竈門炭治郎 痣。 竈門炭治郎のおでこにある痣は何?【実は○○から受け継がれているもの⁉】

今週の「鬼滅の刃」炭治郎の覚醒つえええええええええwwwww(画像あり)

竈門炭治郎 痣

連載開始当初、あまり目立っていなかった炭治郎の額の痣…この痣に隠された秘密を考察したいと思います。 戦う時だけ赤くなり普段は黒色の刀の剣士もいたそうですから… 額の痣は弟を火鉢から彼を庇って負った火傷の痕だったが… 『すごい痛いのを我慢してた!! 俺は長男だから我慢できたけど 次男だったら我慢できなかった』 — 素直な炭治郎BOT ganbaretanzirou 炭治郎と言えば 「流石長男」「長男」とファンからの愛称でも分かるほどの兄っぷりが魅力的ですよね!今回のポイント、額の痣についても生まれ持ったものではなく 弟が火鉢を転がしてしまい、危機から庇った際に負ってしまった傷だという事が語られています。 このエピソード、流石長男!としか言いようがないイイ話…弟を急いで庇う炭治郎の図も良かったです…。 しかし、額の痣と言えば炭治郎の父「竈門炭十郎」にもあったような… 鬼殺隊の最終戦別の際に傷を負い痣は更に濃くなる 感想 妓夫太郎の口をそっと抑える炭治郎くんマジ尊い……。 2人のした事は許さない。 それでも2人を『悲しみ』から救う炭治郎くん。 — ぐんぐにる ぼく勉はまだまだ終わらねぇ! Gungnir3228 炭治郎の額の傷ですが、物語開始時と現在の額の傷は微妙に違い、濃くはっきりと目立つようになっていますね! これは鬼殺隊へ入隊するための最終選別において、額の痣の部分に更に傷を受けた事で色が濃くなりました。 毒を受け圧倒的な力量差…頸を斬ることもままならない状況… 炭治郎は頭の天辺からつま先まで全身を使って刀を振るっていたその時!額の痣が生え際から濃くなり炎のような模様へ変わりました…!一瞬の事でしたが、あの傷はただの傷ではなさそうですね…。 更に 第113話「赫刀」では 禰豆子の助けもあってか刀身が赤くなり、ヒノカミ神楽の大技を披露!頸を斬られる寸での鬼たちは、炭治郎の姿を日の呼吸の侍と重ねて見ているというのもポイントですね。 この時、炭治郎の額の痣は以前のように濃く炎のようになっていました。 黒死牟の目は6つあり異形の鬼…6といって思い出すのは 「縁壱零式」の腕は6本あり、なぜかというと腕が6本ではないと、モデルとなった侍の動きが出せないから…だそう。 もう一つは直接は関係ないですが、 炭十郎がヒノカミ神楽を舞っている時に持っていた七支刀のようなもの…の、柄の部分には鈴が6つ付いていました。 炭十郎が言っていたヒノカミ神楽と耳飾りの継承の約束… この約束とは一体誰と誰が交わしたものなのか、明らかになってほしい部分ですね! 新事実が次々と明らかになっていく鬼滅の刃! 炭治郎の痣や父の正体、黒死牟との関係、一番気になるのはやっぱり!? ここまで書いていて、なんですが…炭十郎は(多分)鬼殺隊ではないなと思いました。 色々と思うところはありますが、もしも炭十郎が鬼殺隊であった場合使用するのは「日の呼吸」になると考えるのが物語の流れからみても自然ですが、 現柱たちは日の呼吸が一体なんなのかもしらなかったという所で、炭十郎が鬼殺隊という線は薄くなるかと思います。

