モンテ クリスト 葉巻。 葉巻デビューしようと思い、モンテクリストクラブを吸ってみました。一...

シガー(葉巻)愛煙家の方に質問です。初めてモンテクリスト...

モンテ クリスト 葉巻

概要 [ ] アストリア出身のアロンソ・メネンデスがにH. アップマン工場で製造を開始、の「」に登場する主人公にちなんで名前を付けたブランドである。 アロンソ・メネンデスは当時業績の良くなかったH. アップマンを購入し、工場を近代化し、このブランドをキューバ3大シガーの1つと言われるまで成長させた。 キューバ産葉巻輸出の約25%はモンテクリストが占めている。 「モンティーズ」というモンテクリスト愛好家を表す言葉もある。 葉巻工場では葉巻職人たちが退屈しないように、作業中にさまざまな物語を朗読するLector(レクトール)という職種があり、彼らが読み上げる物語の中で葉巻職人(トルセドール)たちのお気に入りの読み物の一つであったことが「モンテクリスト」という名の由来である。 同様の由来を持つ葉巻は「ロメオ・イ・フリエタ」「サンチョ・パンサ」などがある。 種類 [ ] 代表的な銘柄はNo. 1〜5で各種限定品は無論のこと、小さめのペティコロナサイズ、ミニシガリロまで種類は豊富である。 当初はNo. 製品名 価格 長さ 太さ 備考 モンテクリスト No. 1 2200円 165mm 16. 67mm ロンズデール モンテクリスト No. 2 2400円 156mm 20. 64mm ピラミデス モンテクリスト No. 3 1800円 142mm 16. 67mm コロナ モンテクリスト No. 4 1600円 129mm 16. 67mm ペティコロナ モンテクリスト No. 5 1500円 102mm 15. 65mm グラン・コロナ エドムンド 2300円 135mm 20. 64mm ロブスト ペティ・エドムンド 1700円 110mm 20. 64mm ロブスト エスペシアレス 2200円 192mm 15. 08mm パルマ・ラルガ エスペシアレス No. 2 2100円 152mm 15. 08mm パルマ ホイタス 1200円 115mm 10. 32mm ミニ・パナテラ チュボス 2100円 155mm 16. 67mm コロナ・ゴルダ ペティ・チュボス 1800円 129mm 16. 67mm ペティ・コロナ シガリロ 製品名 価格 本数 備考 ミニ 2600円 20本 50本入りもあり、6500円 クラブ 3000円 20本 その他 [ ]• 葉巻職人たちの退屈防止の朗読は、特に19世紀から20世紀初頭には冒険小説の人気が高かった。 現在では主に新聞が朗読されている。 キューバの革命家が愛用した葉巻としても知られる。 関連項目 [ ]•

次の

たばこ通販 紙巻たばこ パイプ 葉巻 専門店 シガーショップきたはら > 葉巻 > キューバ > モンテクリスト > モンテクリスト

モンテ クリスト 葉巻

世界中で愛される、デュマのモンテ・クリスト伯。 エドモン・ダンデス(モンテ・クリスト伯)が、裏切りの果てに壮大に描く復讐劇。 そして、デュマの愛した最初の女性・カトリーヌが描きあげる、愛憎の果ての復讐劇。 劇中劇でありながら、小説世界を舞台に描き出し、そしてデュマ自身を追い詰める復讐劇と変わっていく。 宝塚歌劇団在団中に主演『モンテ・クリスト伯』を演じた凰稀が、今度はカトリーヌとメルセデスを演じる。 作・演出:西田大輔• 出演:凰稀かなめ 他• 企画・制作・主催:モンテ・クリスト伯制作委員会• 開演時間:11:00/13:30/16:00/18:30• 料金:S席 12,500円• A席 9,000円.

次の

モンテ・クリスト伯

モンテ クリスト 葉巻

概説 このモンテクリストミニは、僕がはじめて吸ったシガリロです。 意を決して普段行かない地元近くのタバコ屋に行き、まだ、シガリロについて全然調べてなかったので、店番のおばちゃんに、「おいしいのどれ?」と聞きました。 おばちゃんからは、「それは人の好みやからな」というのを強く連呼され、質問の仕方を変えても、「どれがよく売れている」とかいう情報もまったく引き出されませんでした。 音の出る人形のように「それは人の好みやからな」を繰り返すのみでした。 まあそれはそうなのですが、少しくらい僕が選ぶためのヒントくらいくれてもよかったのに。 気を取り直して、とっさにその場でスマホでグーグルさんに聞くことに。 すると、キューバ系のコイーバ、モンテクリストが有名であることを知りました。 そして、どちらかを買うことに決めました。 すぐ目の前にモンテクリストがあるのを見つけ、クラブかミニか迷いましたが、はじめてだし、お試し気分で安いほう、つまりミニを買うことに。 こうして、僕はシガリロが趣味になる第1歩を踏み出したのでした。 外観・包装の感想 はじめて箱を開けたときは、箱のしっかりしたつくり、材質の硬さと、開き方に高級感を感じていました。 紙巻タバコの葉の色より「濃いなー」って思ってました。 着火前の感想 火をつけずに吸い込んでみると、少し重い感じです。 少しきつめに葉が詰まっています。 を知って、あらためてミニを触ると、クラブのゆるゆるさに比べて、ミニは硬い印象です。 味の感想と喫煙時間 実際に火をつけても、やはり吸い込みは少し重いです。 煙は少なめです。 最近思いましたが、煙の量は、空気の通りやすさがいいほど、多い気がします。 たとえ、火元の煙が多く見えても、口元まで吸いこめなければ、吸いこむ煙が少なくなるのは当たり前といえば当り前ですが。 味は、序盤では、甘みの少ないチョコレートのような、あるいは焦がしたキャラメルのような印象です。 苦味よりも甘みや旨味をより強く感じます。 鼻から煙を抜くと、少し甘い華やかな香りがします。 中盤では、甘さが引っ込み苦味が少し主張してきます。 煙を舌で転がすと、旨味は変わらず残っています。 終盤は、少しスパイシーな辛味が出てくる。 ただ嫌な辛さではなく、味を引き締めてくれるような印象です。 喫煙時間約13分。 空気が通りにくい分、と喫煙時間が変わりません。 吸い終わりの口の中にまったく不快感はなく、旨味が残ってくれます。 まとめ 味に変化があるものの、旨味がずっと残り続けます。 もしかしたら、よりうまいかもしれません。 というのは、クラブとミニを比べてみると、ミニのほうが葉の色が濃いのです。 製造時期や、葉の状態などの条件の違いはあるのかもしれませんが、クラブとミニの違いは、大きさだけの問題ではなく、ブレンド自体が微妙に違うものになっているのではないでしょうか? そう思わされるくらい、違いを感じます。 キューバ系シガリロのミニの中では断トツのうまさです。 普段持ち歩いて吸う分にはベストかもしれません。 僕なら必ず手元におきたいシガリロです。

次の