情熱 大陸 チーズ。 柴田千代(チーズ職人)の教室が気になる!営業日はいつ?【情熱大陸】

柴田千代(チーズ職人)の教室が気になる!営業日はいつ?【情熱大陸】

情熱 大陸 チーズ

そこで、現地のチーズに魅了されたという。 柴田千代さんのプロフィール• 名前:柴田 千代(しばた ちよ)• 生年月日:1980年(38歳)• 出身:千葉県• 学歴:東京農業大学 チーズ工房の柴田千代さんは、東京農業大学を卒業後、北海道にあるチーズ工房で2年半もの間チーズについて様々な研究、そして修行を積んでおられました。 そして、その後は自身の貯蓄を活用し、さらに フランスへ渡りチーズを作ることを修行された後、2014年12月に大多喜に「チーズ工房 千sen」をOPENさせました。 チーズの味はもちろん、それだけではなく、柴田千代さんのとても魅力的な人柄やチーズに対する思いが多くの人をひき付け、とても人気点となっています。 経歴 そんな柴田千代さんは、チーズにおいて多くの賞を受賞されています。 その経歴を以下にご紹介します。 〇 第11回 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト「竹炭 濃厚熟成」で最優秀賞となる「農林水産大臣賞」を受賞されました。 この賞は日本国内においてチーズを生産する中でも最高賞であり、日本において柴田千代さんが女性で初めて受賞されたことで知られています。 〇 2018年のJapan Cheese Award にて「竹炭」で銀賞を、そして、「チーズのオイル漬け」で銅賞を受賞した素晴らしい経歴を持っておられます。 ひとりで忍耐強く研究を重ね、ここまで熟成された美味しいチーズを作り上げることは、なかなか誰でも真似できることではありません。 チーズへのこだわりとは? 柴田千代さんは、 こだわりのチーズを作るため、菌をすべてパーツ買いとし、ひとつひとつ調合することで独自の味を生むチーズを作っています。 菌は7種類、乳酸菌2種類を、季節に応じてしっかりと調合させ、通年同じ味の香り高く深い味の美味しいチーズを作ることを得意とし、お店の一番人気となる「竹炭」を作り上げています。 チーズ工房【千sen】とは? チーズ工房【千sen】は、日本独自の乳酸菌と酵母を独自に調合させ、雪のように崩れながらも、とても華やかで香り高い濃厚熟成チーズを販売しています。 店舗情報• チーズ工房【千】sen• 住所:千葉県夷隅郡大多喜町馬場内 大多喜町馬場内178• 電話:0470-62-6345• 営業日:第1日曜日のみ• 営業時間:11時~17時• instagram. instagram. instagram. また、 とにかくすごく美味しいという口コミが目立っています。 本当に食べたい場合は予約が必須のようなので、公式ホームページは要チェックですね。 また、 商品について再入荷や予約が可能かについては返信不可能だということです。 これは、柴田千代さんが1人でチーズ工房「千(sen)」を運営しているため、どうしてもすべての人に対応するのは不可能であるという点からだと思われます。 これだけ人気のチーズで、なかなか予約できない、手に入らないとなれば誰だって1度は食べたいと思うでしょう。 それでもおひとりで運営されていることを思うと、すべてに対応は難しいのも致し方ないですね。 カラッとした夏空までもう少しです!今年も古民家ビアガーデンをご用意してお待ちしております。 冷たい生ビールを飲みに是非いらして下さい。 日程:8月4日 日 … さんの投稿 チーズ工房「千(sen)」の予約案内は公式ホームページ以外で、Facebookで予約案内を確認することもできます。 また、チーズ工房「千(sen)」で開催するイベント情報や、これまで開催してきたイベントなど、様々なお店の様子を見ることができるので、ぜひFacebookも覗いてみてくださいね。

