平手 ゆりな。 欅坂46平手友梨奈が紅白で倒れて退場に批判殺到し炎上…体調に問題なし、演出と判明で物議。画像あり

欅坂46平手友梨奈が紅白で倒れて退場に批判殺到し炎上…体調に問題なし、演出と判明で物議。画像あり

平手 ゆりな

平手友梨奈の現在は病気?声でない理由は? 彼氏との路チュー写真が原因?今後の活動に影響は? こんにちは! 今回は欅坂46の初代センター平手友梨奈さんの病気と原因についてまとめていきます! 度々声が出ないとの理由で握手会も欠席する事があるのですが声がでない理由は何なのでしょうか。 テレビでは元気ない姿も見られます。 ただのストレスとは思えないですが病気なら病名や病状は判明しているのでしょうか。 乃木坂46のファンだった兄に勧められ欅坂46一期生オーディションに応募し見事合格。 1stシングルではセンターを務めカップリングではソロ曲も務めている。 欅坂46の最年少ながら連続でセンターポジションを任されチーム、ソロで活躍中です。 これだけスタイルが良いのは日々のダンスのおかげでしょうか。 センターを続けている努力の証かもしれません! 気になる平手友梨奈の性格は元々 「物凄く人見知りで人前に出るのが苦手」だったそうです。 その自分の性格を変えたくてアイドルに挑戦したんだとか。 その病気とは何だったのでしょうか。 また病名と病状も気になりますね。 なぜ病気が発覚したかと言う と平手友梨奈の首には 手術の後があるようです。 その画像がこちらです! 首の下辺りに手術跡がありますね! (黒いアクセサリーの少し下辺り) どうやらこの病気は 「バセドウ病」と言うようです。 芸能人でもたまにこの病気で手術した人もいますしサッカーの本田選手もこの病気を患っていたそうです。 ではこの「バセドウ病」とはどんな病気でどんな症状が出るのでしょうか。 バセドウ病ってどんな病気?声が出ない、元気ない理由や原因は? 一般的に 「バセドウ病」は若い女性に多くなりがちな病気だそうです。 バセドウ病は首の前面部分に存在する甲状腺という部分の働きが活発になって甲状腺ホルモンが通常より多く分泌される為、様々な症状を引き起こす自己免疫疾患のことだそうです。 主な症状をいくつか挙げると、 1、全身の代謝が亢進しているため汗が多く出たり 息切れや動悸がはげしくなったします。 2、食欲があるのに食べても太らなく逆に体重が落ちたりします。 3、手足が震えたりします。 4、怒りっぽくすぐにイライラしたりします。 バセドウ病はエネルギーを多く消費する為身体に負担が大きく疲れやすい状態にあるようです。 ただ現在の医学では、しっかりとした治療を受ける事ができれば症状は改善、あるいは軽減されるそうなのでひとまず安心しました。 この病気になる原因の一つは 「環境の変化によるストレス」があるそうです。 元々人見知りだった性格を変えようと今までと真逆の生活を送る事で精神的なストレスとなり体に影響を及ぼしたのでしょうか。 またもう一つは 遺伝性要因で、この病気は身内にバセドウ病を患っている人が比較的多くいたりするそうです。 最近では握手会を 「声が出ない」との理由で休まれたそうですが今回のバセドウ病と関係はあるのでしょうか。

