ツーシーム ジャイロ。 ジャイロボール

野球のピッチャーの球種と特徴を理解して、試合を楽しみましょう

ツーシーム ジャイロ

当ブログで言っている「ジャイロボール」とは意図的にジャイロ回転をさせたボールなのですが、特にジャイロボールはボールの縫い目によって大きく2つの種類に分ける事ができます。 それが「フォーシームジャイロ」と「ツーシームジャイロ」です。 この記事ではそれについて私なりにまとめています。 ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。 クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。 また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。 そもそも「シーム」とは? 2種類のジャイロボールを説明する前に、まずは「シーム」という言葉の意味を理解する必要があります。 シームは簡単に言うと「1回転する間に、回転している面に見える縫い目の本数」の事です。 つまりフォーシームなら1回転する間に4本の縫い目が見えますし、ツーシームなら2本の縫い目が、ワンシームなら1本の縫い目が見えます。 この縫い目の本数によって握りや変化が大きく変わってきます。 例えば同じバックスピンのストレートでも、最近の野球では「フォーシーム」「ツーシーム」「ワンシーム」と、縫い目によって球種が分けられています。 握りによる投げづらさもあって、ツーシームやワンシームはフォーシームよりも球速が少し遅くなります。 また縫い目や回転量が減る事によって空気抵抗が増えるので、実際の変化としては「フォーシーム<ツーシーム<ワンシーム」という順で、バッターの手元で沈み込みます。 更にボールが落下する際には回転方向の違いによる差が大きく出ます。 特にストレートはバックスピンという縦回転になっていますが、実は回転軸は少しだけ傾いており、純粋なバックスピンで投げている投手はプロでも殆どいません。 要はこの回転軸の傾きによる変化が、ボールが落下していく時に大きく現れるのです。 特に右投手の投げるストレートは回転軸が少しだけ右に傾き、ややシュート回転の要素が含まれています。 このためツーシームやワンシームではそのような変化が起こり、バッターの手元で沈みながら、シュートあるいはシンカーのような変化が起こるのです。 フォーシームジャイロとツーシームジャイロ ジャイロボールにも前述したシームによる分類があり、特に「フォーシームジャイロ」「ツーシームジャイロ」という2種類があります(ワンシームジャイロもあるにはあるのですが後述)。 フォーシームジャイロとは? まずはフォーシームジャイロから説明します。 下手で申し訳ないです 笑 フォーシームジャイロはキャッチャー側から見ると画像のような感じになります。 ジャイロ回転しているので、回転軸は地面と垂直になっており、回転している面はボールを上から、あるいは下から見ないと見えませんが、フォーシームですので、1回転する間に4本の縫い目が見えます。 また上の画像では縫い目によって黄色い部分が面になっています。 進行方向からこの面で空気を受け、後ろへ空気を逃がしていきます。 しかしその面は小さく、上下左右ほぼ均等に空気の逃げ道があります。 これによって前から受ける空気をボールの後ろへスムーズに逃がす事ができ、また上下左右均等なので、偏りもなくバランス良く逃がす事ができます。 これによって「進行方向から受ける空気抵抗を最大まで減らす」という事ができ、既知の全球種の中でも最も空気抵抗の小さなボールになります。 当然バックスピンストレートよりも空気抵抗は小さいです。 これにより初速と終速の差が小さくなり、バッターにとってはイメージとの不一致から、手元でノビてくるように感じさせる事ができます。 尚、当ブログでは「意図的にジャイロ回転をかけたボール」の事をジャイロボールと呼んでいますが、単なるジャイロ回転ではこのような特徴は生まれません。 このため意図的にフォーシームのジャイロ回転を投げる必要があります。 しかもジャイロ回転ですので、回転軸もコントロールしなければなりません。 これがかなり難易度が高いのです。 ツーシームジャイロとは? 続いてツーシームジャイロについて。 ツーシームジャイロはキャッチャー側から見るとこのような感じになります。 ジャイロ回転しているので、回転軸は地面と平行になっており、回転している面はボールを上か下から見ないと見えませんが、ツーシームですので、1回転する間に2本の縫い目が見えます。 画像では縫い目によって面(黄色い部分)ができています。 この面で空気を受けるのですが、フォーシームジャイロよりも大きな面になっているため、前方から大きな空気抵抗を受ける事になります。 また空気を後ろへ逃がす場所が1箇所(画像だと左の部分)しかなく、上下左右が均等ではありません。 これらによってツーシームジャイロではボールの後ろへ空気を逃がす事が難しくなり、それによって空気抵抗が大きく増加します。 空気抵抗が大きいという事は「途中で減速する」という事です。 同じ球速であるのにそれだけ大きく減速するため、バッターには「中々来ない」という印象を与える事ができます。 またジャイロボールでは基本的に揚力が生まれないので、重力による縦方向への変化があります。 このためツーシームジャイロはフォーシームジャイロよりも大きく縦に変化します。 シームの違いによるジャイロボールの特性を活かすには? 前述のようにフォーシームジャイロでは「手元で伸びる」ような錯覚があります。 一方、ツーシームジャイロでは逆に「手元に来ない」ような錯覚があります。 この「イメージとの不一致」を最大限活かすためには、できるだけ両者が「同じような変化をするボール」である必要があります。 球速は当然できるだけ同じような球速で投げる必要があります。 それかフォーシームジャイロの球速を敢えて抑え、ツーシームジャイロを敢えて速く投げる必要があります。 またスピン量もできるだけ同じである必要があります。 特にツーシームジャイロはスピン量が小さいほど空気抵抗が大きくなり、変化が大きくなるので、ツーシームジャイロの変化量を敢えて小さくし、フォーシームジャイロの変化に寄せていく必要があるでしょう。 既存の変化球で言うならストレートとチェンジアップのような関係にする事を目指すべきでしょう。

