クマ 美容 皮膚 科。 【美容皮膚科医監修】目の下のくま(クマ)別、コントロールカラーの紹介

美容皮膚科 シミ・そばかす・くすみ・クマの料金表|美容整形のことなら品川美容外科【全国版】

クマ 美容 皮膚 科

黒クマ・くぼみ 黒クマとは、正面から見たときに 涙腺の下側が黒く見えてしまうもののことです。 クマと目の間に膨らんでいる部分があり、そこを押すとクマが消える場合は黒クマの可能性が高いです。 黒クマは加齢に伴い目もとの周りのコラーゲンが減り、皮膚が薄くなることで 目元がたるみ、くぼんだ部分がクマとなって見える症状です。 クマ治療について クマの治療は、症状によって治療法が異なります。 例えば茶クマはレーザーなどによる治療で少しずつ薄くしていく方法が有効です。 青クマは血行不良やもとの体質 皮膚が薄い等 が原因であることが多く、その場合は注入による治療のほか生活習慣の改善など、セルフケアも非常に重要になってきます。 また、目の周りのくぼみによる影が原因でできるクマは、目の周りの脂肪やたるみを取り除く治療がございます。 治療にあたってはカウンセリングでしっかり診察し適切なケア方法を決定いたします。 まずは、ご自分のクマがどの種類なのか安易に自己判断せず、ドクターまでお気軽にご相談ください。 切開による治療• 目の下のふくらみ取り 治療方法について 下まぶたの脂肪を除去する施術。 110,170円~194,400円。 内出血:1~2週間位。 施術担当 品川スキンクリニック 目の下のクマ治療について 目の下のクマ治療でお悩みのこんな方におすすめ 目の下にクマがあると、明るく振る舞っても表情が暗く見えてしまいがちです。 実年齢よりも老けて見える原因になるため、多くの方にとってはぜひ治療したいお悩みなのではないでしょうか。 一般的に目の下のクマは加齢によって現れる「エイジングサイン」だとされていますが、10~20代で症状が現れる場合もあるので決して油断できません。 一度生じてしまったクマを自力で改善するのは困難なので、気になる方には美容皮膚での治療がおすすめです。 代表的な目の下のクマの種類 目の下のクマには、いくつかの種類があります。 黒クマ、赤クマ、茶クマ、青クマなどがよく知られています。 黒クマとは、正面から見たときに涙腺の下側が黒く見えてしまうもののことです。 クマと目の間に膨らんでいる部分があり、そこを押すとクマが消える場合は黒クマだと判断してください。 赤クマの場合、クマの色が赤く見えます。 頬の上側を下に引っ張ったとき、赤みが増すようなら赤クマの疑いが強いと考えてください。 茶クマは色が茶色く、鏡などでどの角度から見ても質感が変わらないのが特徴です。 