マスター リーグ おすすめ パーティ。 【ポケモンGO】フェアリー2体パーティ編成・立ち回りと対策:ハイパーリーグで初心者にもおすすめ|ポケらく

【ポケモンGO】まろが選ぶマスターリーグ3体パーティ(まろパ)

マスター リーグ おすすめ パーティ

むしタイプイベントが間も無く開催! ビクティニやメガシンカ実装の発表! ゼクロムがレイドボスとして登場! ポケモンGO ポケモンゴー のマスターリーグでのおすすめ最強ポケモンを考察・紹介しています。 現在の対戦環境やポケモン単体の性能、耐性の多さや汎用性の高さに重きを置いたランク付けになっております。 対策ポケモンも記載しているのでぜひご覧ください。 ランキング上位のポケモンを対象として投票することができます。 その他を選んだ方、お手数ですがコメント欄にてあなたの最強ポケモンを教えていただけると幸いです。 投票中です... そのままお待ちください。 SSランクポケモンの簡易評価 ディアルガ 優秀な耐性と驚異的な削り性能を誇る「りゅうのいぶき」が特徴のポケモンです。 ゲージ技は小回りの効く「 アイアンヘッド」がおすすめです。 「 りゅうせいぐん」の火力は魅力ですがゲージが重過ぎるので打てない場面も出てきます。 技解放で「 かみなり」を習得しておくとさらに広い範囲を相手できます。 で 「 りゅうせいぐん」を打つと攻撃力が二段階減少、手痛い修正をうけましたが優秀な耐性と火力で採用率は未だにトップクラスです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 275 211 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ディアルガの対策ポケモン ギラティナ オリジン 高い種族値に 「 シャドークロー」「 シャドーボール」と優秀な技構成、ドラゴン技より、主に「 ゴースト」タイプとして使用していきたいポケモンです。 やなどエスパータイプに強いところも優秀。 弱点が5つと少し多いですが、 耐性も8つと多いので受け回しにも使えます。 「 あやしいかぜ」が、元々ダメージよりシールド剥がしとバフ目的なので大きい影響ではないと思われます。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 284 225 187 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ギラティナ オリジン の対策ポケモン メルメタル 最大CPと全体的な種族値が高く、「 はがね」単タイプなので耐性が非常に多いポケモンです。 タイプ一致技は「」しかないが技のレパートリーは豊富。 「」で素早くゲージを貯めてゲージ技を打ち分けられるのが強みとなり、ML環境で貴重なかくとう技「」を扱えるのは強力です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 264 226 190 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 メルメタルの対策ポケモン カイオーガ 最大CP4115と全体で見ても トップクラスの種族値から威力の高い通常技「 たきのぼり」とゲージ消費量の低い「 なみのり」が強力なポケモンです。 とにかく 「 たきのぼり」「 なみのり」の火力が高く、等倍相手でも吹き飛ばします。 ミラー対面意識で「 かみなり」を技解放しておくといいでしょう。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 270 228 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 カイオーガの対策ポケモン トゲキッス のような 「ドラゴン」や、かくとうタイプ、あくタイプに強いポケモンです。 HLに続きMLでも「ほのお」技を打てるポケモンは貴重です。 通常技は対ドラゴンを考えて削り性能の高い「 」を選択します。 「 げんしのちから」が、威力が低下したので打点よりバフ目的としての採用が強くなります。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 198 225 217 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 トゲキッスの対策ポケモン Sランクポケモンの簡易評価 パルキア 全体的にトップクラスの種族値と弱点の少ない複合タイプ、新たに習得した「 アクアテール」で一気に扱いやすくなった強力なポケモンです。 耐性は少ないので等倍でのごり押しに弱い点は注意しましょう。 通常技は他のドラゴンタイプでもお馴染み「 りゅうのいぶき」が強力です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 189 280 215 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 パルキアの対策ポケモン レシラム 全体でもトップクラスの種族値で、 最大CP4000を超えるほのお・ドラゴンタイプのポケモン。 PvPでは ほのおタイプの需要は高いのですが、強力なポケモンが少なく悩まされていました。 レシラムはマスターリーグで活躍が期待されています。 通常技はDPS・EPS共に優秀な「 りゅうのいぶき」がおすすめです。 ゲージ技は扱いやすい「 かみくだく」はマスト、 攻撃2段階ダウンは辛いですが 「オーバーヒート」「りゅうせいぐん」は必殺の威力を誇ります。