次の

フォーシームジャイロとツーシームジャイロ、その違いについて: ジャイロボール適当指南書

ツーシーム ジャイロ

概要 [ ] 速球は 直進する速球と、球速は直進する速球に近いながら左右に曲がったり落ちるなど 変化する速球の2種類に大別できる。 において前者は 直球(ちょっきゅう)、 ストレート 、 真っ直ぐ(まっすぐ)、アメリカでは フォーシーム・ファストボール(: four-seam fastball)等と呼ばれている。 後者は日本において 癖球(くせだま)と呼ばれ、さらに ツーシーム・ファストボール(: two-seam fastball)、 カット・ファストボール : cut fastball などに分類されている。 日本では伝統的に、最も落差が少なく打者への到達時間も短い球種である事から、変化しないストレートが基本になる球種とされていた。 一方アメリカでは速球に対し、打者の手元で変化する「汚い」軌道が「打ち難い」とされるなど球速、威力を重視するように考えられていた。 これが言葉の使われ方の差となっており、日本においては速球という言葉よりストレートという言葉が多く使われ、基本のストレートに対し、やと言った変化する速球を含めた変化球といった大別がなされるのに対し、アメリカではファストボールとオフスピードボールという二分から分類が始まる。 日本において明確な速球の投げ分けは頃から認識され、意図的に直進する速球と直進しない速球を投げ分ける投手も増加している。 種類 [ ] フォーシーム・ファストボール [ ] フォーシームの握りの例 横 フォーシーム・ファストボール(: Four-seam fastball)とは、日本で 直球もしくは ストレートなどと呼ばれる球種。 省略して フォーシームとも呼ばれる。 フォーシームとは縫い目の向きを表し、が1周スピンする間に縫い目 seam の線が4回 four 通過し、による揚力をより効果的に得られるとされる。 とを並べ、ボールにある縫い目に交差させて握り、の際にバックスピンをかけて投げる。 人差し指と中指の間は隙間を開けるのが一般的で、隙間を開けて握る事で制球が安定しやすい。 閉じて握ると強い回転はかけやすいが、制球が不安定になりやすく、回転軸も左右にブレやすい。 各球種の中で最も球速があり、打たれ難い基本の球種と考えられているが、同じ直球でも内角・外角の左右の距離感や高め・低めの高低差を使い分けたり、他の球種を交える事で球の軌道や球速の差を利用して打者を打ち取ることが一般的で、こういった工夫により球速の遅い投手でも打者を打ち取ることができる。 純粋なバックスピンに近く、スピン量が多いボールが理想的なフォーシーム・ファストボール(ストレート)であるとされる。 これに近い球をキレのある球と呼び、特にキレのある球は球速が速いことに加えて、により球の重力による落下が他の投法に比べ少なく、がボールの下を事を期待できる。 や、らの投げるものなど、特に浮き上がるかのような印象を打者に与えるものは ライジング・ファストボール : rising fastball や マジック・ファストボール : magic fastball と呼ばれている。 日本では、のフォーシーム・ファストボールが浮き上がるような印象から 火の玉ストレートなど呼ばれる。 なお、真っすぐと呼ばれるが、投球動作により、どの投手でも量に差はあるがシュート方向に変化している。 サイドスローやアンダースロー投手など腕の角度が低い投手はそれが顕著で、利き手方向に球が沈む軌道を描く場合が多い。 ムービング・ファストボール [ ] ムービング・ファストボール(: Moving fastball)とは、日本で昔から 癖球(くせだま)と呼ばれる球種。 速い球速で小さく鋭い変化をすることから、バットの芯を外して打たせて取りやすい。 近年ではフォーシーム・ファストボールと高速化したブレーキングボールで置き換えられる場合も多い。 