リ オード ロイヤル。 【シャドバQ&A】リオードとかいう陰キャどう思ってる...[No229950]【シャドウバース】

【シャドバ】月の刃・リオードの評価と採用デッキ【シャドウバース】

リ オード ロイヤル

先日のRAGE GRAND FINALSでも採用されたUBリオードについて是非多くの方に使ってもらいたいと思ったので、いろいろとnoteに書いてみました。 ・この記事は 前半は先日のGFで3位入賞した〈百戦錬磨のトップスター〉Esunaさんの調整の中心メンバーである〈未確認シャドバ生命体〉 さんへの インタビュー形式でお送りします。 ・ 後半からは 実践での動きについての説明を画像と共にお送りします。 ・ 9割型無料記事となっています。 投げ銭形式となっておりますので、応援してくださる方や記事をみて勉強になったもっと書いてくれという方は購入してくださると励みになります。 (有料部分に記事はありません。 ) デッキ Esunaさんの使用デッキ40枚です。 実際にいろんなデッキを相手にしながら使ってみると通常のリオードより見れる範囲や勝ち筋が広く、初見での対応が難しいことからBO5での採用もありえるのではと思いすぐに調整メンバーに提案しました。 『Best of 5』の略で最大試合数が5試合となる。 先日のRAGE GRAND FINALSで採用されたルールである。 ただ、 先攻の場合は進化権の切りどころが難しいところは確かです。 」 簡易マリガン等 (マリガン…最初の手札交換) 【先後共通】 ・貴族の舞踏 デッキからリオードとクイックブレーダーを出すカード。 ・運命の泉 カウントダウンのないバフアミュレット 基本的に割られる心配がなく、先置きで後に置いたリオードにバフできる 3ターン目の貴族の舞踏との相性がよいためリオードが手札になくてもマリガンでキープする。 ・白刃の剣舞 相手の盤面を一気に返すことができるカード。 後4でプリンセスナイト進化剣舞等で盤面を返すことができる。 ・リオード 貴族の舞踏があれば貴族の舞踏を優先。 通常リオードよりリオードを引くためのカードが少ないためキープ優先度やや高め。 【先攻】 ・クイックブレーダー 2コスバフアミュレット(運命の泉や集会所)があればキープしたい。 【後攻】 ・プリンセスナイト サーチ先は ぺコリーヌとシズルの準確定サーチ。 後攻の進化権の多さを UB早期起動という具体的なメリットに変換できる。 後4でプリンセスナイト進化剣舞で盤面を返すことができる。 ・不朽の王城 2でリオードを出せるほか、 後4でシズルが出せるため強い(後述) ただし、アミュレットが盤面を圧迫してしまうデメリットがあるため注意すること。 ここでシズルを進化することにより、シズルの進化能力により自分のリーダーを回復しつつ大型守護を立てて 相手の攻めを受け止めることができる。 ぺコリーヌで守護と一番攻撃力の高い狂信者を除去しながらリオードではなく攻撃力の高いぺコリーヌを隠すことで次のトップの武装強化などの リーサルを見据えることができる。 後3武装強化を打ってリオードで相手リーダーを攻撃する動きは今期とても有名である。 基本的に取られることがないため、次の4ターン目に進化攻撃からアサシンでリオードを潜伏させることで3ターン目に攻撃した3点分得をできる。 相手は先ほどのターンヘリオ進化のため次リッチが出てくる。 相手リーダーに酒呑童子はかかっていない ここで、プリンセスナイトに進化を切ることによってぺコリーヌ2体のUBを進めることができ、相手の強い盤面に備える。 前の画像の次のターン。 リオードを進化することによってぺコリーヌのUBが起動する。 リオード進化で手札に加わる隠伏天誅でミヤコのバリアを剥がしながらぺコリーヌ二体を投げつけて盤面形成する。 相手は概ね2面しか取れないため、泉バフで攻撃力7になったフォロワーに二刀流をつけて勝ちとなる。 ここまで読んでくださった方々ありがとうございました。 以下有料記事となっております。 投げ銭方式のため有料部分に記事はほとんどありませんが、購入してくださると大変励みになります。 よろしくお願いいたします。 ---------------------------------------------------------------------.