次の

痣者 (あざもの)とは【ピクシブ百科事典】

竈門炭治郎 痣

鬼滅の刃 竈門 炭治郎 かまど たんじろう 竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士です。 元々は、炭焼きの家の子で山から降りては町に炭を売って生計を立ていた6人家族の長男。 特徴的な耳飾りは、竈門家で神楽と共に代々受け憑かれてきたもの。 『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚にとても優れています。 鬼の匂いや、悲しみの匂い、優しい匂いなど、敏感に察知ができます。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺されます。 唯一、生き残っていた妹の禰豆子 ねずこ は鬼にされていました。 禰豆子 ねずこ を元の人間に戻す方法を探すため、 炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、戦いを繰り広げます。 竈門炭治郎のプロフィール 誕生日 7月14日 年齢 物語開始時13歳 修行後(鬼殺隊入隊時)15歳 身長 物語開始時156cm 修行後(鬼殺隊入隊時)165cm 出身地 東京府 奥多摩郡 雲取山(現:西多摩郡 雲取山) 竈門炭治郎の性格 性格は真面目で優しく家族想い。 基本的にはどんな人間に対しても温厚であり、相手を思いやる発言や行動をし、生真面目な部分と頑固な一面があります。 嘘つくことが下手で、露骨に顔に出てしまい、この性格が鬼滅の刃を更におもしろくしていますよね。 大家族の長男だったこともあり、子供の対応が上手く、まさに長男という感じ。 他人のために怒ることができ、その際、相手が格上だろうと衝突を恐れない性格です。 そんな彼の人柄に惹かれる人も多く、彼に一目置いている者は身分上下関係なく存在しているんですよね。 唯一の肉親となった妹の禰豆子 ねずこ を大変可愛がり、その気持ちは鬼になってもそれは変わらない妹愛。 禰豆子 ねずこ の悪口を言った者、傷つけた者に対しては、激怒することも度々。 禰豆子 ねずこ のためなら自分の命を投げ出す強い意志を持っています。 唯一の家族なので、その気持ちも痛いほどわかりますね。 家族を鬼に殺された経験があるが、鬼に非情になりきれないところもあり、 本来、鬼が人間だったことから、鬼を「虚しく悲しい生き物」だと表しています。 自らの手で討伐した絶滅寸前の鬼に対して、 「神様、今度この人が生まれてきた時は鬼になんてなりませんように」と、死ぬ直前の鬼の手を握りしめて強く祈ったこともあり、このような鬼を弔う場面は度々作中に出てくるので、 炭治郎の優しさが溢れているのがわかります。 まとめ 以上、竈門炭治郎の紹介でした。 炭治郎は、生真面目て優しく、時に天然が入っていて炭治郎の行動に 「クスッ」と笑ってしまうところもしばしば。 ぜひ竈門炭治郎の魅力に迫ってみてください。

次の

鬼滅の刃の炭治郎の痣の理由は?覚醒はいつしたの?