ツーシーム・ファストボール [ ] ツーシームの握りの例 ツーシーム・ファストボール(: Two-seam fastball)とは、ボールの縫い目 seam が2回 two 通過して投じられる球種。 省略して ツーシームファスト、 ツーシームとも呼ばれる。 フォーシームと同様にツーシームも縫い目の向きを表す言葉だが、主に球種を表す言葉として用いられている。 日本では2000年代になってフォーシーム・ファストボールと明確に区別されるようになった。 投球動作はフォーシームと同じだが、握った際のボールの向きはフォーシームを横に90度回転させた向きであり、バックスピンを掛けた時に縫い目が1周で2回通過するように握る。 このように握りを変え、スピン軸を変えることで、もしくは縫い目に指を掛けないなど、指が掛かりにくい握りで投げスピン量を低下させることで、フォーシームに比べ球速は大きく変えないでシュート方向に曲げたり、沈む軌道とすることができる。 また、握る際の親指の置き方でスピン軸を変化させ横に曲がるか沈めるかの調整をする投手もいる。 アメリカでは日本より縫い目が高く変化をさせやすい、過密日程により凡打を打たせて球数を減らしたい、強打者が多くフライ打球を打たれることが危険であるのに対し長打の少ないゴロ打球を打たせやすいなどの理由から、1980年代半ばから90年代以降広く活用されている。 代表的な使い手としてはやがいる。 特に沈む軌道のものを シンキング・ファストボール(: sinking fastball)と呼ぶ。 これについて、アジア圏以外では シンカー(: sinker)と略されて呼ばれることが多いが、 日本で「」と呼ばれている球種は全く別のものである 「」も参照 派生として、1本の縫い目だけに指をかけて投げる球種で ワンシーム ・ファストボール(: one-seem fastball)という物も存在し、縫い目に平行に指を掛けるといった握りであるため握力が必要となり、制球も難しいが 、ツーシームと同じ方向で大きい変化が得られる ことから、、、、日本人選手ではや、、、が使用している。 なお、日本独自に用いられてきた球種との違いは曖昧であり、は、自分がMLB時代に投げていたツーシームは日本時代に投げていたシュートの呼び方を変えただけ(シュートを投げていたら同僚に「マサトはツーシームを投げるのか」と言われた)だと述べている。 また、とはテレビ番組「」で自身のシュートの投げ方を披露しているが、どちらもツーシームとほぼ同じ握り(掌を開いた状態から戻すことでシュート回転を掛ける)であり、西本が説明した「深く握って縦回転を落として沈ませる」と言う投げ方はシンキングファストの理論そのものである [ ]。 また、、、、といった、出身の投手らが「 亜大ツーシーム」と称する球を投げているが 、これは先輩である東浜が 本来であれば「シンカー」として投げる球種を後輩らに教える際に「ツーシーム」と誤って伝えてしまったことによるものであり、特に山崎や薮田が投じるものはスプリット・フィンガード・ファストボールに近い変化をする。 詳細は「」を参照 打者心理に与える様々な表現と工夫 [ ] 野球中継の解説などで、投手の直球に対して「球質」「球威」「球の伸び」などと表現されることがある。 これらは投球された球の空気抵抗やスピンによる揚力による軌道の変化、リリースポイントの遠近などの投手の投球フォームなどによって打者が抱くが深く関係している。 球速 [ ] 投球の速さのことで、による簡易計測が可能なため、具体的な数値で表されることが多い。 単純に球速が速いほど、球を目で捉えることが難しくなり、到達時間も短くなることから、打者は対応が難しくなる。 しかし、単純に球速が速くても活躍できない投手や、逆に球速はなくとも活躍する投手、共に多く存在し、他のや後述する要素への工夫を凝らすことによって打者を打ち取っている場合が多い。 