次の

情熱大陸

情熱 大陸 チーズ

千葉県南部の山深い場所に位置する大多喜町。 山林に囲まれたのどかなこの地に、月に一度国内外から多くの人々が押し寄せる。 お目当てはチーズ工房【千】sen。 香り豊かな深みのあるチーズが、食べた者を虜にすると、今大評判となっている。 そんな魅惑のチーズを作り出すのは、チーズ職人・柴田千代(38)、その人だ。 「ゴーダも、カマンベールも、ブルーチーズも、ヨーロッパに本家本元がいるじゃないですか。 それっぽく作らないと高い評価が得られないということは、いつまでも本場の後追いですよね。 その市場からは降りて、自分がカテゴリーを作っちゃおうと思ったんです」そう語る彼女は、独自の乳酸菌と酵母の配合でオリジナルの香りと風味を追求し続け、2017年には日本チーズ界の最高峰「第11回ALL JAPANナチュラルチーズコンテスト」で、最高となる農林水産大臣賞を受賞。 並々ならぬ努力と行動力により、一大旋風を巻き起こしてきた。 柴田は小学2年生の時にエールフランスの整備士である父親に連れられ、フランスに1ヶ月滞在。 そこで、現地のチーズに魅了されたと言う。 一時期は料理人を目指していたが、高校時代に食品添加物や発がん性物質、環境ホルモンなどの言葉が世に溢れ返っていたことから、「食」について深く考える様になる。 そこで柴田が目をつけたのが発酵食品だった。 昔から食べられているもので、毎日適量を食べ続けても体に負担なく、栄養価の高い物は何かを調べた結果、その第1位がチーズだったため、迷うことなくチーズ職人になることを決めたと言う。 「最終的に、チーズを日本の文化に変えていきたい」そんな大志を抱く彼女がこれから目指すものとは一体何なのか?今や押しも押されもせぬ日本を代表するチーズ職人の日常やフランスでのチーズ修行などに密着し、彼女が描く未来を垣間見る。 PROFILE 1980年千葉県生まれ。 東京農業大学で学び、卒業後は北海道のチーズ工房で2年半の修行。 さらにフランスに渡り気候風土の違う農場を1年間かけて回り、その合間にはヨーロッパのチーズを食べ歩く。 2014年に最高のチーズを作るべく、念願だったチーズ工房【千】senを立ち上げる。 紆余曲折を経ながらも、瞬く間に千を飛躍させた。 圧倒的なバイタリティと接する人たちを楽しませる人間力が魅力の38歳。

次の

藤原博史【ペット探偵】依頼方法と料金について!迷子の動物の探し方は?(情熱大陸)

情熱 大陸 チーズ

柴田千代の経歴とはじめたきっかけついて 出典: 【プロフィール】 名前:柴田千代(しばたちよ) 生年月日:1980年 出身:千葉県富里市 職業:チーズ職人 柴田千代さんは小学2年生の時に 父親の仕事の関係でフランスに1ヵ月滞在する事になったんだ。 そこで 現地のチーズと出会い、そのおいしさに魅了されたんだね。 高校生時代は料理人を目指してたんだけど、 高校時代に食品添加物や発がん性物質、 環境ホルモンなど 健康食ブームだったことから 食について別の切り口を考えるようになったんだね。 そこで柴田千代さんは 発酵食品について 大学から勉強するようになったんだ。 毎日適量を食べても身体に負担が少なく、 栄養価の高い物の筆頭にチーズが浮かんだんだね! 大学卒業後は北海道とフランスで修行して 2014年にチーズ工房【千】senを開業しました。 子供の頃にフランスで魅了されたチーズが忘れられなかった。 食べ物について携わる仕事をしたいと考えていた。 学生時代が健康食ブームで、身体に負担が少なく栄養価の高いチーズを選んだ。 スポンサードリンク 柴田千代の年収について  柴田千代の チーズ工房【千】senですが、 毎月第一日曜日だけ営業してるお店なんだね。 この月一営業は周りから凄く反対されたり、 バカにされたりしたんだけど、 柴田千代さん一人で運営されてるので、 チーズの品質にこだわりたいとこの姿勢を貫いてるんだ。 その品質は高く評価されて 営業日に500個のチーズが売れるように! だけど、 500円のチーズの約半額が職人の取り分となり、 1000個売ってようやく25万円。 いつかは5000円、5万円を作って、 常識外れのチーズが売れることを目標にしています。 他にもチーズ工房【千】senは通販などやっていますが、 年収は300万~500万程度ではないでしょうか。 それらのお金も チーズの投資に使っていそうですね。 今後も職人魂燃やして 至高のチーズを研究をしていきそうです。 スポンサードリンク 柴田千代の父親について 柴田千代さんの 父親についてですが、 外資系であるエールフランスの 飛行機整備士として働いていたようですな。 設立当時より世界各地にあるフランスの植民地を中心に巨大な路線網を持っており、現在も六大州全てに定期便を運航しているなど世界有数の路線網を維持している。 なお、設立当時のハブ空港はル・ブルジェ空港で、現在のハブ空港はパリ=シャルル・ド・ゴール空港である。 引用: 情熱大陸についてこちらも読まれてます!.

次の