次の

平手友梨奈の水着グラビアやカップ数が気になる!抑えきれぬ色気やセクシーさに注目!【欅坂46】|アイドルエブリーどっとこむ

平手 ゆりな

平手 友梨奈(ひらて ゆりな) 2001年6月25日 アイドル欅坂46のメンバー 愛知県出身 O型 略歴 中学生時代、バスケットボール部に所属していたが、部活動以外に目標がなく、他のことに挑戦し、自分を変えたいと考えていた。 中学2年生の時、お芝居への興味もあり、乃木坂46のファンだった兄から勧められ、何か目標へ向かって全力で頑張りたいという思いから、欅坂46の1期生オーディションに応募した。 自分を変えるためにアイドルを志したのであり、チヤホヤされたくて志したのではない。 2015年8月21日、欅坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではTHE ALFEEの「星空のディスタンス」を歌った。 同曲は『ミュージックフェア』で乃木坂46とTHE ALFEEが歌っている姿を観て知った。 合格後、東京での寮生活が始まった。 2016年3月30日、『Mac Fan』で初の単独表紙を務めた。 2016年4月6日、欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」でCDデビューし、センターを務めた。 また、同シングルのカップリング曲「山手線」で初のソロ曲を務めた。 人物 愛称は、てち、てちこ、ひらてち、ひらてちゃん。 チャームポイントは黒髪、ショートヘア、困り眉。 欅坂46結成時の最年少メンバーである。 好きな食べ物は茶碗蒸し、麺類、タコ。 嫌いな食べ物はグリーンピース。 好きな映画は『海街diary』。 影響を受けた作品は『クレヨンしんちゃん』。 好きな色は緑。 趣味 趣味はお笑い番組を観ること、音楽を聴くこと。 お笑いで好きな番組は『しゃべくり007』。 よく観る番組は『アメトーーク! 好きなお笑い芸人はノンスタイル、流れ星、GO! 皆川、NON STYLE、おかずクラブ、ハライチ、トレンディエンジェル、バンビーノ。 皆川の「うんちょこちょこちょこぴー! 」を披露することがある。 音楽で好きな曲はE-girlsの「希望の光~奇跡を信じて~」。 よくカラオケで歌う曲は乃木坂46の「今、話したい誰かがいる」。 好きな乃木坂46のメンバーは白石麻衣。 特技 特技はバスケットボール、バレエ、側転、風船を膨らませること。 バスケットボールは保育園生時代に友達の影響で始め、小学2年生の時からクラブに所属、ポジションはセンターを務めていた。 小学6年生の時、市の大会で優勝した経験もある。 バスケットボールのボール回しが得意。 バレエは5歳から始め、12歳まで習っていた。 その他、ピアノを4歳から習っていた経験もある。 シングル 欅坂46 サイレントマジョリティー(2016年4月6日) 手を繋いで帰ろうか(2016年4月6日) 山手線(2016年4月6日) 乗り遅れたバス(2016年4月6日) キミガイナイ(2016年4月6日) 世界には愛しかない(2016年8月10日) 映像作品 平手友梨奈(2016年4月6日) テレビドラマ 徳山大五郎を誰が殺したか? (2016年7月17日 - 、テレビ東京) バラエティ 欅って、書けない? (2015年10月5日 - 、テレビ東京) KEYABINGO! 8 人気のキーワード•