初速・終速 [ ] 球速はリリースポイントからのに到達するまでに空気抵抗により逓減する。 その量は投球の初速とスピンによって変化する。 初速が速いほど空気抵抗は増える。 空気抵抗による投球の減速量を決める要素は初めとするトラッキングシステムにより解析されつつある。 効果として、同じ初速でも減速が少ない球の方が相対的に体感速度が上がるため、打ちにくい球であるとされるが、成績との関連などは研究の途上である。 落差 [ ] 球は重力により放物線を描くが、先述のようにバックスピンをかけた球はにより上向きの揚力を持ち、放物線から離れた直線に近い軌道になる。 打者は、投球がマウンドからホームプレートの投手側からおおよそ2分の1から3分の2ほど進んだ時点までの球の挙動を見て、他の投手などとの対戦で見てきた経験から軌道を予測し、それに合わせてバッティングを行う。 この時、他の投手よりバックスピンの量が多い、スピンの角度が純粋なバックスピンに近いなどで、その予測よりも上を通過すると球が浮き上がったと錯覚する。 このような球を、「伸び」のある球と呼ぶ。 また、直球においては球の「切れ(キレ)」も「伸び」と同義である。 このような球は、打者のスイングするバットの上をボールが通過することで空振りを奪うことが出来る、またバットの上っ面でボールを叩かせることによりポップフライを打たせることが出来るが、「伸び」が疲労などにより鈍ってしまったら、飛距離が出やすいようにバットが当たってしまい被本塁打が増えてしまうという場合もある。 また、投球フォームの歩幅が広いなど工夫をするなどでリリースポイントの低い投手、、のから投げられる「伸び」のある球は、下から上がって来るのでこれも効果的に浮き上がるように錯覚させられる(ソフトボールのも同じ理屈である)。 「」も参照 球持ち [ ] 上の投手板と間の距離はにより18. 44mと定められているが、実際には18. 44mの距離から球は放たれず、投球動作に伴いリリースポイントはホームベース寄りに近付くのが一般的である。 リリースポイントが打者に近いほどボールの飛行距離は短縮され、それによりリリースから速く打者に到達する。 これを「球持ち」が良いと表現し、投手は少しでもリリースポイントを打者寄りにするため、体の開きを抑え、球を長く持つようにするといった工夫がなされる。 より打者にリリースポイントを近付けるには基本的に身長が高く手足が長い方が有利である。 ただし、リリースが早いからといって必ず不利ということはなく、MLBでクローザーとして活躍したはリリースが非常に早い。 上原はの番組『』で取材を受けた 際に「球持ちはいい悪いではなく長い短いで表現すべき」「球持ちが短くても不利になることはない」と持論を述べている。 また、グラブや自身の体を使う、体の開きを遅らせるなどでリリースポイントを遅くまで見えないようにすることにより、打者が球を見られる時間を減らし体感速度を上げる、打者にタイミングを取らせにくくすることも打者を打ちにくくする事に有効である。 このような球の出処が見にくいことをメジャーリーグでは「スモーキー」などと呼ぶ。 角度 [ ] 投手はその投法や身長・腕の長さにより打者に対して高低、または左右の角度を付けた球を投じることが出来る。 平均的投手よりリリースポイント角度が大きいと、視界の揺さぶりや、高低の場合バットの下に潜り込むようにボールが入ってくるため メカニクスが崩れやすく、打ち難さを増す事が出来る。 より大きい角度をつけるためには球持ちと同様に長身で手足が長い投手が体格的に有利で、高低差はかアンダースロー、左右の角度はサイドスローや投手板の立ち位置の左右 を利用する投手が一般的に有利である。 投げる腕と対角のコースを突く直球をと呼ぶ事が有る。 前述の球持ちとは逆に、リリースポイントを敢えて早くすることで角度を大きくしようとすることもある。 