最後の青クマは、文字通り青い場合もありますし、赤紫、または黒っぽく見えることもあります。 色が黒や赤に近くても、黒クマ、赤クマの特徴に当てはまらない場合は青クマの可能性が高いと考えていいでしょう。 目の下のクマができる原因は? 黒クマは、目の下にある脂肪が突出してしまい、そのさらに下側の部分が影になってしまうことで生じます。 加齢により目の周囲の筋肉やじん帯が衰えることで生じますが、生まれ持った体質が原因で10代ごろから現われてしまう人も少なくありません。 赤クマの赤い色は、目の周りにある筋肉である眼輪筋の色です。 目の下にある脂肪が突出すると眼輪筋が押されて目立つようになってしまうほか、疲れ目による血行不良なども原因になりえます。 茶クマはメラニンなどの色素沈着が原因です。 紫外線を浴びることや、目の下をかくことによって生じやすくなるので注意してください。 青クマの原因はストレスや生活習慣の乱れ、またはそこからくる冷え性や貧血です。 目の下が血行不良になってしまうことで、血管の青い色が目立つようになっている状態だと考えてください。 種類ごとに異なる目の下のクマの原因を正しく理解し、正しい対策や改善法を選ぶことが大切です。 目の下のクマ治療へのこだわり 原因やお悩みに合わせた治療 クマの治療では、クマの種類に応じたケアが必要になります。 大きく分けるとクマは3種類に分かれ、色素沈着による「茶クマ」血行不良からくる「青クマ」目の下のふくらみの影が原因の「黒クマです」。 また同時に2種類のクマが存在している場合もあるため、改善には時間がかかる場合もあります。 それぞれに応じたケアを継続して行うことで、徐々に薄くしていくことが大切です。 レーザー、光治療について たるみや脂肪が原因で現れる「黒クマ」に関しては、引き締めることでたるみの予防をしていくことが大切です。 一度たるんでしまった、そもそもふくらみがあるという場合はふくらみ取りなど別の治療が必要になってきますので、カウンセリングで適切な治療方法をご相談ください。 導入・ピーリング治療について 色素沈着による「茶クマ」の場合は美白ケアが大切です。 とはいえ目の下の皮フはとても薄く、摩擦による刺激は禁物です。 クマの状態や範囲などをしっかりとカウンセリングさせていただき、症状に適した治療をご提案させていただきます。 内服薬について 色素沈着や血行不良の改善には内服薬やホームケアなどの日々のケアを並行して行うことが早く完治する近道になります。 もちろん規則正しい生活やバランスのとれた食事などもクマの改善には必須となりますので、クリニックでの治療とともに内服薬やホームケアのご提案をきちんとさせていただきます。 Q&A ドクターコメント.