竈門炭治郎 痣

鬼滅の刃:竈門炭治郎のプロフィール• 出身地:東京府奥多摩郡雲取山(現:西多摩郡雲取山)• 誕生日:7月14日• 年齢:物語開始時13歳、鬼殺隊入隊時15歳• 身長:物語開始時156cm、鬼殺隊入隊時165cm• 体重:物語開始時53kg、鬼殺隊入隊時61kg• 好きなもの:タラの芽• 趣味:頭突き、掃除 竈門炭治郎の生い立ち 主人公・竈門炭治郎は、大黒柱だった父・炭十郎が亡き後、父に代わり、 一家の長男として炭焼きの仕事をして家族の生活を支えていました。 家族思いで誰にでも優しい炭治郎は毎日働く真面目な青年。 家族が暮らしていくために炭焼きをし、当時から麓の人々から慕われています。 この日も、いつもと変わらず、炭を売るため麓の町まで降りていきました。 日が傾き、家族が待っている自分の家へと帰ろうとした炭治郎。 ですが、 「日が暮れると人喰い鬼がうろつき出す・・・」と話す、知り合いの老人に帰り道で引き止められます。 炭治郎はこの老人は、誰かと過ごして寂しさを埋めたいための作り話をしているのだと思いつつ、その日の夜、老人の家に泊まらせてもらうこととしました。 しかし帰ろうとした翌朝、炭治郎が家に着いて見たのは昨日までは確かに元気でいたはずの家族の死体。 唯一、まだ息のある妹・禰豆子に安心したのも束の間、禰豆子は人喰い鬼へと変貌していました。 鬼へと変わってしまった禰豆子を人間に戻したい、その一心で戻せる可能性に縋るべく、修行を重ねて鬼殺隊に入隊する炭治郎。 その後も人を、鬼すらも助けたいと命がけで鬼狩りの任務にいくのでした。 優しさは自身が退治をした鬼にまでも持っています。 鬼の最期を自分の目でしっかりと見届け、合掌を捧げているのです。 それ故に、弱者を傷つける者、無差別に命を弄ぶ者などには、怒りをあらわにする炭治郎。 ですがその誠実さゆえに融通の効かない頑固な一面があり、 納得のいかないことがあればその相手が自分よりも目上であろうと引き下がらないというガチガチの石頭です。 本来であれば自分よりも目上である風柱に対し、超強気な態度をとっています。 真面目すぎるがゆえに、勘違いをしてしまう様なこともいくつかありました。 炭治郎の一族である竈門家が、代々ヒノカミ神楽を受け継いでいる事が関係するのか、信心深い面が有り、汽車を初めて見たときにはその土地の守り神と勘違い。 >> 竈門炭治郎の痣と髪や瞳の「赤」の意味 炭治郎の額の左側には大きな赤い痣が…。 そして髪と瞳には赤い色が混ざっています。 炭治郎の両耳には花札の様な耳飾りが付いています。 この頃は花札見かけると炭治郎を思い出すなぁ。 鬼の原種、そして家族の仇敵である鬼舞辻無惨は、この耳飾りに何らかの負の感情があるようで、鬼たちに探し出し、殺すように命じています。 炭治郎といえば緑と黒の市松模様の羽織。 山で暮らしている頃から愛用しているもので、鬼殺隊入隊後も詰襟の上から着用しています。 また炭治郎は全集中の呼吸の中でも水の呼吸の適正が薄く、極める事は不可能なようです。 始まりの呼吸の剣士の刀身は漆黒。 炭治郎の刀身も同じく漆黒です。 そのため、ヒノカミ神楽の呼吸の適性があるのではないかと予想されています。 ですが実際には漆黒の刀身とヒノカミ神楽の呼吸がどのように関係をしているのかはまだ証明されていません。 また、炭治郎の肉体はまだ未完成。 そのため、ヒノカミ神楽をまだ使いこなせてはいないのではないかと思います。 鬼滅の刃:竈門炭治郎が持つ能力とは? ここでは炭治郎が持っている能力についてまとめていきます。 竈門炭治郎が持つ能力:人よりも優れた嗅覚 炭治郎の同期はそれぞれ五感の一部が優れているんだね。 炭治郎は嗅覚、善逸は聴覚、伊之助は触覚で玄弥はおそらく味覚。 ということはカナヲは視覚が優れているのかな? — ミズナギ omochikoume 竈門炭治郎は 嗅覚が人よりも秀でています。 炭治郎の持つ人並外れた嗅覚は、微かにある匂いから失せ者を見つけ出し、鬼の接近を察知するなどまるで犬のよう。 この鋭い嗅覚は物理的なものに止まらず、相手がどういう人なのか、またその人が話した言葉の真偽など、他の人の感覚的なものも嗅ぎ分けられます。 鬼の匂いは力の強さで度合いが違うようで、強いときつい腐臭がするようです。 竈門炭治郎が持つ能力:持っていたセンスでさらに上がった身体能力 次にあげるのは炭治郎が元々持っていた センスと、二年間の育手による修行によって磨きがかかった身体能力です。 全集中の呼吸法によって、身体能力を瞬間的に底上げすることで飛躍的に強くなり、鬼と戦闘できるほどになります。 全集中の呼吸・常中を習得してからは身体能力は常に上がっているよう状況です。 石頭の炭治郎は、敵などに頭突きをすることもしばしばあります。 超越した力を持ったはずの鬼や野性的で木に頭突きすることも多い伊之助ですら脳震盪を起こしてしまうような硬さを持っています。 これは全集中の呼吸も関係しているのかもしれません。 炭治郎は家族を殺された後、元水柱である鱗滝の元で 全集中の呼吸法の一つ、水の呼吸を習得しています。 修行によって、大量の酸素を一度に血中へと取り込むことにより、瞬間的に身体能力を引き上げ、鬼と対等またはそれ以上の剣戟を繰り出す事が可能です。 水の呼吸は、名前の通り水のように様々な形に変われるため、色々な状況に対応でき、 理論上では「水の呼吸」で対処する事ができない敵は存在しません。 鬼滅の刃:竈門炭治郎が使用できる呼吸の型 炭治郎が使っている水の呼吸、そしてヒノカミ神楽。 今回は炭治郎だけが使っている呼吸の型について紹介します。 この改・横水車は水平方向に回転しながら斬りつける技です。 水流のように流れる足運びで回避と攻撃を合わせた参ノ型、そして上半身と下半身を強くねじり、その勢いを利用して斬撃を繰り出す陸ノ型を組み合わせ、相手の攻撃をかわしながら距離を詰めます。 竈門炭治郎の呼吸の型:ヒノカミ神楽の呼吸 炭治郎もお父さんみたいになれるかな!なれるよね!長男だもん! — シロクマ radio1010cat ヒノカミ神楽の呼吸とは、炭治郎が父・炭十郎から耳飾りと一緒に受け継いだ、 竈門家に代々伝えられているという厄払いの神楽、そしてそれを夜通し舞う為の呼吸法です。 炭治郎は火を使って炭焼きをする家系のため、ヒノカミ様に奉納をする舞いだと思いこんでいました。 そして炭十郎がヒノカミ神楽を舞う姿を見て習得しています。 日輪刀と組み合わせ、振るう事によって強力な技を発動させられます。 ですがその代償は大きく、体への負担が大きいために使いどころが限られるようです。 竈門炭治郎の呼吸の型:ヒノカミ神楽 + 水の呼吸 第90話。 水の呼吸と、ヒノカミ神楽とを合わせてつなぐ炭治郎。 )宇髄さん死のフラグ免れた!?・・・だといいな!! — 一期一会 D2ec6dA1ohqcMnh ヒノカミ神楽の呼吸と水の呼吸を混ぜて使うことで、 水の呼吸の攻撃力よりもアップさせつつ、ヒノカミ神楽をした時に大きく感じられる疲労は軽減させされるという呼吸。 上弦の陸・妓夫太郎と死闘を繰り広げる中で、戦いで負った怪我や戦いによる疲れによって 極限状態となった炭治郎が即興で編み出しました。 かつての呼吸の使い手たちが自身に適した呼吸を編み出したように、炭治郎もまた、自分の呼吸・剣技に適した、力を最大限に発揮させられる呼吸を考え生み出されたのでした。 これらが現段階で分かっている竈門炭治郎の能力です。 毎回の戦いでかなりの成長が見られているので、今後も更に能力は増えるかもしれません。

次の