球質 [ ] 古くから日本において、打者の感覚として、投球を打ち返した際に打球の飛距離が予想よりも短く、もしくは長くなる事、また、打った時の感覚が「重い」「軽い」と感じる球質を「重い」、「軽い」と形容されることがある。 ボールの重さが変わることは当然ないが、そのような感覚を与える要因としては様々な説が存在し、主に、先述のスピン量による落差の変化に伴う打球傾向の違いによる説、球の回転数が多いほど反発力が増して軽い球に、少ないと重い球になるという説がある。 また、回転の少ない球は「棒球(ぼうだま)」と呼ばれ、痛打されやすい球とされる事もある。 或いは、打者が自身の打ち損じなどに気付かず球質のせいだと思っているだけで、飛距離を大きく左右するほどの影響を与える球の回転や球質は存在しないという説もある。 特にツーシームやカットファストボールのように打者の手元で変化する球種では、芯を外しやすく打球が伸びないということがままある。 また、芯を外されるとインパクトの衝撃が手に伝わることから重く感じる。 体重の軽い投手が投げる球は軽いという説もあり、体重を重くすることで球質を重くしようと考える投手もいる。 これらのように回転は飛距離が伸びる方向にも縮む方向にも作用する可能性が有り、科学的に検証されつつあるが、未だに様々な考え方が混在している。 球威 [ ] 球威とは「球の威力」で球速などを表す言葉だが定義は曖昧で、球に伸びがあり球速以上の威力が有る事を示す場合や球速、球質、伸びなどの総合的な評価の場合も有る。 最高球速 [ ] 速球の球速はしばしば投手の実力を評価する指標の一つとなる。 MLBにおける公式な世界記録はの対戦()でが記録した105. それ以前の記録はでのが投げた102mph(約164. MLBでは現在、全球団の球場に3方向からの映像を基に球速などを解析する測定器「」、軍事用に使用されていたレーダー式弾道追尾システムを応用した計測器「Statcast」が設置されており、精度に個体差のあるで測定された球速は公式記録とされなくなっている。 ナチュラルシュートしない、もしくはナチュラルカットと呼ばれるわずかにスライダー方向に変化する投手も存在するが、ごく稀な存在である。 「ツーシームの握りのスライダー」などといった使われ方をする場合もある。 回転するボールを真正面から見たとき、縫い目が縦方向に一本だけ見えることが名前の由来。 実際には、縫い目は4回現れるのでフォーシーム・ファストボールの一種とされる。 1992年公開の「」の作中で、強打者ジャック・エリオットが日本投手のシュートによって打ち取られるシーンがあり、その影響から発音をそのまま表記した"shuuto"(shootballとも)という名称が使われることもある。 また、近年はの奪三振率の高さから、アメリカの野球評論家のらはツーシームとは少し違うと述べており、"shuuto"に対する関心が寄せられている。 スライダー、投げる腕と対角のコースを突く「」の角度を生かしたい場合、プレートの投げる腕側を使うと有効である。 どちらが良いかは、投手のフォームと持ち球、投手にとっての投げやすさ、打者にとっての打ちにくさ、これらの優先順位次第で変わる。 出典 [ ]• 高見圭太 宮嵜武 姫野龍太郎 - 2009年• sponichi annex 2013年1月7日• スポーツナビ 2010年7月27日• nikkansports. com 2010年3月20日• 『メジャー・リーグ変化球バイブル』ベースボール・マガジン社、2010年。。 週刊ベースボールONLINE. 2018年3月21日閲覧。 Number Web. 2018年3月21日閲覧。 2017年1月28日放送分。 テーマは「球持ち」。 『投手論』PHP研究所、2013年。。 ボールの上っ面を叩き、ゴロになりやすくなる。 asahi. com. 2016年10月16日閲覧。 外部リンク [ ].