次の

クマの原因・症状と治療法|品川スキンクリニック【公式】

クマ 美容 皮膚 科

黒クマ・くぼみ 黒クマとは、正面から見たときに 涙腺の下側が黒く見えてしまうもののことです。 クマと目の間に膨らんでいる部分があり、そこを押すとクマが消える場合は黒クマの可能性が高いです。 黒クマは加齢に伴い目もとの周りのコラーゲンが減り、皮膚が薄くなることで 目元がたるみ、くぼんだ部分がクマとなって見える症状です。 クマ治療について クマの治療は、症状によって治療法が異なります。 例えば茶クマはレーザーなどによる治療で少しずつ薄くしていく方法が有効です。 青クマは血行不良やもとの体質 皮膚が薄い等 が原因であることが多く、その場合は注入による治療のほか生活習慣の改善など、セルフケアも非常に重要になってきます。 また、目の周りのくぼみによる影が原因でできるクマは、目の周りの脂肪やたるみを取り除く治療がございます。 治療にあたってはカウンセリングでしっかり診察し適切なケア方法を決定いたします。 まずは、ご自分のクマがどの種類なのか安易に自己判断せず、ドクターまでお気軽にご相談ください。 切開による治療• 目の下のふくらみ取り 治療方法について 下まぶたの脂肪を除去する施術。 110,170円~194,400円。 内出血:1~2週間位。 施術担当 品川スキンクリニック 目の下のクマ治療について 目の下のクマ治療でお悩みのこんな方におすすめ 目の下にクマがあると、明るく振る舞っても表情が暗く見えてしまいがちです。 実年齢よりも老けて見える原因になるため、多くの方にとってはぜひ治療したいお悩みなのではないでしょうか。 一般的に目の下のクマは加齢によって現れる「エイジングサイン」だとされていますが、10~20代で症状が現れる場合もあるので決して油断できません。 一度生じてしまったクマを自力で改善するのは困難なので、気になる方には美容皮膚での治療がおすすめです。 代表的な目の下のクマの種類 目の下のクマには、いくつかの種類があります。 黒クマ、赤クマ、茶クマ、青クマなどがよく知られています。 黒クマとは、正面から見たときに涙腺の下側が黒く見えてしまうもののことです。 クマと目の間に膨らんでいる部分があり、そこを押すとクマが消える場合は黒クマだと判断してください。 赤クマの場合、クマの色が赤く見えます。 頬の上側を下に引っ張ったとき、赤みが増すようなら赤クマの疑いが強いと考えてください。 茶クマは色が茶色く、鏡などでどの角度から見ても質感が変わらないのが特徴です。 最後の青クマは、文字通り青い場合もありますし、赤紫、または黒っぽく見えることもあります。 色が黒や赤に近くても、黒クマ、赤クマの特徴に当てはまらない場合は青クマの可能性が高いと考えていいでしょう。 目の下のクマができる原因は? 黒クマは、目の下にある脂肪が突出してしまい、そのさらに下側の部分が影になってしまうことで生じます。 加齢により目の周囲の筋肉やじん帯が衰えることで生じますが、生まれ持った体質が原因で10代ごろから現われてしまう人も少なくありません。 赤クマの赤い色は、目の周りにある筋肉である眼輪筋の色です。 目の下にある脂肪が突出すると眼輪筋が押されて目立つようになってしまうほか、疲れ目による血行不良なども原因になりえます。 茶クマはメラニンなどの色素沈着が原因です。 紫外線を浴びることや、目の下をかくことによって生じやすくなるので注意してください。 青クマの原因はストレスや生活習慣の乱れ、またはそこからくる冷え性や貧血です。 目の下が血行不良になってしまうことで、血管の青い色が目立つようになっている状態だと考えてください。 種類ごとに異なる目の下のクマの原因を正しく理解し、正しい対策や改善法を選ぶことが大切です。 目の下のクマ治療へのこだわり 原因やお悩みに合わせた治療 クマの治療では、クマの種類に応じたケアが必要になります。 大きく分けるとクマは3種類に分かれ、色素沈着による「茶クマ」血行不良からくる「青クマ」目の下のふくらみの影が原因の「黒クマです」。 また同時に2種類のクマが存在している場合もあるため、改善には時間がかかる場合もあります。 それぞれに応じたケアを継続して行うことで、徐々に薄くしていくことが大切です。 レーザー、光治療について たるみや脂肪が原因で現れる「黒クマ」に関しては、引き締めることでたるみの予防をしていくことが大切です。 一度たるんでしまった、そもそもふくらみがあるという場合はふくらみ取りなど別の治療が必要になってきますので、カウンセリングで適切な治療方法をご相談ください。 導入・ピーリング治療について 色素沈着による「茶クマ」の場合は美白ケアが大切です。 とはいえ目の下の皮フはとても薄く、摩擦による刺激は禁物です。 クマの状態や範囲などをしっかりとカウンセリングさせていただき、症状に適した治療をご提案させていただきます。 内服薬について 色素沈着や血行不良の改善には内服薬やホームケアなどの日々のケアを並行して行うことが早く完治する近道になります。 もちろん規則正しい生活やバランスのとれた食事などもクマの改善には必須となりますので、クリニックでの治療とともに内服薬やホームケアのご提案をきちんとさせていただきます。 Q&A ドクターコメント.

