左頬 ニキビ。 左頬のニキビの原因と治し方とは!

想いニキビ?振られニキビ?できた位置や場所で「ニキビ占い」しましょ!

左頬 ニキビ

頬のニキビは思春期や大人ニキビに関係なくできやすい箇所とされます。 頬ニキビの原因としては食事や睡眠などきちんと取れていない、肌が乾燥している、また胃腸の内臓機能の低下すると体のサインとして頬ニキビが生じてしまいます。 また女性の場合にはファンデーションの厚塗りによって毛穴が塞がれ頬ニキビができてしまいます。 基本的にこれらが原因ですと頬のニキビは左右まんべんなくできます。 ただ人によっては 右頬ばかりにニキビができてしまうことがあります。 右頬にだけニキビができるのはしっかりとした理由があるとされますので、そこを対策することでしっかりと治すことも可能です。 ここでは右頬にばかりニキビができる人の原因と治し方についてお伝えします。 右頬のニキビの原因について 右頬にだけニキビができる原因としては大きく分けて3つあるとされています。 例えば右利きの人だったら、右手で右頬を触る癖があります。 逆に左利きの人は左頬を無意識に触りやすいです。 手で顔を触ってしまうと手についている雑菌や油がついてしまい、それが刺激となって右頬のニキビができてしまいます。 また右利きの人は寝ている時に右側を下にして横寝することが多いです。 右頬を枕に押し当て寝てしまうと枕との接触により右頬が蒸れたり、擦れたりしてニキビができやすい状況を作ってしまいます。 すると 毒素が右頬のニキビとして出てしまう場合があります。 右の肩だけがやたらと凝っていたり、左足を上にして足を組むという言う人は右側のリンパが詰まっている可能性があります。 右頬にニキビができてしまう人はリンパが詰まっているかもしれませんので、薬を塗ったりする前に リンパマッサージ等の方が効果があります。 頬のリンパをほぐすことでリンパの流れが良くなり、毒素も排出することができます。 右頬のニキビにも有効ですので是非試してみてください。 特に右頬にニキビができるのであれば右頬に髪の毛がかかっていないか確認してみてください。 右頬にのみニキビができる原因としては上記の3つが挙げられます。 また頬全体に1度ニキビができて、右頬だけ治らないことにもつながるのでしっかりと対策するようにしましょう。 右頬のニキビの治し方について 薬による対策 頬のニキビを治す場合には殺菌性があり、ある程度保湿性も兼ね備えた薬が効きます。 特に市販のオロナインはニキビにも効果があり、また保湿効果も期待できます。 毎日行うことで頬の白ニキビであれば2~3日、赤ニキビであれば1週間で改善することができます。 普通にニキビにつけるよりも2倍早く治るとされます。 ただし肌のかゆみ、刺激感を感じたら使用を中止してください。 まずはオロナインを塗ってみるようにしてみてください。 あとは基本通りに生活習慣を改め、毎日の洗顔をすることで頬のニキビは治っていきます。 ニキビ跡の場合には? 右頬のニキビ跡の場合には薬というよりもビタミンC誘導体などで皮膚のターンオーバーを向上させる必要があります。 例えば市販のハトムギ化粧水を皮膚に浸透させる ハトムギ化粧水パックなどが好評となっています。 以上の方法でターンオーバーを促していくことで、1か月ごとに肌が入れ替わり改善されていきます。 ということで右頬のニキビの治し方についてでした また右頬のみの場合は、右頬を触って刺激を与えないようにして、鞄を持つ肩を逆に変えてリンパの負担を軽減することで右頬のニキビが治りやすくなり、予防にもつながります。 ということで右頬のニキビの原因と対策法についてでした。 また私の場合、頬ニキビは薬用化粧品で治したのでそちらも参考にしてみてください。