次の

「ツーシームジャイロ」に関するQ&A

ツーシーム ジャイロ

スラッターが打てない理由 ・軌道は途中までストレートと同じ ・ジャイロ回転の影響で打者の手前で急激に落下する ピッチトンネルとは? ピッチャーが投球して打者が打つか打たないか決める場所を ピッチトンネルと言います。 打者はこの ピッチトンネルを通過した段階でストレートなのかスライダーなのか、打つのか打たないのかを判断します。 スライダーは変化量が大きいため やや山なりの軌道を描くので、ピッチトンネルを通過する段階でスライダーだとある程度わかった状態で振り始めます。 しかしスラッターは ストレートと同じ軌道のため、ピッチトンネルを通過した段階ではストレートと思いながらスイングを開始します。 これがスライダーとスラッターの大きな違いですね。 バッターをストレートと勘違いさせる。 言い方を変えると騙すことができるから魔球と呼ばれるわけです。 スラッターの投げ方・握り方は? 変化球の分類って非常に曖昧で、その人がスライダーと言えばスライダー、スラッターと言えばスラッターです。 MLBでは変化球まとめてブレイキングボールと言うらしいですね。 さて、スラッターの投げ方・握り方ですが、一般的な握りはこのように縫目に指を掛けます。 小指がやや打者側に向き、切るようなイメージです。 上手くリリースできればジャイロ回転のかかったボールが投げれます。 変化は小さく下向きに起こります。 ポイントは しっかり腕を振り、ストレートのように投げることです。 スプリットと同じような変化をし、同じような使い方をできるのですが、指で挟んだりするわけではないので 肩や肘への負担は少なく主力となってくれるおすすめの変化球です。 スラッターが活きる配球 そんな魔球スラッターを活かすには どのような配球をすればいいのでしょうか? ストレートとスラッターだけでも打ちにくいではありますが、 他の変化球との組み合わせによりスラッターの効果は倍増します。 お股ニキさんは スラット・カーブ理論と スラット・シュート理論を解説されてます。 スラット・カーブ理論は球速が速く、小さく落ちるスラッターと球速が遅く、大きく曲がるカーブやチェンジアップを組み合わせることで 緩急を付け、打者の目線をズラすことができるというものです。 一方 スラット・シュート理論はスラッターと同じ球速帯のシュートやツーシームを組み合わせることで、 球速帯の同じ曲がる方向が異なる変化球で勝負するというものです。 どちらも効果的だと思いますが、 どちらも併用できれば最強ですね。 さらにこのスラッターは コースによって異なる変化をするので、 抜け球が必ずしも打たれやすいわけではありません。 内外高低の 投げミスによる惨事が起こりにくいのもスラッターの魅力の一つですね。 まとめ 最近MLBをはじめ、日本のプロ野球や草野球でトレンドの スラッターという魔球について紹介しました。 スラッターは スライダーとカットボールの中間のような変化球で、 ストレートの軌道から打者の手前で急激に落下します。 スラッターは別名ツーシームジャイロと呼ばれ、 ジャイロ回転がかかっているためストレートの推進力が落ちるとジャイロ回転により下向きの変化が加わるので急激に落ちるのですが、 軌道は途中までストレートと同じ軌道ですので打者を騙すことができます。 スラッターの投げ方はジャイロ回転がかかるように リリースの瞬間に少しだけ小指を向けて切るように投げます。 ポイントは しっかり腕を振り、ストレートを投げるように投げることです。 スラッターを活かすには、カーブやチェンジアップのように 遅い球速帯の変化球や、ツーシームやシュートのようにスラッターと同じく ストレートに近い球速帯で別方向に曲がる変化球と組み合わせると効果は倍増します。 スプリットに比べると 肘や肩にも負担の少ない変化球なので、よかったら練習してみてはどうでしょうか。

次の