次の

平手友梨奈の脱退・欅坂46・グループ卒業が話題

平手 ゆりな

『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK)に出場した『欅坂46』のセンター・平手友梨奈さん(ひらて・ゆりな 18歳)がパフォーマンス終了後に倒れ、メンバー3人に抱えながら退場していたことが判明し、これに対してネット上では批判的な声が噴出し炎上状態になっています。 2016年に紅白初出場を果たし、4年連続4回目の紅白出場となった欅坂46は、2017年の紅白でも歌った『不協和音』を再び披露しました。 2017年の紅白では、メンバーのみで『不協和音』を歌った後に、特別企画として総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良さんとコラボパフォーマンスを披露したのですが、平手友梨奈さんのほか、鈴本美愉さん、志田愛佳さんが軽度の過呼吸によって、パフォーマンス後に舞台上で倒れ込むというハプニングが発生、2018年の紅白は平手さんがケガで紅白を欠席しました。 センターの平手友梨奈さんにとっては2年ぶりの紅白で、それも過呼吸となった『不協和音』を2年ぶりに紅白で披露するとのことからリベンジへの期待だけでなく、再びトラブルが発生するのではないかと心配の声もありました。 そして、 本番前の29、30日に行われたリハーサルで平手友梨奈さんは、他のメンバーよりも少し遅れてステージに登場し、かなり疲れているのか元気がなく満身創痍の様子で、 最後のポーズを決める場面でよろめいて右手をつき、舞台からはける際もメンバーの最後尾でうつろな表情をしていたため、不安が残るステージになっていたと報じるメディアもありました。 しかし、本番では何かにとりつかれたような表情を見せ、リハーサル時とは違いキレのあるパフォーマンスを披露し、平手友梨奈さんは最後に不敵な笑みを浮かべながらポーズを決め、欅坂46のパフォーマンスを見守っていた内村光良さんも 「よくやった!すばらしかった!新『不協和音』だ!」と絶賛しました。 所属事務所にも確認しています」と回答しています。 こうした欅坂46のパフォーマンスに対してファンからは、感動して震えた、号泣したなどと絶賛の声が上がっていた一方で、ファン以外の反応を見てみると、• 1回だけ倒れるんなら、ギリギリの激しいパフォーマンスってことで感動ものだけど毎回倒れちゃうとちょっと興醒めする。 ただそれを称賛し神格化しちゃう一部のマスコミやファンの人たちも問題あるわ。 その内卒業したメンバーがあれは台本通りとか暴露しそうだよね。 熱狂的ファン以外はつまらないパフォーマンスって思うだろうね。 関係者やスタッフ、もしくは医療関係者に担がれて退場するのでは無く、メンバーに抱き抱えられて退場する辺りが【なんだ。 結局パフォーマンスかね】と思う。 ここまでする意味は何なの?• 演出なんだろうけど、一番問題なのはこんな物を詳細して心酔するような子供がいるって事と、そんなものを面白がって、よりによってNHKがやってる事だと思う。 BPOはこう言う時こそ動くべきだろ。 こんなグループは2度とテレビに出すな。 倒れる所までが歌の完成なのかな。 ちょっとよく分からないパフォーマンス。 そのまま受け止めてしまう人も居るだろうに。 こういう事で話題になるしかない、必死を感じる。 倒れるほどの全身全霊なダンスと歌唱?この人達って口パクすらろくにしてないし卒倒するようなダンスでもないでしょう? こういったパフォーマンスを売りにした営業戦略なのかも知れないけど、熱狂的なファン以外の人から見たらまともに一曲すら踊れない病的なセンターはどうなのって感じですよ。 最初びっくりした。 ガチで心配してるファンたちに失礼極まりないし、もし倒れたんなら、大人にやらされたことで倒れるなんて曲でそんなにも伝えようとしているテーマに矛盾してる。 一曲に全身全霊傾けている、ってアピールなのかもしれないけれど、これだけ叩かれるのだからいい加減秋元康も平手ちゃんトランス状態演出をやめた方が良いと思う。 実際の本人は年相応の明るい子らしいんだけれど、演じ続けることによりキャラが実際の本人の人格を支配してしまうことになるんじゃないかと危惧している。 などと批判的な声が殺到しており、炎上状態になっています。 『スポーツニッポン』(スポニチ)の文化社会部の公式ツイッターは、欅坂46のパフォーマンス終了後に 「欅坂46のパフォーマンスについてNHKは『演出の範囲内』とのこと」と報告しており、平手友梨奈さんがメンバーに抱えられながら退場するというのは、最初から決まっていたパフォーマンスの1つだったようです。 リハーサル時点で平手友梨奈さんが満身創痍の状態にあると報じられたことに対してネット上では、どうせそういう設定の演技だろうと見透かす声は多かったのですが、平手さんは2017年の紅白では過呼吸とみられる症状が出たほか、右腕を痛めて全治1ヶ月と医師に診断されているだけに、真に受けてしまう人も多くいます。 こうした演出は批判も想定内の炎上商法なのか否かは不明ですが、ファン以外の反応を見ると興ざめしている方も多いようですし、グループ全体のイメージにも悪影響が及んでいるようなので、今後はこのような演出は控えた方が良さそうです。 参照元• nikkansports. html• html• nikkansports. html• daily. shtml• oricon.

次の