脊椎 間 狭窄 症。 脊柱管狭窄症とは?症状~原因~治療~手術~リハビリ全知識

脊柱管狭窄症の人が日常生活でやってはいけない気をつける事や禁忌について

脊椎 間 狭窄 症

ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経があります。 これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています(図1)。 腰部の神経を入れている脊柱管は5個の腰椎という骨から成り立っており、これらは幾つかの靱帯組織により連結されています。 また、第二腰椎より下の部分では、神経は馬の尻尾のようになっています(脊髄馬尾と呼ばれます)。 この脊髄馬尾神経は、それぞれの腰椎で左右一対ずつ枝分かれしており、神経根と呼ばれています。 各神経根は、比較的狭い骨の間隙(椎間孔と呼ばれます)を通って下肢に向かっています。 (図1)腰椎の構造 5個の腰椎は、幾つかの靱帯や、椎間板と呼ばれる一種のクッションのような働きをする組織によりつながれています。 この椎間板は正常では弾性を有しており、上下の腰椎を支えるとともに、前後左右に運動することが可能になっています。 また、背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)にある脊髄馬尾神経の背側には、背骨を結びつける黄色靱帯と呼ばれる組織があり、上下の腰椎を支えています。 黄色靭帯には、加齢とともに、肥厚や石灰化という変化が生じてきますが、これらの変化が強くなると脊柱管が相対的に狭くなり、脊髄馬尾神経が圧迫されるようになります。 この結果、下肢症状や腰痛が生じたりするのが、腰部脊柱管狭窄症と呼ばれるものです。 脊髄馬尾神経の入っている空間をひろげることにより脊髄馬尾神経に対する圧迫を取り除くことが目的となります。 手術の大部分は手術用顕微鏡を用い、明るい術野のもとに、神経や血管などの色々なものを大きく拡大しつつ慎重に行いますので、手術用顕微鏡を使用しない場合と比べて安全ですが、以下に述べるような合併症があり得ます。 神経損傷による下肢麻痺、下肢知覚鈍麻、排尿排便障害 これらの神経損傷は、腰椎を高速回転のドリルで削除する際やヘルニア塊を摘出する操作の際に生じやすいとされています。 創部感染あるいは椎間板に炎症がみられる術後椎間板炎 (術後腰痛が長く)• 神経を包んでいる膜(硬膜)の損傷による脊髄液の漏出、およびこれに引き続き生じる髄膜炎• 創部の血腫形成による神経麻痺・下肢痛• 腹部の大血管の損傷による術中の大出血• その他の稀な合併症として深部静脈血栓症、肺炎などの感染症などが生じることがあります。

次の

脊柱管狭窄症手術後のリハビリ内容のまとめ【画像付き】

脊椎 間 狭窄 症

脊柱管狭窄症のストレッチをする前に・・・ 病院で「脊柱管狭窄症」だと診断された・・・。 「もしかして、脊柱管狭窄症かな?」 そんな場合に試してほしいストレッチを紹介していきたいと思うのですが、その前に「脊柱管狭窄症」とはどんな病気なのか?を知っておきましょう。 脊柱管狭窄症の原因と治療法 脊柱管とは、背骨の中にある細い空間のこと。 そして、この細い空間がなんらかの原因で「狭窄」、つまりせばまってしまうことで起きる病気が「脊柱管狭窄症」です。 そして、脊柱管がせばまってしまうことで、脊柱の中にある神経が圧迫され、腰痛や下半身のしびれが出てしまうのです。 高齢の方に多く見られる症状ですが、若い人でも重いものを持つ仕事をしていたり、トラック運転手やバス・タクシーの運転手など、長時間にわたって車を運転していると、脊柱管狭窄症になってしまいます。 治療法としては、「保存療法」というコルセットや鎮痛剤を使った治療がはじめに行われることが多いです。 ただし、日常生活に支障が出てきた場合や、安静にしていてもしびれが強い場合、排尿障害が出てきた場合などは、神経を圧迫している骨などを削る手術を行うこともあります。 基本的には、ほっておくとドンドン悪くなってしまって、歩けなくなってしまうような病気ではないので、焦らずにしっかりと治療をしていきましょう。 民間療法で痛みが取れる?? 脊柱管狭窄症の痛みを取るために、整体院や整骨院、鍼灸院などに通う方もいます。 病院での治療方法に疑問を感じたり、お医者さんに「手術しましょう」と言われてしまい、なんとか手術を回避したいという想いのある方は、病院と並行して民間療法である整体院や整骨院、さらには理学療法を試す傾向にあるようです。 痛みやしびれのある部分を温めたり、牽引(ひっぱる)ことで脊柱管狭窄症の痛みが緩和された例もネットでは報告されていますが、完全にエビデンス(根拠や証明)があるわけではありません。 それでも、何とかしたいという一心で民間療法に駆け込み、施術を受ける方も多い症状です。 民間療法を受ける場合は、口コミや評判を十分にチェックして、自分に合う治療院を見つけていきましょう。 脊柱管狭窄症 ストレッチの方法 ここからは、ネット上で公開されている「脊柱管狭窄症」になってしまった場合のストレッチについて紹介していきます。 決して無理はせず、痛みが出たらすぐにストップするなど、十分に気を付けて行ってくださいね。 脊柱管狭窄症 ストレッチ 治療 脊柱管狭窄症 体操 ストレッチ 脊柱管狭窄症の痛み・しびれを楽にするストレッチとは? 脊柱管狭窄症で足が痛い時の対処法 脛のトリガーポイントをボールで指圧 脊柱管狭窄症 ストレッチ 脊柱管狭窄症 歩くと足がしびれる、痛い)に効果的なストレッチ 脊柱管狭窄症 ストレッチ 椅子編 脊柱管狭窄症になった有名人 芸能人やスポーツ選手の中にも、脊柱管狭窄症になってしまった方が多くいます。 プロレスラーの天龍源一郎さんや邪道さんにはじまり、TVの司会者で有名なみのもんたさん、笑点の司会をされている落語家の桂歌丸さん、EXILEのダンサーであるNAOKI(小林直己)さんも脊柱管狭窄症で苦しんでいる・苦しんだことがあります。 EXILEのNAOKI(小林直己)さんは、高校時代にバスケをしていたこともあり、数か月間パフォーマンスを控えると発表したのですが、現在パフォーマンスを行っているところを見ると、なんらかの方法で痛みやしびれを克服されているようですね。 脊柱管狭窄症かな?と思ったら、しっかりと病院で診断を受けましょう。 その後、民間療法を併用することも考えてみて下さいね。