次の

グラマス達成 自然ロイヤル

リ オード ロイヤル

ゆずレモンサイダー(ペットボトル)を道中で派手に落とし、ただのゆずレモンにしてしまった男!! しろくさです!! 今回は自然ロイヤルっぽいリオードロイヤルを組んでみました。 デッキ紹介 シャドウバースを長くやっているとリオードロイヤル(潜伏ロイヤル)といえば嫌われ者というイメージがあります。 まぁ実際ストレスたまるので当たるのは嫌なんですが() しかし好き嫌いでデッキを作るのはよくありません。 皆さんにより多くのデッキに触れてい欲しいという願いがありますのでこのデッキを紹介することにいたしました。 そういう思いでデッキ開発をしているのです!! そんなこと言ってるとデッキのネタが尽きてしまうなんて口が裂けても言えない プレイについて 1. 進化ターンまでに リオードと ベイリオンをサーチしておく サーチカードである 優雅なもてなし、 アイテールを使って進化ターンまでに準備を整える 月の刃・リオード 進化前 潜伏 進化後 潜伏 進化時 隠伏1枚を手札に加える。 陰伏 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。 アサシン1枚を手札に加える。 アサシン 進化前 ファンファーレ 自分の指揮官・フォロワー1体は 潜伏 を持つ。 進化後 効果なし 進化前 守護 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分のPPがカードの能力で回復したとき、 王の一閃1枚を手札に加える」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 進化後 守護 進化時 自分のPPを1回復。 サーチした2枚のカードを進化させる。 リオードに 王の一閃や 武力強化などのバフをかけて殴る。 後攻の理想は 6ターン目にウルフをプレイし効果発動(PP1回復の方)させ王の一閃を加える。 その後進化し、リオードで相手リーダーを殴る。 陰伏をプレイ(リーダーが理想ではあるが正直どこに打ってもいい) その後陰伏から手札に加わるアサシンでリオードを隠して終了 先攻の理想は 6ターン目にブレイブ・マナをプレイし王の一閃を加える。 その後進化し、リオードで相手リーダーを殴る。 陰伏をプレイ(リーダーが理想ではあるが正直どこに打ってもいい) その後陰伏から手札に加わるアサシンでリオードを隠して終了 (これよりいい動きがありましたらコメントください) 4. 二刀流を7ターン目にかけて試合終了 先攻後攻共に同じです。 これが理想の動きではあるんですが正直ここまで躍起になってバフをかける必要はないです。 攻撃力が7以上あればいいので(7ターン目までに二刀流を手札に抱えることができれば)十分だと思ったところでバフかけるのをやめて大丈夫です。 サーチについて 優雅なもてなし 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 自分の残りEPが相手より多いなら、そのコストを-1する。 (進化可能でないターンの残りEPは0) 指揮官カードをサーチするカード このデッキにおいては リオードか アイテールがサーチされます。 確定サーチではないのが課題部分にはなるんですがアイテールもリオードもパーツとして必須なので採用しています。 基本的には 自分の残りEPが相手より多いなら、そのコストを-1する。 (進化可能でないターンの残りEPは0) 部分は使いません。 リオードロイヤルは速さが命なので序盤にひいたらすぐ使ってください。 試合中盤以降はほとんど使用しません。 ロイヤルカードをサーチするカード このカードですが3ターン目のみ ベイリオンサーチで4ターン目以降は 躍動する獣戦士になっています。 3ターン目にしかベイリオンサーチのチャンスがありませんが 優雅なもてなしもあるのである程度アイテールサーチが可能になっています。 先攻4ターン目は微妙に暇なターンになることもあるのでそのターンもベイリオン確定サーチにしたいよという方は ミストリナを入れることをお勧めします。 詳しくは デッキの改善点で御確認ください。 PP回復カードについて または王の一閃を加えるカードともいう ブレイブ・マナ ナテラの大樹1枚を手札に加える。 5ターン目かそれ以降なら、自分のPPを1回復。 使い勝手がえげつないくらいいいカード ナテラの大樹を手に入れることもできますし、王の一閃を加えるときも大きく貢献してくれます。 その分雑に扱うと負け筋にもなってしまうカードになります。 特に序盤に関しては他に代用できるカードが手札にある場合、そちらを優先して使うようにしてください(ウルフ、荒野の案内人) ウルフ 進化前 ファンファーレ ナテラの大樹1枚を手札に加える。 相手の場のフォロワーの数が自分より多いなら、自分のPPを1回復。 進化後 効果なし 雑に使ってもいいカード!! 弱いカードではないです() 投げるカードに困ったらとりあえず投げちゃおうというカードが必要になる場合はぼちぼちあります。 暇を埋めてくれるカードとしても優秀です。 また条件が揃えばですが王の一閃を加えるカードでもあります。 