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 275 211 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 レシラムの対策ポケモン メタグロス 優秀な耐性を持ち、回転率と威力の高い「 コメットパンチ」が優秀なポケモンです。 他のゲージ技も幅広く見られる「 じしん」と、アップデートで強化された「 サイコキネシス」と非常に優秀です。 強力なドラゴンポケモンに対する対策「 トゲキッス」に強いポケモンです。 「 じしん」を技解放することによってディアルガやヒードランにも打点が持てるようになります。 通常技の「 サイコカッター」もゲージ貯め性能が高く、 豊富すぎるゲージ技を出しやすくしてくれます。 技ガチャの闇だけが扱いにくいところ。 レガシー技の「 サイコブレイク」と「 シャドーボール」を所持している場合は忘れさせず、技解放で攻撃範囲を広げましょう。 ゲージ貯め性能の高い「 マッドショット」と御三家特有の専用技「 ハイドロカノン」が強力です。 さらに「 じしん」を技解放で覚えておくとで立ちあえる相手が多いのでおすすめです。 PvPではSLからMLにかけて全てでランキング入りする優秀なポケモン。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 225 208 175 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ラグラージの対策ポケモン Aランクポケモンの簡易評価 グラードン カイオーガと同じ種族値で、 最大CPも4000超えの強力なポケモンですが、 ゲージ技が重く扱いにくい評価でした。 しかしで特別なわざ「 ほのおのパンチ」を習得。 「ゲージ消費量が少ない」「需要の高いほのお技」と優秀な技を獲得したことでランキング入り。 通常技はゲージ獲得量が高い「 マッドショット」がおすすめ。 ゲージわざは「ほのおのパンチ」と、タイプ一致「 じしん」が強力ですが、「 ソーラービーム」もラグラージなどに刺さります。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 270 228 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 グラードンの対策ポケモン カイリュー 高い種族値とドラゴン技での等倍火力の強さが売りのポケモンです。 「 りゅうのいぶき」「 ドラゴンクロー」の組み合わせは攻撃速度が異常に早く、相手へプレッシャーを与えることができます。 ダメージを多く取りに行きたい場合はドラゴンクローより「 げきりん」の方がダメージ量が高いのでおすすめです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 209 263 198 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 カイリューの対策ポケモン ドサイドン コミュニティデイ限定技の 「 がんせきほう」がとにかく強力。 PvPにおいては「 ストーンエッジ」よりゲージ消費量が少なく、威力も高い 完全上位互換。 他のゲージ技も優秀なものが多く、「 ばかぢから」や「 なみのり」と意外に広い攻撃範囲も評価されています。 種族値も高く優秀な点が多いが、 弱点は多いので戦う相手は見極めましょう。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 251 241 190 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ドサイドンの対策ポケモン ヒードラン 10種類の耐性を持ち「 はがね」タイプに通りのいい「 ほのお」タイプとして運用できるポケモンです。 トゲキッスの攻撃を全て半減以下で受けられるのでその点でも優秀。 2019年12月の技調整で扱いやすい「 かえんほうしゃ」を覚えたことも追い風になっています。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 209 251 213 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ヒードランの対策ポケモン カビゴン 「 ノーマル」単タイプなので 環境トップのギラティナのゴースト技に耐性があり、こちらは「」によって 効果抜群の通常技で殴り続ける点が評価されます。 弱点も「 かくとう」のみな上に、 MLではかくとうタイプの出番が少ないので滅多なことでは弱点が突かれません。 ゲージ技の範囲も広く、扱いやすいポケモンです。 種族値などのステータスの高さ MLでは単純に種族値の高さが強さに直結してきます。 通常技の性能 MLでは如何に通常技で相手HPを削るか、もしくはゲージを素早く貯められるかを重視します。 それぞれを「削り性能」と「ゲージ貯め性能」と表記しています。 ゲージ技の性能 単純なDPSもそうですが、PvPではゲージ技に追加効果 バフ・デバフ のある技が存在します。 シールドで防がれても追加効果は発動するので評価が高くなります。 特化した能力 合計種族値や対面勝負では不利ですが、ピンポイントで活躍できるポケモンは活躍できる場所での評価を含めて基準としています。 対面勝負での優位性 実際にバトルをする上で多くのポケモンとの対面勝負で優位に立てるポケモンを優秀と考え基準としています。

