中国 は ん た う いる す。 「世界は中国に感謝を」 中国が新型コロナ感染防止の“救世主”に?の皮肉 中国は”世界を救う大国”アピールを始めた

中国の香港支配は「自爆」覚悟か 米には「香港人権民主法」という切り札

中国 は ん た う いる す

習近平がいちばん恐れていること 中国の習近平が米中貿易摩擦で大幅な譲歩をしてでも合意したい理由は、 中国共産党が自国も含めて様々な国々の歴史をよく研究しているからです。 「歴史は繰り返す」と言われるように、有史以来、人間は同じような過ちを何度も繰り返してきました。 人間の過去の過ちを振り返り、今の時代の状況に照らし合わせれば、どのように物事が進んで行くのか、または、どのように物事を進めるべきかを考えるのに非常に役に立ちます。 そのことは、長い歴史上、世界のあちこちで誕生しては消えていった帝国や王朝の歴史が物語っています。 その典型的な例のひとつが、中国の歴代統一王朝の歴史、すなわち「秦」「漢」「隋」「唐」「宋」「元」「明」「清」の皇帝が治める統一国家の歴史です。 中国の統一国家の歴史を俯瞰すると、 習近平が何をいちばん恐れているのか、容易に知ることができます。 それでは、おおまかな歴史のおさらいになりますが、中国の歴代王朝の興亡史を一つ一つ見ていきましょう。 〔photo〕iStock 「陳勝・呉広の乱」という農民反乱 「秦」が初めて中国を統一するまでは、中国大陸は多くの国に分かれていて、それぞれの国を「王」が支配していました。 しかし、秦が中国全土を統一して広大な国土を治める政権が誕生すると、王に代わる新しい称号が必要になり、秦王は歴史上初めて「皇帝」を名乗るようになりました。 ですから、秦の始皇帝以降、中国全土の支配者には皇帝の称号が付けられるようになったのです。 その「秦」が滅ぶきっかけとなったのは、 「陳勝・呉広の乱」という農民反乱です。 秦は思想の統制や権力の絶対化を急速に推し進めたのに加え、万里の長城や宮殿の建設、河川の整備工事などで多くの民衆の犠牲を伴い、民衆の不満、不安、恐怖が鬱積していました。 そんななかで陳勝・呉広の乱が口火となり、中国全土にまたたく間に農民反乱が広がっていったのです。 秦に次ぎ中国全土を統一したのは、陳勝・呉広の乱を機に挙兵した劉邦です。 彼はライバルである楚の武将・項羽を激闘の末に破り、「漢」を建国します。 ところがこの漢では、政治腐敗による農民への重税が原因となり、 「黄巾の乱」という農民反乱が起こります。 結局はこの反乱が引き金となり、各地で反乱が相次ぎ、漢は滅亡してしまいます。 黄巾の乱は宗教結社である太平道の創始者・張角によって起こされた宗教的な農民反乱でありました。

次の

米 ツイッター社 中国共産党関連17万余のアカウント削除

中国 は ん た う いる す

習近平がいちばん恐れていること 中国の習近平が米中貿易摩擦で大幅な譲歩をしてでも合意したい理由は、 中国共産党が自国も含めて様々な国々の歴史をよく研究しているからです。 「歴史は繰り返す」と言われるように、有史以来、人間は同じような過ちを何度も繰り返してきました。 人間の過去の過ちを振り返り、今の時代の状況に照らし合わせれば、どのように物事が進んで行くのか、または、どのように物事を進めるべきかを考えるのに非常に役に立ちます。 そのことは、長い歴史上、世界のあちこちで誕生しては消えていった帝国や王朝の歴史が物語っています。 その典型的な例のひとつが、中国の歴代統一王朝の歴史、すなわち「秦」「漢」「隋」「唐」「宋」「元」「明」「清」の皇帝が治める統一国家の歴史です。 中国の統一国家の歴史を俯瞰すると、 習近平が何をいちばん恐れているのか、容易に知ることができます。 それでは、おおまかな歴史のおさらいになりますが、中国の歴代王朝の興亡史を一つ一つ見ていきましょう。 〔photo〕iStock 「陳勝・呉広の乱」という農民反乱 「秦」が初めて中国を統一するまでは、中国大陸は多くの国に分かれていて、それぞれの国を「王」が支配していました。 しかし、秦が中国全土を統一して広大な国土を治める政権が誕生すると、王に代わる新しい称号が必要になり、秦王は歴史上初めて「皇帝」を名乗るようになりました。 ですから、秦の始皇帝以降、中国全土の支配者には皇帝の称号が付けられるようになったのです。 その「秦」が滅ぶきっかけとなったのは、 「陳勝・呉広の乱」という農民反乱です。 秦は思想の統制や権力の絶対化を急速に推し進めたのに加え、万里の長城や宮殿の建設、河川の整備工事などで多くの民衆の犠牲を伴い、民衆の不満、不安、恐怖が鬱積していました。 そんななかで陳勝・呉広の乱が口火となり、中国全土にまたたく間に農民反乱が広がっていったのです。 秦に次ぎ中国全土を統一したのは、陳勝・呉広の乱を機に挙兵した劉邦です。 彼はライバルである楚の武将・項羽を激闘の末に破り、「漢」を建国します。 ところがこの漢では、政治腐敗による農民への重税が原因となり、 「黄巾の乱」という農民反乱が起こります。 結局はこの反乱が引き金となり、各地で反乱が相次ぎ、漢は滅亡してしまいます。 黄巾の乱は宗教結社である太平道の創始者・張角によって起こされた宗教的な農民反乱でありました。