積極的に進化して王の一閃を加えられるようにしてください。 またその時にベイリオン含め王の一閃を使わないほうがいいです。 できる限りリオードに使うようにしてください。 稀に使ってもいい場合もありますが最初のうちはとりあえず使わないことを意識してください。 躍動する獣戦士 進化前 突進 ファンファーレ 自分の場にナテラの大樹があるなら、自分のPPを3回復。 エンハンス 8; 疾走 を持つ。 このカード一枚でやれることが多いです。 基本的にはリオードで削り切れなかった体力を削る役割を持たせています。 フィニッシャー 月の刃・リオード このカードが火力の大部分を担っています。 基本的にはこのカードのみで体力を削れるように動いてください。 そのためには バフをかけるカードをできる限りリオードに集中させることが大切になります。 ベイリオンのところでも話しましたができる限り王の一閃も例外ではなく、リオードにかけるようにしてください。 破格のカードであるがゆえに使いどころを間違えてしまうと負け筋になってしまいます。 進化権は残らないことがほとんどなので8点出すのは難しいと思います 改善点について 躍動の獣戦士 森の姫・ミストリナが入れ替え候補です。 進化前 レート 1;輝ける剣撃1枚を手札に加える。 ---------- 守護 ファンファーレ 輝ける剣撃1枚を手札に加える。 「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、自分のPPを2回復。 進化後 守護 輝ける剣撃 攻撃力最大の相手のフォロワー1体に3ダメージ。 自分の場にナテラの大樹があるなら、3ダメージではなく5ダメージ。 (攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体) ランダムな自分の森の姫・ミストリナ1体は 疾走 を持つ。 躍動する獣戦士 メリット ・10ターン目に二刀流とくっつけてプレイできる。 ・実質5コスト疾走なのでミストリナよりもコストに余裕を持たせてプレイできる。 など デメリット ・守護に比較的弱い。 ・10ターン目までいくことが少ないため実質二刀流とのが薄い。 など 森の姫ミストリナ メリット ・単体の守護であれば輝ける剣撃を使って守護を除去できる。 ・躍動する獣戦士よりも条件が揃えば早くプレイできる。 ・ベイリオンをアイテールでサーチするとき1ターン余裕ができる。 ・守護がある など デメリット ・条件が揃わないと躍動する獣戦士と疾走するターンが同じになってしまい、バフもかけずらい など メリットデメリットの量だけ見るとミストリナの方が基本的には使いやすい印象がありますが、環境によってはそうとも限りません。 例えばリノセウスデッキが流行った場合です。 リノセウスデッキは受け身のデッキになりますので盤面にフォロワーを並べることはほとんどありません。 そうした場合ミストリナの採用は見送られる可能性が高いです。 迷ったら2枚とも入れるという手もあるけどね!! そうするとアイテールサーチの恩恵はなくなります。 ただただ単純に要らなかったです() リオードのバフについてですが王の一閃でほとんど十分でした。 抜いてください() この場合の候補については レンシスターズ登場!、 簒奪の蛇剣、 森の姫・ミストリナなどが挙げられます。 実は他にもあったりするんですがこれ以上はもう疲れたよ… (最初はいらないと勝手に思っていた 勇気ある乱入入れたほうがいいんじゃないかとか) というか結構改良点見つかったので最悪大幅に改良するかもしれません。 そしたらまたブログに挙げますね。 最後に 今の環境ではリオードをまともに取れるカードは実はあまりなかったりします。 エルフは ラティカいれないデッキの方が主流だったり、ネクロも 機械鋸の死運びはほとんど採用されていません。 今だったら戦えると信じていますので是非使ってみてください。 (環境デッキにメタられるという最大の弱点はありますが…) 面白かったら ・のチャンネル登録 ・B! ブックマークの登録 ・読者になる してくれると嬉しいです。 最後までみていただきありがとうございました。 sirocusa14.

次の

変幻自在UBリオードの薦め|約束のノノ|note

リ オード ロイヤル

0コストスペル。 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。 アサシン1枚を手札に加える。 進化時効果が非常に強力 進化時に手札に加わると合わせて複数体の除去が狙え、リソース確保もできる強力なカード。 進化できない場合は標準的な能力のため、序盤に出した場合は潜伏したままにすることも考えよう。 潜伏付与も優秀 隠伏天誅の効果で加わるで自身を潜伏させれば、打点を稼ぐこともできる。 また、アサシンをなど、他の指揮官・フォロワーに使うことも可能だ。 白刃の剣舞と相性が良い 潜伏フォロワーなので、5ターン目にエンハンスで相手の盤面を一掃しながらリオードを強化することが可能。 と合わせれば、進化したも破壊することもできる。 採用候補デッキ ローテーションでの採用候補デッキ.

次の