次の

脊柱管狭窄症手術後のリハビリ内容のまとめ【画像付き】

脊椎 間 狭窄 症

脊柱管狭窄症ではやってはいけない動作、禁忌(きんき)にはどのようなことがあるのでしょうか? まず、腰が痛い時に思わずやってしまう行動で、 背中を反らす運動は脊柱管狭窄症では禁忌となります。 よく、腰痛になった方の中で、ストレッチをするために腰を反らす人を見かけることがありますよね。 脊柱管狭窄症の場合、これをしてしまうと、症状を悪化させてしまう恐れがあるため、やってはいけません。 他にも、脊柱管狭窄症では 腰を捻る動作も禁忌の一つです。 これも、同じく腰が痛いときにやってしまう動作で、腰部疾患全般でこの動作はやってはいけません。 腰椎(腰にある背骨)は、その構造的に 「捻る」という動作は非常に苦手な動きの一つで、とても負担がかかる動作です。 もしかすると、捻る事で一時はスッキリするかもしれません。 しかし、結局すぐに痛みを生じたり、捻る前よりも痛みが増す場合が多いです。 また、脊柱管狭窄症の人は、物を拾う時など、深く身体を曲げる動作には注意が必要です。 脊柱管狭窄症の場合、身体を曲げると症状が緩和される事が多いですが、深く曲げた場合は逆効果になる恐れがあります。 以上の3点が、脊柱管狭窄症で絶対にやってはいけない動作、 禁忌です。 いずれも、ついつい何気なくやってしまう動作ですので、意識して避けるようにしましょう。 脊柱管狭窄症の禁忌を行わないためには? 脊柱管狭窄症の禁忌と呼ばれる動作を行わないために、どんなことに注意すれば良いのでしょうか? 前述したように、腰痛がある場合、禁忌とは知らずについやってしまう動作は、腰を反ったり捻ることです。 これをやると一時的にはスッキリするかもしれませんが、あとから痛みがぶり返す事が多いです。 特に、捻るという動作は、腰部は苦手であり、大きな負担となってしまいます。 ですから、脊柱管狭窄症の予防や改善のために、ぜひ行ってほしいのは ストレッチです。 脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管という空洞が狭まることによって起きますので、それを広げるストレッチが有効なのです。 今回は、座った状態でもできる方法を紹介します。 まず、背もたれ等に 「もたれかからずに」座って、腰を軽く曲げます。 その際、骨盤を寝かせるようにするイメージで行ってください。 次に、身体がまっすぐになるまで身体を伸ばします。 この動作を1回に20~30秒、5セットほど行ってください。 このエクササイズは、反らしすぎる事に注意するのと、骨盤を起こすイメージで行うということが大切です。 そうする事で、腰椎の動きの改善と、仙腸関節の動きが改善し、腰痛の軽減になります。

次の