次の

ニキビ・吹き出物の場所で体の不調がわかる 「肌トラブル⇔内臓」相関図 : 東京バーゲンマニア

左頬 ニキビ

ニキビの場所が目頭・目の下だった場合のジンクスは、「結婚・妊娠運の変動」という意味です。 小さなニキビが出来た場合は良い方向に向かう可能性が強く、あなたの望む形の結婚・妊娠が期待できます。 しかし、痒みが強かったり、痛みのあるニキビだった場合は、あなたの結婚・妊娠運は思わぬ方向へ向かいます。 あなたの描く結婚・妊娠とは異なった結果を招くという意味です。 思わぬ方向というのが、悪いことばかりとは限りませんが(例えば、赤ちゃんが双子だったなど)あなたが驚く結果が訪れることになりそうです。 両想いという意味だけでなく、すべての運気が上がる、ニキビ最高のジンクスと言えます。 しかし、あまりに根深く痛みの強いニキビだった場合は、面疔(めんちょう)という肌トラブルの可能性もあります。 なるべく早く医師に相談してください。 良い意味のニキビだからと言って、大切においておくする必要はないですよ!あなたにジンクスを教えるために現われたニキビですから、あなたがきちんと意味を把握したら、なるべく早く治療を行ってください。 恋愛面において、自分の思い通りにならなかったときに、あなたの周りや恋人にイライラをぶつけてしまうことはありませんか?例えあなたの方が正論であったとしても、イライラする気持ちはマイナスのオーラを呼びます。 あまりワガママが強いと、気が付いたときには、恋人だけでなく友達もあなたの周りからいなくなってしまいます。 その忠告にやってきたのが、首からフェイスラインにかけてのニキビです。 気持ちを大きく持って、人の立場になって考えた言動を心掛けましょう。

次の

左頬にばかりニキビができる原因とは?必見の対策もチェック!