次の

【ポケモンGO】トップランカーのおすすめパーティ一覧|マスターリーグランク10【ポケGO】

マスター リーグ おすすめ パーティ

ポケモンGOのマスターリーグ(CP無制限)で、おすすめしたいパーティと技構成について書いていきます。 対戦環境の流行りは変わっていくものなので、当然「コレが最強」という結論ではありませんが、現時点では最強のパーティ編成の1つになると思います。 もともと私自身強いわけではないのですが、先日のGOバトルデイで60戦ほどこなして、実際にレートを300ほど上げることができました。 その際の使用感についても記載していますので、よろしければ参考にしてください。 プレミアカップで活躍するポケモンについて バトルリーグのシーズン2から開催される 「プレミアカップ」で活躍が期待できるオススメのポケモンを予想してみました。 もし宜しければ、下記からご覧ください。 まずはじめにパーティを書いてしまうと、 「トゲキッス」「ディアルガ」「メルメタル」です。 色々な攻略サイトを見ていると、よく聞くであろう、 「マスターリーグのおすすめポケモンを3体突っ込んだ」だけと思われる人もいるでしょう。 その通りです! ただ、様々なサイトでは、おすすめパーティが何種類か紹介されていたりしませんか? その結果、どのポケモンを使えばいいのか、技構成をどうすればいいのか、迷ったりすると思います。 育成のための砂や飴は限られているので、結局どうすればいいか分からない。 なので、私は現時点で、この3体をおすすめします。 まずは各ポケモンの技構成を紹介します。 コチラです。 個々のポケモンについては、後述します。 トゲキッス• 通常技 :あまえる• ゲージ1:かえんほうしゃ• ゲージ2:げんしのちから• ディアルガ• 通常技 :りゅうのいぶき• ゲージ1:アイアンヘッド• ゲージ2:かみなり• メルメタル• 通常技 :でんきショック• ゲージ1:ばかぢから• ゲージ2:いわなだれ トゲキッス マスターリーグにおける通常ポケモン枠で、おそらく1番強いポケモンが、この 「トゲキッス」です。 現在開催されているイースターイベントで孵化するトゲピーは、 「花冠が付いた特別なトゲピー」であるため、進化させることができません。 今から始める方にとっては、入手し辛いのが難点です。 対ドラゴンで最強 フェアリータイプであり、ドラゴン技には二重抵抗を持ちます。 そのため、マスターリーグの頂点に君臨する 「ディアルガ」の対策ポケモン筆頭です。 「りゅうのいぶき」の連打に対しても殴り勝てます。 また、ディアルガの次に使用頻度の高い 「ギラティナ」、そして、 「カイリュー」や 「ガブリアス」に対しても有利です。 通常技「あまえる」だけで、ほぼ勝てる 通常技 「あまえる」は、その技名の可愛さとは反して、めちゃくちゃ高威力で強力です。 鋼や炎をはじめとする、フェアリーを半減するタイプで無い限り、 あまえる連打だけで、だいたいのポケモンに対面で殴り勝てます。 もちろん場合によっては、シールドを使いますが。 「げんしのちから」で能力上昇すれば無双も 基本的にトゲキッスは、通常技の 「あまえる連打」の戦いが基本となります。 その一方で、使う機会は少ないですが、ゲージ技の 「げんしのちから」も強力です。 最近、技の威力が下降補正(バランス調整)されましたが。 10%の確率で攻撃と防御が2段階上昇する、いわゆる 「バフ効果」を持っています。 攻守が2段階上昇すれば、トゲキッスだけで無双も可能です。 私は、基本的にゲージが貯れば、 「げんしのちから」を即打ちしています。 ただ、相手側に 「メルメタル」や 「メタグロス」が控えているのが分かれば話は別ですが。 ディアルガ マスターリーグの伝説枠で使用頻度が高いポケモンといえば、この 「ディアルガ」です。 「ギラティナ(オリジン)」と並び、マスターリーグで最も使用されるポケモンではないでしょうか。 過去のレイドバトルに登場したポケモンなので、現在、新規に入手することはできません。 トゲキッスに続き、スミマセン。 優秀な「はがね・ドラゴン」タイプ 非常に抵抗の多いタイプ組み合わせで、原作同様に優秀なポケモンです。 第4世代の公式戦 「WCS2010(GSルール)」での活躍を思い出させます。 攻撃をはじめとして、種族値(最大CP)が高い点でも最強。 上のパーティ画像を見てわかる通り、自分はディアルガに 「がんばリボン(CPアップ)」を付けています。 通常技「りゅうのいぶき」が強力 トゲキッスの 「あまえる」同様に、ディアルガの 「りゅうのいぶき」も強力で、削り性能が高いです。 二重抵抗を持つフェアリータイプは無理ですが、鋼タイプであれば多少ゴリ押しも可能です。 基本的に 「メルメタル」は不利な相手ですが、 「ばかぢから」の反動で防御が下がった状態であれば、 「りゅうのいぶき」連打もアリです。 