即パットゆうちょ。 競馬のネット購入をスマホで始める方法!馬券購入は簡単だった。おすすめは即PAT|ゆうちょでの投票も簡単|うましる

A

即パットゆうちょ

即PAT(ソクパット)とは 即PATとは、JRA指定銀行口座を持っていれば、即日登録でその日から馬券を購入できるJRAインターネット投票サービスです。 即PAT会員になると、競馬場やウインズまで出かけなくても、パソコン・スマートフォン・携帯電話で場所を問わずに馬券の購入が可能です。 馬券の発売時間内なら何度でも追加入金・途中出金ができるので、平日忙しくて銀行に行けない競馬ファンにもオススメです。 券売機でモタモタすることもなくなります。 決済は加入時に登録した銀行口座を通して行われますので手元に現金がなくてもOKです。 パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)でインターネットに接続して馬券を購入する方法を『IPAT方式』と言います。 即PATに申し込む JRA指定の銀行口座を持っているならすぐに即PAT会員になれます。 さっそく会員になって即PATにログインしてみましょう。 口座を持ってない方は、開設後に会員登録となります。 JRA指定の銀行口座は、「住信SBIネット銀行」「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」となっています。 加入申込み完了後に、その日からパソコン・スマートフォン・携帯電話で、即馬券が買えます。 各銀行の口座開設はこちらから• 即PATで馬券を購入する 入金から馬券購入、出金するまでの流れ 入金 馬券の購入資金を、登録した指定口座から即PATに振替えます。 投票 即PATにログインし、馬券を購入します。 オッズ情報も確認できます。 払戻し 馬券的中・出走取消・競走除外などの払戻があった場合、自動的に即PATへ払戻しが反映されます。 出金 途中出金:馬券の発売時間帯に自身で出金を指示して残高全てを即PATから指定口座に振込みます。 一括出金:出金指示がない場合、節終了後に自動的に全残高が即PATから指定口座に振込まれます。 馬券を購入する 馬券を購入するには、パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)で以下のURLへアクセスし、ログインして手続きを行います。 d-ipat. jra. d-ipat. jra. k-ipat. jra. d-ipat. jra. jskypl. jp-t. ipat. jskypl. jp-t. 購入できる馬券の種類 単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5それぞれ1枚100円単位で購入できます。 通常は「土曜日、日曜日」、「火曜日、水曜日、木曜日」をまとめて1節と言います。 もっと詳しい説明は。 通常投票では1件=1ベットとなりますが、流し・ボックス・フォーメーションで投票する場合は、組み合わせにより1件で複数のベットの申し込みをすることになります。 「全レース投票」の場合は、「購入できたレース数=件数」となります。 入金 入金とは、節ごとに馬券の購入資金を、指定口座から即PATへ移すことをいいます。 即PAT口座に入っている金額が、購入資金となります。 入金方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「入金指示」から、入金手続きを行います。 受付時間 入金できる時間帯は、馬券の発売時間帯(・)となります。 それ以外はログインできないため入金出来ません。 入金額 入金金額は100円単位で自由に決められます。 回数 1日に何度でも入金できます。 手数料は入金時に入金金額とは別に引き落としなります。 購入限度額 即PAT口座へ入金した金額が購入限度額となります。 また馬券が的中した場合、払戻金・返還金は購入限度額に繰り入れられます(「購入限度額=お客様が振り替えた投票券購入資金の合計-勝馬投票券購入金額+払戻金・返還金」)。 購入限度額は、途中で出金手続きをしない限り、節の間、即PAT口座に残っています。 出金 出金とは、即PATにある残高全てを指定口座に移すことを言います。 出金方法には2通りあり、節終了後にJRAが一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」と、自身で振込指示をする「途中出金」があります。 一括出金の方法 特に手続きする必要はなく、節終了後に自動的に残高全てがJRAより指定口座に振込まれます。 振込まれる時間は各金融機関によって異なります。 都市銀行は翌営業日の午前中ですが、ネット銀行の方は当日中に振込まれます。 一括出金で銀行口座に振込まれる時間 ジャパンネット銀行 節終了後の当日の24時まで 楽天銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行 節終了後の翌日の午前中 三菱東京UFJ銀行 節終了後の翌銀行営業日の午前中 途中出金の方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「出金指示」から、ご自身で出金手続きを行います。 途中出金の受付時間 出金指示は、通常当日の全競走(最終競走)確定からおおむね5分後まで、前日発売をしているJRA開催日の場合は前日発売締切時間までとなっています。 途中出金額 途中出金できる金額は、その時点での残高全てとなります(残高の一部だけを出金することはできません)。 手数料 一括出金・途中出金ともに無料です。 即PATを利用する際の注意事項• 「入金」「途中出金」とも混雑時には完了までに3分以上かかる場合がありますので、余裕を持って操作してください。 三井住友銀行では日曜日の夜間にメンテナンスがあるため、変則開催等で日曜日の夜間に発売がある場合、「入金」「途中出金」を利用できない時間帯があります。 投票前に出走取消・騎手変更・馬場状態等を確認してください。 投票締切10分前より回線が混雑して申込みが出来ないことがありますので、投票は早めに済ませておきましょう。 一旦成立した勝馬投票契約の取消・変更は一切できません。 会員ご本人以外のご利用はおやめください。 2年間ご利用がない場合は自動解約となります。