左頬 ニキビ

【原因】 ・皮脂線が多く、皮脂分泌が過剰 ・ストレスによる男性ホルモンの増加 ・シャンプーやトリートメントのすすぎ残し ・前髪や整髪料の刺激 ・おでこ…腸などの消化器官に負担がかかっている ・生え際…肝機能の低下 髪の生え際やおでこは皮脂量が多いので、ニキビができやすい場所の一つ。 特に思春期のときにできることが多いですね。 大人になってからも、おでこにニキビができることが多い場合は、 シャンプーのすすぎ残しや腸に負担をかけるような暴飲暴食、便秘などが原因になっている場合もあります。 【対策】 生え際やおでこニキビをできにくくするには、生え際にシャンプーが残らないようにしっかりすすぎ、前髪がおでこに当たらないような髪型をするようにしましょう。 また、胃腸や肝機能に不調がある可能性もあるので、 【原因】 ・毛穴が大きく、深い ・皮脂腺が大きいので、皮脂の分泌も多い ・紫外線やファンデーションなどの刺激 ・胃や肝臓、腎臓の不調 鼻は毛穴が大きいうえに、深いので皮脂や汚れが詰まりやすい場所。 おでこと鼻を含めたTゾーンは思春期ニキビができやすい場所ですが、大人になってからも ファンデーションに詰まりや、紫外線・触ったりすることによる刺激でニキビができます。 また、鼻の先端や小鼻にニキビができやすい場合は、塩分やたんぱく質の取り過ぎによって胃や腎臓に負担がかかって血流が悪くなっている可能性もありますね。 【対策】 鼻ニキビを治すのには洗顔をキチンと行うことが大切。 毛穴に皮脂や汚れが残らないように、 化粧を落としたあとにモチモチの泡を作って毛穴の奥の汚れもしっかりと取るようにしましょう。 鼻を触らないようにしたり、刺激の少ないファンデーションに変えるとさらにいいですね。 あと、塩分やたんぱく質の摂取が多い、食事量が多いと感じるなら、それらを制限することも意識してみてください。 【原因】 ・バリア機能の低下、乾燥 ・胃腸の荒れや便秘 ・糖分や脂質の摂り過ぎ ・枕や布団の汚れ 頬は顔の中でも面積が広いため、刺激を受けやすいし、乾燥しやすい部分。 また、両頬にニキビができてるのか、片方の頬にできているのかでも違いがあります。 両頬の場合は、肌の乾燥や便秘、糖分・脂質による肝機能の低下が原因になってきますが、右頬か左頬のどちらか一方にできる場合は、• 右頬…鼻炎、気管支炎• 左頬…ストレス、寝不足、生理不順 などの体の不調、もしくは寝具の汚れが考えられます。 保湿成分とニキビに有効な成分が含まれている化粧水でしっかり保湿してあげましょう。 また、ゴシゴシと洗顔すると肌のバリア機能が低下して乾燥の原因になるので注意。 他には、脂っこいものやお菓子、アルコールの摂取が多いと肝機能が低下して、老廃物を蓄積しやすくなるので控えたり、枕や布団は定期的に洗うようにしてくださいね。 ホルモンバランスが乱れる原因は• 食生活の乱れ…外食やコンビニ食、偏った食事など• 睡眠不足…寝る時間が短い、寝る時間が不規則、質が悪い• ストレス…仕事・人間関係、環境の変化• 生理前~生理中…黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加 といったものが関係してきます。 これらのことによって、男性ホルモンが増加して、男性の髭が生えるフェイスライン・顎にニキビが発生しやすくなるわけです。 奥歯のあたりにニキビができやすいなら虫歯の可能性も考えられますね。 【対策】 フェイスラインのニキビはホルモンバランスを調節することが大切。 ホルモンバランスを整えるには、原因になっていることの逆をやりましょう。 バランスの取れた食事や睡眠時間の確保、ストレスを溜めないようにすることですね。 規則正しい生活を送ることで、 生理前~生理中に増える黄体ホルモン(プロゲステロン)にも良い影響を与えてくれますよ。 【原因】 ・生理によるホルモンバランスの乱れ ・男性ホルモンの増加 ・口角の上…暴飲暴食やお酒によって胃腸が弱ってる ・口角の下…虫歯によるもの 口周りのニキビはフェイスライン同様、男性ホルモンの影響を受けやすい場所。 基本的な原因はフェイスラインと一緒ですが、 口周りは食生活の影響を強く受けます。 例えば、以下のような食生活が続いていませんか?• 飲み会が続いて、お酒を飲んだり、脂っぽいものをよく食べる• 辛い物or甘いものをよく食べる• 間食が多くて、空腹状態になることがない このような食生活が続くと、 胃が疲れてしまうせいで消化機能が低下してしまいます。 また、飲み会の疲れが溜まったり、風邪による体力低下によってできることもありますね。 【対策】 口周りニキビの対策も基本はフェイスラインと同じで、ホルモンバランスを整えることです。 それ以外にやってもらいたいことが、 胃を休ませることとビタミンB群の摂取。 消化が良いお粥ややわらかいうどんを食べるようにしたり、肌の生まれ変わりを助けるビタミンBを摂取するようにしてください。 【原因】 ・ストレスによる男性ホルモンの増加 ・汚れや摩擦によるもの ・首~肩の血行不良 首ニキビはフェイスラインや顎のすぐ下に当たる場所なので、ストレスや生理前のホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモンが増加していることが原因。 それだけでなく、 シャツの襟やネックレスによる摩擦やマフラーなどの汚れ、シャンプーのすすぎ残し、汗の放置なども関係してきます。 また、同じ姿勢でいることが多い場合は、首~肩の血行不良によって、老廃物が溜まっている可能性もありますね。 【対策】 首ニキビは顔にできる大人ニキビと同じように、 生活習慣の改善と保湿してケアすると同時に、汚れや刺激になるようなものを避けることで治していきます。 【原因】 ・男性ホルモンの影響 ・皮脂の過剰分泌 ・下着による摩擦や汚れ ・マラセチア菌 胸を含む、Vゾーン(鎖骨からみぞおち)はもともと、皮脂腺が発達しているので、 他の部分よりも2~3倍も皮脂や汗がでやすく、毛穴に皮脂が詰まりやすい場所。 そのため、下着の摩擦やシャンプーなどのすすぎ残しがあるとニキビができやすいんです。 また、男性であれば胸毛が生える場所でもあるので、男性ホルモンの影響も受けます。 マラセチア毛包炎は、マラセチア菌という真菌(カビ)が原因なので、ニキビケアでは治らず、抗真菌剤などを使った皮膚科での治療が必要になります。 ニキビの原因であるアクネ菌も、マラセチア毛包炎の原因であるマラセチア菌も皮脂が多くて、ジメジメしたところが大好きです。 だから、なるべく胸元に湿気を溜めないように通気性の良い下着を着用しましょう。

次の