ゲージ技2は「かみなり」がオススメ 通常技が強力で便利な反面、ゲージ技が使い辛いディアルガですが、ほとんどの人は、ゲージ技1を 「アイアンヘッド」固定ですよね。 その一方、ゲージ技2は 「りゅうせいぐん」と 「かみなり」で意見(好み)が分かれると思います。 ココでは「かみなり」をオススメます。 ディアルガ同士の対面において相手を一撃で葬れる点などで 「りゅうせいぐん」は魅力的です。 ただ、自分のパーティ的に鋼タイプがキツすぎるので、デメリット無しの等倍でダメージが入る 「かみなり」を選択しています。 まぁ 「りゅうせいぐん」でも致命傷が入るんですけどね。 メルメタル そして3体目は 「メルメタル」です。 コチラはポケモンGO単体では入手できません。 入手し辛いのですが、前述の2体よりはゲット難度は低いかなと思います。 メルメタルはマスターリーグの主人公と言っても過言ではない!! はがね単体という優秀タイプ はがねタイプ自身が抵抗が多いタイプなのですが、先にあげた2体、トゲキッスの 「あまえる」とディアルガの 「りゅうのいぶき」の両方に抵抗を持つ点が大きいです。 マスターリーグの使用頻度が高い、この2体に圧倒的に強いのがメルメタルの強さです。 ゲージ技の回転率が凄まじい 通常技 「でんきショック」はゲージが溜まる効率が良く、さらにゲージ技 「いわなだれ」と 「ばかぢから」が両方とも必要ゲージ(必要エネルギー)が少ないため、 異常な速さでゲージ技を連打できます。 特に 「ばかぢから」の連打性能で試合を逆転できるシーンも多いです。 基本的に「ばかぢから」は必ず2連発で飛んで来ると思ったほうが良いです。 メルメタルの回転率は、それくらいの速さです。 先日4月12日(日)のバトルデイ(最大100戦可能)において、60戦ほどこなして、50勝10敗という結果で終わることができました。 連勝記録は16でした。 上のキャプチャは、バトルデイで60戦こなした後のものです。 60戦前の状態は記録してなかったので、60戦50勝の証拠にはならないのですが、申し訳ありません。 勝率83%!!! その結果、バトルデイ開始前は1900丁度くらいだったレートを2236まで上げることが出来ました。 約300超のアップですね。 もともと私が低レート帯に位置していたというのはありますが。 時間の都合で100戦中60戦しか出来なかったのが心残りです。 使用感ついて このパーティで60戦やってみた使用感とかを書いていきたいと思います。 ちなみに、パーティ編成、技構成、初手トゲキッスを全て固定して、60戦やっています。 初手の出し勝ちは5割程度 案の定、初手は 「ギラティナ」「ディアルガ」が多く、まれに 「カイリキー」「ガブリアス」「カイリュー」とも出会い、 「トゲキッス」で出し勝ちできる対戦が多かったように思います。 ただ、レートが上がっていくにつれて、初手 「メルメタル」が多くなってきて、辛くなってきました。 後は、何気に初手 「カイオーガ」が多かった印象。 タイプ相性が良いわけでもなく、あまえる連打でゴリ押しできるのですが、カイオーガでトゲキッスを消費してしまうと、後ろが辛くなります。 なので、カイオーガ相手は引いた方がいいかもしれません。 体感ですが、初手トゲキッスで出し勝てる確率は5割くらいかなと思います。 ディアルガの「かみなり」は正解 このパーティでキツいのが「メルメタル」「ヒードラン」「メタグロス」という鋼タイプ3兄弟です。 特に初手で対面すると、泣きそうになります。 トゲキッスでは絶対勝てない上に、後続のディアルガ&メルメタルも、この3兄弟に強くない。 そんなときは、鋼タイプに等倍で通る、ディアルガの 「かみなり」です。 警戒され辛いのか、シールドを使用されることなく、結構通してくれます。 後は対カイオーガですね。 アイアンヘッドだと思いこんでいる(かみなりの選択肢は捨てている)のか、カイオーガに対しても結構通ります。 メルメタルはマスターリーグ最強 とにかくゲージ技を繰り出す回転率が高すぎて、幾度となく試合を逆転に導いてくれました。 先に書いた 「メルメタル」「ヒードラン」「メタグロス」という鋼タイプのポケモンがキツいのですが、自分の 「ばかぢから」を上手く通す(または相手の「ばかぢから」は上手くガードする)ことが出来れば、不利な試合も逆転可能です。 メルメタルの 「ばかぢから」をいつ撃つか、この読み合いはとても緊張しますが、読み勝つと楽しいし、読み負けても勉強になります。 プレイングを学ぶことは、バトルリーグを続けていく上で重要ですからね。 Nintendo Switch本体を持ってない方からするとハードルが高いですが、ポケモンGOでバトルリーグを遊び続ける人には、メルメタルのゲットは、その価値があります。