次の

目の下のクマの原因・種類・治療法を解説!|美容皮膚科@ポータル

クマ 美容 皮膚 科

あると疲れた印象に見えてしまう目の下のクマ。 毎日ファンデーションやコンシーラーで念入りに隠し、クマに効くアイクリームや美容液にお金をかけて…目周りのマッサージをやってもなかなか効果が出ない……そんな方も多いはず。 顔の印象が悪く見えて、本当にストレスを感じますよね。 目の下のクマは、 10代の頃から症状が気になっていた方や年齢を重ねて目立ってきた方など、いろいろな方がお悩みを抱えていると思います。 そんな目の下のクマを治したいと思っている方にまずお伝えしたいことは、「 目の下のクマは医療機関で治療することが可能」ということ。 さらに「 どこの医療機関で治療を行うのかがポイントになる」という点です。 それは、目の下のクマの症状に合わせて治療方針が異なるため、一般皮膚科の治療や自由診療の美容皮膚科、美容外科のどこに行くべきなのかが異なるからです。 目の下のクマは4種類あり、 保険がきく比較的低費用の一般皮膚科で効果が期待できるのか、 より専門的な美容皮膚科や美容外科での治療でしか効果が期待できないのかがそれぞれ異なります。 今回は4種類の目の下のクマの中で、自分はどの種類なのか知っていただき、それぞれの医療機関ではどういった方法で治療していくのかをわかりやすく解説していきます。 お悩みを解消するために自分のクマに合ったアプローチ方法で必ず効果を実感しましょう。 1 皮膚科で治せるクマと治せないクマがある 目の下のクマは4種類あることをご存知でしょうか。 この4種類のクマが出来てしまう原因はそれぞれ全く異なり、目の下のクマが出来てしまった原因にあわせて治療法が異なります。 上記でも記したように、クマの症状は、一般皮膚科と美容皮膚科、美容外科で治療が可能です。 治療方法によって、皮膚科で治すことが可能なのか、外科で治療する必要があるのかが変わってきます。 まず、 4種類のクマの種類と原因は以下に記します。 その他の青クマと黒クマに関しては皮膚トラブルからくる原因ではないので、一般皮膚科での治療はできないという事になります。 以下の表がクマの種類別に治療が可能な診療科になります。 茶クマの可能性が高く、保険診療で、費用を抑えたい方は一般皮膚科での診療がおすすめですが、それ以外の方は総合美容クリニックに行けば治療することが可能です。 2 あなたは何クマ?それぞれの特徴にあった治療方法をチェック 4種類のクマの種類になります。 まずは自分がどのクマなのかを確認してみてください。 茶クマ 【原因】 皮膚に色素沈着を起こしたことで茶色く見えるクマ。 表皮のメラニンが増加している状態が原因で、本来はいずれ剥がれ落ちるメラニンが新陳代謝の低下によって剥がれ落ちずに色素沈着を起こします。 【治療法】 ・メラニンを抑える ・ハイドロキノン、グルタチオン錠、トレチノイン等 ・目の下のクマレーザー ジェネシス …細胞の新陳代謝・血行を促進するレーザーを照射する方法。 血行不良になる原因はさまざまで、寝不足や疲労、目の酷使、ストレス、冷え、ホルモンバランスの崩れなどが挙げられます。 目の下の皮膚はとても薄く 厚さ約 0. 6㎜ で顔の他の部位の 3分の1しかありません。 【治療法】 ・目の下のクマレーザー(ジェネシス) …細胞の新陳代謝・血行を促進するレーザーを照射する方法。 ・脂肪注入 、ヒアルロン酸注入 …皮膚が薄い部分に脂肪やヒアルロン酸を注入し、血管が透けて見えるのをカバーする方法。 ・ビタミン E内服 青クマは、治療方法が 美容皮膚科と 美容外科での施術が必要なので、 総合美容クリニックに行く必要があります。 黒クマ 【原因】 目の下のふくらみ(下眼瞼脂肪)や頬の脂肪・皮膚のたるみによる凹みで影ができ、暗く目立つことで黒っぽく見えてしまうことが原因となるクマ。 加齢によるたるみが出る場合と先天的に下眼瞼脂肪が多い人もいます。 老け顔・疲れ顔の原因となります。 【治療法】 ・下眼瞼脱脂術 かがんけんだっし … 眼窩 脂肪 がんかしぼう を取り除き、ふくらみを無くす方法。 ・ハムラ法 結膜的眼窩脂肪移動法 けつまくてきがんかしぼういどうじゅつ …眼窩脂肪を凹みの部分に移動し、均一にならす方法。 ・アグネス目元 …皮膚に針をさして、針先から出るラジオ波で脂肪焼く方法。 ・ヒアルロン酸注入 …ゼリー状物質を注射器で注入し、凹みの部分を平らにならす方法。 黒クマは、治療方法が 美容皮膚科と 美容外科での施術が必要なので、 総合美容クリニックに行く必要があります。 黒クマについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。 混合クマ 茶クマ、青クマ、黒クマのいくつかのクマが混ざってできるクマのこと。 それぞれの原因が重なって発症するので、症状の原因に合わせて治療をおこなう必要があります。 混合クマは、 美容皮膚科と 美容外科での施術が必要なため、 総合美容クリニックに行く必要があります。 イセアクリニックでは、ハイドロキノンを処方します。 他にも新陳代謝を促す効果や美白成分が含まれる薬はあり、医療機関や医師の判断によって変わります。 一般皮膚科で処方を受ける場合は、保険が効く薬を処方してもらえるかがポイントです。 例えば、ハイドロキノンは保険適用外となっており、美容皮膚科と金額は変わりません。 一般皮膚科で費用を抑えて治療を行いたいようであれば、先に皮膚科に茶クマに効く保証が効くかどうかは、その医師のご判断に左右されます。 保険適用の薬を処方してもらえるかを確認するのもいいでしょう。 下記の青クマと同じ施術内容になります。 ヤグレーザー ジェネシス は上記の新陳代謝・血行を促進する効果に加え、表皮上部の角質層にも反応しレザーピーリング効果も作用が期待できます。 そのため、肌のひきしめ(たるみの改善)・ハリ(小じわの改善)・保湿作用・くすみの改善・クマの改善といった効果が得られるので茶クマの治療に用いられます。 皮膚の浅い部分である表皮から真皮層上部に作用するヤグレーザーを照射する方法。 細胞の新陳代謝・血行を促進するで、血行不良になって黒ずんでいる血液を解消し、クマの原因に働きかけます。 当イセアクリニックでは、ハイドロキノンの処方と合わせたコースでの金額になっています。 青クマの場合、血行不良はさまざまなケースで起こりうるので、一度改善してもまたクマが出てくる可能性はあります。 一度改善した後は、血行不良を起こさないように、内服治療の併用や睡眠時間の確保などの生活習慣の改善のきっかけにしてくださいね。 3-3 美容外科に相談を。 術後5日後に抜糸をします。 局所麻酔を用いて行う為、麻酔の痛みはありますが施術の痛みは麻酔によって痛覚が麻痺しているので感じません。 術後は鈍痛を感じることがありますが目が使えないほどの痛みはほぼないといえます。 切開の跡は縫合を行わなくても自然に傷口が塞がります。 経結膜法は目の裏側を切開するので、人から見える皮膚には傷跡が残りません。 下眼瞼脱脂術 経結膜法 は、クマの原因となる脂肪を摘出するので効果は最低でも2年は持続することが期待でき、若々しい印象になることができます。 この術式のリスクは、脂肪を取りすぎたことによってくぼんでしまったり、皮膚が余って皺になってしまったりする可能性です。 下眼瞼脱脂術 経結膜法 は美容外科の手術の中でも難しい手術です。 治療を行う際には執刀する医師の技術力があるのか、経験があるのかを確認しましょう。 ハムラ法 眼窩脂肪移動術 《美容外科 美容クリニック 》 施術時間 通院期間 費用 痛み 1-2. 下まつげのすぐ下を切開し、眼窩隔膜より下方にはみ出してくる分だけ眼窩脂肪を切除。 目の下のくぼみを埋めるように眼窩脂肪を移動します。 眼輪筋肉を目尻の方へ吊り上げて張りを出し頬骨の骨膜に固定をして余剰皮膚を切除する施術。 局所麻酔を使用して行います。 痛みに関しては、麻酔の痛みはありますが施術の痛みは感じません。 術後は1-2日程度痛みを感じる場合もありますが、日常生活に支障をきたさない程度の痛みです。 ハムラ法は皮膚を引っ張り上げて切除をするので、下眼瞼脱脂同様に難しい技術が必要になります。 クリニック選びは慎重に行ってください。 また、ハムラ法には、経結膜からメスを入れるトラコンハムラ法もあります。 裏側にメスを入れるので、傷が目立たない方法ですが、難しい技術とセンスがいる施術方法なので、希望の方は医師選びも慎重に行ってくださいね。 