次の

米 ツイッター社 中国共産党関連17万余のアカウント削除

中国 は ん た う いる す

北京で開かれている共産党主導による全国人民代表大会(全人代)では、習近平政権がに対して国家安全法適用を決める構えだ。 トランプ米政権は香港の高度な自治を認めている「一国二制度」を骨抜きにすると反発し、対中制裁を辞さない姿勢だ。 トランプ政権は2018年にを仕掛けて以来、中国にハイテクと並んでドルを渡さない決意を日々刻々強めている。 実のところ、中国からの資本逃避も、中国本土への外国資本による投資も香港経由である。 実質的にはドル本位の通貨・金融制度の中国にとって国際金融センターの香港は死活問題だ。 だからこそ毛沢東以来、歴代の共産党指導者は「自由な香港」を容認してきた。 ところが習氏はその香港を全面支配しようと焦る。 これに対し、ワシントンには切り札がある。 米議会が昨秋、成立させた「香港人権民主法」である。 トランプ氏はこの法により、いつでも習氏の喉元に刃を突きつけることができるのだ。 同法は、香港が中国政府から十分に独立した立場にあり、優遇措置適用に値するかを国務長官が毎年評価するよう義務付けている。 米国は、香港で人権侵害を行った個人に対する制裁や渡航制限を課すことができる、というのが一般的に報じられている概要だ。 同法の条文に目をこらすと、メガトン級破壊兵器の起爆装置が仕込まれている。 「1992年香港政策法」修正条項である。 香港政策法とは97年7月の英国による香港返還に合わせて92年に成立した米国法で、香港の高度な自治の維持を条件に、香港に対する貿易や金融の特別優遇措置を、対中国政策とは切り離して適用することになっている。 優遇措置は通常の国・地域向けの場合、貿易、投資、人的交流が柱になり、香港も例外ではないのだが、ただ一つ、香港特有の項目がある。 それは「香港ドルと米ドルの自由な交換を認める」となっていることだ。 「92年香港政策法」の修正条項で、米政府は香港の自治、人権・民主主義の状況によっては「通貨交換を含む米国と香港間の公的取り決め」も見直し対象にできるようになったのだ。 香港の通貨金融制度は「カレンシーボード」で、香港金融管理局が香港ドルの対米ドル・レートを固定し、英国系の香港上海銀行、スタンダードチャータード銀行と中国国有商業銀行の中国銀行の3行が、手持ちの米ドル資産に見合う香港ドルを発行する。 つまり、香港ドルを米ドルに自由に交換できることが前提となっている。 中国本土への海外からの対中直接投資や本土からの対外直接投資の6割以上は、香港経由である(グラフ参照)。 香港ドルが米ドルとのリンクを失えば、香港は国際金融センターではなくなる。 香港に拠点を置く日米欧の企業、銀行にとっても打撃になるが、同時にそれは、ドル本位である中国経済システムの崩壊危機を招きかねない。 習政権は「自爆」リスクを冒すほど追い込まれているのだ。 (産経新聞特別記者・田村秀男) 外部サイト.

次の