の周りが早くなっていて 痛みが酷くなってしまいます。 なので歯が痛い時は軽くシャワーなどで 汗を洗い流すようにしてください。 アルコールを飲む 次は、アルコールを飲んでしまう事ですが 一日の仕事の後などは、頑張った自分に お疲れ様って一杯飲みたくなりますが 歯が痛い時にアルコールを飲んでしまうと 血液の流れが早くなってしまって炎症が 酷くなってしまい痛みが増してしまいます。 よくアルコールを飲むと痛みが一瞬 無くなるといいますが、それはほんの一瞬 だけでその後痛みは酷くなってしまうのです。 喫煙 次は、たばこを吸ってしまう事ですが これもよくありません 僕も経験あるのですが、たばこを吸って 気分転換をしようと思ってしまいます。 特に歯が痛い時などは何も手につかない のでついついたばこを吸ってしまう事が 多いですが たばこの刺激で痛みが酷くなってしまったり 歯周病が酷くなってしまったり、何より 治るのが遅くなってしまうので いきなり禁煙をする事は難しいですが 歯が痛い時だけはたばこを吸わないように 心がけてみてください。 炭酸飲料を飲む 最後は炭酸飲料などを飲んでしまう事です。 炭酸飲料などは刺激が強いので美味しく 感じてしまいますが、その刺激が歯の痛み を悪化させてしまいます。 飲み物では炭酸飲料の他にも熱い飲み物 は、炎症して痛みが出ている場合には その 炎症を悪化させてしまうので 熱い飲み物も注意してください。 突然歯が痛くなってしまってすぐに 歯医者にいけない時に気を紛らわせたり ついついやってしまう事ばかりですが これらの行為や行動は歯の痛みを 強めてしまうばかりか症状を悪化 させてしまう事も多いので ついついやってしまいそうですが 出来るだけやらないように意識して みてください。 そして早めに歯医者さんに行って 診て貰って治療して貰う事が一番です からね。 どうしても急な歯の痛みで我慢出来ない 時におすすめの方法はコチラの記事に 書いてあります。

次の

歯列矯正って痛いの?痛みは対処できれば怖くない!

歯 が 痛い 時 の 対処 法

歯医者に行けない時の応急処置 すぐに歯医者に行って原因や、正しい治療を行うのが一番ですが、すぐには歯医者に行けない場合には自宅でできる応急処置を覚えておきましょう。 まずはゆっくり休む 歯茎の腫れがおきるのはきまって疲れている時という人もいるぐらい、体の状態に歯茎は敏感に反応します。 体力を回復して免疫力を戻すことは、とても重要です。 ビタミンなどの栄養補給も忘れずに。 優しい歯磨きをする 歯茎が痛いからといって歯磨きをしないのは大きな間違いです。 もしかしたら 対処の中で一番重要かもしれません。 そこで重要なポイントが、 優しく歯磨きすることと、 痛みのない出血は問題ないということです。 優しい歯磨きは、柔らかい歯ブラシを選んだりして歯茎に傷をつけないようにします。 その時に無理やりでなく自然に出血する場合は出してしまう方がよい方法となります。 歯間ブラシや糸楊枝よりもこの形状の歯ブラシがおすすめです。 歯ブラシでは限界があります。 親知らずの歯茎の腫れは磨き残しがほとんどなので、抜歯していない人は必須アイテムと言ってもいいかもしれません。 使い捨てではないのでコスパもすばらしいですよ。 市販薬で痛み止め どうしても歯医者に行けないけど痛い時には歯痛に効くの市販薬を飲みましょう。 我慢して体力を消耗してしまうと 細菌と戦う力も落ちてしまいますので、我慢できない痛みには効果的です。 歯茎の痛みは波があって痛い時と楽な時がある場合もありますので、歯医者に行けそうにない場合には有効に使いましょう。 痛い部分を冷やす 腫れている部分は炎症中なので、冷やすことで歯茎の腫れをおさえましょう。 タオルを用意して冷たすぎない水道水でよく絞ります。 10分程したら絞りなおして再度冷やします。 たったこれだけでも だいぶ痛みから解放されてしまいます。 また、冷えピタや熱冷まシートを腫れた歯茎のあたりに貼るのも効果的です。 うがい薬のイソジンやリステリン うがい薬で口腔内を殺菌して清潔に保ちます。 ここで注意したいのはリステリンなどで刺激の強い製品がありますが、それは絶対に避けて下さい。 これも根本治療ではなく 殺菌と清潔を保つことがメインなので、ある程度のうがい薬で代用できます。 またイソジン原液を歯茎に麺棒などで直接塗布しても問題ありません。 寝る前などに有効です。 なぜ歯茎が腫れるのか 疲れた時に多いと言いましたが、そもそもなぜ歯茎が腫れてしまうのかをきちんと理解しておきましょう。 腫れたから歯磨きを念入りにするというのではなく、 歯茎を腫れなくすることが大事ですよね。 歯茎が腫れる原因 歯茎の腫れの原因はとても多いので、自分で原因を特定することは少し難しいかもしれません。 主な原因として。 歯みがき不足• 歯周病や歯肉炎• 歯並びや噛み合わせの問題• 疲れやストレスや飲酒• 傷口からの感染• 親知らずの生え方 まだまだ様々な歯茎が腫れる原因がありますが、ほとんどの場合は上記に当てはまると思います。 歯茎が腫れてしまった時に思い当たる原因がある場合には日頃から注意したり、歯医者に行って根本治療を心がけましょう。 歯周病の怖さ 日本人の7割~8割以上の人にあると言われる歯周病ですが、皆なってるから大したことはないと思っていると結構ヤバイです。 そもそも歯周病とは「 骨を溶かす病気」です。 歯周ポケットと呼ばれる歯の隙間から細菌が入って炎症を起こし、歯の土台である骨を溶かして歯がグラグラになったり、ポロっと歯が抜けてしまう病気です。 しかも、治療をして良い常態には戻せても完璧に元に戻すことはできないのです。 怖すぎ。 これを書いていて思わず歯を磨いてしまいました。 正直歯周ポケットをそこまで意識してなかったかも。 まとめ 僕はお酒をめちゃくちゃ飲みすぎた次の日に歯茎に違和感を感じる時が多いです。 そういう日は二日酔いや寝不足で体もボロボロで、たしかに疲れている(免疫が落ちまくっている)状態だったんだと実感します。 そうなってから 日頃から歯茎を健康にしておけばよかったと後悔する繰り返しでした。

次の