次の

即パット(即PAT)で馬券を買う方法【約20分】【ゆうちょ】

即パットゆうちょ

ご利用ありがとうございます。 誠に申し訳ありませんが、ただいまの時間帯は、地方競馬の投票のお申込みを受け付けておりません。 投票受付時間帯にもかかわらず、この画面が表示される場合は、以下の「投票受付時間帯に、この画面が表示される場合」をお試しください。 「地方競馬ネット投票の投票受付時間」につきましては、即PAT会員の方は、A-PAT会員の方はをご覧ください。 ・Internet Explorerをお使いの方 キーボード上の[Ctrl]キーを押しながら、[F5]キーまたは、ブラウザ上の更新ボタンを押してください。 ・Safariをお使いの方 キーボード上の[Shift]キーを押しながら、ブラウザ上の再読み込みボタンを押してください。 2 インターネット一時ファイルをクリアしてください。 インターネット一時ファイルをクリアすることで、問題が解消されることがございます。 地方競馬ネット投票の発売レース等はをご覧ください。 本日の地方競馬レース情報はをご覧ください。 Copyright C Japan Racing Association.

次の

即PATの申込方法と使い方|馬券購入に使える銀行口座比較

即パットゆうちょ

出典:pakutaso 今や時代はインターネットでなんでも出来ます。 勝馬投票券の購入に関しても今や インターネット投票が主流を占めています。 昔は競馬場かWINS、少し進んで電話投票の三種類でしたが、家庭でのパソコンの普及や携帯電話の一般化に伴い、JRAはパソコンや携帯電話を使ったインターネット投票の普及に力を入れました。 それが A-PATと呼ばれ、都市銀行や地方銀行 JRAが指定した銀行のみ口座開設が可能 にA-PAT専用口座を開設し、発行されるIDやお客様番号等を入力することでパソコンや携帯電話、プッシュホンで勝馬投票券を購入するシステムなのです。 このA-PATが主要銀行のインターネットバンキング インターネットで口座への振り込み等が出来るシステム の普及に伴い進化したのが 即パットです。 ですから 即パットはA-PATで出来なかった事が出来るようになりました。 A-PATと即パットの違い 入会までにかかる時間 まずはPATシステムへの入会時間の短縮です。 A-PATは使用開始まで2ヶ月程度必要 専用の口座を作るA-PATでは口座を作るのに 2ヶ月程度掛かり、その間は当然、勝馬投票券は買えません。 即PATは登録完了後すぐに馬券購入可能 これに対して 即パットは入会者がJRAの指定銀行に口座を持っている場合、 簡単な手続きをするだけで手続き終了後直ぐに勝馬投票券購入ができます。 入出金の制限 A-PATはレース前日から終了の翌日まで口座がロックされる またA-PATでは 競馬開催日前日に口座がロック 入出金などが出来なくなる されるため、入金額を全て使いきってしまうと追加で入金することは出来ません。 高額な勝馬投票券が的中してもロックが解除される 通常は競馬開催終了の翌日 までは出金することは出来ません。 即パットは競馬開催中でも入出金可能 これに対して 即パットは競馬開催中でも自由に口座の出し入れなどが出来ます。 勝馬投票券購入資金が不足し、銀行に残高がなくても、ATM等から口座に 入金すればそのままそれを購入資金に当てることが出来ます。 また的中馬券の払い戻しも、コンビニなどで簡単に出金することが出来ます。 地方競馬の馬券購入 もう1つの利点は 地方競馬の勝馬投票券が簡単に買えると言う点です。 A-PATでは、月曜日のみ購入可能 勿論、A-PATでも買えるのですが、口座が続けてロックされている祝日の月曜日等しか買えません。 即パットではいつでも購入可能 これに対して即パットは いつでも地方競馬開催日に勝馬投票券を買うことが出来ます。 近年盛んに行われている交流重賞は水曜日の夜 南関東競馬は平日ナイター競馬開催 に行われる事が多く、A-PATはこれには対応していません。 A-PATが唯一、即パットより優れている点 このようにみれば当然A-PATの進化した形として登場した即パットの方が便利なのですが、唯一A-PATが優れている点があります。 それは 購入資金を追加出来ないと言う点です。 それって不便じゃないと思われるかも知れませんが、競馬がギャンブルであると言う点を考えれば、逆説的な事が成り立ちます。 それは 競馬に熱くなりすぎて敗けが込んで来ても資金を追加出来ない、すなわち口座残高が無くなれば強制終了になると言うことです。 敗けが込んで取り戻そうとして次々に資金を追加して傷口を広げると言う事が無くなります。 どちらにせよ競馬は自分の使える資金の中で無理なく遊ぶことが大切です。 勝っても負けても楽しく遊ぶ、それがギャンブルの最低限のルールです。 忘れないでくださいね。 即パットの申し込み方法 即パットは、 「ジャパンネット銀行」、「楽天銀行」、「三井住友銀行」、「三菱東京UFJ銀行」、「住信SBIネット銀行」、「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っていれば、即日加入でき、加入したその日から馬券を買うことができます。 もし上記の口座を持っていない人には、 楽天銀行をおすすめします。

次の