料理 ブログ ランキング。 コストコ 人気ブログランキング

料理ブログ 人気ブログランキングとブログ検索

料理 ブログ ランキング

平均寿命 女性:86歳 男性:79歳 世界ナンバーワンらしい。 平均寿命まで、長生き出来れば、と思うのが、 『 人 情 』 だろう。 別個に、健康寿命ってのが、あるらしい。 女性:77.7歳 男性:72.3歳 実は、このことの方が、平均寿命よりも、 せっぱつまった、モンダイなのだ。 そうした事、言わないでもらいたい。 対象期間なのか、要介護予備軍なのかは、 人それぞれ、とは言え。 平均寿命の前に立ちはだかる、年数である。 この算出は、 要介護の利用限度額の算出に 反映されている根拠である。 まんざら、ウソの数値ではない。 ここからが、述べたい結論。 平均寿命の、女性9年前、約78歳 男性7年前、約73歳 『元気な内に、、、。 』 との物差しと、言えよう。 意識が、シッカリしての、残る余命は、 思っていた以上に、短命なのだ。 ご注意あれ。 それも1・2・3着までちゃんと教えてくれる三連単馬券対応のパズルになっているのです。 JRAの頭脳集団が考え出した、出馬表の並び方を利用して答えを教える本格的なJRA公式パズルの全貌とは?。 東大理論物理学の秀才と言われた高宮信一郎氏が、マサチューセッツ工科大学にしか無いゲーム理論を習得して作り出したと言われるゲームとは?。 その全貌がついに明るみに出されました。 唯一・同じもの2個の隣接やサンドイッチという、3種類の状態で接点を作って、特定の馬を教えるというJRA公式パズルとは?。 その内容は、まさに高度な「頭の体操」そのものだったのです。 使われるデータには、八進法で五十音・アルファベット・数のデータを並べ替えたものが使われています。 そして使えるデータは「常用漢字とその音訓の範囲内」なのです。 私のブログは、そのパズルの内容と解き方を紹介したものです。 日本国が知的な日本人に贈る、純日本的な頭の体操。 三連単馬券を1〜2点でとる方法はこれしかありません。 知的を自認するあなた、挑戦してみてはいかがですか?.

次の

シニア日記ブログ 人気ブログランキング

料理 ブログ ランキング

こんばんは〜。 今朝起きたら、めっちゃ天気が良かった。 何度まで上がるのかなって思って、スマホで天気予報を検索したわ。 今日は一日中晴れかぁ、、、風も穏やかだわぁ、、、 気持ちいいなぁ、おいぃ。 最高のBBQ日和だなぁ、おいぃ。 ちょっと雨降りとかじゃなくて、雷鳴って風ゴウゴウいい出して、完全シャワー状態に雨降ってんだけど。 気まぐれにもほどがあるわ、天気。 最近いろいろあって、改めて健康の有り難さが身に染みています。 日曜の夜だ。 うううぅ。 大好きなウィンナーからぼちぼち始めてやるか。 この日はボイルの気分。 そうだ! 写真に写ってる、サッポロビールのゴールドスター、これ好き〜。 脂質の含量が高い腹部の身を指す。 語源は肉質がトロリとしている事からで、この語の定着以前は脂身である事からアブと呼ばれていた。 かつての日本、特に江戸時代以前では、マグロといえば赤身を指し、赤身に比べ品質が劣化しやすいトロの部分は上等な部位とは考えられておらず、切り捨てられるか、せいぜい葱鮪鍋などにして加熱したものが食べられていた。 今日では動物性脂肪の旨みが広く知られるようになったことと、保存・輸送技術が向上したため新鮮でおいしいトロが食べられるようになり、トロといえば高級品といったイメージがある。 価格も近代になってから急激に上がり、現在では赤身の2倍以上の値段がつく。 特に、よく脂の乗った部分を「大トロ」、やや劣るものを「中トロ」と称する。 大トロ・中トロ以外の部分は「赤身」と称して、「トロ」とは別物とされる。 一般に背肉より腹肉のほうが、後部肉より前部肉のほうが、内層肉より表層肉のほうが脂質の含量が高い。 一般的に「大トロ」は腹肉前部、「中トロ」は腹肉後部である。 昨今ではマグロの完全養殖により、「全身がトロ」などという個体も作れるようになった。 ただし、マグロの肉以外でも、脂が乗っている状態の肉をトロと言う事がある。 例えば、カツオの刺身の脂が乗った部分はトロカツオと呼ばれる。 北海道では生の牛肉を使った牛トロ丼という郷土料理がある。 豚肉においても豚トロと呼ばれる部位が販売されている。 トロという言葉には肉の種類に明確な定義がなく、マグロのトロが持つ高級品としてのイメージを借りようとする販売戦略に利用されている。

次の

イタリア情報 人気ブログランキングとブログ検索

料理 ブログ ランキング

「その他生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 1.柚子湯(ゆずゆ)とは柑橘類の果実である柚子を砂糖で煮て、その香りのついた砂糖湯を熱湯でうすめた飲み物である。 (柚子茶) 2.柚子湯(ゆずゆ)とは柚子(ユズ)を浮かべた風呂である。 本項では、これについて述べる。 ゆず湯に温まる日本では、古来より冬至に柚子の湯に入浴する習慣がある。 血液の流れを良くする血行促進効果が高く、古くより、ひび・あかぎれを治し、風邪の予防になると伝承されてきた。 現代でも銭湯の多くは、冬至の日にちなみ柚子湯を用意する。 柚子湯には冷え性や神経痛、腰痛などをやわらげる効果もある。 ある検査では、さら湯(普通のお湯)と柚子湯に入浴後のノルアドレナリンを比べたところ、4倍の差が出た。 [1] ノルアドレナリンは、血管を収縮させる効果のある成分であるから、それだけ血管が拡張していたことが分かる。 果皮に含まれるクエン酸やビタミンCにより、美肌効果もある。 柚子湯の作り方としては、柚子の果実を5〜6個輪切りにして、湯に浮かべる。 皮膚が弱い方は、輪切りにした柚子の果実を熱湯で、20〜30分蒸らし、その後、布袋に入れて湯に浮かべるとよい。 なお、柚子湯は冬の季語でもある。 冬至とユズとの関連はかならずしも明らかでないが、柚子湯の習慣は銭湯の登場以後のことであり、一説に、湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、身体息災であれば、融通(ゆうずう)がきく、とのこじつけであるという。 東京都新宿区の穴八幡神社で配られる「一陽来復」のお守りは冬至からであり、金銀融通の利益があるという。

次の