3-4 美容クリニックに相談がおすすめ。 混合クマの治療 症状に合わせて上記の施術や薬の処方を組み合わせて治療していきます。 混合クマの場合、黒クマとの組み合わせで症状が出ているケースが多いため、外科手術の可能性が高いです。 腕のある医師がいるクリニックを選びましょう。 4 大切なのはクリニックの選び方 上記でもお伝えしましたが、茶クマの治療で一般皮膚科での診療を検討している方は、保険が効く治療薬を処方してもらえるのかを確認してみましょう。 とくにアトピーやアレルギーからなる色素沈着の場合は保険診療で安く費用を抑えることが可能ですので、該当する方はかかりつけの医師に相談してもいいと思います。 美容皮膚科や美容外科で治療が必要な場合は、自由診療になりますのでクリニックによって治療方法や費用、保証内容等が変わってきます。 とくに美容外科の場合は、医師の腕が仕上がりに大きく関わってきますので技術面で信頼をおけるかは非常な重要なポイントと言えるでしょう。 施術内容より安さを売りにしているクリニックは信頼が出来ませんのでご注意ください。 また、美容皮膚科、美容外科ともに保証内容も確認しておくことも大切です。 治療後の再発や、術後の仕上がりに対してどういった対応をしてくれるかを確認して安心して治療を受けましょう。 5 まとめ 今回は目の下のクマは、皮膚科で治すことが出来るのかを解説しました。 結論は、茶クマは一般皮膚科で治すことは可能。 ですが、青クマ、黒クマ、混合クマは美容皮膚科や美容外科で治療をしないと治りません。 自分のクマの種類はどれにあたるのかを調べて、適切な診療科に行ってください。 クリニックを選ぶうえで総合美容クリニックはどのクマにも対応が出来るのでおすすめです。 そして、目の下のクマの治療には信頼できる医師やクリニックを選ぶことが重要ということです。 一般皮膚科にでも、美容皮膚科、外科でも自分の納得いく形で治療が受けることが出来るのかをきちんと確認してクリニックをえらんでくださいね。 是非、目の下のクマを解消して、若々しく明るい印象で素敵な生活を送ってください。 目の下のクマ・たるみ治療 専門サイトはこちら 目の下のクマ・たるみによって顔全体が暗い印象になってしまうことがありますが、 それらが改善されると、表情が明るく、若々しくはつらつとした印象になります。 イセアクリニックでは、幅広い年齢層の患者様がご相談にいらっしゃいます。 もちろん男性の方もお気軽にご相談ください。 当院は目の下のクマ・たるみ治療において『切りたくない』『外科手術が怖い』という悩みをもっている方に向けて、メスを入れない治療「切らずにトライ」プランをご用意しています。 「切らずにトライ」プランは現状の美容医療で行える治療プログラムで高い効果を期待できるプランです。 『一度で確実に効果を出したい』『通えない』という方には、外科手術の治療方法もご提案いたします。 詳しくは目の下のクマ・たるみの専門サイトをご覧ください。 「あなたが、これまでよりも明るく積極的に、 幸せな人生を切り開く自信を持てるようになる」 「あなたが、これまでよりも 明るく積極的に、 幸せな人生を切り開く自信を 持てるようになる」 これこそがイセアが目指す美容医療のゴールです。 これこそがイセアが目指す 美容医療のゴールです。 「整形したいと考えているが、どう選んだらいいのかわからない」 「信頼できる美容整形や美容皮膚科の情報を知りたい」 「美容医療の最新情報を知りたい」 「本当に自分に必要な美容医療を見極めたい」 「整形したいと考えているが、 どう選んだらいいのかわからない」 「信頼できる美容整形や美容皮膚科の 情報を知りたい」 「美容医療の最新情報を知りたい」 「本当に自分に必要な美容医療を見極めたい」 美容医療は様々な不安を抱え、検討される方がほとんどです。 このような患者様のために、 安心・親切・信頼・親身を心がけ、 お悩みひとつひとつに寄り添った情報を提供していきます。 美容医療は様々な不安を抱え、 検討される方がほとんどです。 このような患者様のために、 安心・親切・信頼・親身を心がけ、 お悩みひとつひとつに寄り添った情報を 提供していきます。

次の