次の

【ポケモンGO】マスターリーグのおすすめ最強パーティと編成のコツ【GOバトルリーグ】

マスター リーグ おすすめ パーティ

マスターズGPのルールと制限モンスター マスターズGPの周期 1ヶ月のシーズンがあり、毎週ルール変更 約1ヶ月間を1つのシーズンとし、対戦のルールが1週間ごとに切り替わる。 切り替わる際、 前週のランクに応じて、その週の開始時のランクが変動する。 1ヶ月後、シーズンの通算成績が発表 1ヶ月間のシーズン終了時、シーズン通算の成績が発表され、全てのランクや成績がリセットされた新たなシーズンが開始される。 第4回のみカイザーランクが解放される 基本的にはゴールデンが最高ランクであるが、 月の最終週に開催される第4回のみカイザーランクが解放される。 ゴールデン以上に昇格が難しいので、自身の実力を見極めて挑戦するかしないかを判断しよう。 マスターズGPの報酬 ランク昇格報酬 ランク昇格時に貰える報酬。 主な報酬はジェムやふくびき券GPなどだ。 シーズンが切り替わると再度貰える。 集計期間後、前週の成績に応じて配布される。 特等を引くと、再度特等を設定し直すことができる。 ただ、 1度入手した装備は設定不可になり、代わりに強化素材が設定できるようになる。 武器を引いた後にリセットすると強化用のBOXに切り替わり、「とくぎの秘伝書」が出づらくなるので、1BOX目は「秘伝書」を全て集めてからリセットしよう。

次の